真田のよもやま話

アクセスカウンタ

zoom RSS NHK大河ドラマ「江〜姫たちの戦国」第25回「愛の嵐」

<<   作成日時 : 2011/07/03 20:42   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 15 / コメント 2

愛の嵐!会ってはいけない二人がめぐり会って倒錯と官能の禁断の愛!・・ってのはイタリア映画のお話。大地主の旦那様が拾って来た孤児とお嬢様とが身分を越えた禁断の愛!・・ってのは昼ドラの往年の名作のお話。いずれにしても嵐!っちゅうからには禁断の愛とか許されない恋とか、そう言うアレが不可欠みたいですねえ。今宵は一体どういう嵐になるのでしょうかあ〜。まさかの三角関係とかとかとかとかああああああっ!あ、すみません、ちょおおっと私興奮してしまいましたわ、おほほほほ。

秀吉様が利休様に向かって、そなたに切腹を申しつける・・せ・っ・ぷ・く・じゃ・・・と先週のおさらい、そして秀吉様の所に決然と向かう江様。たまたま偶然そこに出くわして呆然と見送る秀勝殿。アバンタイトルの機能性に関しては全く持って不足のない今作でございます。

切腹の嵐!
 千利休様に切腹命令、屋敷に軟禁の上三千人の兵隊で取り囲んだそうで。三千人も人手を割く必要があったのかしら?しかも上杉勢って・・何時ぞやの兼たんの?もしかしてどこぞの誰かが助けに来るかもって?三成殿の手配だそうですけど、これはちょっとやりすぎコージー?ほらほら秀吉様も何だか辟易って感じですよ?うるさいうるさいうるさいって〜〜〜。
 と、やっぱり江様が突貫攻撃〜〜〜!どうして切腹を?と江様問えば、横入りの三成殿が答えて曰く、大徳寺山門の上に自分の木造を置いた罪ア〜〜ンド茶道具を不当に高値で売り付けた罪!でもどう考えたってこれ、死罪に値するような重罪とは思われませんけどねええ・・・。
 気は確かか!と詰め寄る江様に全く取り合わずに立ち去る秀吉様。今宵は遊んであげないのね?秀次様が秀吉様の胸中を解説して曰く、好きだからこそ離れるくらいなら殺してしまいたいと思うのよ。そして、利休様が一言詫びれば止められるのだが利休様一向に詫びようとせず万事お手上げ状態だとか。何だか最近、性格俳優っていう感じで存在感を増してらっしゃいますよねえ秀次様。ええ、ええ、まるで往年のねずみ男様のような〜〜〜。
 利休様救出を諦めて匙を投げた感じの秀次様に対し、江様は心底不満顔。・・・って事はきっとまたひと波乱の吹けよ風呼べよ嵐!?天正のブッチャーともシンとも呼ばれ・・・てはおりませんけど、嵐を呼ぶ出戻り姫様の出番ですよ〜〜〜!

変装の嵐!
 やると思った!余りにもあり得ニャイ侵入ですけど!功名が辻でも天地人でもおなじみのターンがやってまいりましたよ奥様!利休様説得救出のため、天正のニキータが天正の007を伴って変装して利休邸に潜入です!
 炭屋の夫婦に変装って、そんな簡単な事で三千人の兵士を出しぬいちゃうわけ?三成殿の精鋭もこんなもんですか?って、武将の兜に「愛」の字が!ってことは兼たん?兼たんなの?ううううう、上杉勢が使われたのは史実なんでしょうけど、先年の兼たんのご活躍を思えば、余りにもあんまりな展開ですねええ。思わず私、アイリッシュコーヒーを吹いてしまいましたよおお・・・。
 首尾よく潜入に成功した江様!利休様に直談判のお願いは、秀吉様に頭を下げて〜〜〜!いやあ、役得ですねえ石坂様。お肌もなかなか血色の好いご様子ですし、お若いお若い。
 でええもでもでもデーモン小暮、利休様全く取り合わない!人間には死に時がありますって!もうすっかり死ぬ気満々?あの世で織田様に再会するのが楽しみですわとおっしゃる!
 目の前のお人を天下一と思ってお茶を立てるのが利休の茶の道、せやから今は江様が天下一や。これは利休の最後の茶、それを飲む以上は人間・利休の志を継いでもらいたい。その志とは即ち織田様が目指してらした事に同じ、天下泰平皆が笑って暮らせる世の中をどうか作ってくださいまし・・・みたいに江様に全責任を負わせて差し出す一服のお茶。江様は覚悟を決めて飲み干されました。これって女子に言うのにも無理がありますし、去年の龍馬君と符号がつきすぎているのにも無理がありますし・・・皆あが笑うて暮らせる世の中にしなければいかんぜよ〜〜〜・・・とにもかくにも無理があるなああ・・・ゴホンゴホン。
 雲の切れ間から陽が差してお部屋が明るくなって、相変わらずお茶室のシーンは良く作りこまれてますねええ。

後悔の嵐!
 江様の変身忍者嵐ごっこも功をなさず、結局利休様は雨嵐の中切腹してお亡くなりになり、秀吉様は大嫌いだった黒楽茶碗を抱きしめてめそめそ泣いてらっしゃいまして。もちのろんで乱入してそれを残らず目撃するは江様。
 利休様を殺したのはあなたでしょう?と江様問えば、どうして止めてくれなかった〜〜〜!と大泣きに泣いて泣き崩れる秀吉様。そなたは利休に会いに行ったろうが・・・あ、つまりその、兼たんが大甘で江様の変身ごっこを見過ごしたのは万事わかった上でのお芝居であったと?・・・そこまでハッキリとはしませんでしたけど、直江様というか、上杉様へのせめてもの罪滅ぼしの面目躍如〜〜〜?
 江様たまらずお部屋を出れば、そこに実に何ともタイミング良く用意されていた大きな肩。秀勝殿に抱きついて縋って泣いちゃった江様でした〜〜〜。

夭折の嵐!
 これはねええ、歴史の史実ですから分かっちゃあいても、やっぱり悲惨ですよ。子どもが亡くなるのはやり切れませんよねえ〜。秀吉様待望のお世継ぎの鶴松様、わずか三歳でご逝去!岸谷様今宵は随分泣きの芝居でご活躍ですねええ。でもこれ、イイ「泣き」でしたよ!
 母の淀様はもちのろんで嘆く嘆く、なぜ私が生きておらねばならぬのじゃとまで!初様も嫁ぎ先から駆け付けて江様と二人でかわるがわるに慰めてますが、とても慰め切れるような悲しみではなく〜。北政所様はでも気丈に元気づけてます。今は納得できないだろうが是非もう一度秀吉の子を産んでもらえぬか?と。それだけが皆を救う道なのじゃと、今後に響く伏線のお言葉でした〜〜〜。
 北政所様がいらっしゃって妹様お二人とのやり取りの間、画面の左下で悲しみに呆けて微動だにしないお芝居の宮沢・淀様!なんだか伝統芸能の舞台みたいで印象的でした〜〜〜。

侵略の嵐!
 秀吉様は悲しみのあまり物狂い状態。このようなものは邪魔じゃと髷まで落としちゃって!!しかもその怒りの矛先が自分に向けられ始めちゃって、このままじゃあいけないと案じた三成殿が一計を案じました。でも、その気持ちは分かりますけど方向が良くなかった!三成殿が仕向けたのは朝鮮出兵!とうとう未曾有の侵略戦争が始まってしまいますかあああっ?

反抗の嵐!
 朝鮮出兵の命令書を読む家康様。愚かな事じゃと憂えてらっしゃいます。でも自分らは九州までしか行かないもんね、こういう時のために恩を売って来たんだからねとおっしゃる家康様。
 関白殿下は子どもを無くして可笑しくなられた、子を無くすと言うのはそれほど辛いものなのですか?とシニカルに楯突く秀忠殿。父上はそれほどでもないみたいでしたけど、兄を切腹させて後に残った私たちを人質に差し出せる程ですからと・・・相変わらず理由なき・・・事も無い反抗の青春の蹉跌道ですねええ〜〜〜。

禅譲の嵐!
 天下泰平皆が笑える世の中をという利休様のご遺言を真っ向から踏みにじる事態に、江様やっぱり大激怒!きっとまたひと波乱の吹けよ風呼べよ嵐!?天正のブッチャー(ry
 関白たるもの戦争なんか率いちゃダメじゃないのと江様が攻めてましたけど、これに対して秀吉様が思いついた秘策は、そうか辞めればいいのか、と〜。関白を秀次様にお譲りして、自分はフリーになって朝鮮と戦をするとのご決断!まっちろけの秀吉様、頭おかしくなった役作りでニャンだか怖いいい〜〜〜。
 でも江様またも大反対。関白だったら秀勝殿の方が適任ですって!秀次様は関白の器にあらずって事?・・ま、まあ、江様の前では飲んだくれて赤ら顔で暴言ばっか吐いてましたからねえ〜〜〜。あ、それと先だっての利休様救出をギブアップしてたのも印象を悪くしちゃいましたものねええ。
 江様の説得むなしく、さすがに大きな歴史は変更できませんから、秀次様が関白になり、秀吉様は太閤となって、朝鮮出兵の準備が着々と進められてまいります。

二度目の結婚の・・あら・・ここはむしろ平穏な愛?
 天正20年正月、お城のおせちもなかなかおいしそうでしたねええ。鮒ずしも何だか妙な存在感。ってな所に秀吉様から江様にお呼びがかかりました。この時江様は18〜9の娘盛りの花盛り。秀吉様の御髪に白いものが随分目立ち始めましたねえ。そしてやっぱり少し可笑しくなった目つきよ?ここら辺の役作りはしっかりしてますねえ岸谷様。
 秀吉様は突然二度目の縁談を申し出されました。でももう二度とこれ以上政の道具にされるのはごめんだとばかり江様は怒り心頭!・・どうなんでしょう、当時の大名の姫様だったらむしろ自分は価値ある道具だって鼻高々になっても不思議じゃないような気も・・・(汗)。
 ま、まままま、ま、とにもかくにもまるにもてんにも、江様オカンムリ!と、そこに乱入するは秀勝殿。嫁ぐ相手は秀勝じゃ、互いに知らぬ仲でもあるまい後は二人で話せ・・って、ニャンとも現代のお見合い風景みたいな顛末ですよ奥様!
 秀吉様がおっしゃるには、秀勝殿を鍛えるために気の強い女子を娶らすと。秀勝殿は涼しいお顔で種明かし。江様を秀勝殿と夫婦にしてニュー関白の秀次様の見張りにするのが秀吉様の胸の内だとか・・・。
 江様納得せず、そもそもそんな縁組を貴方は納得してるんですかと問えば、秀勝殿は更に内情を打ち明けて曰く、そもそもこの縁組は自分が頼みこんだもの。兄の秀次様を見張れと言うのなら江様と一緒にさせてくださいと。いやあ・・・思いもよらなかった真っ向からの告白!みたいな展開に江様は目を白黒。いったんはお返事保留。
 淀様に相談する江様。そもそもそなたは秀勝様が好きなのではなかったかと図星の星をぶっつけられて思わず「好きです」と答えてしまった江様なのでございました〜〜〜。
 ってな成り行きでめでたく二人はご夫婦に〜〜〜。ふつつか者ではございますが・・・と初夜のご挨拶をなさる江様。天下泰平にという利休様のご遺言を共に背負っていく覚悟じゃと秀勝殿。江様は急に何だかしおらしくなっちゃって恥じらっちゃって・・・んもう。

 にしてもしかし立ち姿のスタイルは抜群ですねえAKIRA様の秀勝殿。あっ!それでこの愛のどこに嵐が?朝鮮出兵とかが嵐なの?事の成り行きはむしろ順風満帆って感じでしたしいい〜〜〜。



長湯呑み■戦国武将の名言
TATUBOU
長湯呑。箱入り。戦国武将の言葉に現代を生抜くカギが…サイズ口径72mm高さ94mm材質磁器電子レンジ

楽天市場 by 長湯呑み■戦国武将の名言 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(15件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
大河ドラマ「江 〜姫たちの戦〜」第24回
江に新たな縁組みです ...続きを見る
日々“是”精進! ver.A
2011/07/03 20:44
江〜姫たちの戦国〜 第25話 感想「愛の嵐」
江〜姫たちの戦国〜ですが、江(上野樹里)は千利休(石坂浩二)切腹を何とか止めようとします。豊臣秀次(北村有起哉)は、豊臣秀吉(岸谷五朗)は利休のことが大好きで、自分から離れていくのが許せなくて切腹を命じたと分析します。江は利休に秀吉に謝らせようとしますが、秀次は「何でも自分の思うようになると思うな!傲慢なおなごじゃ」と一喝します。 それでも諦めきれない江は豊臣秀勝(AKIRA)と一緒に利休のところに潜入しますが、隠密姫は盗み聞き、のぞき見などは得意技です。利休はもう覚悟を決めていますが、江にみ... ...続きを見る
一言居士!スペードのAの放埓手記
2011/07/03 21:11
〔NHK大河ドラマ〕江〜姫たちの戦国〜 第25回「愛の嵐」 「唐入り」は実は信長発想?!
先週の書いたが、「利休切腹」させる動機に関して ...続きを見る
しっとう?岩田亜矢那
2011/07/03 21:16
〔NHK大河ドラマ〕江〜姫たちの戦国〜 第25回「愛の嵐」 実は「唐入り」は信長発想?!
先週の書いたが、「利休切腹」させる動機に関して ...続きを見る
こちら、きっどさん行政書士事務所です!
2011/07/03 21:17
大河ドラマ 「江」 #25 愛の嵐
あの「愛」の兜、誰がかぶっているの? っていうか、直江兼続はあれだけしか出てこないの?? ...続きを見る
雨ニモマケズ 風ニモマケズ
2011/07/03 21:21
【江〜姫たちの戦国〜】第二十五回
江(上野樹里)は、切腹の命が下った利休(石坂浩二)に秀吉(岸谷五朗)に 謝ってほしいと懇願するが、嵐の中、利休は最期を迎える。 ...続きを見る
ドラマ@見取り八段・実0段
2011/07/03 21:24
江〜姫たちの戦国〜 第25回「愛の嵐」
今週も『江』の時間です。 あらすじ・・・・ ...続きを見る
みはいる・BのB
2011/07/03 21:39
秀吉の迷走 〜江・愛の嵐〜
さて、一週遅れの利休切腹。 利休切腹の命に反発する江であるが、秀吉も利休も意地を張って心を変えようとしない。 何とか逃げるように、秀勝と変装して蟄居中の利休を説得しようとするが、利休は心を変えよ... ...続きを見る
早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常
2011/07/03 22:17
大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」三姉妹の絆25利休の切腹を止められず鶴松も失った秀吉は朝鮮出兵と江を...
大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」第25話は秀吉の利休切腹を命じた事を聞いた江はそれを阻止しようと直訴したが、受け入れられなかった。どうしても最後に利休に会おうと秀勝の ... ...続きを見る
オールマイティにコメンテート
2011/07/03 22:39
『江〜姫たちの戦国〜』 第25回「愛の嵐」
なにかすごいサブタイトルではじまりました。前回に決定的となった利休と秀吉の決裂は、もうどうにもならないようです。が、江は手段をえらばずこの破局を防ぐ決意を・・・・・・?やはりこの事態を憂慮しているらしい秀次が、あるヒントをくれました。それは、利休が秀吉にわびること。しかも、これに秀勝が協力を?利休の屋敷は、上杉家など3,000の軍勢に包囲されていました。そこへ、二人の炭商人が、荷車をひいてきます。警備の足軽たちが、何の用かと尋問すると、その声を聞いて中から武将が出てきました。武将の兜には「愛」の... ...続きを見る
ふるゆきホビー館
2011/07/03 23:01
江 -姫たちの戦国- 第25回「愛の嵐」
今回は大きく3つの話題から成り立っています。一つは利休の切腹で、前回の題名は「利休切腹」だったのですが、実際それが実行されるのは今回でした。2つ目の話題は鶴松の死、最後が江の再婚という流れで進んでいきます。いずれの3つの場面でも「愛」というものが登場することから愛の嵐という題名が付いたのでしょう。 まず利休の切腹ですが、これまでこの物語を実質支えていてくれた千利休がついに切腹することになります、秀次によると秀吉は心から利休のことを好いていていつもそばにいてほしいと思っていたのに離れることを選択さ... ...続きを見る
あしたまにあーな
2011/07/04 01:34
江〜姫たちの戦国〜第25回感想
今日は晩ご飯が早く済みましたので(^^)、ちらっとこの時間も参っております。第25回「愛の嵐」感想です。どの辺りが愛の嵐だったんですかね、ラストとかですかね(^^;)いや、ちょっとび... ...続きを見る
みやさとの感想文と(時々)感想絵
2011/07/04 13:33
【江】第25回と視聴率「愛の嵐」
【第25回の視聴率は、7/4(月)追加予定】利休の所へ、変装して秀勝と共に江が会いに行ったのは、予想外に結構、良かったです♪でも、利休が切腹した回に、江の祝言なんて、なんか不... ...続きを見る
ショコラの日記帳
2011/07/04 14:53
大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」第25回...
昨日、一昨日とキャンプに行ってまして暑さと水分補給をしてる間がなかったせいで軽〜〜〜く熱中症になりました昨夜は頭痛と激しい倦怠感それからちょっと吐き気もありましたね今も... ...続きを見る
徒然”腐”日記
2011/07/04 15:18
江〜姫たちの戦国〜 第二十五話 愛の嵐
なぜ写真がキーラ・コルピか 江を見ようとチャンネルを変えたら、いきなりキーラ・コルピ。江の直前に、BSの北欧特集の宣伝があり、それにキーラ・コルピが出ていたようだ。ドラマ ... ...続きを見る
V36スカイラインクーペが欲しい!
2011/07/04 23:21

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
なるほど。だから今日は「嵐」だったのね。
タイトルの意味がわかりませんでした…。
って違ぁ〜う。
ryi
2011/07/03 21:18
ryi様、今晩は〜〜〜。
ええ、そう!こおおなったらもうそういうノリで!
おおいらっは姫様〜ヤっクザ〜な姫様〜〜〜♪
おっいっら〜〜がおっこっれっば、あああらっしっを呼ぶ〜ぜ〜〜♪って!
フックだチンだアッパーだああっ!
・・・あ、今後その対象はもしかして秀勝様?あいやああ!
それは余りにもお気の毒すぎてええ!
いえ決して、秀吉様だったらOKという事ではなくうう!!!
真田
2011/07/03 22:13

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
NHK大河ドラマ「江〜姫たちの戦国」第25回「愛の嵐」 真田のよもやま話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる