NHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国」第7回「母の再婚」

まだひっぱりますか本能寺~~~!あ、でもそりゃそうですね、本日はまだ怒涛の清洲会議ですものね!イケメンおじ様信長様も、ソース顔って感じの嫡男の信忠様も亡き今、後はもう・・・ちょっとぼんやりした感じの二男信雄様と小賢しい感じの三男信孝様。柴田殿が押すのは信孝様のようですが、さてさて・・・

 天正十年だそうで、清洲城にご滞在の三姉妹様。こここそ兄上が第一歩を踏み出した記念のお城よとおっしゃる母上お市様。ちょっと眉間に影のあるご表情です。江姫様の胸に去来するのは優しかったおじ様のお言葉。
 ローティーンとは思えない程落ち着き払って深く深く感慨深げな茶々姫様。いまさら叔父上への愛に目覚めちゃった感じの初姫様・・・でも・・・相変わらずきんちゃく袋の中のお菓子の方が重大なのね。いやあ、これ、女優様たちへの試練の連続ですねっ!これが後々実を結ばれますようにと願わずにはおられない今日この頃の私でございます・・・。
 で、こうなったらもう力のある者が天下を収めて欲しい、すれば平和がやってくるみたいにおっしゃるお市様。随分とまた宗旨替えをされましたねえ。

 家康殿は家臣たちと今後を相談ですが、こう言う時は黙って高みの見物が一番!猿と柴田の一騎打ち、勢いに勝る猿は何か仕掛けを繰り出すかも知れんのうと思慮深いご表情。

 猿こと秀吉様と千宗易様のご会見。うあっ!秀吉様鼻の下がお茶だらけよ!茶~がうまい!大返しでザマアみさらせじゃあっと笑ったかと思ったら信長様の死をうれえて泣き出して、忙しいお方やナア~~~。宗易殿と腹の見せあい探りあい、そして好対照で、いやなかなか良いシーンですよ、これ。
 広いお座敷をわざわざ狭~くつかってお茶をされているのも良い感じですし、光の加減もぼやっとしてて。あっ!宗易様から重大なヒント!世継ぎの名に値するのは二人のお子だけでしょうか?と・・・あああっ!その手があったか!この恩は忘れんぞと言い捨てて立ち去る秀吉様。織田様亡くなるのが早すぎました、後がえらい事になっておりますとお嘆きムードの宗易殿でした。

 柴田勝家殿はご立腹!信長様の仇打ちが叶わず猿に先を越された悔しさ!織田家三男の信孝様と清洲会議を企画立案!なんだかやけに猛々しかったですねえ勝家殿。テンションあがりすぎちゃってて、武将ってよか豆腐屋のおっちゃんみたいな感じよ~~~。

 清洲会議の知らせを聞いて驚く三姉妹様。猿が来ると聞いて気持ち悪がる三姉妹様。父の敵じゃと・・・いえでもそれを命じたのはおじ上様ですのに、あんまりと言えばあんまりな嫌われようですねえ、秀吉様。

 相変わらず真っ赤な着物で超ど派手な江姫様。いやまだ子役を使ってた方が・・・ゲフンゲフン。江姫様がお気に入りのおね様を探していると、そこにはうんとちっさな可愛い坊ちゃまが!コマなんか持ってる!ヘアスタイルも可愛らしい~。法師様?つまりこの方こそが、天正のガッシュちゃんともベル坊とも呼ばれる秀吉様の切り札ですかああ~~~!
 おもちゃこさえて来たぞ~~~と、秀吉様お母上のなか様も初登場!まさに田舎のおばあちゃん!リアル!素人の私が言うのもおこがましいですけどお上手!!!ホントに田舎のおばあちゃんを連れてきたみたいよ!奈良岡様!法師様と遊ぶ姿もゆかしく和やかで~。
 評判の菓子を買うて来たぞ~~~と、秀吉様ご帰還。江姫様に対して堅苦しいご挨拶、にはさすがに堅苦しくお褒めの言葉を賜る江姫様でした。が、私は明智様が好きであったとおっしゃれば、たちまち手のひら返して調子を合わせる秀吉様、でもそんないい加減ブリがカチンと来ちゃった江姫様、面白おかしいやり取りですねええ。
 あの子はどこの子かと江姫様が問えば、親戚の子ですとしどろもどろで答える秀吉様。親戚ってどこの親戚ぃ?ととぼけた突っ込みで全部台無しにしちゃった母上のなか様!おっかあはダマットレ、何も言うておらん~、いいわ、この親子(笑)。と、立ち去ると見せてまたガバアッと障子をあける江姫様!コントですかっ!やっぱりドリフの呼吸ですよこれは~!
 江姫様が立ち去った後、頼みまするぞ三法師様~とおっしゃる秀吉様。三法師様つまりこれ、織田信長様の嫡男の嫡男のお孫のプリンス様~~~!

 さて清洲会議開幕!遅れてやってきた秀吉様。ヘンチョコリンなほど正装に正装を重ね着したみたいなご衣裳よ?浮いてる~~~。で、取りあえずリーダーっぽく振舞おうとする勝家殿。結果が分かっているだけにオイタワシやオイタワシや。信雄様と信孝様と、どちらを後継ぎにするのか、私は信孝様を推挙すると言う勝家殿。唖然とする信雄様、ショ~~~~ック!!!ふすま越しに何故か立ち聞き・・・座り聞きしている江姫様?あり得ニャ~~~い!!!

 大事な人を忘れてませんか?とねっちゃり厭らし~~~く言い出す秀吉様。跡取りには嫡流を持ってなすべし!これが筋目でしょ!・・・悪人顔だわ秀吉様。ゆうゆうとゆううっくりとふすまを開けると、次の間に潜んでいたのは江姫様!ギャグですかっっ!江姫様の横を素通りして三法師様登場!こちらにおあすは恐れ多くも織田信忠様ご嫡男三法師様なるぞ、一同頭が高~~~~~い!
 あ、いま思いつきましたけど、なんだか江姫様の立ち位置ってあの方みたいよ、怒涛の近代アメリカ英雄ほら話映画のフォレスト・ガンプ様!江姫様も何だか走ってばっかいらっしゃいますしい~~~。

 あまりにも幼い三法師様に跡取りは無理ではないかと言う勝家殿。ご幼少であらせられたらそれを補佐する、それが我ら家臣の役目ではないか~~~!と言い放つ秀吉様。家臣は一言も無くダンマリ!でも、ここで江姫様乱入!なぜそんな事を己が決めるのかとおっしゃるも、これこそが信長様のご意思であると一蹴!勝家殿も平伏、小賢し顔の信孝様も驚愕の展開!

 さて事が終わりまして後・・・。秀吉は三法師様を使って天下を裏から動かすつもりか?と心配顔のお市様。事前にあっておりながら何をしておったのかと姉上達に問い詰められている江姫様。
 一方秀吉様は、ワシが天下を取るつもりはないとうそぶいております。おね様はそれをそりゃあもうきっつく戒めてます!猿が天下人になるなど聞いた事がございまっせん!でも秀吉様、ひたすら三法師様をあやしてとりいって、人たらしならぬ天正のイクメン振りの本領発揮!?

 信孝様がお市様と話し合ってます。三法師様を担ぐ秀吉様に対抗するためになにか腹案がありそうなご様子。一体何を・・・内緒話をゴニョゴニョゴニョ・・・。
 密談が済みましてお市様の言うよう、母は嫁ぐ事にした!あああ、相手はどなたなのですか?柴田勝家であるっ!えええええっ!あの毛むくじゃらの野性味あふれる、やたらと怒鳴りまくって足の臭そうなご仁なんて!嫌あああっ!母上っ!なぜですっ?なぜこんな時に、なぜ柴田様なのですかっ?殿方は他にも大勢おりまするって、ひっどいモノイイですよ三姉妹様~。
 それに対して、猿に対抗するのは柴田勝家しかいないからだというお市様。三法師様を使って織田家を乗っ取り天下を取ろうとするのは断じて許せぬと・・・。
 母上は柴田様が好きでもないのに嫁ぐのですか?と問う江姫様。時代を考えたらあり得ない言いようですねえ江姫様。そんな現代的な価値観で教育されてはいなかったでしょう、いくらなんでも筋子でも~~~!お市様の言うには、柴田殿を勝たせたいから嫁ぐのじゃ、これは私の意思じゃ、だれかに操られているのではないぞと。いやはやもう、とおおんだ現代劇ですわ。しらじらしいい~~~。

 お市様&勝家様御婚礼の知らせを受けて驚愕の秀吉様!あの美人の憧れのお市様がよりにもよって柴田勝家ごときと~~~!黒田殿に掴みかかって悲しみのご乱行!柴様もノリノリでコミカル!おなじコント仕様でも三姉妹様のパートよりもちゃんと見ていられる感がございます。これが役者の味ってものなのかしら、岸谷様も柴様も役者やのおお~。
 勝家めええっ、獣の年寄りの不っ細工な面のぶんざいでええ~~~!と悔しがる秀吉様。これ全て信孝様の入れ知恵?つまり信孝様は織田家をこのワシが乗っ取ると思われていて、それを阻止するのは勝家だけであると、さらにお市様が嫁いだらワシは攻められぬと思われているのか、だったらその心配のお考えの通りに動いてやろうじゃないの!ワシが織田家を乗っ取って天下を取ったる!とここにようやく天下取り宣言!ものすごく悪人顔よ秀吉様!でも、でもでも、どうしよう、そんな秀吉様がちょっと好きになってしまうじゃないのおお~♪
 っていうか今年の大河はみんな妙に甘えた感じの実はイイ人モードで食いたりなかったの!いいじゃないの天下取り!そういう時代なんだもん!そういう人生なんだもん!悪びれずに己の道をお行きなさいまし~~~!!!

 お市様のもとにご挨拶に来られた勝家殿。ひたすら家臣モードの言いようですが、お市様はこれからは夫婦ですからとおっしゃいます。でも三姉妹様はご立腹!姉上二人は、私たちにとって父上は浅井長政一人でございますと反旗を翻せば、江姫様にあらせられましては、父は知らぬが敬えるのは信長様でございますとこれまた斜め上から反抗の輪に加わりまして、母と娘の思いが多いに隔たり食い違う家庭内争議の波乱の展開に~~~?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2011年02月20日 20:50
千宗易のあの示唆もどうかと。
示唆するだけして、あとが大変になっているって…。
真田
2011年02月20日 22:49
ryi様、こんばんは~~~。
あ、そこですね~。私は脳内補完を色々と・・
つまり宗易様が今後も茶人として生きていくためには秀吉様にくっついて天下を取らせるのが一番で、
でも秀吉様が天下を取ったらその後はまたいろいろ思いやられるアンビ~~~バレント~~~!って。
そこまで補完するのはちょっと電波が過ぎてるかしら?(汗)
かえ
2011年02月21日 10:46
後継ぎを決める重要な会議を盗み聞きしてるのに
誰も江姫を責めないっていうのが不思議です...
秀吉の母上は田舎のおばちゃんな感じが
ナイスでしたね。
真田
2011年02月21日 16:50
かえ様、こんにちは~~~。
ええ、ええ、ほんっとに不思議!っていうか勇気のある脚本ですよねえ~。
そもそも重要会議の次の間に誰かが侵入できるはずがないと思うんですよ~。
信孝様がお市様との会見を終わって立ち去るときにはふすまの裏に侍女が控えてましたでしょう?
信孝様が開けたふすまをすぐに閉めて差し上げてたでしょう?
お姫様が一人で出歩くのも変ですし、お大名に警護がいないのも変ですし、もしかして江姫様は透明人間?瞬間移動の能力者?それとも侵略イカ娘~~~?
ああもう、考えれば考えるほどワケワカメちゃ~~~ん!
ですのでここは一丁出前一丁味と香りのゴマラーユ、今年の大河はなるべくものを考えないようにして視聴してまいろうかと、はい~~~。
あ、奈良岡様はホンに名演技でしたねええっ!眼福敬服燕尾服~~~!

この記事へのトラックバック

  • 大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」第7回

    Excerpt:  第七回「母の再婚」1582(天正10)年6月。信長と嫡男の信忠亡き後の織田家の後継者が誰になるのかが取り沙汰される中、清洲城に身を寄せる市、江、茶々、初は不安な日々を送... Weblog: 日々“是”精進! racked: 2011-02-20 20:44
  • 【江~姫たちの戦国~】第七回

    Excerpt: 天正10年6月。信長亡き後、誰が織田家の後継者となるか…。織田家筆頭家老・柴田勝家(大地康雄)は、清洲城に織田家重臣を呼び寄せる。江(上野樹里)は、城内で秀吉(岸谷五朗)と... Weblog: 見取り八段・実0段 racked: 2011-02-20 20:56
  • 大河ドラマ 「江」 #7 母の再婚

    Excerpt: 清洲会議に向けて… 仕事帰りで、食べながら見ています。 Weblog: 雨ニモマケズ 風ニモマケズ racked: 2011-02-20 20:58
  • 大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」三姉妹の絆7江はみた!清州会議で秀吉が織田家を乗っ取る猿芝居を!

    Excerpt: 20日大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」第7話を視聴した。 今回は光秀を討った秀吉は織田家の跡継ぎ問題で 頭を悩ませていた。 嫡男信忠が亡くなったために跡継ぎが 二男信雄 ... Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2011-02-20 21:02
  • 大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」第7話「...

    Excerpt: 織田家の行く末-----------。すべては次男と三男にかかっている。どちらにつくのが得策か?豊臣は?徳川は?ということで、今回は清洲会議。視聴してても、なんだかあらすじを拾うとか... Weblog: ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ racked: 2011-02-20 21:04
  • ★「江#7」猿が馬に~♪

    Excerpt: 織田信長が亡くなり。。天下はどうなるのか。。誰が跡目を継ぐのか。。また戦になるのか。。第7回「母の再婚」『江~姫たちの戦国~』公式ページはコチラ江(上野樹里) 市(鈴木保奈... Weblog: ・*:・ふわゆら生活・:*・ racked: 2011-02-20 21:15
  • 『江~姫たちの戦国~』第7回「母の再婚」

    Excerpt: 本能寺の変にて織田信長死す。嫡男・信忠も死に織田家後継者争い。次男・信雄か三男・信孝か。秀吉、勝家、家康。三人の実力者にとっても大事。天正十年六月、市と三人の娘は尾張・... Weblog: strの気になるドラマ 気になるコト racked: 2011-02-20 21:28
  • 江 -姫たちの戦国- 第7回「母の再婚」

    Excerpt: 今回の大河ドラマの視聴率が徐々に低下しているといいます。その主な要因は以下にあるといわれています。 ・ファンタジーともいわれているドラマの内容は、これまでの歴史の描写ではあり得ないほど、要所要所に江が.. Weblog: あしたまにあーな racked: 2011-02-20 21:36
  • 『江~姫たちの戦国~』 第7回「母の再婚」

    Excerpt: お市と三姉妹がいる清洲城で、織田家の跡目を決める評定がおこなわれることに。世に言う「清洲会議」が幕を開けます。そこへ真っ先に到着したのは・・・。お市も三姉妹も嫌っている羽柴秀吉でした。しかも、おねとと.. Weblog: ふるゆきホビー館 racked: 2011-02-20 22:40
  • 江~姫たちの戦国~ 第7回「母の再婚」

    Excerpt: 今週も ”戦国ファンタジー大河ドラマ” 『江~姫たちの戦国~』のお時間です。 まずは、あらすじ・・・・・・・ Weblog: みはいる・BのB racked: 2011-02-20 22:50
  • 江~姫たちの戦国~ 第7話 感想「母の再婚」

    Excerpt: 江~姫たちの戦国~ですが、織田信長(豊川悦司)亡き後、織田家の跡目争いも生じます。市(鈴木保奈美)や江(上野樹里)たちは清洲城に移っていますが、初(水川あさみ)は「明智光秀め~!」急に信長が好きになっ.. Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記 racked: 2011-02-20 22:58
  • 江 姫たちの戦国7 ファンタジー大河を越え脱力系大河に?

    Excerpt: 早くも19.6%と 20の大台を割ってしまった江姫大河。 お江はティンカーベルなんだってぇ。 今年の大河は“ファンタジー”として見るべし いろんな場面に姿を現す 妖精.. Weblog: ぱるぷんて海の家 racked: 2011-02-20 23:05
  • 「江~姫たちの戦国」第7話「母の再婚」

    Excerpt: ヒロインに翻弄される時代! 江は、時代に翻弄されたヒロインなわけだが、こう時代の節目のいろんなところに出てくると、時代のほうが江に翻弄されている気がしてきます。それにし ... Weblog: V36スカイラインクーペが欲しい! racked: 2011-02-20 23:42
  • 「江~姫たちの戦国~」第7話 清洲会議に...

    Excerpt: 「江~姫たちの戦国~」史実と違うとかファンタジーすぎるとか「のだめ」とか、何かと批判の多い大河ドラマですが、でも今回おもしろく見させてもらいました清洲城内、大竹しのぶさ... Weblog: 今日も何かあたらしいこと racked: 2011-02-21 09:50
  • 『江~姫たちの戦国』第7回~志村けんと優香が演じたら面白いかも

    Excerpt: 『江~姫たちの戦国』 第7回「母の再婚」 清州会議が1582年ですから、今週も江ちゃんはまだ満9歳かな・・・。 なかなか大きくなりません。 アニメ版の『サザエさん』では設定が小学校3年生の.. Weblog: 世事熟視~コソダチP(気分は冥王星) racked: 2011-02-21 10:54
  • 「江~姫たちの戦国~」第7回感想

    Excerpt: 昨日はまず、先週の日記のコメントでくうふう3さんに教えていただいた、永井路子さんの「乱紋」の上巻を読んだので そちらの感想もこの日記の後にアップしたいと思います(^^) →感... Weblog: みやさとの感想文と(時々)感想絵 racked: 2011-02-21 15:56
  • 大河ドラマ「江~姫たちの戦国」第7話『母...

    Excerpt: あらすじ・キャストなどは Weblog: 徒然”腐”日記 racked: 2011-02-21 19:02
  • 秀吉の策略 ~江・母の再婚~

    Excerpt: 信長亡き後、その後継者を決めるために、秀吉は信長の嫡孫・三法師を担ぎあげることに。 後に関ヶ原で西軍として戦う織田秀信になるわけだが、秀吉がある意味、終生親であったのであろう。 秀吉にしてみれば... Weblog: 早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常 racked: 2011-02-22 00:32
  • 秀吉の策略 ~江・母の再婚~

    Excerpt: 信長亡き後、その後継者を決めるために、秀吉は信長の嫡孫・三法師を担ぎあげることに。 後に関ヶ原で西軍として戦う織田秀信になるわけだが、秀吉がある意味、終生親であったのであろう。 秀吉にしてみれば... Weblog: 早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常 racked: 2011-02-22 00:33
  • 大河ドラマ江、光秀(天海)再登場の方が…

    Excerpt: どう見ても能動的な生き方をしたとは思われない江。 三度の結婚も自分の意思からではなく時の権力者に 翻弄されたもの{/hiyo_oro/} そんな江が自ら積極的に発言し自分で自分の人生を 切り開いたよう.. Weblog: 函館 Glass Life racked: 2011-02-22 17:05
  • 【江~姫たちの戦国~】第7回と視聴率「母の...

    Excerpt: 第7回の視聴率は、前回の19.6%より更に下がって、18.5%でした。最低視聴率を更新してしまいました(汗)裏に、フィギュアスケート女子フリー(21.1%)があったので、それに少し視聴... Weblog: ショコラの日記帳 racked: 2011-02-22 18:56
  • ぶっさいくな面の分際で

    Excerpt: 「織田家の世継ぎその名に値するのはお子だけですやろか?」利休の余計な一言で、織田信忠の子3歳の三法師を、文字通り担ぐ秀吉。信長の孫やのに、なんで親戚の江は知らんねん?「... Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映... racked: 2011-02-22 21:00
  • 〔NHK大河ドラマ〕江~姫たちの戦国~ 第7回「母の再婚」 清州会議は信長後継者決定会議ではない

    Excerpt: 事ある毎に言ってるが 清州会議は信長の後継者を決める会議ではない。 「織田弾正忠家の家督を誰が相続するか」を決める会議である。 そして、織田弾正忠家の家督は天正4年に既に 信長から嫡男(長男かどうか.. Weblog: しっとう?岩田亜矢那 racked: 2011-02-27 17:47
  • 〔NHK大河ドラマ〕江~姫たちの戦国~ 第7回「母の再婚」 清州会議は信長後継者決定会議ではない

    Excerpt: 事ある毎に言ってるが 清州会議は信長の後継者を決める会議ではない。 「織田弾正忠家の家督を誰が相続するか」を決める会議である。 そして、織田弾正忠家の家督は天正4年に既に 信長から嫡男(長.. Weblog: こちら、きっどさん行政書士事務所です! racked: 2011-02-27 18:00