NHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国」第35回「幻の関ヶ原」

陰謀の主催者となってチョイ悪・・・っていうか腹黒オヤジとなった家康様、でもこの方がよっぽど魅力的!悪い人だけど憎めないですよねええ、お父さん~。にしても9月11日!何時ぞやの9・11事件の十周年、よりによってこんな日に戦争を中心に据えたエピソードになってしまうとは、やっぱり何か持ってらっしゃいますねえ田渕様!・・・ま、まあそれが吉と出るか凶と出るかは・・・(汗)
幻の関ヶ原・・・まさか、関ヶ原は夢幻だったのですって?あるいは、幻程度にしか合戦シーンはございませんという言い訳?あるいはあるいは、遅参の果てに合戦に参加できなかった秀忠様目線なのかしら?

 さて本日のアバン・・・秀忠総大将を務めよと厳かに言い放つ家康様、三成殿は家康様会津征伐出陣の隙をついて挙兵!初様夫の高次殿悩む!秀忠様覚悟する!自らの運命を受け入れて出陣!
 で、蛙が可愛いお江戸では・・留守を預かる江様、がらんとした邸内。って、なんだか変な掛け声!大姥局がなぎなたのお稽古指導中!そしてなぜだかそのままのノリで「火の元用心火の用心~」と、往年の笹川御大の様に連呼して練り歩いてますよ!いやあ・・・加賀様がこんなにギャグメーカーになってしまわれては、江様の出る幕が無くなっちゃいそうですねええ~。

 定めとは不思議なものじゃとシミジミしている江様。一人目の夫と別れ、二人目の夫と死別し、今三人目の夫・秀忠様のご無事を祈っているのだと・・・。
 ってな所に、マリア様からのお手紙到来!ガラシャ様のお付きの方でしたねえ、マリア様。当然中身はガラシャ様の受難の顛末!家康様VS三成殿の争いの犠牲者!!どうしてガラシャ様が亡くならねばならぬのじゃ、と嘆く江様ですが、いやあでも、充分意味のある死に方だったんじゃないかしらねええ・・・

 三成殿が挙兵したニュースを聞いてほくそ笑む家康様の陣中。思うつぼではありますが、敵は大物の毛利殿を担ぎ出しました。しかも諸大名の妻子を人質に取った・・という事は、真っ向勝負の本気の大戦になるぞこれはと気を引き締めてらっしゃいます。
 ここって歴史に名高いあの小山評定ですか?何時ぞやはわれらが婿殿が取り入って点数上げた・・ゴホンゴホン、それはまた別のお話でしたねええ~。
 豊臣のためと思えばこその上杉攻めだったのになああと家康様が嘆息すれば、皆の怒りは三成殿に向かいます。一人皆に聞こえないように「タヌキが・・」と呟くのは秀忠様。
 しかし三成殿は方々の奥方を人質に取っております、かくなる上は三成方につきたい人はどうぞ引き返してください、一切の邪魔立ては致しませんと真摯な表情で打ち出せば、たちまち呼応する細川忠興殿!三成の首は私が取りますっ!!って!奥方のガラシャ様がすでに実質的自害をなされた以上もう後には引けませんものねえっ!忠興殿の熱気に引っ張られて、居合わせたお歴々の心は一つにまとまって、許すまじ三成!と相成りまして候!エイエイオ~。ほらほらやっぱり、ガラシャ様の死は決して無駄にはなりませんでしたよお~~。って、江様にはそんなの伝わりませんわねええ。
 その中で一人マツロワヌものが・・・真田幸村殿ですか!スポーツ系の良い男ですねええ~。あ、秀忠様は何だかそんな幸村殿にシンパシー?

 家康様と秀忠様のツーショット、ウマくやりましたなとおっしゃる秀忠様。自分は東海道、お前は中山道で美濃へ向かえと家康様。そこに来合わせた秀康様!ここんとこご活躍ですねええ!秀康様には、宇都宮にとどまって西へは向かわずこちらで上杉軍を押さえるように申し渡した家康様。秀康様は不満顔です。弟の秀忠様が三万八千の総大将ですものねええ~。

 近江にも戦の波が!三成殿から出兵要請!高次殿は困り顔。近畿圏だけを見ていたら三成殿が優勢な感じですけど・・・ううう~~~む。初様は無茶なお願いで、どっちにもつくなだの両方につけだの言ってますが、それに龍子様も同調してますが、これは困らせてるだけじゃないの~~~!
 いやしかし、出来るやもしれぬ、両方につく事じゃ・・・と何やら思いつかれたんですか?高次殿?

 家康様が江戸に帰れば早速まかり出る江様。話はやはり三成挙兵問題。こうなるとステてはおけん、ワシも西へ向かう事になる。あくまでも家臣同士の争いであり、淀様や秀頼様には害は及ばぬとおっしゃいます。
 江様の言うよう、秀忠様は戦に向いていないので余り無理をさせないでくださいと。家康様もその事は先刻ご承知、でも分かっておるがそうもゆかぬ、と。この戦を避ける道は・・・それだけは・・・ないっ!と言い切りまして、さすがの江様もこれにはだんまり~。

 中山道を行く秀忠様。決戦の地はおそらく関ヶ原・・・ってな所にまたニュースが、真田家が寝返った?上田城に引きこもって我らに従う様子なし、と~。この裏切り者をなんとしょう、直ちに討ってから西へ向かう派と、スルーしてこのまま西へ向かう派に分かれる家臣の面々。秀忠様のご決断は、真田討伐!この時秀忠様の脳裏には先だっての家康様のご命令。ここで一発ドカンとやっつけてイイとこ見せたいって気持ちだったのかしら?あ、でも、幸村と話がしたい?あのとき一人マツロワなかった幸村殿に興味がわいちゃったって事?いやあ、でも、非情事態の戦場で、その判断はどうなのかなあ~~~?

 高次殿は馬を走らせて美濃へ参戦?って事は三成殿につくわけ?さっき両方につくとか言ってたその胸中やいかに?って、あら、我らこれより大津へ戻る!大津の城に引き返し徳川様にお味方いたす!と、大決断~~~!っていうか行き当たりばったりに見えてしまうのは何故かしら~~~?これにはやっぱり三成殿怒る!東西どちらにも裏切り者が出ました見たいな展開ですよ~。
 大津に帰った高次殿、心配顔で出迎える初様。高次殿の留守の間、城を明け渡せと三成殿の死者がやって来たんだとか、主がいないのにそんな事は出来ぬどうしてもと言うなら私を切れ!!!いやあ、声が上ずってましたねえ初様~。そこが逆にイイ感じ~。だってホントに怖かったらこのくらいにアップアップで当然でしょう?
 町民を逃がし大津の町に火を放って、戦いはこれからじゃ!と高次殿。戦は嫌、死ぬのはもっといやああ~と泣き崩れる龍子様、気丈に元気づける初様!これで城攻めに出会うのは三度目にござりまするって、初様お強くなられましたねええ~。

 高次殿裏切りの報を聞いた淀様は初様龍子様を助けようと、北政所様つまり高台院様にお手紙をしたためまして候、そして高大院様はお二人の命を救うために何やらお付きの者に指示を出されてらっしゃいます。

 ヨシ様のご提案でお香をたいて写経を始めた江様。仏壇に一杯蝋燭を立てて、なかなか趣のあるセットでしたねえ~。このお香は例の信長様伝来のアレなのかしら~?
 秀忠様は戦ベタ!数では明らかに上回っているのに上田城を攻めあぐね、味方の損害は甚大ってな感じです。負け戦の時の絵ですよねえ、これは~。私に総大将など勤まるわけがないという先だってのセリフがフィードバック。
 上田城では呂律の回らない真田・藤波・昌幸殿が大号令!セリフは噛んでますけど、真田軍の意気は上がってますねええ~。・・・まああの、キャスティング的にはともかく・・・
 困ってしまった秀忠軍、このままここでこう着戦を続けるのか、いっそ諦めて美濃へ向かうのか、若殿のご決断は美濃へ向かう!って、朝令暮改?右往左往?ジグザグ?青春の蹉跌?結局間違った決断で味方が多く死んだだけだみたいな状況、恐れ慄いて泣きべそをかく秀忠様でございます。この表情は良かったですねえ。お鼻がぴくぴくしちゃって!それを受けて戦の非情を優しく諭す本多殿もイイ感じでしたよお~。

 ひっそりと写経をしている江様の所に不気味な大姥局がやって来まして、これをご覧あれと戸を開けるや祠に満載の蝋燭の灯り、城中の祠にがんをかけておりますのでご安心あれ~と。むりやりそんなにキャラを立てなくても良いですのにねえ、大姥局・・っていうか加賀様・・・いやそれ以上に、あんな効果音は必要なかったんじゃないかにゃあ~?

 遅れを取り戻そうと雨中の行軍秀忠軍、もう早や兵は疲弊しまくっております!本戦の戦になる以前にもう負けてますっ!まるで敗残兵みたいよ?皆の恨めしげな視線が突き刺さりまくる秀忠様、厳しイイ~~~っ!
 大津のお城は三成軍に攻め込まれて!奥方様として初様も甲冑を着て陣頭指揮ですか!カッコいい~~~!皆の者気を強く持つのじゃ!しっかりせよ!って、でも、うわっ!すぐ横で人が打たれた!血が出たっ!凄惨!これまでかあああっという所で急に銃声が止みまして、淀様お付きの侍女のサキさんが北政所様つまり高台院様のお使いを連れてきました。今からでも遅くはないから詫びを入れて三成軍に付けというありがたいお言葉・・・ですが、お断り申し上げる!
 これは夫の定めし事、私は夫に従います!姉上も同じ思いでしょう・・・ってその姉上の龍子様は気絶したまんまじゃないの!本当は寝返りたかったかも知れないのにいいい!・・まあそっちはそうとして、初様お付きのウメさんも、口には出さずにサキさんに今生の別れのご挨拶!姫様それぞれについた侍女たちの人生にももう少しスポットが当たっても良いのかもおお~~~。
 さればと再開三成軍の猛攻、二の丸も落ち敵は本丸に迫っておる最早これまでじゃなと諦め顔の高次殿、脇差に手をかけて・・・チョンマゲを切り落としたっ!城を明け渡して高野山へ登る・・・って、死なないんか~~~い!!!許せよ初って、何だか随分情けないような気がするのは私だけでしょうか~~~。っていうか、そんな程度の戦略だったんですか、高次殿・・・

 江戸の江様、徹夜の写経でそのまま眠って目を覚ませばお城を闊歩するなぎなた部隊の火の用心。いよいよ天下分け目の当日の朝でございます。
 秀忠様のご一行は川に差し掛かりまして、橋がない!なくても渡るか?上流に回るか?兵たちの疲弊度を見て上流へ向かうと判断する秀忠様。ますます行軍が遅れに遅れて・・こんなんだから間に合わなかったんですねええ。
 秀忠はまだかと陣中にて気にかける家康様。あああっ、秀忠様落馬!情けない~。もうもうもうもう、ど~~~しよ~~もないね、って笑いだされました。ああ~確かに、笑うしかない大失態!!朝起きたらタモリがやってんだもん、ってなくらいの大遅刻ですものねええ~。

 どど~~~んと銃声、突っ込む歩兵!始まったか・・・と家康様。江戸では相変わらず大姥局のなぎなた稽古・・・に江様まで飛び入り参加ですううっ!
 ぶつかり合う東西両軍・・・これはもしかしてバンクシステムかしら?あ、でも、秀忠様が突進する様子はなかなかスケール感がございましたねええ。やっぱりちゃんとロケして撮ればイイ絵になるのよ!ね!
 三成殿もお約束のあの首の骨が折れちゃうんじゃねってな程大きくて長くてド派手なカブトで陣頭指揮!

 夫がその日その場に間に合わなかった事を知る由もない江様でした・・・。で、次週予告はいろいろ修羅場?秀忠様にも修羅場!三成殿にも修羅場!っていうか今週はカッコよくはなって来たんですけど主要人物の割には登場が少なかったですよねえ、三成殿~~~。



二代将軍・徳川秀忠 忍耐する”凡人”の成功哲学 (幻冬舎新書) (新書) / 河合敦/著
CD&DVD NEOWING
★書籍商品の購入に関するご注意コチラ↓より、初回盤・特典の詳細、在庫情報・出荷状況をご確認ください。

楽天市場 by 二代将軍・徳川秀忠 忍耐する”凡人”の成功哲学 (幻冬舎新書) (新書) / 河合敦/著 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2011年09月11日 20:52
いまいち関が原に盛り上がりがないのは、江が主人公だから??
と思うことにすればよいのかしら…。
2011年09月11日 21:00
ryi様、こんばんは~。
いやあ、江様目線とは言っても、秀忠様目線とは言っても、もう少し描いて欲しかったですよねえ。
第一小早川様!これまで全然スポットが当たってないじゃないですか!
どうするおつもりなのかしら・・・
もうね、私思いますに、やったらいかがかしら、「大関ヶ原」!
これまでの大河ドラマを寄せ集めて、合成したりCG入れたりして繋ぎ合わせて、
オールスター一番豪華な大関ヶ原の大戦を~~っ!
かえ
2011年09月12日 12:51
城を守ろうと鎧を着けて奮闘する初は
いい感じでしたが、高次は何だかね~。
その場で自害かと思ったらマゲを切っただけ。
しかも僧侶になるですって??
こんな行き当たりばったりでいいのかしら...

ブログをやってます。
お時間がございましたら遊びに来てください^^
http://weltmeistesr.blog71.fc2.com/
真田
2011年09月12日 17:52
かえ様、こんにちは~
今回のMVPは初様かしら、甲冑つけて気丈にふるまう芯の強さ!カッコよかったですよねええ。
・・・高次殿は、うう~~ん、あっちに走ってこっちに帰る事が「両方につく道」だったのでしょうか?
余りにも、余りにも・・・ですよねえ~。
実際ここで西軍を足止めさせた事で十分東軍の役には立ったんだそうですけど、
でしたら最後の決心は徳川様に!くらいの花を持たせてあげてもよろしかったですのにねえ~。

あ、そうそう、そちらのURL、何故かエラーになってしまいまして、拝見できませんでした。ひとつご確認を~。
かえ
2011年09月13日 10:15
おはようございます。
すみません、URLが間違っておりました(汗)
正しくは↓
http://weltmeister.blog71.fc2.com/
                   でした。
真田
2011年09月20日 17:56
かえ様、遅ればせながらこんばんは~。
ブログのお写真、拝見いたしました~。
ホテイアオイが可憐で清々しくって良い感じ。
それに回りの背景のボケた感じが程良くて素敵!
隅から隅までカッチリ写った写真もイイですけど、
綺麗なボケ味の写真がいいなあって最近思うんですよ~。

この記事へのトラックバック

  • 大河ドラマ「江 ~姫たちの戦国~」第35回

    Excerpt: 秀忠、到着せず・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201109110004/ .. Weblog: 日々“是”精進! ver.A racked: 2011-09-11 20:45
  • 大河ドラマ 「江」 #35 幻の関ヶ原

    Excerpt: 大姥局、誰もいないところで張り切っていますが…。 そして、今回は「間に合わなかった」関ヶ原…。 Weblog: 雨ニモマケズ 風ニモマケズ racked: 2011-09-11 20:54
  • 【江~姫たちの戦国~】第三十五回

    Excerpt: 江戸で江(上野樹里)が秀忠(向井理)の無事の帰還を願うなか、三成(萩原聖人) の挙兵を受けて家康(北大路欣也)は、上杉攻めを中止し、全軍を西へ向ける。 秀忠は途中、上田城の真田幸村(浜田学)を.. Weblog: ドラマ@見取り八段・実0段 racked: 2011-09-11 21:00
  • 大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」三姉妹の絆35高次の覚悟に初は淀の説得を断り最後まで高次を信じて戦った

    Excerpt: 大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」第35話は家康は上杉攻めのため会津へ向かっていたが、これは家康の策略であり、三成が動いたという知らせを聞いた家康は兵を引き換えし美濃へ ... Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2011-09-11 21:01
  • 江 ~姫たちの戦国~ 第三十五話 幻の関ヶ原

    Excerpt: 視聴者にとっても幻の関ヶ原になるかと思った 題名を見て関ヶ原の戦いはスルーになるかと恐れたが、次回に持ち越しのようだ。その代わり、上田城の戦い(第二次)や大津城の戦い ... Weblog: V36スカイラインクーペが欲しい! racked: 2011-09-11 21:06
  • 大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」第35話...

    Excerpt: 秀忠、出陣-------------------!!一方、三成もまた出陣を決める。京極はどちらにつくべきか迷い、女達は、ただ夫の無事を祈るしか出来ないのだった-------------。その頃、マリア.. Weblog: ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ racked: 2011-09-11 21:11
  • 大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」第35話 感想「幻の関ケ原」

    Excerpt: 秀忠、出陣-------------------!! 一方、三成もまた出陣を決める。 京極はどちらにつくべきか迷い、女達は、ただ夫の無事を祈るしか出来ないのだった-------------。.. Weblog: ★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★ racked: 2011-09-11 21:11
  • 戦うもの 待つもの ~江・幻の関ヶ原~

    Excerpt: いよいよ関ヶ原当日。 蛙が鳴き、池に飛び込む。 そんななかで、大姥局は防犯と火の用心。 ある意味では何気に、奥さんの鑑というべきなのかもしれない。 人質に取られることを拒んで自害したガラシ.. Weblog: 早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常 racked: 2011-09-11 21:23
  • 江~姫たちの戦国~ 第35話 感想「幻の関ヶ原」

    Excerpt: 江~姫たちの戦国~ですが、石田三成(萩原聖人)が予定通り挙兵してくれて徳川家康(北大路欣也)はほくそ笑みます。徳川秀忠(向井理)は「タヌキが」と聞こえよがしに呟きますが、家康はあくまでこれは豊臣家を守.. Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記 racked: 2011-09-11 21:41
  • 『江~姫たちの戦国~』 第35回「幻の関ヶ原」

    Excerpt:  大坂で石田三成が挙兵したとの知らせは、上杉攻めに向かう家康軍の陣中に届きました。小山で諸将を集め、軍議を開いてこのことを発表した家康は、堂々と宣言します。「大坂には諸将の人質もあり.. Weblog: ふるゆきホビー館 racked: 2011-09-11 23:20
  • 「江~姫たちの戦国」第35話~秀忠(向井理)関が原遅刻で半泣き。

    Excerpt: 『江~姫たちの戦国』 第35回「幻の関ヶ原」 『幻の関ヶ原』ってサブタイトルは、なんか違う気がするなぁ・・・。 -◆- まりあからの手紙で、ガラシャ(ミムラ)が死んだ事を知った江は「なぜガ.. Weblog: 世事熟視~コソダチP(気分は冥王星) racked: 2011-09-12 12:42
  • 江~姫たちの戦国~第35回感想

    Excerpt: 幻だった?‥‥‥(^^;)さっき予告見て そう思いました(^^;)第35回「幻の関ヶ原」感想です。いや~~~ 関ヶ原も幻になりそうなんですけど真田親子ももしかして今日だけの登場でしたか... Weblog: みやさとの感想文と(時々)感想絵 racked: 2011-09-12 13:05
  • 大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」第35回...

    Excerpt: 「江~姫たちの戦国~」公式サイト慶長5年(1600)、男たちが出陣し静かになった江戸城で、江(上野樹里)は秀忠(向井理)の無事の帰還をひたすら願っていた。 三成(萩原聖人)の挙兵を知っ... Weblog: 徒然”腐”日記 racked: 2011-09-12 14:45
  • 江~姫たちの戦国~ 第35回「幻の関ヶ原」

    Excerpt: 『江』のお時間です。あらすじ・・・・ Weblog: みはいる・BのB racked: 2011-09-12 21:19
  • 江 -姫たちの戦国- 第35回「幻の関ヶ原」

    Excerpt: ほんわかムードで、大姥局の火の用心シーンに圧倒され「すごいのぉ」の一言しか出てこない場面から始まる今回は、まさかこの後に関ヶ原の戦いが繰り広げられるとは思えないほどの雰囲気です。相変わらず、どの場面に.. Weblog: あしたまにあーな racked: 2011-09-13 00:19