NHK大河ドラマ「龍馬伝」第第41回「さらば高杉晋作」

終わりの始まりみたいな感のする今日この頃・・・(泣)。本日いよいよ、さらば晋作先生!そしていよかん夏みかん、海援隊結成!命の炎の最後の輝き!!!
画像


本日のアバンタイトル~~~
 ここは小曽根様の離れ。やけに広いけど、あくまでも離れなんですねえ。脱藩浪人がさらに増えて、亀山社中が大増強!やたらと余裕をぶちかましている龍馬君。これから商売で大儲けで前途洋洋!そして名前も替えるぜよ!旗も新調するぜよ!亀山社中改め海援隊!開運海運商社ダヨ!全員集合!
 だが真の目的は薩長を結び付けて新しい世の中を打ち立てる事。そしてこれからはもう、仲間同士の争いはご法度。勝手に腹を斬るのもダメよと言う龍馬君。ああこれ、長次郎殿が・・・(涙)
 さすがに船乗りザムライは諦めたみたいですねえ、あの方・・・。

やかましいな~~お前ら~~~!
 土佐商会の弥太郎君。海援隊に乗り込んでまいりました。なんでも会計係を任されたんだとか。なら弥太郎にあれを渡しちゃれと龍馬君がおっしゃって、皆が慌てふためいて持って来たものは・・・弥太郎君の期待した菓子折りではなく!借用証文山盛り~~~!
 しかも弥太郎先生がわしらに船を買うてくれるぞ~~~!と後戻りのできないゴマすり攻撃~~~!

お龍さんの疎開先・・・は、サンキチさん?
 葉巻奉行の長崎奉行の朝比奈様に着け狙われていた龍馬君ですが、土佐藩重臣の象二郎殿がご身分安堵。詮索無用と申し入れてくださいまして一安心の二安心。
 弥太郎君は商売に執心!これからは綿花ではなく石炭じゃと大浦様に持ちかけていた所に、才谷梅太郎様ご降臨!とピエール殿がのたまえば、大浦様も皆もいっせいに龍馬君に寄ってまいります。面白くないのは弥太郎君!
 威張り散らしているだけに見えて弥太郎君、ちゃんとやる事はやってました。海援隊のためにお船を借りる算段が出来てきたみたい。歓声を上げるご一同!!やった~~~!
 とまあ、表向きは順風満帆ですけど、裏では龍馬君を怨んで睨んで、ギリリギリリと刃砥ぎ歌う幕府の影迫る昨今。龍馬君が何よりも心配なのは恋女房のお龍さん。
 お龍さんの身の安全を確保するために龍馬君の編み出した一計は長州疎開。今や無二の親友の心の友の・・・っていう割にはいきなりフェードアウトしたりしてワケワカメですけど・・・ま、まままま、とおおにもかくにも頼りに・・なりそうな槍の達人筧先生のサンキチ殿の元に預けましょうと言う一幕。
 いやああ~、本当に腰が軽いですねえ、龍馬君。下関へレッツゴ~~~!旅館?イイお部屋ですねえ。喜ぶご両人の所にやって来ましたサンキチさん!

晋作先生~~~!!!
 もう何回も血を吐いてフラグは立ちまくりスティーの晋作先生。いよいよもう切羽詰まった感じですよ。ごぼごぼじゃぼじゃぼ血を吐いて!そこにやって来たの龍馬君。ああ・・・世紀の英雄が。砲弾乱れ飛ぶ中三味線の弾き語りをしても傷一つつかなかったというのにいい~~~!妙に強がって明るくふるまって、養生したって長生きゃできんし、みたいにおっしゃる晋作先生。健気で凄絶ですねえ。
 龍馬君と晋作先生、そして木戸カラー先生の三大英雄が顔を合わせれば、そこはやっぱり政治情勢、今度どうする日本のお国、みたいな話題になりまして・・・。龍馬君はやっぱり大政奉還推進!土佐藩がノッテ来ましたよ?土佐が味方になったら絶対優位でしょう?こうなったらもう大政奉還!ね!決まり決まり!お買い得!買っちゃいなさいよ!奥様!
 晋作先生も龍馬君に同調してくれますが、なんですか、頭の固い木戸カラー先生、どうしても武力で幕府を倒しますみたいな・・・まさかこの後のオーラスの黒幕は・・・?あ、いえいえ、いっくらなんでもそんな事は・・・でも薩摩でもなく幕府でもなく驚天動地の意外な展開インパクトを狙うのなら・・・ううううむ、どうなります事やら・・・閑話休題。
 僕の遺言と思って聞いてくれと言いだした晋作先生。凄い!ホントに死んじゃいそうよ!馬関の戦いは奇跡じゃった!だから奇跡の大政奉還を信じてやろうよ木戸カラー!みたいな・・あの・・龍馬君についてはあんまり奇跡みたいには見えなかった、っていうか、奇跡と言うならあなたが奇跡でしょう晋作先生!論理はつながってませんけど、熱意は良く表現できてます。この場のこのお顔だけ見てたら本当にそんな気がしてきちゃう本日の晋作先生でした。
 帰ろうとする木戸カラー先生を追いかけて、晋作先生の容体を聞きだす龍馬君。画面に木の枠を映しこんで不安で深刻な様子を醸しだしてます。桜の花が見られるかどうかって・・・(泣)。木戸カラー先生も本当に真実日本のためを思えばこそ武力討幕を目指しているんだと言う告白。
 そこにやってきたのは奇兵隊の関係者、っていうか普通のお百姓ですよ。晋作先生の容体が心配でやってきたと、でも会わせてもらえず、ならばと新鮮卵を差し出す心づくし。もらい泣きの木戸カラー先生でした。

葉巻がやたらデカイですよっ
 大州藩の人たちと交渉中の弥太郎殿!やたらとご立派な葉巻をぷかぷか吹かしながら、芝居気たっぷり!すんごい勢い!っていうか弥太郎ペース!見せ場ですねええ~。

これが最期の遠足?
 何故か気の合う仲良し小道の龍馬君と晋作先生、お外へお散歩。っていうかロケ!ああまたこれ、いい景色!イイロケ!最近の大河ドラマは本当にロケ地風景は秀逸ですよねええ。楽しそう~~~。
 海辺の波打ち際に二人仲良く座って・・・何だか龍馬君のパパさんの最期を思い出してしまいますねえ・・・とにかく座って将来の夢、この国をどうしたいのかって辺りを語り合う二人。身分の上下などのない新しい国を!!!
 高杉さんの作った奇兵隊には身分の差別がなかった。これこそが新しい日本の形じゃと確信したがぜよ!それを教えてもろた。と龍馬君が褒め称え。晋作先生は足もとが濡れるのも構わず波打ち際・・・きれいな海の水・・頭を下げて、日本を頼みます坂本さん、と~。僕の出番はもう終わりです、ふふうん、後は酒を飲んで三味線を弾いて面白おかしく暮らします、・・・あの世でね・・・って。うああああん!何だか本当に死んじゃう人の台詞みたいよっ?
 でも・・・うううむ、ここでこういう形にするのなら、もっと一本大きな柱で身分の違いを壊す目的を節目節目で見せておいて欲しかったかニャああ。
 夜。お龍さんと話し合う龍馬君。人はなぜ死んでしまうのか、天がお前の役目はもう終わったというのだろうかと・・・司馬遼太郎先生リスペクトみたいな感慨。でもそれは志を継ぐ者にとっての始まりですと意味深な受け答えのお龍さん。ううう~~~ん、イイセリフ!でもこのドラマ的には・・・晋作先生や龍馬君のお役目が終わった後、いろいろ引き継いでわが世の春になるのが弥太郎君だと思うと・・・なんだか・・・。

婿殿ようやく再登場!
 下関の龍馬君に来客あり。それはほれ、我らが婿殿上川・中岡慎太郎殿!龍馬君が海援隊なら、ワシは陸援隊じゃあああ!・・・なんで張り合う必要があるの?って、こちら様もあくまで~もてんしで~も武力によって地球を侵略しようとするパルタ皇帝みたいな強硬派だったんですか。だから龍馬君とは歩調を合わせられないと?
 一献傾けながら話し始める両雄。新しい世の中を作るためには戦しかないのか?大政奉還が一番なのか?結局二人それぞれやりたいようにやってみましょう、最終目的は同じなんだからお互いに励まし合って別の道を歩みましょうと・・・。

おまんらには稼げるだけ稼いでもらう!!
 相変わらず手ごわくしぶとく抜け目ない弥太郎君。成果が出ました!正式に大州藩からお船を借りる事に成功したんですって。きっとあの後もさぞかし口八丁手八丁を尽くされたんでしょうねええ。そのなも「いろは丸」!
 このいろは丸を借り受けて海援隊の初仕事・・・あれ?いろは丸って確か、追突とか転覆とか賠償とかって話題がなかったですか?いやあああ、嫌な予感が・・・。
 下関に一人残ったお龍さんのショット、いろは丸で自信満々指図する龍馬君。そして・・・

巨星墜つ・・・
 晋作先生にもたらされた龍馬君のお手紙。晋作先生の様に命を尽くしますみたいな・・・。それを読んで笑顔の晋作先生。もう一人で起き上がれないみたい・・・。そこにやってくる奇兵隊の面々!慕われてますよ!先生!!
 お庭で花見でみんな一緒で三味線弾いて笑顔笑顔のサービスショット。
 そして海援隊にもたらされる晋作先生の荷物。それはかの奇兵隊の隊旗!雄たけびあげて出港じゃあ!
 何時ぞやの海岸に一人やってきた晋作先生。やっぱり無念なのよね?慟哭!志半ばで終わらなければならない無念の涙!・・・慶応3年4月、高杉晋作死す。けんどその魂はすでに龍馬の中にあったがじゃあああっ!!!
 龍馬暗殺まであと七カ月・・・

 今日のあのシーン。配下の農民が殿様をしたってやって来ましたってのはなんだか随分既視感が満ち満ちていたような(笑)。とはいえ、「終わりの始まり」ではあっても「終わりは始まり」だというあたりにちょおおっと救われたような気もする今日この頃・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

かえ
2010年10月11日 12:59
海援隊結成だと騒ぐ面々よりも弥太郎の顔芸を駆使した
商談場面の方が印象的だったような気がします(笑)

高杉さんはついに最期を迎えてしまいましたね(泣)
馬関では超人的な戦いぶりだった事を思うと
気丈に振る舞う姿が何とも言えません...
伊勢谷晋作、最期まで惹き付けてくれました!
もっと活躍が見たかっただけに残念です。
真田
2010年10月11日 15:44
かえ様、こんにちは~~~。
大演説の大売り込みの大大道芸の至芸の話芸でした!
大三菱の大創業者をこんなに大詐欺師みたいに描いちゃって大丈夫かなあと言う気はしてまいりますがっ、
でええもでもでも、魅力的!弥太郎・香川先生絶好調でした!
そして晋作・伊勢谷先生も!いやあ、熱き哀切がハチ切れましたねええっ!
ただまあ・・・龍馬君が何だかこう、空気みたいな浮き草みたいな、皆の熱演のあいまあいまにアイの手を入れているだけみたいな、
まるで往年のソレカラオジサンみたいなああああ~~~!
2010年10月11日 19:00
高杉、うまいですねぇ。
伊勢谷晋作の表情がでていますね。

もうすぐ終わりなんだなぁー。
真田
2010年10月12日 08:22
ryi様、こんにちは~。
凄かったですねえ、凄絶だったですねえ、晋作・伊勢谷先生。
見ていて、いつあのお三味線から変身スーツが出てくるかと思ってしまうくらい!
この方の意思を引き継いだはずの日本がどうしてこうなった!?と現政権の皆様を問い詰めてしまいたくなるくらい!
引き込まれて視聴しておりました、晋作先生。返す返すお名残り惜しい~。
マッサ
2010年10月14日 21:38
初めまして。
龍馬伝好きで毎週観ていますが、どうしても聞き取れない台詞があって悶えてサーフィンしてるうちに辿り着きました。お答え頂ける方を探しています!

それは、この41回、高杉晋作さんの本当に最後の台詞です。独りで海に膝間付き、「坂本さん…、」と言った後。彼は一体なんと呟いたのでしょうか。大音量にして何十回と聞いても分かりません。
助けて頂けたら幸いです。
せっかく泣きそうだったのに、?で頭が一杯になってしまいました。
よろしくお願いします。
マッサ
2010年10月14日 22:35
Yahoo!知恵袋で解決できました。
「頼みましたよ」らしいですね。(たのんましたよ、て感じ?)

独りでお騒がせして、すいませんでした。

この記事へのトラックバック

  • 「龍馬伝」第41回

    Excerpt:   第41回「さらば高杉晋作」土佐藩と手を結んだ龍馬らは「海援隊」として再出発。新たな脱藩浪士も加わり、小曽根が用意した離れに入った龍馬らは、土佐藩の保護下で船を使って... Weblog: 日々“是”精進! racked: 2010-10-10 20:50
  • 龍馬伝 第41回「さらば高杉晋作」

    Excerpt: 『龍馬伝』のお時間です。 あらすじ・・・・・・・・ Weblog: みはいる・BのB racked: 2010-10-10 20:54
  • 『龍馬伝』第41回「さらば高杉晋作」

    Excerpt: 長崎・小曾根邸の離れ。脱藩した者が集まってきた。脱藩者=自由な者。土佐藩の後ろ盾を得た亀山社中。→海援隊。薩長と土佐を結び付ける。海から日本を守る海援隊。海援隊約規。足... Weblog: strの気になるドラマ 気になるコト racked: 2010-10-10 21:08
  • 大河ドラマ「龍馬伝」第41話「さらば高杉...

    Excerpt: 海援隊結成、そして高杉の死-----------!!色んな意味で、いよいよですね・・・。小曽根邸に集まった龍馬たちと、脱藩した者たち。ビジネスを始めると言う龍馬だったが、それは表向き... Weblog: ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ racked: 2010-10-10 21:16
  • 大河ドラマ 龍馬伝 第41回 「さらば高杉晋作」

    Excerpt: ♪三千世界の鴉を殺し、主と添寝がしてみたい~ 伊勢谷友介の高杉晋作はほんとハマっていた。 でめちゃめちゃ格好良かった。 龍馬伝が終わった後 外伝として伊勢谷友介主演で 「奇兵隊」放送してくれないか.. Weblog: しっとう?岩田亜矢那 racked: 2010-10-10 21:42
  • 大河ドラマ 龍馬伝 第41回 「さらば高杉晋作」

    Excerpt: ♪三千世界の鴉を殺し、主と添寝がしてみたい~ 伊勢谷友介の高杉晋作はほんとハマっていた。 でめちゃめちゃ格好良かった。 龍馬伝が終わった後 外伝として伊勢谷友介主演で 「奇兵隊」放送.. Weblog: こちら、きっどさん行政書士事務所です! racked: 2010-10-10 21:42
  • 龍馬伝41 後藤象二郎悪党キャラから好感度赤丸急上昇?

    Excerpt: 「さらば高杉晋作」と言うくらいだから きっと涙腺ウルウルさせてくれると 信じてたのにぃ。 坂本龍馬クン 肺病末期の高杉を まだまだ寒い海岸に連れ出したらアカンやろ。 しかも.. Weblog: ぱるぷんて海の家 racked: 2010-10-10 21:46
  • ★「龍馬伝#41」高杉さまぁ~(TT)

    Excerpt: 今日も「龍馬伝」楽しみました~第41回「さらば高杉晋作」坂本龍馬(福山雅治) 岩崎弥太郎(香川照之) 木戸貫治(谷原章介) 沢村惣之丞(要潤) 後藤象二郎(青木崇高) 陸... Weblog: ・*:・ふわゆら生活・:*・ racked: 2010-10-10 21:47
  • 『龍馬伝』 さらば高杉晋作

    Excerpt: JUGEMテーマ:エンターテイメント亀山社中が海援隊になる日が来ました。隊の規約に旗も用意して、海援隊発足宣言をする龍馬に、皆が沸き立ちます。そこへ乗り込んできたのは、土佐商会主任の岩崎弥太郎。社中の.. Weblog: ふるゆきホビー館 racked: 2010-10-10 21:54
  • 龍馬伝~第41回 感想「さらば高杉晋作」

    Excerpt: 龍馬伝ですが、坂本龍馬(福山雅治)たち亀山社中は土佐藩と手を組むことになります。名称も海援隊に改名しますが、隊の旗や規律なども作られます。海援隊の財政面は土佐商会の主任・岩崎弥太郎(香川照之)が担当し.. Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記 racked: 2010-10-10 22:43
  • 大河ドラマ 龍馬伝 41話

    Excerpt: 第41話 「さらば高杉晋作」 今日も、ましゃは男前ぇ~ 今回のメイン「高杉晋作」を演じる伊勢谷友介、カッコエエ~ お酒を飲みながら、三味線。。似合いす... Weblog: お地蔵さまの寄り道 racked: 2010-10-10 23:00
  • 龍馬伝 第41話 「さらば高杉晋作」

    Excerpt: 「私の出番はもう終わりです。 あとは酒を飲んで、三味線を弾いて・・ あの世で・・おもしろ おかしく暮らしたい」 日本を頼みます。坂本... Weblog: shaberiba racked: 2010-10-10 23:43
  • 大河ドラマ 『龍馬伝』 第41回 レビュー

    Excerpt: 大河ドラマ 『龍馬伝』 第41回 「さらば高杉晋作」を観ました…。 坂本龍馬と高杉晋作の美し過ぎる最後の邂逅シーン…そして、晋作こと... Weblog: サブカルチャー・ショック racked: 2010-10-11 00:27
  • 龍馬伝~第41話「さらば高杉晋作」

    Excerpt: 第40話「清風亭の対決」はこちら。 前回の視聴率は14.3%。もうちょっと行くと Weblog: 事務職員へのこの1冊 racked: 2010-10-11 09:14
  • 『龍馬伝』第41回★人はどうして死ぬんじゃろうか

    Excerpt: 『龍馬伝』(RYOMADEN SEASON4) 第41回「さらば高杉晋作」  特に文句はないのだけど、かといって面白いかというと微妙な感じ。  高杉とカステラ以外は、物足りない、何かが足りな.. Weblog: 世事熟視~コソダチP(気分は冥王星) racked: 2010-10-11 11:14
  • 【龍馬伝】第41回と視聴率「さらば高杉晋作」

    Excerpt: 【第41回の視聴率は、10/12(火)に追加予定】高杉さんの最期の海のシーン、う~ん。志半ばで死んでしまう、彼の無念を描きたかったのでしょうね。その意図は分かるんですが、ちょっ... Weblog: ショコラの日記帳 racked: 2010-10-11 11:21
  • 大河ドラマ 「龍馬伝」 #41 さらば高杉晋作

    Excerpt: 海援隊の旗揚げ。 そして高杉晋作の死。 Weblog: 雨ニモマケズ 風ニモマケズ racked: 2010-10-11 17:14
  • 大河ドラマ 龍馬伝 第41回 「さらば高杉晋作」

    Excerpt: 高杉晋作死す!三味線を持ち浜辺を歩く姿が伊勢谷高杉のお約束のような感じが出てきま Weblog: くまっこの部屋 racked: 2010-10-11 21:59
  • 龍馬伝 第41回「さらば高杉晋作」

    Excerpt: 前半は大政奉還に向けた龍馬たちの熱い思いを中心に描かれていて、新しくできた海援隊でも声高に自分たちのこれからの活躍を誓い、勢いを感じます。その中でやはり忘れてはいけないのが弥太郎の存在でしょう。比較的.. Weblog: あしたまにあーな racked: 2010-10-11 23:50
  • 龍馬伝、呆れた男です??

    Excerpt: 今週は高杉晋作最後の出演でしたね{/sayonara/} 僕が思っていた高杉晋作像とは少しかけ離れた人物像 だったようですが、ドラマなので仕方ありません{/kuri_5/} 日本を託す人が出来たと晋.. Weblog: 函館 Glass Life racked: 2010-10-12 14:12
  • 大河ドラマ「龍馬伝」第41回『さらば高杉...

    Excerpt: 遅ればせながらの感想ですリアルタイムで視聴していたのですがねダンナにパソコンを使われてしまってたので書けなかったんです~基本録画して何度も見返すという事をしないので既に... Weblog: 徒然”腐”日記 racked: 2010-10-12 15:09
  • 【龍馬伝】第四十一回

    Excerpt: 日曜の夜に出掛けていて、リアルタイムで見れなくて。もう時間が経ってしまって自分の中でかなり冷めてしまっているので、今回はセリフレビューなしでサラッと感想だけ。。。しかも... Weblog: 見取り八段・実0段 racked: 2010-10-13 23:14
  • 龍馬伝41話(さらば高杉晋作)の感想です。

    Excerpt:  慮間伝41話(さらば高杉晋作)を観ました。龍馬たちは土佐藩と手を組み海援隊を立ち上げます。  弥太郎は海援隊のために大州藩からいろ�... Weblog: 本とTVとDVDの感想日記 racked: 2010-10-14 11:09
  • 大河ドラマ「龍馬伝」時代の変革者41晋作の遺言を龍馬は引き継ぎ自らの考えを押し通す決心を固めた

    Excerpt: 10日大河ドラマ「龍馬伝」第41話を視聴した。 今回は龍馬たちは土佐藩の後ろ盾を受けた事で 亀山社中から海援隊と名を改め、 土佐藩を長崎で商売できるようにしたのと並行して、 海援隊として土佐藩.. Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2010-10-14 22:10