NHK大河ドラマ「龍馬伝」第20回「収二郎、無念」

残念無念な結末になりそうな収二郎殿。そしてまたハンペン先生にも破滅の足音が響いてまいりました。龍馬君は土佐に帰るなと縋りついてましたけど、でも私も先週来よくよく考えますに、ハンペン先生は帰らない訳にはまいりませんよお。だって自分の指示で土佐に帰った収二郎殿が生きるか死ぬかって言う窮地に陥っちゃったんですよ?さらにさらに、この期に及んで自分一人生き延びる道を選んじゃったら、土佐に残してきた奥様はどうなるの?ね!人の道として男の責任として、やっぱり帰らない訳にはいかなかったんじゃないかしらあああ~?

本日のアバンタイトル
 権平お兄ちゃん来訪?龍馬君は腕まくりしてお勉強!佐藤先生名調子。沢村殿は汚れがワイルド!で、もうもうと立つ埃、リアルなお外感覚。良いセットですねええ。OPも何だか大物感と言うか神々しさが増した感がございます。

お兄ちゃん来訪
 龍馬君は海軍塾で修行中・・剣術の次は航海術、学びに学ぶ青春です。学ぶ事は本来楽しく嬉しい物なんだなあと思わされますねえ。でもそんな中でうかないお顔も・・・言わずと知れた勤皇党の面々。収二郎殿やハンペン先生が心配なんですって。藩主を出し抜いて勝手に令旨を受け取った罪ってやっぱり相当重いんでしょうねええ。
 何かあると勝先生に相談する最近の龍馬君、さっそく京都の勝先生を訪問です。お兄ちゃんともすれ違い~~~。
 龍馬君を送りだした後の坂本家をしっかりと守ってきた権平お兄ちゃんです。脱藩を許されたから堂々と対面できるようになったわけですねえ。
 まあこれまでもお手紙のやり取りはできていたみたいですけど~。っていうかもしかして生活費とかも送ってもらっていたのかしら?これまであんまりスポットが当たって来ませんでしたよねえ、龍馬君の生活費。まあ今は海軍塾つまり勝先生のお世話になってますけど、脱藩した後千葉道場を再訪するまでどうやって食べていたのかしら。もしかしてあちこち見物してきた云々の陰でパトロンを見つけていたとかとか~~~。

収二郎殿受難!
 さて土佐ではハンペン先生、収二郎殿の助命嘆願!ですが、そこに立ちふさがったのが後藤象二郎殿。大殿様は我関せず心太を頬張ってますw。象二郎殿が一番問題にしているのは吉田東洋殿の暗殺犯!ここでよせばいいのに逆に反論しちゃって交渉決裂?収二郎殿の運命やいかに・・・って、縛られてます!殴られてます!収二郎殿、ヒドイお顔~~~!
 弥太郎君はまた坂本家に助けを求めにやって来ました!ちっともうれない材木を買ってチョンマゲ!でも坂本家の女子衆は全く相手にせず!弥太郎君旗色悪し!
 せっかく大坂に来たのに龍馬君に会う事が出来ない権平お兄ちゃん。なんとなんと長次郎殿に勧められて海軍塾に体験入隊ですっ!佐藤先生に絞られる事絞られる事!お兄ちゃん汗まみれ~~~っ!

って、勝先生も困窮してました!やっぱり先立つものはお金よ!!
 今の日本はバラバラだ。情けないけどそのバラバラさのために外国も侵略できずにいる模様。物事ってのはいろいろ見方があるもんさというのが勝先生のご講釈。
 龍馬君は収二郎殿が心配。ですけどそれを受け止めて諭す勝先生。いろんな見方があるんだよ、あっちから見たら別に見えちゃうもんですよみたいな~。
 でもでも収二郎殿も心配ですけどそれ以上に切羽詰まった生活の危機!海軍塾をやって行くお金がないのよ!足りないのよ!千両!千両欲しい!千両~~~~?ここで龍馬君が使いに出されまして、行った先が何と福井藩の大殿様の松平春嶽様~?
 一方土佐では一方の見方だけに凝り固まっているハンペン先生が俺たちゃ正しかったんだと呟きシロー。そこに現れたのが加尾さんで、兄上の実を案じている様子。あくまでも自分たちが正しいというハンペン先生ですが、結構見聞を広めてきた加尾さんは、京都で以蔵君にやらせていた暗殺行為を暗に咎める気配です。
 収二郎殿は攻め続けられてますが、まだ目の光を失ってません。口を割らずにハンペン先生を守る気配!

占いだったんですか!!!
 弥太郎君は実家で腐ってます。どうして材木が売れないのかと荒れてます。父上母上呆れ顔。でも奥様はそんな弥太郎君を優しくおだててます。こんな所で何故か突然弥太郎君、どうして俺みたいな者と結婚してくれたのかと泣きながら問い詰めます。と、答えて言うよう。占いやきに、私を幸せにしてくれる男は糞まみれやと~~~。だから肥溜にはまっていた弥太郎君に一目ぼれ?煙に巻かれた弥太郎君。おまけに奥さまったら、材木を売るためにはおまけをつけろとアドバイス~~~。
 さて舞台は勝塾に戻りまして、龍馬君から事情説明のお手紙が届いて一同大慌て。勝塾存亡の危機?龍馬君が金借りに行ったああ?大丈夫かい?いやいや龍馬君ならやってくれるよみたいな驚天動地の悲喜こもごも。弟が意外と頼りにされてるんだと認識した権平お兄ちゃんでした~。
 松平春嶽候にお目見えの龍馬君。前には千葉重太郎お兄ちゃんのつてで対面したんでしたっけ?この時代、偉い人に顔を覚えてもらうだけでも、いろいろ便利で有利な事が多かったんでしょうねええ~。
 死に金は単に物の値として払う金、自分たちに出してもらう金は生き金!何倍にもなって戻ってくるし世の中のためになるお金ですみたいにプッシュプッシュ!必ず生き金にしますと約束して交渉成立?
 対面のおまけは春嶽様の参謀役になっていた横井小楠大先生。龍馬君の名をたからしめた「船中八策」の元ネタはこの人と言われる大先生とご対面ですよ~。大先生は「デモクラチー」というものを持ち出しました。民のためにする政治がすなわちデモクラチー。デモクラチーと言えば、デモ暮らしの民主主義、人民の人民による人民のための政治!
 ですが、いろいろな物の見方があると言うのなら、ハンペン先生も収二郎殿も、時代遅れの用なしっていう事ではないのかと、そういうこともあり得るってことじゃないのかと鋭く問い詰める小楠様でした。

収二郎殿助命嘆願失敗!
 クワガタに相撲を取らせている容堂様。そこにハンペン先生来訪。収二郎を勘弁してやってくださいとの助命嘆願。叩かれて気を失って水をかけられて半死半生の収二郎殿。
 クワガタを肩に乗せて涼しいお顔の容堂様。もうやめちゃれとおっしゃいます。じゃあ勘弁してもらえるのかと思ったらさにあらず!拷問はこれまでにして、ただ朝廷に取り入った罪だけを裁いちゃれと・・・でもこれ、せ、せせせ、切腹~~~?
 非情と言えば非情ですけど、でもこれ、自業自得な面がございますよ。だってハンペン先生ご一統は吉田東洋様を暗殺しちゃったでしょう?東洋様のお身内である象二郎殿や東洋様を信頼して頼りにしていた大殿様が快く思っているはずないじゃないですか~。おおよそ下手人の検討も付いてらっしゃるでしょうし、最初から許すつもりはなかったんでしょう~。
 ハンペン先生収二郎殿を訪れて最期の挨拶、っていうか謝罪してます。命を救う事が出来なかったと。でも収二郎殿、血まみれのお顔で、勤皇党のおかげで幸せだった、切腹とはこれ武士の誉れ、ありがたき幸せじゃと・・・。牢内でがっしと抱き合うハンペン先生と収二郎殿でした~~。恐いお顔でしたけど、ちょっと嫌な奴でしたけど、でもこんな悲惨な・・・。加尾さんのお兄さんですし~。ワシは家に帰れるがですかってセリフ・・・こうなっちゃうと可哀そうねえ~。
 
兄上との再会!
 勝塾でいろいろ面白い体験をした権平お兄ちゃん。そこに龍馬君が帰ってまいりました。やっぱり埃まみれよ。お兄ちゃん、本当は連れ戻しに来たんですけど、龍馬君たちのやっていることを認めてくれました。このままがんばれ!と。・・・あ、小楠大先生の問いかけにはどう答えたんでしょうか、龍馬君?
 龍馬君の所に加尾さんからお手紙。収二郎殿が切腹しましたというご報告。綺麗な白い帷子に髭だらけで傷だらけのお顔。間違った事をしていないのなら切腹する必要はないでしょう?どうしてですかと龍馬君に問いかけています。今週の龍馬君は色々問いかけられて迷ってますねえ。
 あ、ここでまた小楠大先生のキッツイ問いかけフラッシュバック。古びた人間に価値はない、人間なんて芥子粒みたいなもんだと言い放つ大先生。龍馬君慟哭~~~!

 次週予告は・・龍馬君が土佐に帰るの???

 今週特に印象に残ったのは・・・江戸時代にもクワガタがいたんですねえ。いえそりゃあ当たり前ですけど、セミやチョウチョは良く時代劇に出てきますが、カブトやクワガタって意外な感じがいたしました~。

この記事へのコメント

2010年05月16日 21:00
ついに土佐勤皇党への弾圧が始まりましたね・・・。
しばらく暗い回が続きそうです。
真田
2010年05月16日 21:09
ryi様、こんばんは~。
いやあ、演技は良かったですけど重たい内容でした、収二郎殿&ハンペン先生。
でも凄惨な拷問シーンはそれほどなくて、ちょっと胸をなでおろしてます~。
いえだってほら、日曜夜のゆったりとしつつ少し憂鬱なひと時ですもの、
あんまり残酷にシンドクなっちゃうのはちょっと~~~・・・

この記事へのトラックバック

  • 龍馬伝 第20回「収二郎、無念」

    Excerpt: 龍馬伝のお時間です。 あらすじ・・・・ Weblog: みはいる・BのB racked: 2010-05-16 20:48
  • 大河ドラマ 龍馬伝 第20回 「収二郎、無念」

    Excerpt: 江戸時代の拷問は幕府も藩も 士分の者に対しては行わなかったらしいですな。 土佐藩であれば、上士に対するお取調べでは拷問は行わないが 郷士や足軽に対しては手ひどい拷問を行った。 故に未だ郷士の収二郎はあ.. Weblog: しっとう?岩田亜矢那 racked: 2010-05-16 20:58
  • 「龍馬伝」第20回

    Excerpt:    第20回「収二郎、無念」龍馬は大坂の専称寺で航海術の勉強に励んでいた。収二郎が投獄されたことを知った龍馬は、京に滞在中の勝に会いに行く。龍馬と入れ違いに、兄の権平... Weblog: 日々“是”精進! racked: 2010-05-16 21:01
  • 大河ドラマ 「龍馬伝」 #20 収二郎、無念

    Excerpt: ついに容堂の牙が土佐勤皇党に襲い掛かる! Weblog: 雨ニモマケズ 風ニモマケズ racked: 2010-05-16 21:01
  • 大河ドラマ 龍馬伝 第20回 「収二郎、無念」

    Excerpt: 江戸時代の拷問は幕府も藩も 士分の者に対しては行わなかったらしいですな。 土佐藩であれば、上士に対するお取調べでは拷問は行わないが 郷士や足軽に対しては手ひどい拷問を行った。 故に未だ郷士の収.. Weblog: こちら、きっどさん行政書士事務所です! racked: 2010-05-16 21:02
  • 大河ドラマ「龍馬伝」時代の変革者20龍馬の説得で千両の支援を取り付けたがその頃収二郎は切腹を命じられ命を落とした

    Excerpt: 16日大河ドラマ「龍馬伝」第20話を視聴した。 今回は神戸村で海軍の訓練に励んでいる元に兄の権平が訪れた。 その時龍馬は勝に会うために京都へ向かっていた。 その頃土佐では収二郎の拷問が続いていた.. Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2010-05-16 21:13
  • 『龍馬伝』第20回

    Excerpt: ~収二郎、無念~ Weblog: 悠雅的生活 racked: 2010-05-16 21:14
  • ★「龍馬伝#20」デモクラチィ~へ!!

    Excerpt: 脱藩の罪が許された龍馬に会いに~権平にぃやんが土佐から~でも。。龍馬は留守で~~勝塾にしばらくいることになり~~坂本龍馬(福山雅治) 岩崎弥太郎(香川照之) 権平にぃや... Weblog: ・*:・ふわゆら生活・:*・ racked: 2010-05-16 21:29
  • 龍馬伝 第20回「収二郎、無念」

    Excerpt: もはや、土佐勤王党の姿は見る術もないくらい崩壊してしまい、武市半平太と平井収二郎以外は他の道を歩んでいる様子です。そんな平井収二郎は投獄され吉田東洋を暗殺したのが武市の仕業であることを白状させようと激.. Weblog: あしたまにあーな racked: 2010-05-16 21:32
  • 「龍馬伝」幕末の風雲児を思う・・・その20

    Excerpt: こんにちは。「星の王子様の宝箱」(stars-treasure)です。   本日 Weblog: 星の王子様の宝箱 racked: 2010-05-16 21:39
  • 【龍馬伝】第二十回

    Excerpt: 土佐に帰った武市は、平井収二郎を救うために奔走した。何度も容堂に頭を下げに行ったが、そこで待っていたのは再び登用された後藤象二郎だった。収二郎は、後藤によって日々拷問を... Weblog: 見取り八段・実0段 racked: 2010-05-16 21:59
  • 龍馬伝20 龍馬の兄ちゃん勝塾試験に合格する!

    Excerpt: 今日のテーマは 平井収二郎(宮迫博之)の無念さなんだろうけど 拷問の末切腹ってと言う流れは いまいち 説明不足? 今まで収二郎は空気みたいな扱いが多かったので あまり思い入れなかっ.. Weblog: ぱるぷんて海の家 racked: 2010-05-16 21:59
  • 龍馬伝~第20話 感想「収二郎、無念」

    Excerpt: 龍馬伝ですが、大坂の勝塾に坂本権平(杉本哲太)がひょっこりやって来ます。権平登場に饅頭屋長次郎(大泉洋)、沢村惣之丞(要潤)などの土佐藩出身者は大いに久闊を叙しますが、この塾はズーズー弁の伝兵衛が君臨.. Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記 racked: 2010-05-16 22:03
  • 大河ドラマ 龍馬伝 第20回 収二郎、無念 感想

    Excerpt: 第20回 収二郎、無念 PCの前に座って45分が経過しました。なかなかどう書いてよいのか思い至らず 水戸黄門のように、全てに善悪がハッキリしていたらいいのに。 平井さんは、周囲の人も含めてたしかに無念.. Weblog: 本家らう゛ろくた推して参る racked: 2010-05-16 22:25
  • 大河ドラマ 龍馬伝 20話

    Excerpt: 第20話「収二郎、無念」 重く野蛮なストーリー。 『今まで値打ちのあったモノが、古びて用無しになっただけ。  世の中の流れから見れば、1人の人間などケシ粒ほどのものでしかない』 確かに、おっ.. Weblog: お地蔵さまの寄り道 racked: 2010-05-16 22:31
  • 龍馬伝 第20話「収二郎、無念」

    Excerpt: 容堂に切腹を命じられる収二郎。 武市の 後藤・容堂への命乞いも龍馬のいう通り徒労に終わった。 厳しい拷問にもついに武市の名を明かす�... Weblog: shaberiba racked: 2010-05-16 23:12
  • 『龍馬伝』 収二郎、無念

    Excerpt: JUGEMテーマ:エンターテイメント龍馬の学ぶ勝塾に、故郷から兄の権平が訪ねてきました。折あしく龍馬は京都に行っていたため、長次郎や沢村に勧められるまま、権平は海軍修行に。今回はこの真面目で朴訥な兄が.. Weblog: ふるゆきホビー館 racked: 2010-05-16 23:14
  • 大河ドラマ 『龍馬伝』 第20回 レビュー

    Excerpt: 大河ドラマ 『龍馬伝』 第20回 「収二郎、無念」を観ましたー☆ 上士、下士(郷士)の身分制度に憤り苦しみながら、武市半平太の攘夷思想�... Weblog: サブカルチャー・ショック racked: 2010-05-16 23:44
  • 龍馬伝「収二郎、無念」 述懐のヒーロー

    Excerpt: 龍馬の兄権平が海軍操練所で体験入隊!?です。 これは、脱藩が許された龍馬を迎えに来たのですが・・・・・・。 「ミイラ取りがミイラ状態!?」実に不思議な光景です。 しかも、龍馬が大坂に帰ってくると.. Weblog: よかったねノート 感謝の言葉にかえて racked: 2010-05-17 02:38
  • 大河ドラマ 龍馬伝 第20回 「収二郎、無念」

    Excerpt: 土佐では平井収二郎が収監されてしまい、武市は収二郎の助命を大殿様に願い出るが・・ Weblog: くまっこの部屋 racked: 2010-05-17 02:46
  • 『龍馬伝』第20回★喜勢、占いで結婚を決めた~そういえば幸夫人も・・・。

    Excerpt: 『龍馬伝』(RYOMADEN SEASON2) 第20回「収二郎、無念」 【 トコロテンをつるつる 】  山内容堂(近藤正臣)は、トコロテンをつるつる・・・。  クワガタに相撲とらせて.. Weblog: 世事熟視~コソダチP(気分は冥王星) racked: 2010-05-17 12:51
  • 大河ドラマ「龍馬伝」第20回『収二郎、無...

    Excerpt: 感想のみですがネタバレを含みます。未視聴の方はご注意下さい。今回で20回・・・・・・もう半分近く消化してるんですよね・・・。しかし龍馬が龍になるには程遠い・・・・・・・... Weblog: 徒然”腐”日記 racked: 2010-05-17 15:41
  • 【大河ドラマ】龍馬伝第20回:収二郎、無念

    Excerpt: クワガタの存在感は群を抜いていましたね(笑)【本日の流れ】・兄の権平が訪ねて来たが、入れ違いに龍馬は勝の元へ・権平は、長次郎の勧めで待っている間、他の塾生と学ぶ事に・勝... Weblog: 山南飛龍の徒然日記 racked: 2010-05-17 18:44
  • 龍馬伝 #20 収二郎、無念

    Excerpt: 大河ドラマの 『龍馬伝』 を見ました。(以下ネタバレです。まだご覧になっていらっしゃらない方はご注意して下さい)紙よりも軽い命今回のお話は平井収二郎(役者は宮迫博之氏)が... Weblog: ビヨビヨ素材日記2 racked: 2010-05-20 04:32
  • ≪竜馬伝≫☆20

    Excerpt: 大坂専称寺の勝塾。坂本権平が、訪ねてきた。 黒船に乗らんとするもの達は、目の色を変えて、勉強していた。 その中に坂本竜馬もいた Weblog: まぁ、お茶でも racked: 2010-05-21 05:30