NHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国」第34回「姫の十字架」

 隠居しかありますまいな、と三成殿を失脚させて政治の実権を握った家康様。大名たちを懐柔して多数派工作、そして三成殿以下豊臣恩顧の大名たちは残らず始末?決戦関ヶ原の時は迫っていた~!とアバンタイトルでおさらいおさらい。

 運命の天下分け目の慶長五年1600年が明けましておめでとうございますの羽子板遊びの千姫様。ご機嫌よろしくお眠の珠姫様。二人の娘と幸せに暮らす江様。しかしその平和を乱すはやはり大姥局。さっそく次のお子様のご相談?次は男の子とお約束くださいましたな、と念を押しに来ましたよ、お正月から!天下分け目だと言うのに・・・

 大坂城でもお年賀のご挨拶、時の実権を手中に収めた徳川家康様のもとに諸大名が集まってまいります。そのニュースを苦々しく聞くのは、むろんもちろんデストロンで石田三成殿。このままにはせぬ、と焚火の炎を燃えあがらせております。クヌギの葉っぱでしたねえ、ぎざぎざで細長くって・・・

 元の明智玉様の細川ガラシャ様の息子さんの光千代君がお江戸にやってまいりました。スッキリしてちょっと異国っぽいお顔立ちですねえ。って、むろんアイロンガンバロンで物見遊山の観光旅行ではございません。人質!かつて家康様もそうであったように、秀康様もそうであったように、徳川家に決して楯突きませんという証の人質。逆に何かあったらその命は風前のともしび!怖いですねえええ~。
 秀忠様もこういうのには嫌気がさしているはずですし、むろんアクロンダイアポロンで江様だって憐憫の情にほだされてらっしゃるご様子。さてその光千代君が持って来たガラシャ様から江様へのお手紙。それによりますとどうやら細川家と徳川家とで戦の密約が成立したとか。だからこその人質な訳ですねええ~。ガラシャ様の目撃した家康様のお酒の飲みっぷりがもうまるで悪役のそれでしたし~~~。
 これは、家康様VS三成殿で一戦やらかすおつもりですか!と秀忠様を問いつめれば、最初は渋っていたものの主人公様特権には勝てずに白状。オヤジは戦支度をしておる・・・。だがしかし!その相手は会津の上杉!!でました天地人!っていうかどうせなら往年の景勝様と兼たんで出演して欲しい所ですねええ~。

 さて大阪城では家康様が淀様&秀頼様に上杉討伐の許可申請。大名同士で勝手に戦してはいけませんって何時ぞや秀吉様がお決めになってらっしゃいましたものねえ。上洛の要請を無視する上杉には謀反の疑いあり、これは自信の野望のためではなくあくまで~も天使で~も豊臣家のために行う戦です、と~~。
 秀頼様は「良きに計らうように」とこれを許可されまして、家康様は準備を開始します。ここ、淀様は緊張感たっぷりに、そして家康様は朗らか~に肩すかし。なかなか重厚なシーンでしたねえ。

 江戸の江様、気が気ではないご様子。カナカナ蝉が笑っているみたい。秀忠様は落ち着きはらって、どうにもかみ合わないお二人、夫婦喧嘩?あなたと話しているといらいらしてきます、と江様がおっしゃれば、秀忠様曰く、ならば話さねば良いのだ、と~~~w

 先週来人が良いばかりだと貶されてらっしゃる京極高次殿の所に家康様が立ち寄られまして、近々この辺りに変事が起こるやもしれん、その時はよしなに!分かってるよね!って。上杉攻めとは関係なさそうなこの地になぜ?と初様問えば、家康様、細かい事は言わぬが花と圧力圧迫!お父さん貫禄あるから、きついわこれは~。高次殿が封じられている大津はまさに交通の要所ですものねえ・・・

 さてどうやら本日のタイトルであるガラシャ様の細川家では、忠興殿が戦支度を整えられましてガラシャ様にご挨拶。これまで寂しい思いをさせてすまなかった、本能寺の変でもそなたの父に味方できなくて済まなかった、みたいな~。何だかフラグね!綺麗にフラグね!こりゃあ絶対どっちかアレですね!
 長年のしこりも溶けて涙を流して、心の底から「ご無事のおかえりを」とおっしゃって、夫を送り出すガラシャ様なのでございました~。お胸の十字架にかかる涙。そして板の間に映るガラシャ様の影が印象的でした~~~。

 方や三成殿。うわ、髪が伸びましたねええ。今この時期に大坂を留守にする意図は即ち陽動作戦、ここぞとばかりに三成が兵を挙げると読んでの事であろうが、しかししかししか~~~し、それはこの三成が待ち望んでいた事でもあると俄然カッコよくなっちゃって!敢えて策略に乗りながらも勝算ありと自信満々?

 江戸城に帰って来られた家康様。江様さっそくご質問って言うか詰問って言うか、主人公様特権の得意技「問い詰め」発動?
 三成と戦をするおつもりでしょうか?と江様問えば、最初ははぐらかす家康様。秀忠様が江様にちょっと助け船を出されて・・・。ついに家康様、討つのは上杉、だが三成とも・・・しかしこれはあくまでも家臣と家臣の争いであって、豊臣との戦いではないとおっしゃいます。大トリ特権の大技、はぐらかしの術~!
 お江戸の居城ではお庭に草が生えてたりして自然感満点。田舎の気の置けない感じがよく出てましたねえ。

 さすがの高次殿も家康様の真意に気づかれました。徳川様は天下を取るおつもりじゃ!三成を、豊臣恩顧の大名たちを一掃するおつもりじゃああ、天狗じゃ、天狗の仕業じゃあああ・・・・とまでは舞い上がってらっしゃいませんけど、やっぱり相当内心ガクブルな感じでらっしゃいます。どっちに着いたらよいものか、どっちにも着けないと優柔不断な高次殿はお悩みモード。
 それ以上にお悩みモードなのは、むろんタムロンツモとロンで初様でございます!豊臣には姉上が、徳川には江がおりまするうう!私はどちらにつけば良いのですか~~~!?とまあ、夫婦そろってジレンマの嵐!

 江戸では出陣の日取りが決まり、そして秀忠様が先鋒の総大将に命ぜられてしまいました。三万八千の兵隊を任されちゃって秀忠様は当惑されたご様子。目が点、そしてちょっと泳いじゃって、お声も震えて。無理です、ダメです、出来ませんと泣きを入れてしまいました、が、家康様頑として聞き入れません。
 憂い顔の秀忠様。何が嫌って、総大将!私は戦が好きではない。なぜ徳川家康の子どもに生まれたものか。オヤジが力を持つ程私は暗い気持ちになる!おのれの定めを呪うわ!ああやだやだと愚痴をこぼされて候。いっそ今回討ち死にしてしまえば二度と戦はせずに済むとまで・・・
 江様はこれを聞いて、初めて秀忠様の本音がわかったと、だからあんなにシニカルで皮肉っぽくて投げやりな態度だったのかと膝を打たれたご様子。そして江様にとっても戦は大嫌い!しかも豊臣がたには姉も娘も・・・。父上にお断りしてきます!いっそ夫婦で徳川を出ましょう!百姓になりましょう!と無茶なご提案。
 何が無茶ってあなた、江様にお百姓が出来るものですかあああっ!出来るものならやってごらんなさいって!あ、でも、突如秀忠様の脳裏に浮かんだイメージショットでは結構板についたお百姓姿の江様が!お顔まで陽に焼けちゃって!!いやあ・・・でもほら、この時代はお百姓だって戦乱に巻き込まれて大変だったでしょうにねええ。
 もちろん秀忠様はそんな提案を本気にする訳もなく、ただ江様の無邪気で世間知らずなご発言で心が癒されましたか落ち着かれましたか、覚悟を決めて戦に行くとおっしゃいます。以前江様がおっしゃった、「思うままにならぬなら覚悟を持ってその流れに従って生きる!」を実践しようというあっぱれなお志でございます。逃げちゃダメだ!!!
 さればと江様が秀忠様に差し出すのは天下布武の印判!信長様由来の印判、ぱっくり割れちゃって信長様が殺されちゃって、勝家パパ様に渡したらあっさり滅んじゃったゲンの悪い・・・失礼。とにかく信長様の天下布武!
 実は秀忠様が心ひそかに敬愛してきた武将は信長公。その姪御様を嫁にして、どうにもそれが誇りでもあり気遅れのもとでもあり・・とまたまた可愛い告白タイム!今日は秀忠様の本音が随分聞けちゃいましたねえ、江様~。
 で、その印判を持ってけ!いや恐れ多い!と夫婦で押し問答。結局南極京極かねよの錦糸丼、秀忠様が折れて印判を持たされまして候。子供みたいねと言われてちょっと拗ねた表情、これ、現代劇だったら名シーンなのにねええ。

 すっかりヘアスタイルも元に戻され、大坂で活動再開された三成殿、淀様&秀頼様に謁見して戦の許可を願い出ます。いずれ家康は豊臣に弓を引くつもりであると断じ、ここは家臣と家臣の争いと言う事で許可してくださいと。なおも心配顔の淀様に対して、もしも豊臣対徳川になったら覚悟を決めてもらえませぬかと本音で迫る三成殿。何があっても淀の方様をお守りしますとシリアスに言い募って押し切ってしまいました。
 さて家康討伐の総大将は毛利輝元様に決定!ここは三成殿、己の人望をちゃんとわかってらっしゃった。そして家康様が秀吉様の遺命に背いた云々の弾劾状を諸大名に送り届けられまして候。そして上杉討伐に加わった大名たちの妻子を大坂城に拉致監禁。つまりこれ、人質!!余りに非情な戦略ですねええ~。

 さていよいよ本日のタイトル由来のエピソードのお時間がやってまいりました。細川ガラシャ様は自分が人質となって夫を苦しめてしまうのをよしとせず、ここは自死・・・は出来ないんです!キリシタンですから!自殺はご法度神様への反逆という事にイイっ!
 で、侍女や家来を逃がし、お屋敷に火を放ち、十字架を握りしめて、家来に命じて私を殺して、と~~~!ニャンたるご覚悟!あっぱれ武士の妻~~~!先程もそうでしたけど、ガラシャ様のお部屋のシーン、蝋燭が一杯灯っててゆらゆらしててイイ感じでした。天然の明かりっていいですねえ、やっぱり。飾ってあったユリの花が清楚で綺麗。そして床に落ちた十字架。本日のタイトル。
 知らせを聞いて驚く三成殿。例の超ド派手なカブトがございましたねええ~。

 秀忠様ご出陣~!江様がご挨拶。前夫様の時みたいに戦で人を殺さないでとはまさか・・・言いませんね、ホッ。江様がおっしゃるには、あなたが徳川家を継いだならきっと戦のない世の中を作ってくださいませ。うわっ!キターー!戦のない世の中攻撃キターーー!もうもうもうもう、最近の大河でまるで言い訳のように唱えられる魔法の言葉キターーーーーッ!戦のない世の中を作るぅぅぅ!!!
 でもここで秀忠様のトンチ問答!「戦から帰ってから言ってくれ」そりゃそうですよねええ~。ここは秀忠様の一本勝ち?あ、でも・・・そなたがいとおしく思えるって直ぐに既に腰砕け~?
 この世で最も険しき戦は息子を死なせず独り立ちさせる事よとおっしゃる家康様。その心底には父の愛もあるんでしょうかねええ。
 今宵は何と申しますか、告白合戦?秀忠様、細川殿、三成殿、そして・・・家康様。そして映像のつなぎ方は何だか龍馬伝チックな・・・ちょっとこう、緊張感があってわくわくするような所がございました。

 とまあ、そんなこんなで、大阪で、大津で、江戸で、三姉妹様がバラバラの敵味方に分かれて迎える関ヶ原!三姉妹様の明日はどっちだ!待て次週~~~!



Silver925徳川家康「三つ葵」家紋ペンダント〔シルバーペンダント〕江戸幕府の初代征夷大将軍歴史、和物好きの方お薦めです。
シルバーアクセサリーIRONLION
戦国武将、徳川家康の徳川家の家紋ペンダントです。丸に三つ葉葵、水戸黄門の印籠でもお馴染み。歴史、和物

楽天市場 by Silver925徳川家康「三つ葵」家紋ペンダント〔シルバーペンダント〕江戸幕府の初代征夷大将軍歴史、和物好きの方お薦めです。 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2011年09月04日 21:39
一番テンションが上がってもおかしくない関が原なのに、記事がとってもシンプルになってしまいました。
何ででしょう…。
真田
2011年09月04日 21:51
ryi様、こんばんは~。
私、思量いたしますに、真面目な方ほど厳しいのではないかとお~~~。
なにがって、主人公様とかドラマテーマの主要部分が余りにもその・・・
いわく言い難いんですけどはっきり言ってしまいますけど、あっても無くても良いっていうか何と言うか本中華~
もうですねえ、広く見渡したらダメだと!目の前の画面に映っているその部分部分に集中!して!
何が何でも何かしらの楽しみを見いだそうと言う不屈の闘志と意気込みと、
不退転の決意を持って力を尽くして楽しもうとおおおっ!
ただまあ、最近観終わった後エラク疲れてしまうんですよねええ、もうお風呂にも入れなくなるくらいに・・・

この記事へのトラックバック

  • 大河ドラマ「江 ~姫たちの戦国~」第34回

    Excerpt: 細川ガラシャ、死す・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201109040004/ .. Weblog: 日々“是”精進! ver.A racked: 2011-09-04 20:43
  • 江~姫たちの戦国~ 第34回「姫の十字架」

    Excerpt: 今週も『江』のお時間です。 あらすじ・・・・・ Weblog: みはいる・BのB racked: 2011-09-04 20:49
  • 【江~姫たちの戦国~】第三十四回

    Excerpt: 江(上野樹里)は、家康(北大路欣也)と三成(萩原聖人)の間で戦になるのではと不安に感じ、 上杉討伐のため江戸に戻った家康に「豊臣との戦は避けてほしい」と懇願する。 家康は「討つのは上杉」と.. Weblog: ドラマ@見取り八段・実0段 racked: 2011-09-04 21:00
  • 戦国の女 ~江・姫の十字架~

    Excerpt: 関ヶ原の戦いに向け、一触即発の雰囲気がある中。 徳川家に細川忠隆が人質として送られ、江は歓迎する。 実際にはこのような史実はないが・・・。 関ヶ原では父・忠興と共に東軍として加勢するが、妻・.. Weblog: 早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常 racked: 2011-09-04 21:11
  • 大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」第34話...

    Excerpt: 三成の失脚-------------。策を張る家康。運命の天下の合戦まで、あと時はわずか---------。さて、娘ふたりに囲まれしあわせな日々を送っている江ですが・・・。秀忠は頼りなく、大姥局に.... Weblog: ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ racked: 2011-09-04 21:30
  • 大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」第34話 感想「姫の十字架」

    Excerpt: 三成の失脚-------------。 策を張る家康。 運命の天下の合戦まで、あと時はわずか-----------。 さて、娘ふたりに囲まれしあわせな日々を送っている江ですが・・・.. Weblog: ★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★ racked: 2011-09-04 21:31
  • 大河ドラマ 「江」 #34 姫の十字架

    Excerpt: 関ヶ原の前夜なのですが…。 いまいち盛り上がらず、新しく買った携帯電話をいじっていました。 Weblog: 雨ニモマケズ 風ニモマケズ racked: 2011-09-04 21:40
  • 江~姫たちの戦国~ 第34話 感想「姫の十字架」

    Excerpt: 江~姫たちの戦国~ですが、徳川家康(北大路欣也)は大坂城二の丸にも天守閣をつくり、諸大名も家康詣でに行列をつくります。家康の専横ここにきわまれりですが、その権勢たるや豊臣秀頼を凌ぐものがあります。 .. Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記 racked: 2011-09-04 22:02
  • 江 -姫たちの戦国- 第34回「姫の十字架」

    Excerpt: 今回ははじめから細川ガラシャフラグが立ちまくっていて、結果的にキリシタンの教え通りに自害をせずに散っていく姿を中心に物語が構成されています。その中に江が政治のことを気にしたり、秀忠の思いの部分だったり.. Weblog: あしたまにあーな racked: 2011-09-04 22:36
  • 『江~姫たちの戦国~』 第34回「姫の十字架」

    Excerpt: 江は江戸城、淀は大坂城、そして初は大津城に別れていました。そして、運命の慶長五年(1600年)が明けます。大阪城の西ノ丸に天守を建てた徳川家康は、本丸の豊臣秀頼とは別に諸大名の年始を受けました。そんな.. Weblog: ふるゆきホビー館 racked: 2011-09-04 22:47
  • 江 ~姫たちの戦国~ 第三十四話 姫の十字架

    Excerpt: ミムラという女優はあまり好きではなかったが、この大河で演じた細川ガラシャはなかなかよかった。彼女がここで退場するのは寂しい気がするが、わけのわからん夫婦のやり取りを聞 ... Weblog: V36スカイラインクーペが欲しい! racked: 2011-09-04 22:54
  • 江 ~姫たちの戦国~ 第三十四話 姫の十字架

    Excerpt: ミムラという女優はあまり好きではなかったが、この大河で演じた細川ガラシャはなかなかよかった。彼女がここで退場するのは寂しい気がするが、わけのわからん夫婦のやり取りを聞 ... Weblog: V36スカイラインクーペが欲しい! racked: 2011-09-04 22:59
  • 大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」三姉妹の絆34ついに三成は動いた!その中で淀は孤独の苦悩を抱え、初はどちらに付くか?江は秀忠を励ました

    Excerpt: 大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」第34話はついに家康が実権を握った事で天下取りへ大きく動き出した。そんな中江は徳川と豊臣の争いになるのではと懸念していたのだった。そし ... Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2011-09-04 23:33
  • 江~姫たちの戦国~第34話「姫の十字架」

    Excerpt: 人生で一番困難なこと---それは  息子を死なせずに一人前にさせる事---- なるほど----深いわ--- 遂に天下取りに動きだした家康 どうやら石田三成をはじめ家反対派を一掃するべく、 .. Weblog: shaberiba racked: 2011-09-05 00:58
  • 【江】第34回と視聴率「姫の十字架」

    Excerpt: 【第34回の視聴率は、9/5(月)追加予定】9/9(金)のスタパに、向井理さんが出演予定です。今回、一番ウケたのは、江が戦が嫌だから、百姓になると言って、百姓姿の想像をしたシーン... Weblog: ショコラの日記帳 racked: 2011-09-05 12:50
  • 江~姫たちの戦国~第34回感想

    Excerpt: すみません、最初に少々脱線していいですか。今Yahoo!さんのニュースで見てきたのですが佐藤健君主演の「るろうに剣心」、「『龍馬伝』キャストが続々集結」という事なんだそうですが... Weblog: みやさとの感想文と(時々)感想絵 racked: 2011-09-05 12:53
  • 「江~姫たちの戦国」第34話~ゲゲゲの秀忠(向井理)に失礼発言する江(上野樹里)

    Excerpt: 『江~姫たちの戦国』 第34回「姫の十字架」 サブタイトルで”江戸の鬼”とまで呼んだ大姥局(加賀まりこ)は、大した存在感を発揮せず、キャラが中途半端。 キャラと言えば、良い人キャラだった.. Weblog: 世事熟視~コソダチP(気分は冥王星) racked: 2011-09-05 13:22
  • 大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」第34回...

    Excerpt: すっかり毎度になってしまいました突っ込みを交えて手短に感想いきますあらすじは江 公式サイトから江戸城の江(上野樹里)は2人の娘と平穏な日々を送っていたが、上方では家康(北大... Weblog: 徒然”腐”日記 racked: 2011-09-05 14:22