NHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国」第11回「猿の人質」

「瞼の父」長政様、「魔者実はイイ人」叔父上の信長様、「悩める中高年」光秀様、「天正の池中玄太」義理の父勝家様と「炎の母」お市様まで・・それぞれ見せ場のターンをきっちり演じて散って行かれました。そしていよいよ今週からは、きっと長姉・茶々姫様のターンですねっ!!
関わりをもった方々が次々不幸にお亡くなりになって行く中、主人公の江姫様は泣きはしてもやけに元気で行動もはっちゃけちゃってて、でもその割に存在感が薄いというか、別にいなくてもイイや感が漂ってしまうのはどうしてかしらなぜかしら・・・(汗)

 全軍引けー!と勝家様の負け戦&お市様の最期。そして天下は秀吉様の手中に!実の父も義理の父もそして母上様まで死なせた最大の仇、猿の秀吉!でも三姉妹様はその仇の元に連れ去られていくのでございました・・・と、 今作のアバンタイトルは実に親切、良く出来てますねえ、先週見逃した方もきっちり一緒に入って行けそうな感じです~。

 先週のすぐ後ですね。北ノ庄の秀吉様の御本陣。朱色赤色緑色、相変わらずお綺麗なお召し物で、でもお顔には炭を縫って敗戦の気分を出してらっしゃる三姉妹様。秀吉軍からお使いの者がやって来て、いよいよ引き立てられて・・・。
 でもそこで異様な鳴き声!さてや妖怪変化の・・・と思ったら、泣き叫んではいつくばる秀吉様でした!どうしてお市様を助けなかったと三成殿を殴ろうとすれば、ここにまた四次元からの使者江姫様が乱入!母上はおん自ら命を絶ったのだ、その者の所為ではないと。
 ってなところにナイスなタイミング!!お市様からの遺言書。ならここで声に出して読めと強要する江姫様。音読は基本ですものねえ~~~。「娘たちに・・ごにょごにょごにょ・・・」と秀吉様が口ごもれば、「もっと大きな声で読め!」ってどんだけえらぶってるの江姫様~~~。
 娘たちに邪心を持たぬよう釘を刺したお市様のご遺言です。それを受けて、あなたには二度も大切な人を殺された。生涯許しはせぬぞと宣言する茶々姫様!キリっとしてましたねえ、キリッと。それを受けて流石のKY三成殿も真面目な顔で、まことにごりっぱなるご決心と・・・。
 さすがにこれには思わず涙ぐむ秀吉様。でも、猿の分際で私たちとともに泣くな!と石を投げつける江姫様!これまたアリエナイザー!!でもそのお顔に信長様がオーバーラップ!腰を抜かしてしまった秀吉様でございました~。
 三姉妹様の御寝室にお市様の幽霊が!娘たちが心配で成仏できないのね!!!にゃるほど~、これでナレーションは継続決定!!!
 母上の夢を見たという江姫様、よせと戒める初姫様、幼い二人に対して、堪えよ堪えよ、そなたたちは私が守ると慰める茶々姫様。やっぱりこの三人だと茶々姫様の格が際立っちゃいますねええ。その頼もしい姿を幽霊の姿で見届けるお市様。

 安土城に向かった三姉妹様。その安土城も本能寺の騒乱で姿を一変させておりまして、かつて母と見た天主までもがむなしくなり果てて候。思わず合掌。お三方とも春めいた柔らかな色合いのお召し物でした。前にも着ていた着物の様ですけどやっぱりキレイ、眼福眼福。
 三姉妹様をまず迎えるはおね様、秀吉様のご正室。ひたすら低姿勢にお詫びを申し上げるおね様。反発する茶々姫様。この対立のスレ違いが後々に尾を引く訳ですねっ!!
 そこにさらに京極龍子様がご降臨。この方は父・浅井長政様の姉上の京極マリア様のお子様、つまり三姉妹様とは従兄関係にあたります。かなり貫録のある佇まい、桜花模様の豪華なお召し物です。
 長政様を討って京極殿も討った秀吉様の側室に収まっているの?どおおおして?と問うに、秀吉様は面白いお人ですと、なんだか開き直っておさまりかえってますよ~。これは三姉妹様にとってシンジラレナ~~~~イ!しかも正室と側室が仲良く睦まじくしているのなんて・・・。
 ひたすらご機嫌斜めの茶々姫様。ショックを受けた感じの初姫様。眉間にしわを寄せながらもおね様の味方をする江姫様。三者三様~~~。でもこれ、たしかご兄弟の命乞いとかいろんな意味があっての捨て身のお輿入れだったんでしょう?後の茶々姫様のご境遇を考えますと、そこん所ももう少し掘り下げて欲しかったかニャああ~。
 次に千宗易殿ともご対面~。江姫様以外とは初対面、ご挨拶代わりのご一服。
 宗易様のお役目は解説?おね様をどう思った?反発する上のお二人。でも羽柴様をあそこまでにしたのはおね様ですよと意味ありげな宗易殿。お茶をしている間だけ悲しみを忘れる事が出来たという茶々姫様。宗易殿の言うよう、私も幼き時に母を亡くしたがそれで良かった、だからこそ学べることがあるさかいにな・・・。悲しい事だがもう今は母はいないのだからその境遇を活かす道を探しなはれ?ああ~~~、深いなあ~~~。
 初姫様は更にご立腹、でも何か心に響いたものがある茶々姫様。確かに母上はもうおられぬのだから前を見なきゃ!そう思ってあそこまで言ってくれたんだから有難いお心遣い!
 江姫様が後を続けて、おね様だって会いたくもない物をわざわざ会いに来てくれたのは有難い事でしたと。私たちは殺されていても当然の身、こうなったらこの悲しみを受け止めましょう、生きて行きましょう、そして今日ばかりは母上を思って泣く事を許し合おうとおっしゃる茶々姫様。
 あらためて先週の江姫様と母上のあの世でまた会おうと言うくだりを引き合いに出して、あそこでむしろ引きとめて欲しかったと責める初姫様。我慢してた分本気を出しましたね初姫様。で、それは違うぞ初、あの言葉で母上は救われたのじゃ、どちらにしても死ぬのだからあの言葉で救われたのじゃ、とおっしゃる茶々姫様。幼いながらに必死に悲しい定めを受け入れて行くプロセスがきめ細かく描かれてますよ今回は!
 いやあ、初めて真面目に三姉妹様のパートが見れたー!素直に受け止められたー!良かった良かった・・・
 先週の母上様の三人それぞれへのご遺言がフィードバック!改めて強く優しき母上様~~~!って、あの、ちょっとでイイですから勝家様の事も思い出してあげてくださいませませ~~~!
 泣いた泣いた、これでもう母上を思って泣くのは最後にしようと、やっぱりリーダー茶々姫様。こうして三人揃うていられることに感謝いたしとう存じますと言う初姫様。健気~!いつもお菓子食べて不平を洩らすばかりだった人がこう言うから余計に、健気~~~!良かったねえ、ちゃんとイイセリフが言える日が来て、良かった良かった・・・

 後日、おね様からお着物を賜り・・・拒否るかと思ったら茶々姫様、素直に受けた!一同安堵~。初姫様にもお着物とお菓子、照れくさそうにお礼を言う初姫様・・この方そのうち糖尿になるかも・・・(汗)
 って、つかの間の平和をかみしめていた三姉妹様にもたらされた新ニュースのバッドニュース!織田信孝様切腹!柴田様にならって潔く腹を召されませと信雄様が強要されたとか?で、その後ろにいるのは言わずと知れた秀吉様。こりゃあいよいよ秀吉様は織田家を根絶やしにしようとしているのかしら?
 じゃあ信雄様だって、私たちだって危ないのではないかしら~~~?緊迫か~~~~ん!!!

 信雄様から報告を受けている家康殿。反秀吉の旗揚げの下話?でもいっこう取り合わない家康殿。そんなに焦るなと気の落ち着く薬・・精神安定剤・・を差し出されて、信雄様は一服含んだものの、内容がヘビだのヤモリだのと聞いて思わず噴き出す!!
 ダメ男っぷりがなかなか板についてきましたねええ~。信雄様役の山崎祐太さん、昔アッパレさんま大先生に出てらした方ですねえ。以前不良少年を演じてらした記憶がありますけど今回の方が魅力的!いってみれば尾美としのり様や金子貴俊様の枠ですけど、これイイわあ、お似合い!・・・閑話休題。
 猿を叩くには大義名分が必要だが、さてさて、焦りは禁物よとタヌキぶりを発揮している家康殿でございました~。

 秀吉が天下取りを狙うておる?信長公一周忌を盛大に執り行い、安土城以上のお城を建てるおつもりだとか~、と侍女の報告を受けて愕然とする三姉妹様。これは・・・叔父上を越えると申すか!なんと傲岸不遜な!と怒り心頭な所に秀吉様ご降臨。たちまち単身ご乱入の江姫様。黄色い羽織が何だかゴージャス感を醸し出されてますねえ秀吉様~。
 三法師様は江姫様がお気に入り、子どもに懐かれては怒れません!意見できません!江姫様封じの最終兵器は三法師様でしたか~~~!
 あ、でも初姫様、茶々姫様もお出でになり三法師様は逃げ去りまして、いよいよ詰問言い争いのくだり?かと思いきや、入ってくる茶々姫様の姿に一目ぼれ!!そんなに似てないと思うんですけどお市様の面影を見ちゃいましたか秀吉様。真面目に詰問する茶々姫様にたいして憧れの眼でちょっと呆けたような受け答えをのらりくらりと繰り出す秀吉様。でもお目目にハートマークが!
 メロメロ状態で誓って姫様に手を出すような真似はいたしませんとおっしゃる秀吉様。織田家も根絶やしにはいたしませんと・・でも満場から失笑!!!
 お前様、お口が開いておりまするとおね様に怒られる秀吉様。茶々様はお市様に似ておるかのうと・・・うはははは~~~。浮かれ笑いの馬鹿笑い~~~。

 姉上は私が守りますと全てを見通した江姫様が宣戦布告の通せんぼ!!!厭らしい~~~いエロモンキーの秀吉様でございました~~~。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

驚いた
面白い
ナイス

この記事へのコメント

2011年03月27日 20:49
このドラマで秀吉を初めて見たら、
ただの女好きっていうイメージしか持てませんねぇ。
真田
2011年03月27日 22:24
ryi様、こんばんは~~。
ですよねええ~、以前の大河でしたらもっとこう、
どうやって秀吉様が凋落したか人をたらしこんだか、
工夫したか戦ったか、ってところを描いてくださってたんですけど。
今年は何だか根拠もなく悪人って事にされてるみたいな所がお気の毒で・・・。
でもそれにしても岸谷様はノリノリなんですよねえ、これが~(汗)。
haru
2011年03月29日 08:10
おはようございます。トラックバックありがとうごさいました。
三姉妹が泣くシーンと利休さまの深い教えのシーンで救われた回でした。一方、家康まで秀吉のようにお笑い系になったのは残念です。信雄を演じた俳優の方は知らなかったのですが、いろいろとお教えいただき今後の参考になりそうです。
また来ます。
http://blog.livedoor.jp/haru1106/
かえ
2011年03月29日 13:15
見ているうちに寝てしまい内容が飛んでいます。。。
三姉妹が泣くのはもう止めようと話していた
と思ったら、秀吉がいやらし~い目つきで
茶々姫を見つめていたり(汗)
こちらで再確認させていただきました。
真田
2011年03月29日 18:44
haru様、こんばんは~。
後の利休の宗易様、深いセリフでした~~。
それに三姉妹様の泣くシーンも良かったですねえ。
三人いるからこその勇気がわいてきたような・・・
それはきっと頼れる人がいるからではなく、
守らなければならない人がいるから湧いてくるものなんでしょうねえ~~。
真田
2011年03月29日 18:48
かえ様、こんばんは~。お役にたてて幸いです~~~。
三姉妹様の決意と猿様の厭らしイイ~~~イ目線!
きっとこれを軸にしてこのあと数話回していくんでしょうねえ~。
そこで宮沢・茶々様がどんな気高さを、どんな怨念を、
どんな決意を、どんな哀しさを表現してくださるものか、
そこに注目して見て行きたいなあと思う今日この頃なのでございます~~~。

この記事へのトラックバック

  • 大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」第11回

    Excerpt:  第十一回「猿の人質」1583(天正11)年4月、北庄城は炎に包まれ落城し、江らは母の市を亡くす。市が自害したことは、秀吉にとっても衝撃だった。茶々と初は、父母を殺した秀... Weblog: 日々“是”精進! racked: 2011-03-27 20:45
  • 大河ドラマ 「江」 #11 猿の人質

    Excerpt: 帰って来るのが遅くなり、 追っかけ再生をしながらです。 Weblog: 雨ニモマケズ 風ニモマケズ racked: 2011-03-27 20:58
  • 『江~姫たちの戦国~』第11回「猿の人質」

    Excerpt: 賤ヶ岳の戦い。秀吉に敗れた勝家、市とともに死す。秀吉は山崎城を拠点に朝廷へも影響力を強めた。江ら三姉妹は最大の仇・秀吉のもとへ。時間は戻る。北ノ庄城下の秀吉の陣営。秀吉... Weblog: strの気になるドラマ 気になるコト racked: 2011-03-27 21:02
  • 江 -姫たちの戦国- 第11回「猿の人質」

    Excerpt: 北庄城が炎に包まれ落城し、それと共に義父と母を亡くした江たち三姉妹にとってこれまで心のよりどころだったものが失われ、自分たちの力で生きていかなければならなくなりました。今回はそんな三姉妹が少しずつ自立.. Weblog: あしたまにあーな racked: 2011-03-27 21:26
  • ★「江#11」邪心すぐ出たし~

    Excerpt: 本日も笑いあり涙あり笑いありの回でした~あれ笑いの方が多い・・・第11回「猿の人質」って。。猿の惑星で捕まったみたい。。『江~姫たちの戦国~』公式ページ江(上野樹里) 市(... Weblog: ・*:・ふわゆら生活・:*・ racked: 2011-03-27 21:27
  • 江~姫たちの戦国~ 第11話 感想「猿の人質」

    Excerpt: 江~姫たちの戦国~ですが、市(鈴木保奈美)が死に、茶々(宮沢りえ)・初(水川あさみ)・江(上野樹里)の浅井三姉妹は、親の仇である羽柴秀吉(岸谷五朗)の庇護されます。秀吉は市のことで悲嘆にくれますが、江.. Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記 racked: 2011-03-27 22:16
  • 『江~姫たちの戦国~』 第11回「猿の人質」

    Excerpt:  北ノ庄の城が炎上してのち、三姉妹は羽柴軍の本陣に着きました。そこでは、お市が自害したとの報告に泣き叫ぶ秀吉の姿が。感情が激した秀吉は、姫たちのみを連れ帰った三成に八つ当たりします。.. Weblog: ふるゆきホビー館 racked: 2011-03-27 22:40
  • 江 -姫たちの戦国- 第11回「猿の人質」

    Excerpt: 北庄城が炎に包まれ落城し、それと共に義父と母を亡くした江たち三姉妹にとってこれまで心のよりどころだったものが失われ、自分たちの力で生きていかなければならなくなりました。今回はそんな三姉妹が少しずつ自立.. Weblog: あしたまにあーな racked: 2011-03-27 23:19
  • 江 姫たちの戦国11 ナレーションお市様は実は地縛霊だった?

    Excerpt: 今日は笑い処がなかったしぃ 無茶な展開も少ないしぃ 目立ったのは サルサルサルと 三姉妹やたら高圧的だったこと。 自分たちが敗者と言う 立場全然理解してないの?.. Weblog: ぱるぷんて海の家 racked: 2011-03-28 00:01
  • ありがたいこっちゃ

    Excerpt: ゴースト市デタ━━(゜∀゜)━━ッ!!流石、スピリチュアル大河やな猿の人質?柴田勝家が死んでんのに、シエ達に人質の価値なんて、あらへんやろ浅井長政が死んだのは、信長が悪いだ... Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映... racked: 2011-03-28 00:31
  • 「江~姫たちの戦国」第十一話 猿の人質

    Excerpt: なかなかいい回だったと思った前回「わかれ」の視聴率がふるわなかった。1回休んだことと、もう悲しい話はうんざりだという視聴者の意識があったのかもしれない。北の庄城落城か ... Weblog: V36スカイラインクーペが欲しい! racked: 2011-03-28 06:17
  • 大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」第11話...

    Excerpt: お市の死-------------。前回は視聴率最悪でしたねぇ・・・。驚きました。震災でもう人が死ぬのはもういいかという感じでしょうか。まぁ、私も感想が簡易になってきてますし、今回も、... Weblog: ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ racked: 2011-03-28 07:55
  • 〔NHK大河ドラマ〕江~姫たちの戦国~ 第11回「猿の人質」 恨むなら、母親を恨むべき

    Excerpt: 戦国時代であろうと、平成の時代であろうと、縄文時代であろうと、自ら命を絶つという事を決して肯定してはならない。決して美化してはならない。何万人もの多くの人が一瞬で命を落し未だにそのご遺体は瓦礫の下にあ.. Weblog: しっとう?岩田亜矢那 racked: 2011-03-28 10:20
  • 〔NHK大河ドラマ〕江~姫たちの戦国~ 第11回「猿の人質」 恨むなら、母親を恨むべき

    Excerpt: 戦国時代であろうと、 平成の時代であろうと、 縄文時代であろうと、 自ら命を絶つという事を 決して肯定してはならない。 決して美化してはならない。 何万人もの多くの人が一瞬で命を落し .. Weblog: こちら、きっどさん行政書士事務所です! racked: 2011-03-28 10:27
  • 【江~姫たちの戦国~】第11回と視聴率「猿...

    Excerpt: 【第11回の視聴率は3/28(月)追加予定】市が勝家と共に自害し、三姉妹は秀吉の元に連れて行かれました。今回は、秀吉の側室・京極龍子(鈴木砂羽)の登場と、秀吉が市そっくりの茶々... Weblog: ショコラの日記帳 racked: 2011-03-28 14:10
  • 江~姫たちの戦国~ 第11回「猿の人質」

    Excerpt: 戦国ファンタジー 『江~姫たちの戦国~』のお時間です。 あらすじ・・・・・・・ Weblog: みはいる・BのB racked: 2011-03-28 15:29
  • 大河ドラマ「江~姫たちの戦国」第11話『...

    Excerpt: あらすじ・キャストなどは Weblog: 徒然”腐”日記 racked: 2011-03-28 17:52
  • 秀吉と茶々 ~江・猿の人質~

    Excerpt: 義父と母を失った三姉妹。 しかし母の霊は三姉妹のそばにとどまることに。 なるほど、スイーツ大河ね。(^^;) 京極龍子は好色な秀吉の側室に。 まあ、人の別の顔は、接近しないとわからないから.. Weblog: 早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常 racked: 2011-03-29 14:55