NHK大河ドラマ「龍馬伝」第24回「愛の蛍」

先週の答えは・・「風林火山」のテーマでした~。いえあの、ソフトバンクのCM「お父さん出馬編」に往年の大河のBGMって事で、はい~。
それで今週は蛍!蛍なんですぐ死んでしまうん?ぶわあああ~~~~!あ、すみません自分で言って涙腺が・・ううううう。
先週あっけなく亡くなってしまった望月殿の表情が・・・頭に付いた土くれとか、置き去りにするのに心を残す龍馬君が傷口を笠で隠して行く仕草とか、いろいろ、いろいろ・・・(涙)

本日のアバンタイトル~
 池田屋のシーン再現。息せき切って興奮しまくってあふあふといっぱいいっぱいで息が上がっちゃってる感じの攘夷派の面々。あっ!先週なかったと思っていた新撰組の殺戮シーン!いきなり踏み込まれて急な事で何もできない浪士たちを膾斬り!改めて龍馬君の前で事切れる望月亀弥太殿。史実に反して(?)皆して意気揚々と引き上げる新撰組の面々。先週とちょっと違うシーンですよこれは。もう今にも龍馬君が斬りかかろうっていう時に止めに入ったホッカムリ!

桂殿の決意
 池田屋の遭難を聞くお龍さんたち・・・皆殺されたんですか?と驚愕のお龍さん。そんな所にやって来た桂小五郎殿と龍馬君。龍馬君を押し留めたホッカムリは桂小五郎殿でした~。
 あらためて仲間たちの遭難を話し合うお二人。桂殿だって長州の尊王攘夷のフラッグシップ、仲間たちを殺された思いは一緒でございます。殺された者たちの無念を晴らす為にも、長州は戦う!
 あ、桂殿と言えばいつだったか龍馬君と一緒に黒船見てませんでしたっけ?同じものを見たのに、急進的な尊王攘夷派と、挙国一致の文明開化派と、考え方の違いが明白な二人なんですねええ。
 桂殿は次の行動を期してさっさと立ち去って行かれました。俺はどうしたらいいのかと途方に暮れる龍馬君。とりあえずここはあぶないからお龍さんの家にかくれろという事に~~~。

以蔵君が拷問に!
 土佐藩で囚われの身となっている以蔵君に待っているのは拷問の日々。石抱き?ヒドイ!どうして人間が人間にこんな残酷な事が出来るんですかっ!しつこくあざとくようしゃなく吉田東洋様殺人事件の下手人を追及するのは後藤象二郎殿。ああ~、可哀そうに。こうなるのが分かっているのならいっそ京都で斬り殺されていた方がましだったかも~~。
 その声を間近で聞いていながらじっと耐えているだけのハンペン先生・武市半平太殿。泣いてます。でも、もういっそ洗いざらいぶちまけちゃったらいかがですか?どうせ助からないのなら思いっきり自分の正当性を主張して散った方が良くないですか?だってあなた、確信犯だったんでしょう?少なくとも以蔵君の苦しみが長引かずに済むでしょ?どうして?どうして助けてあげないんですかハンペン先生~~~!

義母様ご活躍
 龍馬君の家にやって来たハンペン先生の奥様、冨さん。それを笑顔で迎えて元気づけるのは龍馬君の義理のお母上。スイカ!スイカをあげましたよ!そして困った事があったら家に来いやと・・・本当にイイ人ですよねえ、お母上。
 冨さんの帰り道、うまいうまいと大声の独り言は・・・弥太郎君!奥さんのお弁当がおいしくって大声で「うまい」「うまい」と・・・。この人は本当に・・・最高に正直な人ですねえ。冨さんも、ほんまにイイ人ですねえ弥太郎さんは、ですって!照れ隠しに悪びれるのが可愛い!弥太郎君、なんとかまあ見れる程度に綺麗になりましたねえ・・・。

龍馬君傷心
 お龍さんの勤める例の宿屋に踏み込む新撰組。真っ向から近藤さんを睨んじゃったお龍さんに噛みつく近藤さんですが、一触即発の危機に際しても動ぜず憶さずどうどうと追い返したお龍さんでした~。
 龍馬君は京都のお龍さんの家に居候・・・月琴弾いちゃって綺麗な声でお歌歌って、さっそく小さいお友達を全部攻略しちゃってて!手が早くなりましたねえ、龍馬君・・・ゲフンゲフン、こりゃ失敬。
 小さいお友達すなわちお龍さんの弟妹の皆さん。すかさず自分に貰ったおにぎりをみんなで分けて食べる龍馬君。皆で食べたら量は少なくなるけどよっぽど美味しいですものねええ。って、ああ、自分の分まで全部子供にあげちゃいましたわ龍馬君!あ、ああ、なんだか、涙が・・・。
 勝先生は幕府に呼び出されて厳しく問い詰められています。海軍操練所の生徒が池田屋の一味に加わっていたって所がやっぱり不味かったみたいです。そうですよねえ、そこん所を考えたら、正式に操練所と縁を切ってから池田屋に行くべきだったのかも、望月殿。
 これが後々大変な事態を引き起こすと言うナレーションの弥太郎君。それは弥太郎君自身にも災難をもたらすんだとか・・・後藤殿に呼び出されて、あ、また郷回りに再任ですか?

弥太郎君災難!?
 再び郷回りとなった弥太郎君、牢内のハンペン先生の所にやってまいりました。東洋様の下手人を挙げるというお役目だそうで、さっさと白状しろと直談判です。以蔵が死んでしまってもええがか、お冨さんを苦しめてもええがか、どうどうとホンマの事を言いや武市さん!・・・なんだか牢屋もぶち壊そうという勢いですねええ(苦笑)。
 大殿様のためにしてきた事をないがしろにはできないと最後の意地を見せるハンペン先生。これには思わず言葉を亡くしてしまった弥太郎君でした。
 土佐の大殿様の山内容堂様はなんだか昔馴染みにお茶を立ててもらって涙目よ。孤独な人なんですねえ大殿様も・・・。

いよっ!!男前っ!!!
 いえ、残念ながら龍馬君の事ではなく、お龍さんが男前だなあって~。まず自分ひとりで母と兄弟を養って文句ひとつ言わずに頑張ってるでしょう?それから、龍馬君が必殺女たらしの術を駆使しても安易に相好を崩したりせずに毅然とした態度を貫いているでしょう?
 家族を放り出して好き勝手やってる攘夷派の浪人が大嫌いだと言うお龍さん。自分の母上も病気だったからお龍さんの母上が寝込んでいるのを放って置けなかったという龍馬君。人の気持ちは銭金とは違う、受け取って良い行為もあると真顔で迫る龍馬君。
 お龍さんの言うよう・・望月殿は自分で考えて攘夷派に参加してそれに殉じて死んでいった。それって志!道!己の道を貫いたんだから立派じゃないの!褒めてあげて然るべきじゃないの!よう頑張ったお前は侍らしゅう死んだ、と~。うわあああ!男前~~~~!
 これ、龍馬君には「あなたもしっかりしなさい!」という厳しい母の声みたいな作用を及ぼしたみたい。ちょっぴり立ち直って神戸に戻る龍馬君でした。蝉の声に送られて・・・。

蛍・・・
 土佐で一人さびしく留守を守るハンペン先生奥様お冨さん。ハンペン先生の使いの者がやってまいりました。これはシンパの牢番の方かしら?言伝ですって。
 おまんに辛い思いをさせてスマン。まっことスマン。・・・そう奥様に伝えてくれと。
 坂本家ではハンペン先生の噂でもちきり。龍馬君姪っ娘ちゃんがもう立派な娘さんになっちゃってますよ。乙姐やんは昔ハンペン先生が好きだったんですって!!!今にして驚愕の事実判明!!!
 あんな似合いの夫婦はいない。子供が出来ないから離縁しろと言われてお冨さんが家を出た事もあったんですって。でも代わりに連れてこられたあてがい扶持の女性たちに指一本、指一本!指一本触れずにいたそうですよハンペン先生!!!ご立派!これまさに夫の鑑でぎざいます~~~!
 シンパの牢番がハンペン先生に奥様のお返事を持ってきました。そのお返事とは、手拭いに挟まれた・・・蛍!庭の蛍を送ってこられました冨さん奥様!・・・今一よくわかりませんでしたけど、蛍なんでしょ、これ。よく生きていましたねええ(汗)。
 オーバーラップするのは弥太郎親子の子守唄。そしてお龍さんと弟の安らかな寝室。そして舟でこっそり夜陰にまぎれて京を出る龍馬君の身にも蛍、蛍、蛍~~~。亀弥太、わしはおまんの命を無駄にはせんき!燃える決意を込めてキッと上を見る龍馬君の目線には今までにはない力強さが。

産みの母上に瓜二つ!
 いえそりゃあ同じ草刈様なんですもの瓜二つで当たり前ですけど、でも人物設定はえんもゆかりもないベツレヘム?伏見の船宿・寺田屋さんの店頭で龍馬君が出会った人は、瞼の母と同じお顔の女性。これはいったい~~~?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2010年06月13日 21:16
あのすぐあとにCM見ました。
ちょっとびっくり。

さて、今回ですが、
龍馬が出てこなくても話が進んでいたような気がしたのは気のせいでしょうか・・・。
まぁ、あれはあれでいいのですが。
真田
2010年06月13日 21:25
ryi様、こんばんは~。
難しい局面ですよねえ。歴史の表舞台を描かずには居られませんけど、
肝心の主人公が全然かかわらないという・・・
まあその時この日本に、しかも割と近い所で生きてらっしゃったわけですから、
それについて主人公がどう思ったのかとか描かないわけにはいきませんし、
かと言ってあんまり極端にして、実は覆面かぶって仲間を助けた謎の男・・・
みたいにしちゃっちゃあ別のお話になってしまいますしいい~。
今回の池田屋騒動も通の方に言わせたらきっと史実と違いすぎって言われちゃうんでしょうけど・・・
私的には随分楽しめましたし十分満足なんですけどねええ~。

この記事へのトラックバック

  • 龍馬伝 第24回「愛の蛍」

    Excerpt: 今週も龍馬伝のお時間です。 あらすじ・・・・・・・ Weblog: みはいる・BのB racked: 2010-06-13 20:54
  • 龍馬伝 第24回「愛の蛍」

    Excerpt: 前回が「動」の話だとすれば今回は「静」の話といえるでしょう。激しく動いた物語をもう一度振り返り、それぞれの登場人物の思いをたどっています。前回、池田屋で新撰組によって亀弥太は殺害されることになります。.. Weblog: あしたまにあーな racked: 2010-06-13 21:00
  • 「龍馬伝」第24回

    Excerpt:    第24回「愛の蛍」京の池田屋に向かった龍馬は、亀弥太の死を目の当たりにする。池田屋を襲撃したのは新選組だった。怒りに震える龍馬は新選組に挑もうとするが、居合わせた... Weblog: 日々“是”精進! racked: 2010-06-13 21:03
  • 『龍馬伝』第24回「蛍の愛」

    Excerpt: 京 池田屋。攘夷派の志士たちが新選組に惨殺された。池田屋事件。望月亀弥太、死す。坂本龍馬は。。乞食に変装して逃げる桂小五郎が、亀弥太の敵討ちをしようとする龍馬を止める。... Weblog: strの気になるドラマ 気になるコト racked: 2010-06-13 21:09
  • 大河ドラマ 「龍馬伝」 #24 愛の蛍

    Excerpt: 今日は出先だったので、携帯のワンセグから見ました。 なので、簡単レビューです。 Weblog: 雨ニモマケズ 風ニモマケズ racked: 2010-06-13 21:19
  • 『龍馬伝』第24回

    Excerpt: ~愛の蛍~ Weblog: 悠雅的生活 racked: 2010-06-13 21:26
  • 【龍馬伝】第二十四回

    Excerpt: 池田屋事件の夜、京の町で近藤に近付こうとする龍馬を止めたのは桂小五郎だった。幕府は薩摩と結託して自分の良いようにしようと考えちょる。だが、長州は決して屈せん。攘夷派の残... Weblog: 見取り八段・実0段 racked: 2010-06-13 21:27
  • ★「龍馬伝#24」歌ってる場合じゃないよ...

    Excerpt: 池田屋事件で亀弥太が死んだ。。そして。。龍馬は。。坂本龍馬(福山雅治) 岩崎弥太郎(香川照之) 権平にぃやん(杉本哲太) 乙女ねぇやん(寺島しのぶ) 岩崎弥次郎(蟹江敬... Weblog: ・*:・ふわゆら生活・:*・ racked: 2010-06-13 21:29
  • 大河ドラマ「龍馬伝」時代の変革者24池田屋事件で新撰組に追われる身に・・・龍馬は龍の気の強さにお金より心を通わせるように教えるのだった

    Excerpt: 13日大河ドラマ「龍馬伝」第24話を視聴した。 今回は池田屋に向かった龍馬だったが、 亀弥太を救おうと向かったが助けられなかった。 怒りに満ちた龍馬は新撰組に立ち向かおうとするが、 桂が止めに.. Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2010-06-13 21:31
  • 大河ドラマ 龍馬伝 第24回 「愛の蛍」

    Excerpt: 前回も書いた通り きっどさんは新撰組が大嫌いである。 京都守護職松平容保預かりの 単なる私的警備隊であるにも関わらず 何をか勘違いして 「御用改めである!」と 偉そうにやってきて、狼藉をし.. Weblog: こちら、きっどさん行政書士事務所です! racked: 2010-06-13 21:36
  • 大河ドラマ 龍馬伝 第24回 「愛の蛍」

    Excerpt: 前回も書いた通り きっどさんは新撰組が大嫌いである。 京都守護職松平容保預かりの 単なる私的警備隊であるにも関わらず 何をか勘違いして 「御用改めである!」と 偉そうにやってきて、狼藉をしまくる、 そ.. Weblog: しっとう?岩田亜矢那 racked: 2010-06-13 21:36
  • 「龍馬伝」幕末の風雲児を思う・・・その24

    Excerpt: こんにちは。「星の王子様の宝箱」(stars-treasure)です。   本日 Weblog: 星の王子様の宝箱 racked: 2010-06-13 21:36
  • 龍馬伝~第24話 感想「愛の蛍」

    Excerpt: 龍馬伝ですが、池田屋事件で近藤勇(原田泰造)の活躍も少しはやります。坂本龍馬(福山雅治)は無謀にもひとりで新撰組に殴りこもうとしますが、桂小五郎(谷原章介)が止めてくれます。桂は幕府と薩摩は攘夷など関.. Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記 racked: 2010-06-13 21:50
  • 龍馬伝第24話「愛の蛍」

    Excerpt: 亀弥太(音尾琢真)の死に憤る龍馬・・。 でももっと憤っていたのは たくさんの仲間をこの事件で失った長州藩。桂はいう・・。 --いつか必�... Weblog: shaberiba racked: 2010-06-13 22:14
  • 龍馬伝24 どSお龍の迫力には新撰組近藤勇も負けた?

    Excerpt: 今日の龍馬伝タイトルは 「愛の蛍」って 何かイヤーな予感してたんです。 どうも 天地人臭が漂っていて・・・。 もうタイトル聞いただけで 今回は捨て回? ああアノ悪夢が トラウマ.. Weblog: ぱるぷんて海の家 racked: 2010-06-13 22:15
  • 『龍馬伝』 愛の蛍

    Excerpt: JUGEMテーマ:エンターテイメント池田屋からひきあげる新選組の隊列に向かって駆け出した龍馬。それを止めたのは、桂小五郎でした。ひとりで斬りこむ無謀は止めた桂も、同志を討たれた無念さは心に満ち、復仇を.. Weblog: ふるゆきホビー館 racked: 2010-06-13 22:25
  • 龍馬伝「愛の蛍」 夕闇のヒーロー

    Excerpt: サッカーワールドカップ南アフリカ大会: 2010 FIFAワールドカップ(英: 2010 FIFA World Cup South Africa)、 2010年6月11日から7月11日にかけて、第.. Weblog: よかったねノート 感謝の言葉にかえて racked: 2010-06-13 22:28
  • 大河ドラマ 龍馬伝 第24回 愛の蛍 感想

    Excerpt: 第24回 愛の蛍 以蔵の拷問シーンが痛い。足元が映ったけれど、あそこはCGとかじゃなく、やっぱり本当に誰かがのってるのですか?たとえ膝の石が本物じゃなくてもキツイ! なんか、やっぱり亀弥太の一件がいや.. Weblog: 本家らう゛ろくた推して参る racked: 2010-06-13 22:39
  • 大河ドラマ「龍馬伝」第24話「愛の蛍」

    Excerpt: それぞれの愛の形-----------。池田屋事件で命を落とす事になった亀弥太。また、大切な人を救えなかった。その後悔にかられた龍馬は新撰組へ仇打ちをしかける。だが・・・それを止めた... Weblog: ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ racked: 2010-06-13 22:52
  • 大河ドラマ 『龍馬伝』 第24回 レビュー

    Excerpt: 大河ドラマ 『龍馬伝』 第24回 「愛の蛍」を観ましたー☆ 優しく暖かく…想い人 焦がれる者を包み込んでいるかの様な…月明かり。朝餉�... Weblog: サブカルチャー・ショック racked: 2010-06-13 23:35
  • ???????????24?????

    Excerpt: OP?????????????(`???�)??????????????????????????????????????????????????????????????????... Weblog: ????????? racked: 2010-06-14 00:32
  • 大河ドラマ 龍馬伝 24話

    Excerpt: 第24話 「愛の蛍」 蛍のラブレター 最近、涙腺の弱い私は、涙がボロボロ。。。 何て、ロマンチストなんやろう。 大嫌いな半平太やけど、富に対する想いの深さ、優しさに感動。 こんだけ、愛情.. Weblog: お地蔵さまの寄り道 racked: 2010-06-14 01:16
  • 【龍馬伝】第24回と視聴率「愛の蛍」

    Excerpt: 【第24回の視聴率は6/14(月)に追加予定】布の中に、蛍を入れて、押し潰されないでしょうか?(^^;)今回は、武市と冨の夫婦愛と、龍馬とお龍の関係が深まるお話でした♪これ... Weblog: ショコラの日記帳 racked: 2010-06-14 10:47
  • 『龍馬伝』第24回★謎の男・深山宗林の茶は美味い。

    Excerpt: 『龍馬伝』(RYOMADEN SEASON2) 第24回「愛の蛍」  吉田東洋闇討ち事件の尋問で、以蔵(佐藤健)が厳しい拷問を受けていますが、武市半平太(大森南朋)は牢屋の中から「スマン、スマ.. Weblog: 世事熟視~コソダチP(気分は冥王星) racked: 2010-06-14 12:01
  • 龍馬伝、切腹した亀弥太!!

    Excerpt: 愛の蛍、何か演歌の題名のようなタイトルでしたね{/m_0057/} 友人に対する愛、恋人に対する愛、妻に対する愛、全ての 人間に対する愛、色々考えるとタイトルには深い意味があ るのかも知れません{/.. Weblog: 函館 Glass Life racked: 2010-06-14 17:27
  • 大河ドラマ「龍馬伝」第24回『愛の蛍』

    Excerpt: 一言感想です。ネタバレ&突っ込みも多々ありますので苦手な方はご注意を愛の蛍・・・・・・・・タイトル読んで昭和の恋愛映画のタイトル??と思ったてんぽ~ですぶっちゃけ、話の... Weblog: 徒然”腐”日記 racked: 2010-06-15 17:08
  • ≪竜馬伝≫☆24

    Excerpt: 元治元年(1864年)6月5日 京の宿屋 池田屋に集まり 孝明天皇奪還計画を密談しちょった 攘夷派の志士たちは、突如乗り込んできた 新選組によって惨殺された。 新選組とは幕府の命を受け、会津藩に雇われ.. Weblog: まぁ、お茶でも racked: 2010-06-15 22:01