NHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国」第40回「親の心」

親の心ですか・・・家康様の心、秀忠様の心、江様の心、淀様の心・・・複雑ですねえ。家があって子供があるというのが家康様の父の心でしょう。家も子供も大切で溺愛っぽいのが淀様で、江様にあらせられましては家なんて関係ないわが子はわが子、でも竹千代はとられちゃったから国松だけ可愛がるの♪みたいな・・・?
 どうなんでしょうねえ、大河ドラマの主人公様なのに全然偉い人に見えないところが今年の新機軸なのかしら?ざっくばらん・・・なのかにゃあぁぁ・・・

 さて本日のアバン。秀頼様関白で自分は将軍として従うというのが秀忠様の構想ですが、家康様は断固拒否!わしの考えに従うことじゃ!江様ご二男国松気味を出産するもご長男竹千代気味は福さんが独占状態!親と子が心を通わせることがはたしてできるのかできにゃいのかああっ!・・・なるほどやっぱり、敵はすっきり整理して整えてきましたよ奥様っ!

 福さんただならぬ気配。いつもながら思いつめたような表情。まかり出でたのは江様の御前。っていうか詰問!病弱な竹千代気味の病をなぜ隠してまいった!!でもそれはちょっと無理っぽいかなあ。
 それを覗いている竹千代気味、こちらへまいるが良いと江様、江様のお膝へと見せかけて福さんへ!これはまた随分なデモンストレーション!!

 学問の竹千代様を遠巻きに見ているだけみたいな江様。何かを間違えたのであろうかって・・。母上はお優しすぎるのですととりなす国松君。ああでも、そんなにこの方を甘やかさないでっ!すぐ図に乗るからっ!一人で江様に甘えて独占の国松気味と、それを見てさらにひねくれる竹千代君、後々を考えたらホンに悲劇のご兄弟~。

 一方その親世代でもうまくいってませんねええ。豊臣を追い詰めるために城普請に余念のない家康様・・・ア~~ンド若本多殿。その気持ちがくみ取れずやる気のない秀忠様・・・ア~~~ンド古本多殿。古本多殿に、大殿様にお考えを伝えられてはと進言されても、どうせ聞いちゃあくれないだろうとそっぽを向きまくりの秀忠様、親子関係が複雑クロ~~ス、ファイア~~~!!

 大坂では豊臣国松君を可愛がる秀頼様。ほほえましく眺める淀様&初様。淀様めっぽう戦闘態勢!柱の陰から星お姉ちゃん様みたいに覗いている千様。まだ妻とは言えぬ、と硬い表情の淀様。
 そんな千様をお菓子で癒す初様。いい感じで和やかウーマンになってらっしゃいますねえ初様!そんな初様に打ち明ける千様の本音は・・・私も秀頼様のお子が産みたい!!もう立派な女に成長されてらっしゃったのでありました。でも千様、淀様のお気持ちを・・

 剣術修行の国松君。上達したなあと父上秀忠様自らお稽古!いいなあ、今ならさしずめ親子のキャッチボールなんだろうなあ!ほんっとに嬉しそうにやっつけちゃって秀忠様!大人げな~~~い!!!
 一方竹千代君、までも父上との剣術修行に挑戦!でもたった一撃であえなく撤退?兄上を思いやる国松君を押しのけて・・やっぱり福さんの胸に甘えちゃって?それでも男の子ですかっ!!みたいに憐みの表情で眺める秀忠様。竹千代君は立つ瀬なしっ!!
 でも・・何もこんなに追い詰めなくてもよろしいですのに~~~。

 お城の中では、竹千代君ではなく国松君が次のお世継ぎではないかともっぱらの噂。いい味出してましたよ、お女中連~~~。で、それを聞いて追い詰められた感の福さんが申し出たのはお伊勢参り。江様は竹千代君とよりを戻せるとこれ幸い、許可しますが、竹千代君は福さんを恋しがって泣くばかりなり、母上の立つ瀬なし!にしてもしかし、随分立派なお椀でご飯を召し上がってらっしゃって、江様&竹千代君~~~。
 一方福さんにはさらなる深謀遠慮。お伊勢参りに行くと見せかけて駿河の家康様をご訪問。正座して組んだ足の裏がイイ感じでした♪そして愚痴をこぼすこぼす!江様ったら国松君ばかりを依怙贔屓してご家中が大変なんですううううっ!って、さすがの家康様も呆れ顔ですが、理屈では負けない福さん!
 感じやすくていじけている竹千代君を強き男として育てたいからと、無茶な主張をなさる福さんです。ここら辺はやっぱり新興宗教の信者みたいな役作りが生きてますねえ。家康様押され気味?

 家康様がお江戸にご降臨。そろってお出迎えのご家中。竹千代君と国松君にお声をかける家康様。おどおどしてダメダメ君な竹千代君、はきはきと受け答えのできる国松君、ですが!家康様が改めていうよう、竹千代を世継ぎとする!
 江様怒る・・・あ、でも別に、どちらもご自分のお子なのですから、言ってみれば長幼の序に従ってるだけなのですから、そんなに怒らなくても~~~。

 家康様を直接強襲の江様。いったいどういうことですか、これって次の将軍を定めたということですか、今以上に豊臣を追い詰めないでくださいませ、みたいな。家康様のお返事は、豊臣を追い詰めるつもりはないし世継ぎを竹千代と定めたわけでもない。家中の乱れを鎮めるための緊急措置みたいな?
 世継ぎについて改めて考え出した秀忠様と江様。でも江様のお心は・・家をまとめるには聡明で闊達な国松がふさわしいと思いまする。えええ~~~?本当にそれだけの理由ですかああ~~~?
 ひたすら竹千代君を猫っかわいがりの福さん、大姥局が詰問です。そなたは乳母じゃぞ、竹千代様はそなたの子供に非ず、親と子を結ぶのが乳母の役目・・・といいながら、自分自身その役目を私も果たせずにおるやも、と言った途端に倒れた!大姥局いよいよかああっ?

 家康様直々に大姥局をお見舞いです。いい感じのお爺さん役になられてますねえ北大路様。そこに江様もやってきたところで大姥局改まって言うよう、一生のお願いにございます若様と話し合われてくださいませ。ああ~~、さっき言ってた親と子を結ぶ役目ですねっ!
 あ奴はわしに心を開かんでなとおっしゃる家康様。大姥局はすかさず、大殿様の心が引いているゆえ若様が心を開かないのです、親に打ち消されているとわかって心を開く子がありましょうや?あ、江様も思い当たる節があるのか不味いなあってお顔ですよ!?

 秀忠様がやってこられて、家康様が立ち去られて、とたんに病状がひどくなった大姥局。なんだか今わの際の遺言みたいなことを言い出しましたよっ!!最後のお願いでございます、大殿様と心を開きあってお話合いくださいませっ!どうか今すぐっ!あああ、今すぐにいいい~~~。
 浮足立って秀忠様が出て行ったら途端に大姥局「うまくいきました・・・」といった途端に秀忠様が戻ってきて、小芝居がバレバレに!秀忠様が戻ってこられたそのわけは、お礼を言っておきたかったから?そなたは生みの母よりもずっと私の母であった礼を申すぞ。あああ、大姥局涙涙のめんぱっちん!ああ・・でもこれもまた、江様的には・・不味いにゃああ。
 とは言え向井様、いいわあ、グッときちゃう!むしろ今年の大河は「徳川秀忠」にして欲しかったくらい!!!

 あらためて家康様を訪う秀忠様、親子水入らずの一杯やっか?って、家康様が飲んでいるのはマムシ酒!執着してますねええ~。徳川のためにまだまだ生きて家を守り伝えていかねばならぬ、とものすごい生っていうより家への執念ですねえ。悪い人になっているのに、なればなるほど家康様に魅力が出てきちゃうのはどうしてなのかしら?
 たまには腹を割って話そうと家康様。ならばと秀忠様父上は豊臣を追い落とすおつもりですか?と追及。家康様は徳川を守るためならな、と返されます。秀忠様は徳川と豊臣が並び立つ術を考えますと追いすがります。が、家康様は、淀様がそれを受け入れないだろうと。両雄並び立つなどありえんという家康様、やってみなければわからぬ豊臣への恨みですかという秀忠様。この世にはどうしようもできないことがある、VS、父上は時間がないからそのように急いでおられるのです、と、まったくもって平行線の親子の仲違いでした。
 月明かりのろうそくの下の青い毛氈、いい感じに出来上がってました。

 一方大坂では、秀頼様が名実ともに千様と夫婦になりたいと言い出されまして、躊躇する淀様を説得しております。これってきっと初様が後ろから糸を引いているんでしょうねえ、何だかそんな表情でしたよ。イイ役ですねえ、初様~。
 仲よし小よしの秀頼様と千様。ここで淀様が初様に本音を吐露します、千に子供を産ませたくなかったのは徳川との争いになったらかわいそうだからと・・・そういうお気持ちだったのですか。だったら戦にしなきゃいいじゃないのという初様ですが、淀様はかたくなな態度?ボケ身を生かした良い画でした。

 翻ってお江戸では、林羅山殿登場!家康様のご命令で使わされ、豊臣とのことで話をしたいという林殿。よくよく話して勉強せよとの親心でありましょうか?大姥局はやっぱり具合が悪く、江様自らご看病・・・ってのはありえないのではないかにゃあ~。大姥局はやっぱり晩年って感じ、江様とのあれやこれやを思い返して昔話、そして江様をほめたたえてますっ!ダメよ!それは今作においては死亡フラグよっ!!
 このような体たらくではお暇頂戴いたしますと大姥局。最後の戒めは、国松君が聡明であっても、あなたは竹千代君の母ですよ、と。あのものは私に懐かぬと、いつぞやの家康様みたいな事をポロッとおっしゃる江様。方や大姥局は、大御所様と同じようなことを言われる、あなたはそれでも母ですかっ!?何があろうと自分を見つめてくれている母がいてこそ子は救われるのですっ!と更なる戒めをもちまして、これにてお暇した大姥局、一年後に亡くなられたんだとか。やっぱり死亡フラグでしたか・・・

 竹千代君と話し合おうとする江様、やっぱり一向に心を開かれぬ竹千代君、国松君は母上大好きラブラブ関係ますます確立。家の内外に火種を抱えて、次週さらなる嵐の予感?竹千代君もそんなに愚かなばかりではない気がして、今後の展開に期待したい気持ちが焼いたお餅のように膨らんでくる今日この頃・・・



江戸幕府初代将軍 徳川家康 戦国武将 ARMOR SERIES フィギュア 本格的な造りです! 【ミニ甲冑フィギュア クリスマス・誕生日プレゼントにも最適】
しのびや楽天市場店
■ 商品名戦国武将フィギュア徳川家康■ サイズ横幅17.5cm、奥行き9cm、高さ21cm■ 材 質

楽天市場 by 江戸幕府初代将軍 徳川家康 戦国武将 ARMOR SERIES フィギュア 本格的な造りです! 【ミニ甲冑フィギュア クリスマス・誕生日プレゼントにも最適】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 大河ドラマ「江 ~姫たちの戦国~」第40回

    Excerpt: 親の心、子知らず・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201110160003/ .. Weblog: 日々“是”精進! ver.A racked: 2011-10-16 20:44
  • 【江~姫たちの戦国~】第四十回

    Excerpt: 江戸城内では、聡明な次男・国松(松島海斗)を推す江(上野樹里)と、長男・竹千代(水原光太) 一筋の乳母・福(富田靖子)の徳川家跡継ぎをめぐる争いが続いていた。 そんな折、大姥局(加賀まりこ.. Weblog: ドラマ@見取り八段・実0段 racked: 2011-10-16 20:55
  • 江~姫たちの戦国~ 第40話 感想「親の心」

    Excerpt: 江~姫たちの戦国~ですが、徳川家の人々は渡る世間は鬼ばかりのように身内での争いが絶えません。江(上野樹里)は竹千代にも会いたいわけですが、乳母の福(富田靖子)が掌中の珠として手放しませんし、竹千代自身.. Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記 racked: 2011-10-16 21:13
  • 江~姫たちの戦国~ 第40回「親の心」

    Excerpt: 『江』のお時間です。 あらすじ・・・ Weblog: みはいる・BのB racked: 2011-10-16 21:23
  • 江 -姫たちの戦国- 第40回「親の心」

    Excerpt: 前回に引き続き、それぞれの立場での心模様がよく映し出されている、いい内容のドラマとなりました。竹千代と国松の母親である江が、立場も有りながらそれぞれの子供に対する接し方に違いが出てしまうのは、どうしよ.. Weblog: あしたまにあーな racked: 2011-10-16 22:08
  • 大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」三姉妹の絆40福の申し出に世継ぎは嫡男竹千代!千が秀頼の妻になるも家康は豊臣を滅ぼすと宣言した

    Excerpt: 大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」第40話は竹千代と国松はそれぞれ育つものの、竹千代は江になつかず、国松は江の元ですくすくと育っていた。そんな中で城内から世継ぎは国松に ... Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2011-10-16 22:14
  • 『江~姫たちの戦国~』 第40回「親の心」

    Excerpt:  慶長16年の夏、竹千代が疱瘡になっていたのを、お福が隠していたため、江は叱責しました。その場にきた竹千代は、しかし江の呼ぶ声もむなしく、お福にくっついてしまいます。大姥局は、これを.. Weblog: ふるゆきホビー館 racked: 2011-10-16 22:54
  • 江~姫たちの戦国~第40話

    Excerpt: 39話「運命の対面」/ 40話「親の心」 前回レビューできなかったモノで。入れマジっとります---。 秀忠が将軍就任し御台所となった江は次男国松を出産。 長男は乳母福が--次男は江が育てるこ.. Weblog: shaberiba racked: 2011-10-16 23:47
  • 【江】第40回と視聴率「親の心」

    Excerpt: 【第40回視聴率は、10/17(月)追加予定】今回、大姥局(加賀まりこ)が、やたらいい人でした♪(^^)鬼からいい人に変わったと思ったら、死んでしまいました(汗)体調が悪くなっ... Weblog: ショコラの日記帳 racked: 2011-10-17 13:01
  • 【江】第40回と視聴率「親の心」

    Excerpt: 【第40回視聴率は、10/17(月)追加予定】 今回、大姥局(加賀まりこ)が、や Weblog: ショコラの日記帳・別館 racked: 2011-10-17 13:01
  • 江~姫たちの戦国~第40回感想

    Excerpt: 今日はあんまり‥‥感想は無いなぁ‥‥(^^;)江さんと春日局さんの対立も そんなにすごいものではないと思うし‥‥。いや 特に見たい訳でも無いですが(^^;)今日は家康さんと秀忠さん... Weblog: みやさとの感想文と(時々)感想絵 racked: 2011-10-17 13:09
  • 「江~姫たちの戦国」第40回~大姥局(加賀まりこ)がヨカッタ。上野樹里ちゃんは出番減!?

    Excerpt: 『江~姫たちの戦国』 第40回「親の心」 演技派女優・上野樹里ちゃんのファンなので応援したいけど、なかなかね・・。 だんだんと上野樹里ちゃんの出番も減ってきたような・・・。 前回は秀頼.. Weblog: 世事熟視~コソダチP racked: 2011-10-17 14:32
  • 大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」第40回...

    Excerpt: 江よりその後に放送した「南極物語」方が印象強くてあんまり感想が書けない気がする・・・・・・・ま、いつも書いてませんけどねwあらすじは江 公式サイトから江(上野樹里)は、8... Weblog: 徒然”腐”日記 racked: 2011-10-17 14:58
  • 江~姫たちの戦国~ 第40話「親の心」

    Excerpt: 江(上野樹里)は、8歳になる長男・竹千代(水原光太)が病弱に育ったのは 乳母の福(富田靖子)のせいではないかと思い悩む。 そんな母を健気に励ます次男・国松(松島海斗)が、江は愛おしくてならなかった.. Weblog: ぷち丸くんの日常日記 racked: 2011-10-17 17:35
  • 大河ドラマ 「江」 #40 親の心

    Excerpt: 急に話が一気に進んでいる江。 もう大坂の陣へ向かって一直線です。 Weblog: 雨ニモマケズ 風ニモマケズ racked: 2011-10-17 23:30
  • 世子家光 ~江・親の心~

    Excerpt: 昔から描かれてきた竹千代(家光)と国松(忠長)の争い。 どもりがひどかった竹千代に対し、明るく活発で才気ばしった国松。 江や秀忠は国松の方をかわいがったとされるが、家康や福は竹千代を指名していた... Weblog: 早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常 racked: 2011-10-19 22:18