真田のよもやま話

アクセスカウンタ

zoom RSS NHK大河ドラマ「平清盛」第35回「わが都、福原」

<<   作成日時 : 2012/09/09 20:43   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 11 / コメント 4

50過ぎてもやんちゃでわがままなトッチャ・・・ゴホン、いえ、やけにお若い清盛様!予告ではなんだか本日大変身がありそうな予感ですよー。大変身ったってXライダーじゃあないですよー。

アバンタイトルはまた振り返りと解説のアナウンサー編でした。平家の中で孤立している感の頼盛様、これまでの清盛様との確執。さらに重盛様と宗盛様の溝、火種がくすぶり始めた平家?え、これからも一門を口うるそう支えよ?それが本日のキーワード?

 病に苦しむ清盛様と回復する様子、ちょっとおさらいの後、病のいえた清盛様、賀茂川の水、双六の賽、山法師、かの白河院でさえ手を焼いたこれらを我が意のままにして見せようぞと不敵につぶやきます。さらに若い者に剣術の稽古を付けたりして、妙に元気!っていうか絶好調!かえって若くなった!いったい何をなさるおつもりか・・・って何だかちょっと付いてけないなって表情よ、重盛様。
 さらに清盛様は比叡山延暦寺の座主にして山法師の親玉の宿敵・明雲様をお呼びになりました。そしてこの頭を丸めてほしい、すなわち戒を授けてくれるようお願いいたします。これってつまり出家!坊主!清盛入道に大変身!それをわざわざ明雲様にお願いするって事は・・・山法師までも己の勢力下に取り込んでしまおうって魂胆?
 どうして私に?と問われて清盛様、かつて白河院様でさえ思いのままにならぬとおっしゃっていた賀茂川の水、双六の賽、そして山法師、でも私はこれらと真摯に向き合い手を携えてまいりたいと考えておりまする。これまさに先週夢の中で宣言した「あなた様を追い越して見せまする」の方策でしたか!よくもまあ大胆不敵と言うか、ずうずうしいと言うか、チャッカリ物と言うか・・・だってその昔この方の率いる強訴に向けて矢を放ってモノの見事に神輿の真ん中の鏡の所に命中させちゃって大問題だったしー!
 あらでも、明雲様ちょっと心変わり?あっさり引き受けちゃった!もしかして・・この人もツンデレなのか・・(汗)
ってな成り行きで天下の比叡山延暦寺座主・明雲様が導師となって清盛様ご出家!声明の響く中、清盛入道誕生〜。あら、本当に頭を剃ってるみたいな感じ?リアルすぎ!これも本当にカツラなんですか?しんじられな〜い。

 先週登場した政子様、ぼさぼさヘアーをざんぎりで、政子様と言うかケメ子様と言うか・・・。とにかくそのケメ子政子様、軟弱な弟と好対照な娘の男っぷりでございます。父の時政さまの胸中やいかに・・って、困り果てているご様子。この時代の武士のお家ですから、男は刀を振るい女は嫁いで家を守るのがお役目ってものなんでしょうそうでしょう。
 一方頼朝様はまだまだ生ける屍。仕方ないっちゃあ仕方のない事ではございますけど。未だに明日が今日だとか明後日だとかジョーだとか訳の分からない事を自問自答されているみたい。明日が見えなくなったって今日の今、この足元を見つめれば生きて行けると思うんですけどねええー。それはそれとして、頼朝様のお顔にかかった葉っぱが前ボケでイイ感じでしたねえ。この番組は結構ボケの使い方が好みでしてー。

 出家した以上剃髪するのは当たり前田のクラッカー。清盛様のツルツル頭を叩いてみれば福原遷都の音がする?あらさっきはびっくりしていた奥様の時子様まで尼さんに?大宰府からは頼盛様まで駆けつけてきましたよー。一門うち揃って夫婦出家に口あんぐりです。ここも時子様の前ボケで頷く清盛様、好みなんですよこういう表現。忠度様はもう普通に一門のメンバーになってますねえ。
 さらに皆をびっくりさせたのは福原移住宣言。福原って今の神戸のあたりらしいんですけど、海に近い福原に住んで大輪田港を完成させる?そう聞くと首尾一貫されてますわねえー。病明けで無茶ですと頼盛様が反対されますが、だからこそ先へ先へと進めたいのじゃと無茶を承知の清盛様。言い出したら聞きませんからなあ、この人・・。このシーンはやけに頼盛様が表情豊かで、こりゃあ今宵は頼盛様のターンですねっ!
 清盛様が京を去る以上、棟梁の務めを果たすのは無論重盛様。清盛様に命じられて・・いやでも、大丈夫ですかねえ。

 清盛入道福原移住の報を聞いた後白河院様、西光様と嗜んでいた双六に例えて、あやつは駒を進めおったのだ!道なき道を切り開くのがあやつの得手とするところだと。だったら自分はどうするの?って、孫の六条帝に譲位させ、滋子様との間に生まれた息子の憲仁親王を即位させる!ずいぶんまた幼い帝と上皇様の誕生です。
 帝の親として、上皇の祖父として、後白河院様が思いのままの政?八条院様と以仁王様は蚊帳の外で、さらに抑え込むためには帝の母の実家の平家を利用すると?後白河院様の戦略としては、清盛様に力を付けさせたうえで利用するという・・・掌に載せる作戦でしたねえ。
 憲仁親王様が即位されて高倉帝となられまして、滋子様は皇太后。皇太后宮権大夫には新たに宗盛様が任命されました。割を食ったのが頼盛様で、これまでの皇太后のシメ子様にお仕えする皇太后宮権大夫だった頼盛様は辞任させられたそうな。頼盛様にすれば、面白くなーい?
 でも面白くないからってふて腐れてご公務をサボってちゃあいけませんわ!滋子様の入内に当たって太宰大弐の頼盛様がお勤めをサボっていたそうで、愛妻を軽んじられて後白河院様ご立腹!清盛様を呼びつけて最後通告!この先再び務めを怠る事あらば頼盛のみならず平家が我らを敬っておらぬものとみなす!清盛様の入道姿を冷かして、離れるならそれなりの覚悟をしていくのじゃとおっしゃった後白河院様。あくまでも掌に載せようとする方と、そこから飛び出そうとする方と、まさに勝負してらっしゃる。
 一門にとっての緊急事態となってしまってさあ大変、清盛様は頼盛様を呼びつけてお叱りです!頼盛様は我慢してましたが、ずっと頼盛様に付き従って来た一の家来の平宗清殿が口答え!任地の大宰府が遠いのだから今回のような務めはたいそうな負担なのでござります、とー。
 ですが清盛様は宗清殿のとりなしなど全く取り合わず、そんな事は理由にならぬと一蹴。さらに頼盛様に言い募って、皇太后宮権大夫の職を失ったのが面白くなかったのかと責めたてます。頼盛様もこらえきれなくなって日ごろの不満を言い出しちゃった!私はいつ参議となれましょう?重盛、宗盛、それに時忠殿はすでに参議にござります。ああ、ずいぶん追い抜かれているんだ?そりゃあこっちの方が面白くないわなああ。
 さらに頼盛様、保元の乱において清盛様に逆らった自分が許せないのですかと問い詰めてます。虎の尾を踏んじゃいましたねええー。つまらぬ世迷言を言うておらずおのが務めに励め!!と言い渡されてしまいました。まあ保元の乱の一件以前から、このご兄弟には不協和音がございましたねええ。正妻の子と養子の子・・・側室の子と養子の子は割りとうまくいってるみたいなんですけどねえ。
 清盛様は宋銭をコラボした妙な数珠をおかけになられて、眉毛を伸ばしたのが老けて見えますねえ。

 伊豆の源氏ゆかりっていうか義朝様ゆかりの武将たちが一杯やってます。解説によると三浦義明殿、上総常泉殿、佐々木秀義殿・・・そうそうたるメンバーではございますが、見た目が何だかもう、年金トリオっていうか・・・。
佐殿つまり頼朝様の悲劇とか、義朝様の昔話とか、清盛様への罵詈雑言とか・・・いやあ言いたい放題だなあ。っていうか憂さ晴らし?ホスト役の時政殿もちょっと持て余し気味?いやでも、居酒屋「時政」って感じが・・・w
 時政殿の娘も気を付けたほうが良い世みたいに言われちゃって。これってつまり頼朝様に手を付けられたら孫を殺さなければならないような羽目になるって事?伊東祐親殿みたいに?佐々木秀義殿の所のどなたかと娶せては?みたいに言われて、いやあ・・・今のケメ子政子様に?
 ってなところに当のご本人の政子様登場!イノシシを担いでご帰還です!父上、こやつを仕留めましたどうぞ今宵の膳に!って相変わらずの真っ黒黒助でぼさぼさ頭!また怒られると思ってさっさと駆け去りました。一同あっけにとられる中、ここはもう覚悟を決めた時政殿、佐々木殿に向かってさっきの御子息とのご縁談・・・と持ちかけますが、いやこの話は無かった事に・・・とあっさり断られまして候。うわあ、ギャグパートですか!
 夕暮れのお空を眺めて政子様、おお夕陽が美しい、もう今日も終わるのか、もっともっと遊んでいたいがと政子様。まさに今日の今を充実して生きてらっしゃる!良い生き方ですね!って、夕闇の中でモノノケを目撃!いえこれ、頼朝様だったんですけど、魂を抜かれたようにさ迷い歩く頼朝様はまさに幽霊かモノノケかってな感じ。ギャグ担当だけど嫌いじゃないなあ、政子様・・・。

 福原の別邸?まるで廃墟みたいですよ清盛様。そこにどやどやとやって来たやかましい一団は兎丸殿のご一統。なんやこのぼろい家は?と兎丸殿が呆れれば、これをそなたたちに手入れして欲しい、宋との取引をここで出来るようにしたいとおっしゃる清盛。面白い事の大好きな兎丸殿は俄然やる気を出してます。

 京では教盛様が参議に任じられました。平家五人目の参議だそうで・・・経盛様は自分の事のように大喜び。教盛様と経盛様、お互い補い合う仲の良い兄弟愛ですが・・・さらに置いてけぼりって感じの頼盛様は複雑な表情。年齢から考えれば当然なんですけど、自分は正妻の子供だという自負のある頼盛様にとっては複雑・・・
 宗盛様、知盛様、重衡様、時子様のお子様トリオが頼盛様の出世の遅れを噂し合えば、そこにこっそり忍び寄る悪いオジサン!時忠様がおっしゃるには、それは正妻の子だからじゃ。正妻の子だから棟梁の座を狙う野心があると清盛様は思ってらっしゃるからだと・・清盛様の正妻の時子様のお子様トリオにとって心穏やかならぬ喩えを使って、じつは宗盛様を唆してらっしゃる!
 忠盛パパに賜った名刀・抜け丸を手に頼盛様が思い返す悲しい半生、っていうか反省の半生。思うに任せぬ半生でしたからねえ・・・。
 福原の盛国殿も頼盛様が心配の種。保元の乱の溝が未だに埋まらぬわけではござりますまいと清盛様に水を向ければ、清盛様答えて曰く、あれは優れたオノコじゃ。頼盛がおらねば平家の繁栄は保てまいと、持ち上げてらっしゃる!?だったらもっと優しくしてあげたらイイのにー!

 京ではそんな頼盛様に注目する輩が出てまいりました。清盛様が京を離れましたし、平家が目障りな方たちにとっては格好のウィークポイントになっちゃいましたからね。藤原摂関家兄弟も何か狙ってらっしゃるご様子。ちょっと能天気な基房様と、何か腹に一物ありげな感じの兼実様。いやあ、ちょっとしか出てないけど印象的ですよ、兼実様。
八条院様が頼盛様をお召になって、先の皇太后宮権大夫としての働きに対して褒美がないのはおかしいと持ち上げられて、さらに摂政基房様が登場!近くそなたを参議にいたす!頼盛様感激!?
 八条院様が頼盛様に恩を売って、交換に言い出すのは以仁王様。鳥羽院ご嫡流でありながら滋子様の邪魔立てで親王宣下さえ受けられぬのは不憫じゃ・・お前と同じじゃみたいな・・。ここまで言われちゃったらもう後に引けません、私が参議となりました暁にはきっと八条院様のお役に立てるよう尽くしますっ!頼盛様、言っちゃった!
 滋子様、清盛様、つまり平家一門から裏切り者が出ちゃったわけですよ奥様!でもでもこれでは後白河院様まで敵に回しちゃったわけです。で、さっそく逆襲!?
 清盛様の所に息せき切って重盛様ご到着、そして言い出されるには、頼盛様、せっかく参議になったのもつかの間、大嘗会でのお勤めを怠ったかどにより、後白河院様によってすべての官職を解かれてしまいました!三日天下!めまぐるしいですねっ!
 やっぱりシンパシーを感じるのか重盛様、清盛様から上皇様にお口添えを!減刑嘆願をしてくださいと頼みますが、清盛様はつめたく跳ねのけ、いや一年ばかり頭を冷やすが良いとの仰せ。さてその真意は・・・やっぱり保元の乱の溝口健二?

 清盛様に福原に呼び出された頼盛様。自分を参議にしてくれた八条院様へのお勤めをするために滋子様へのお勤めがないがしろになってたんですか。いっそ私を平家一門から追い出してくださりませとヤケッパチ!
 清盛様は静かに重々しく海を指さして、海ってほら件の大輪田の泊り、大きな船が入れるように工事中の海、わしが何ゆえそのような事をしておるか分かるか?と問えば、頼盛様答えて曰く、かねて仰せの通り博多を京の隣に持ってくるためと存じます。清盛様さらに返して、賀茂川の水も海に流れこむ、海を思うままに出来ればすなわち賀茂川の水を思いのままにするに同じと。さらに、博多を京の隣に持ってくるとともに京を海近くに持ってくる、我ら平家の都をな。京におっては何時まで経っても上皇様の掌の上、ここ福原に住まい大輪田を博多のようにして宋や高麗、天竺、南国の産物も取引して富を得、この富によって国を富ませる!貿易立国ですかっ!それを朝廷ではなく一門で行うんですか!ひゃあああ!頼盛様驚愕!!
 国の形をひそかに作り上げ、これがあるべき姿ですと示す!それこそがワシの見出した答え即ち武士が頂に立つ世の姿じゃ!がが〜ん!亡き父忠盛様のフラッシュバック!なんと途方もない計画でしょう、頼盛様絶句です。
 そして清盛様は頼盛様に向かい、そなたは父と母の残したたった一人の子じゃ、平家を思う気持ち一門のだれにも劣るまい、父上の目指した世づくりにそなたは断じて欠かせぬ!頼盛!これより先も口うるそう一門を支えよ!うわあ〜、亡き父忠盛様の弟・忠正様へのご遺言のフラッシュバック!頼盛様、まつ毛長っ!
 あっけにとられてあきれかえって、でも何か吹っ切れた感じになった頼盛様でした。宗清殿に、いかがなさるおつもりですかと問われて返すプチ笑顔。仕方がなかろう、それがとてつもない事をしでかす兄を持つ弟の定めと言うものじゃ!って、今度は忠正様のフラッシュバック!・・・はなかったですけど、これ、雨降ってジ・アルフィー?
 二人になった清盛様と盛国殿、これからそううまくは運ばないでしょうと盛国殿。清盛様は、方々がいかなる目を出してくるか、それにいかなる目で応えるか、考えただけでぞくぞくして来るわ、とおっしゃいます。盛国殿は、私はそんな殿をお傍近く見ているだけでぞくそくしてまいりますって。いい関係ですねえ。でも長い眉毛でお歳を表現する清盛様に対して、いつまでも綺麗に整った眉毛でむしろこの方も歳を取らないなああって思わせられてしまいましたよ、盛国殿〜。

 清盛の目には明日しか映っていなかったのだろうというナレーションでまた舞台が伊豆になりまして、ふらふらと歩く頼朝様、いきなり網!捕まえたー!と馬乗りになる政子様!モノノケ見たら捕まえに行くんですかこの人はっ!弟は逃げちゃった!あ、でも何だか変よ?モノノケが弱弱しく唸ってますけど・・・え?人?・・・ちゃんちゃん。まったくもってギャグ担当の政子様ですけど、いいですね元気があって!いっそもう番組名も「北条政子」に・・あ、いえ、これは失言でしたっ!

 さらにお寺で修行している見目麗しき青年は・・・これが牛若様改め今や遮那王様ですね!神木君!成長しましたねええ〜。本日は顔見せって感じですか。それぞれの明日が交わる日はまだ少し先である・・・。あああっ!予告ではあの方まで頭をっ!?



[広島お土産]清盛の夢あんころ餅(国内土産・広島土産)【マラソンsep12_東京】
世界のお土産通販【ギフトランド】
[広島のお土産]清盛の夢 あんころ餅(国内の土産・広島の土産・広島のお土産・広島のみやげ・広島のおみ

楽天市場 by [広島お土産]清盛の夢あんころ餅(国内土産・広島土産)【マラソンsep12_東京】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(11件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
大河ドラマ「平清盛」第35回
清盛、出家… ...続きを見る
日々“是”精進! ver.F
2012/09/09 20:46
『平清盛』 第35話「わが都、福原」
清盛の真意……その遠大な構想    出家、福原への隠居?    頼盛冷遇の理由は? ...続きを見る
英の放電日記
2012/09/09 21:18
大河ドラマ 「平清盛」 #35 わが都、福原
清盛入道登場。 そして、今回も回想が多いですね。 大トリの「中井貴一」の場所はこのところ空欄…。 ...続きを見る
雨ニモマケズ 風ニモマケズ
2012/09/09 21:21
【平清盛】第35回
仁安3年、病からよみがえった清盛(松山ケンイチ)は出家する。清盛は福原に住むことを 表明し、一門を驚かせる。 後白河上皇(松田翔太)は、清盛の動きを警戒しつつも、わが子・憲仁を即位させ、 平家... ...続きを見る
ドラマ@見取り八段・実0段
2012/09/09 21:27
大河ドラマ「平清盛」時代を変えた男35清盛出家!福原に本拠地を構えこれから目指す武士の世のスタンダー...
9大河ドラマ「平清盛」第35話は清盛が出家して棟梁の座を重盛に任せて自らは福原へ隠居する事を表明した。清盛の狙いは港に近い場所で日宋貿易をすることだった。そんな中で後 ... ...続きを見る
オールマイティにコメンテート
2012/09/09 22:40
『平清盛』 第35回「わが都、福原」
JUGEMテーマ:大河ドラマ重い病から生還した清盛は、妻の時子とともに出家。歴史上のイメージでも有名な入道姿になったのです。「さっぱりしたわ」と、清盛は剃った頭をなでて笑いました。同じころ、頼盛は不遇をかこっていました。つとめを怠ったかどで官位を剥奪され、不満をつのらせます。しかし清盛は、一門会議の席で、六波羅の指揮を長男の重盛に任せ、自分は海に近い福原(現在の神戸)に隠居することを表明。これには、さすがに皆が驚きます。後白河上皇は、清盛の新たな動きを警戒して、滋子との子である憲仁親王を高倉天皇... ...続きを見る
ふるゆきホビー館
2012/09/09 23:13
清盛出家 〜平清盛・我が都、福原感想〜
清盛出家。 どうやら白河法皇の三不如意を意のままに操るという目的で出家したらしいけど・・・。 俗人のままでは極楽に行けないんじゃないの。 でも相変わらず志はすごい。 一蓮托生の精神を持ってこれか... ...続きを見る
早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常
2012/09/10 11:22
平清盛 第35回「わが都、福原」★伊豆のワイルド政子(杏)が魅力的
『平清盛』第35回「わが都、福原」 ...続きを見る
世事熟視〜コソダチP
2012/09/10 12:49
「平清盛」第35話。
今週も見たよー。そして感想書くよー。 ...続きを見る
Flour of Life
2012/09/10 19:04
平清盛 第35回 久しぶりに見ましたぞ〜〜...
久しぶりに見ましたっ!!! 3週間も見れなくて ただでさえ視聴率関連の哀しいニュースばかり目にするのにいや わたし一人見たところで何かが変わる訳でもないとは思いますが(^^... ...続きを見る
みやさとの感想文と(時々)感想絵
2012/09/11 13:35
平清盛、双六の賽だけは無理だったようです!!
清盛と頼盛、重盛と宗盛、腹違いの兄弟には複雑な心模様が あるようですね 頼盛と重盛は叔父甥の仲ですが同腹の兄弟を亡くし孤立して いると言う意味では似たような境遇かも知れません 頼盛は正妻の子でありながら一族の中では出世が遅れた感が ありますが、はたして... ...続きを見る
函館 Glass Life
2012/09/13 10:02

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ようやく出家して、清盛の本領発揮というところですかねぇ。
これからパワー全開でしょうか。
ryi
2012/09/09 21:17
ryi様、こんばんは〜
ようやく清盛様が清盛様らしくなってまいりました。
私の印象的にはもう第二部の当初辺りからこのくらいの貫録があってほしかったような気もしてしまいますが。
でもでも、これから終盤にかけては安心してみていられ・・・そうもないですか、なんたって政子様が!
いやもう、目が離せませんよ、危なくって!
清盛様に流れるモノノケの血を凌駕しそうなキャラが初めて出てきた感じ・・・
真田
2012/09/09 23:55
こんばんは。
清盛は福原へ都を造ると絶好調ですね。
少し老けたメイクも貫禄ありました。
今回から登場した男前な政子のキャラは
なんだか良い感じです。
かえ
2012/09/10 18:28
かえ様、こんばんは〜!
ええ、ええ、まさに清盛様は絶好調!
ただまあ、その絶好調の裏で着々と破滅の音が・・っていうか不協和音?
頼盛様はともかく、お子様同士にも溝ができつつあるようで、早晩重盛様が追い詰められる雰囲気!
さらにさらに、モノノケ無双でのし上がってきた清盛様に対して、源氏方もモノノケをゲットしそうな雰囲気!
モノノケの白川院様の血を受けた、言ってみればモノノケ2世の清盛様に対し、
あちらのモノノケ様はどうやら天然!持って生まれた一代目のモノノケでしょう!政子様!
この番組のテーマである、遊びをセントや生まれケン夢中になって生きましょうってのにもどんぴしゃりじゃないですか!
これは強敵ですよー!恐ろしや政子様!
真田
2012/09/11 19:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
NHK大河ドラマ「平清盛」第35回「わが都、福原」 真田のよもやま話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる