NHK大河ドラマ「平清盛」第7回「光らない君」

光らない?って、そりゃあそうでしょう、源氏じゃないんですもの・・・ゴホンゴホン。
 これってつまり嫁取り話?難儀な所に入ってまいりましたねええ~。ここんところの大河のここら辺って妙に現代風って言うか、今の価値観を出しすぎちゃって難しいなあみたいな感じが満載で・・・(汗)。だって暮らし向きの生産力とか乳幼児の死亡率とかがまったくもって現代とは違う時代の世の中なのに、女性の方が極めて今風に、自分の生き方は自分で決めます!みたいに言われちゃうとちょっと、ねええ~。そもそも男子の方だって自由気ままに生きれる時代ではなかったわけですし。
 今の私たちだって、自由とか平等とか民主主義とかって耳触りの良い言葉に踊らされてますけどその実グローバリズムの波に飲みこまれているだけなんじゃないかとさえ思えてくる今日この頃・・・って話が脇にそれちゃいましたか、閑話休題!
 とまあそれはそれとして!私が気になってまいりましたのはパパ役!得子様の父上は国広富之様でしたでしょう?由良姫様のパパは山口良一様で、今宵の明子様のパパの高階基章様が平田満様!なつかしキャストで娘の婚活にいそしむ姿が何だかほほえましくって~~~。え?なんだか私、自己矛盾?あうあうあうあう・・・

今日の見どころ?
 アバンの前のガイド役?それっていったいどういう意味が・・・ま、まままま、でもまあ、青クラゲちゃんと桃クラゲちゃん、かわいかったですねええ~。

本日のアバン
 海賊討伐首尾よく終わって反省会の平氏の面々。っていうか大喜び?これで忠盛様がますます出世の目論見?お留守番だった家盛様は討伐の様子が聞きたいご様子。盛康殿はどうなったんでしょう?亡くなったの!?乳父の敵を味方に引き入れるなど、常識外れもいいとこですよねええ~。
 兎丸殿はまだ清盛様引いては平氏一門に対して猜疑の目線。自分たちが無事でいられるのもきっと賄賂を使ったのであろうとおっしゃいます。
 ここで清盛様サ~プラ~~イズ!鱸丸殿に差し出すサムライ装束!清盛様は子のいなかった盛康殿に、鱸丸殿を養子にするよう頼んでいたんだとか。死の直前に・・・なんだか惨いような気がするのは私だけかしら?なにはともあれカニはミソ和え、ここにあらためて平盛国殿誕生!!モードチェ~~~ンジ!!!
 でもここ、もうちょっと盛康殿の心情に迫ってほしかったような気がするのは私だけかしら?アバンでお茶をにごさずに、ちゃんとちゃんとちゃんとちゃんとちゃっちゃあ~~あん~っと~~、清盛様への遺言とか、自分亡き後のお目付け役には鱸丸殿をお願いしたいとかなんとかかんとか~~~。

光る君?
 何だかロマンチックに源氏物語を語る声。CGがなかなか面白いですけど・・・誰?時子様?先週登場した夢見る姫様。ってなところに琵琶のお稽古。いい竹藪ですねえ!歩いているところに乱入した清盛様。腹が痛い?下痢ですかっ!ピーピー?いやあああっ!野グ○?んもうっ!ロマンチックな気持ちが台無しいいっ!!!

出世
 忠盛様にご褒美が出るの?だったらもういよいよ公卿の地位に大躍進?・・え、その褒美は子の清盛に譲るが良い?鳥羽院様は清盛様に従四位下の位を授けられました。ですけど、これでお茶を濁しちゃって当主の忠盛様をかねて念願の公卿に取り立てる件については万歳・・ナシヨ!でございました。さらにさらに藤原摂関家の忠実様が清盛様をわざわざ呼び止めておっしゃるには、せいぜいここまでよ?と嫌味~な五寸釘を刺してまいります。相変わらず不気味なメークですねええ。

出会い
 さてその帰り道の清盛様と国盛殿・・いよいよやってまいりましたか、妻と出会いの段田男!冷たい雨の降る中でたまたま見かけた父娘、やけにわざとらしく滑って転んでさあ大変、ってのを助けちまったあ清盛様に運命の笠!そして笠の周りに布が垂れてて、何だか青いクラゲみたい・・あ、でもでも、可愛いお顔~!難儀していたのは貴族の端くれ高階基章様と娘の明子様でした。平田様、イイ感じに歳がお顔に出てますねえ。
 基章様は清盛様をお屋敷に引き入れてご歓待。そもそもこれ、住吉人jのご託宣で、嵐の中高貴なお方に親切にせよとの教えを実行中・・・。え、これ、明子様手作りのお料理なの?美味しそうですけど、使用人もいないのかしら?あるいは何かの策略・・かしらねええ。
 ご歓談中に基章様突然言い出されますのは、「娘を妻としてお傍においてはいただけませぬか」!!ビックリ吹いちゃう清盛様でございました~~~。

御所のヤミー
 本日もやってまいりました恒例の御所の闇パート!得子様がいよいよお産みになられたお子様は・・・残念ながら女の子。璋子様お付の堀河局は一安心。でも璋子様は意に介せず、大量の産着をもってお祝いに駆けつけまして候。
 こんなものを受けるいわれはないという得子様に対して、産着はいくらあっても邪魔にはなりませぬ、子供を育てるのはそれはもう大変なのですからと・・・。
 いっぺんの嫌味も悪気もないんですね、この方。何とも感じていないから怒ったり恨んだり心配したりする事もなく、誠の祝いをしに参られた璋子様。ある意味理想的な生き方なのかもしれませんねええ・・・。
 でも普通の感情をお持ちの得子様はこの璋子様の態度がお気に召しませんで、きいいいいっ!璋子様去りし後、頂いた産着を厄除けのお人形に着せて目を吊り上げてだだんとぶつけてぎゅぎゅううっと締めて、その勢いのまま!得子様は鳥羽院様のお部屋に乗り込んで!「皇子を産みとうございます」と鳥羽院様を押し倒した!鬼気迫る鬼嫁!みたいなああ~。

恋バナ
 清盛様の御同輩の佐藤義清様は、天皇様から直々に声をかけてもらって歌を聞かせてもらって・・大躍進?歌の才能でのし上がってってる感がございますねえ、この方~。
 その義清様の所にやって来た清盛様。先だっては突然の婚活の嵐に戸惑い気味でしたが、明子様の事がまんざらでもないご様子?恋の達人歌の名人後の西行にして同僚の先輩の佐藤義清様にご相談ご相談。
義清様の館には、先週来居ついたあの猫ちゃん!そして妻・・ああ、妻か、えええええっ?妻帯者だったの?義清様!ひいいいいいっ!
 一方相手の明子様、琵琶のお稽古をつけてらっしゃる?教えている相手は平時子様・・って、明子様の次に清盛様の妻となるお方?運命のツーショット!しかもお友達同士なの?いやあ~世間は狭いもんですねええ~~~。
明子様からこの間の一件を聞かされるや時子様、源氏物語みたい~~~♪って乙女の瞳がうるうるうるる。そのお相手が先だってのお腹ピーゴロのきちゃない君だとは知る由もなく・・・。まるで明石の君の様だと大喜びの時子様、むりくり明子様を縁結びの神社に連れてきちゃって~~・・って、そこにはやっぱり案の定の矢吹ジョーで清盛様があああっ!
 ピンクの時子様、青の明子様、ピンクとブルーの可愛いクラゲちゃんが二匹・・
 再開を驚く清盛様と明子様、一方時子様は光源氏とは似ても似つかない・・そりゃあそうでしょう平氏なんだから・・清盛様の不作法であか抜けない様子になんだかがっかり?
 これがつまり今週のタイトルの「光らない君」?ああああっ!って事は!明子様は露払いの前立本尊で、この番組的には時子様メインで話を振ってくつもりですねえええっ!明子様がなんだかお気の毒よおおお~~~!!!
 明子様を追いかけた清盛様。あらあら、明子様!清盛様からせんだっての海賊討伐の話や海の話を聞いてなんだかイイ感じ?心引かれてる様子?でも婚活一直線の父に反発しているのか、父の申したことはお忘れになってくださいませとおっしゃって、清盛様万事休す?
 その頃平家には、藤原家成様から清盛様の縁談が持ち込まれてまいりました。格式のある家の娘を・・・政略結婚っちゃあ政略結婚ですけど、この時代はそれがすなわちリアルな人生観だったわけで・・・。あ、それに家成様、いとこの宗子様への労わりの思いから一肌脱いでくださってるの?いい人ですねええ、つくづく~~~。

ラブアタック
 清盛様のアタックが始まりました。って言っても義清様に頼んでラブレターの恋の歌を代作してもらって贈りまくりまクリスティ。明子様からの返歌は清盛様にはちんぷんかんぷん、でもこれ断りの歌だとおっしゃる義清様。そして一言「焦るな」と。こういう駆け引きを楽しむのこそ恋!って、いやああ・・・楽しめないけどなあ私は・・・。
 声だけの猫ちゃん、でも、いい演技してましたねえ。義清様はなんだかもうすっかりラブコメ担当?みたいな・・・
 再び開始された清盛様の恋愛アタックに明子様は当惑気味?従四位下の清盛様には身分がそぐわないと気にされてらっしゃる?とうとう直談判だと基章様に結婚の申し入れをしに来ちゃいました清盛様。時子様も目を白黒?断るならば面と向かってきっぱりと!とおっしゃる清盛様・・・でも明子様は表情を曇らせて・・・
 ようやく本音がわかりました。明子様は住吉神社の託宣にすがるパパさんが気に食わなかったんだとか。生涯一人でもお告げなどに惑わされずに生きて行きたい!!いやあ・・・言っちゃいましたねええ明子様。でもここで引き下がったんじゃあ男がすたるぜ清盛様。
 見くびるでない!俺は俺の心に従いそなたを妻にしたいと申しておるのだ!!!え、泣きだした?うわああ、じゃあやっぱり前言撤回でうじうじ言ってたのは単なる表面上のポーズで明子様の本音はただ一言「好きだ」と言って欲しかった!みたいな?いやあああ~~~~~~・・・・っぽん!
 海に行きとうございますると明子様がおっしゃれば、きっとソナタを海へ、広くて面白い世に連れて行ってやる、と受ける清盛様。一件落着?ちょっと無理のある進行も、加藤あい様の涙の演技の前に轟沈!いい表情してるなあこの女優さん。あ、でも~~~、天下の平氏の御曹司の縁談が・・こんなんで大丈夫なの?

嫁取り完了?
 高階基章様と明子様を引き連れて、根回しもせず伝令も出さずに忠盛様のお屋敷に乗り込んだ清盛様。いやあ~、破格で無頼な成り行きだなあ・・・。もちのろんでポンデライオン、平氏一門の大多数は反対ムード。清盛様が忠盛パパさんに直談判でおっしゃいます。位が違うから共に生きることが許されぬのはおかしいと思う!あああっ!そ~~~言えば!清盛様の生みの母の舞子様、元白拍子にして白河院のお子を宿していた舞子様に軽くヤラレチャッテいたんでしたっけ忠盛様。かつての自分を省みれば清盛様の事をあれやこれやとはちょっと言えないですよねえ・・・。
 「わかった、高階の明子を清盛の妻として迎える」と宣言されまして候。同時に家成様からの縁談話はお断りっていう事に・・。清盛様の気のいい弟の家盛様は素直に喜んでくれてますが、一門の皆様は複雑なご表情。これはまだまだひと波乱もふた波乱も起こりそうな・・・。ほらほら、宗子様がちょっとおかしな表情よ?家成様の持ってきた縁談をお断りしてよろしいのですかって・・・これ、嵐の予感?
 にしてもしかし、今週はBGMがちょっと変だったかなああ~~、それと、清盛様がぶれ過ぎ、いえ物理的にぶれ過ぎてた感じですし、いろいろもうコミカルパート?だったのかにゃああ・・・。とはいえ、そういうすべては明子さまのお目目ウルウルで吹っ飛ばされちゃった感じ?乙女の涙はやっぱり無敵?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

2012年02月19日 21:26
光らない君ねぇ。
でも明子の中ではピカピカ光っていますよね。
2012年02月19日 23:40
ryi様、こんばんは~
今宵はまあ、いろいろ私的には屁理屈こねつつも、
結局南極京極かねよの金糸丼で、
加藤あい様のうるうるお目々に全部持ってかれちゃったような・・
悲しいかないち視聴者、役者の方の熱演の前にはメロメロメロ子に・・・はい~~~
かえ
2012年02月21日 09:49
直接家に乗り込んで妻にしたいと申し込む
清盛はいつもながら強引だけど男らしい。
明子のうるうるのお顔が可愛らしかったですね。
2012年02月21日 19:23
かえ様、こんばんは~
やっぱり!そこは!請われて嫁ぐのが理想!ですよねええ・・・
君と一緒にいたい!君の料理が食べたい!君と一緒に海に行きたいいいいっ!
強引ですけどその強引なところがまた、ふひょひょひょひょ!・・・あ、失礼。
ちょっと私、年甲斐もなくトキメイテしまいました~。
まあ現代風とかスイーツとかって言われてしまったら頭をかくしかないですけど、そういうアレはアレとして、
イイうるうる瞳でしたねええ、加藤さま~~~♪

この記事へのトラックバック

  • 大河ドラマ「平清盛」第7回

    Excerpt: 清盛、妻をもらうことに… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201202190004/ .. Weblog: 日々“是”精進! ver.A racked: 2012-02-19 20:47
  • 大河ドラマ 「平清盛」 #07 光らない君

    Excerpt: 光らない君って、光源氏とかけているんですかね。 あら、見所なんて…。 予告編ですか? Weblog: 雨ニモマケズ 風ニモマケズ racked: 2012-02-19 21:32
  • 妻との出会いは ~平清盛・光らない君感想~

    Excerpt: 海賊を家来に入れた清盛たち。 さらに漁師の鱸丸も養子に迎え入れられ、盛国と名乗ることになる。 随分と唐突にストーリーが進められている気もするが。 正四位をもらった清盛。 貴族からすれば.. Weblog: 早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常 racked: 2012-02-19 21:59
  • 平清盛 第7回「光らない君」

    Excerpt: 前回が出だしの大きな見せ場だったとすると、今回はその後にきた静かで次の大きな出来事への地ならし的な内容であったように思います。その次の大きな出来事とは何なのか分かりませんが、女性問題が大きく発展してい.. Weblog: あしたまにあーな racked: 2012-02-19 23:14
  • 平清盛 第7話 感想「光らない君」

    Excerpt: 平清盛ですが、清盛(松山ケンイチ)は海賊退治の功績で従四位下に昇進します。清盛は海賊勢力を一門に吸収しますが、そのさい検非違使に賄賂をおくっており、形振り構わぬやり方はこの頃からのようです。平忠盛(中.. Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記 racked: 2012-02-20 00:28
  • 平清盛 第7回「光らない君」

    Excerpt: 一日遅れですが、『平清盛』のお時間です。(^^; あらすじ・・・・・ Weblog: みはいる・BのB racked: 2012-02-20 15:16
  • 『平清盛』 第7回「光らない君」

    Excerpt: JUGEMテーマ:大河ドラマ京の屋敷に帰還した忠盛は、海賊討伐における一門の労をねぎらいました。家盛は、清盛に海賊退治の話を聞きたがります。それ以上に、屋敷にたむろする兎丸たちに興味津々のようですが。.. Weblog: ふるゆきホビー館 racked: 2012-02-20 18:06
  • 【平清盛】第7回

    Excerpt: 海賊討伐をへて、清盛(松山ケンイチ)は従四位下の位を得て出世する。 そんなある日、清盛は下級貴族・高階基章(平田満)とその娘・明子(加藤あい)と出会う。 基章は、ひと目で清盛が気に入り、明.. Weblog: ドラマ@見取り八段・実0段 racked: 2012-02-20 18:20
  • 平清盛、名前が分からないようです??

    Excerpt: 鱸丸改め平盛国の誕生です 清盛が亡くなったのが盛国の屋敷だと伝えられているくらい ですから、清盛と盛国の絆は相当深かったのでしょうね それにしても清盛の衣装が酷過ぎます 家来の盛国と比べて.. Weblog: 函館 Glass Life racked: 2012-02-21 10:54
  • 平清盛 第7回感想

    Excerpt: やっと録画したのを見ました! これを見る前に 更に 録画しておいた伊勢谷さんが出演された番組をだだだっと見て伊勢谷さんで笑い、伊勢谷さんで笑い、伊勢谷さんで笑いした後に... Weblog: みやさとの感想文と(時々)感想絵 racked: 2012-02-22 17:36