NHK大河ドラマ「龍馬伝」第13回「さらば土佐よ」

いよいよ第一部が今宵で完結!さらば土佐藩~さらば土佐藩~土佐藩さ~らあば~♪ってな成り行きになりそうですけど、先週来の雲行きは随分とまた風雲急を告げまくりですけど、ど~なりますことやらあ~~~!

暗殺・・遂行?中止?
 一つ目の暗殺は黒ハンペンの悪巧み、武市半平太殿が龍馬君をヒットマンにして土佐藩重臣吉田東洋様を亡き物にしようというものでした。本日もアバンタイトルから怒り狂って大騒ぎ!いつもはおとなしいハンペン先生の奥さんも止めに入りますが、ハンペン先生傷だらけのお顔で我を見失って泣くように喚いております。が、そこはやっぱり平和主義者のガンジー戦法の龍馬君、自分が直接会って東洋様の真意を問いただすからという事でその場は治まり・・・ませんっ!
 もしもその場で東洋様がおかしなことを言ったら斬ってやるって言っちゃいましたよっ!龍馬君たら乗せられちゃったのおおお?

暗殺・・遂行?中止?2
 一方もう一つの暗殺劇、東洋様一番弟子の後藤象二郎殿が龍馬君にやきもちを焼いて、ハンペン先生に負けず劣らずの狂気を発揮して、弥太郎君をアサシンにして龍馬君を殺させようというものですが、さて・・・。そんな弥太郎君の前に龍馬君がっ。茶店でお茶を飲んでる龍馬君。相変わらず人の良い龍馬君、まったく無警戒に歓談。
 弥太郎君はそんな龍馬君のお茶にこっそり、象二郎殿から渡されていた毒薬を!カクカクふるえながら溶かしこんでます。ああ、人を殺すってこのくらい怖い事なんですねえ・・。
 あわてて立ち去る弥太郎君。そんな弥太郎君に相変わらずお愛想っていうか新婚のお祝いを言う龍馬君・・・あっ!お茶のんだ!!血を吐いた!!!真っ赤っか!!!厭あああああああああああああああああああっ!
 あ、これは弥太郎君の妄想でしたっ!間一髪龍馬君のお茶を振り払って・・・やっぱり友達を殺すことはできなかった弥太郎君!!でも弥太郎君、随分ですよ弥太郎君、友達に毒を盛って危うく殺しかけて。
 弥太郎君が龍馬君に言うよう、お前を助けたかったからじゃない。上士の命令で虫けらのように扱われている同士が殺しあうのが惨め過ぎるからだって。でもこれ、岩崎家から怒られなければいいですけど・・・(汗)。
 
東洋様の真意
 命拾いの龍馬君が東洋様の所へ行って、ハンペン先生も藩政に参加させてやって欲しいと直談判です。下士の意見も聞いてやるようにしたら喧嘩にならんですろうと。
 ですが、ここで東洋様の真意が明らかになりました。東洋様に言わせると、本当に土佐藩の事を考えているのはこの自分、能力さえあれば例え下士であっても取り立ててやるつもり。だが武市はイカンとおっしゃいます。つまりハンペン先生にはそれだけの能力がないからと・・・。
 お前なら取り立ててやる、わしの下に来いとおっしゃる東洋様。龍馬君たら、わしはもう土佐の事だけを考えていられないとこれを一蹴。
 ううう~~~ん、東洋様、天才肌の毒舌家っていう事なんでしょうか。愚かな人だったらなおさら、そこの所を分からせてあげないと・・なんたって刀を持ってますからねえ、後々のいざこざの種を自分で撒いて歩く必要はないんじゃないかしらねえ~~~(汗)。
 東洋様は態度が横柄なだけで悪人ではないと納得してしまった龍馬君。弥太郎君に暗殺を命じたのも象二郎殿の独断であろうと?うう~~ん、ちょっと物わかりが良すぎかも~~。でもこれで、つまりほら、龍馬君もハンペン先生がアレだって事を認めてしまったってことですかああ~~~?
 一方岩崎家では、後藤様の命令にしくじってしまったと大騒ぎの弥太郎君。土佐から逃げ出そうと浮足立ってますが、家族の皆様とりあわず~~。そんな所にお使いが来て、東洋様直々に「おとがめなし」のご通達?先だっての会見で龍馬君がちらっと、弥太郎に毒殺を命じるようなお方ではないと思っておりました・・と言ってましたけど、それで全部をお見通しだったんですねえ東洋様。

暗殺本番着々進行中?
 あ、こりゃあでも愚かものだわ!龍馬君の思いを袖にして、ハンペン先生ったら手下を呼び出して密談・・・着々と東洋様暗殺の準備中!暗殺っていうかテロっていうか~~~。

脱藩だ?
 土佐藩の中に脱藩の志が芽生え始めております。まあ普通に考えて土佐藩がいきなり勤王だの尊王だのに傾くわけないですものねえ~。先週来の不平分子、沢村惣之丞殿は龍馬君に脱藩のお誘いみたい。龍馬君もなんだか悩んじゃって、少しその気がありそうな・・・先週の久坂様のアジテーションと、この所いやな事件の連続・・・まあさもアリナミン~。
 坂本家にはまたも乙姐やんが夫婦げんかで戻って来ちゃってて、朝からかまびすしい事かまびすしい事。そこで話題になったのが昨今の脱藩騒ぎ。まさかお前は脱藩などしないよなあと振られて、思いっきり真正面から動揺している龍馬君、可愛い~~~♪
 慌てて出かけた龍馬君。残った家族はみんな龍馬君の気持ちが丸わかり。慌ててお兄ちゃんが龍馬君のお部屋をガサ入れすれば、出てきました!お手軽図解・脱藩ルート地図!浮足立つ面々、ここで脱藩に味方してやろうと言い出したのが乙姐やん!もともと龍馬君は土佐には収まりきらん男じゃき!やっと自分の為すべき道を見つけた龍馬君を土佐に閉じ込めてしまうのは私たちのわがままですろう!
 なんてまあ深い愛・・・この時代にしてはあり得ないくらい個人を大事にする坂本家のご一同様でした~。
 
坂本龍馬最後のお願いにやってまいりました
 東洋様は深く土佐を愛してます、だから殺さないでね暗殺なんてしないでねとハンペン先生を説得しようとする龍馬君です。ハンペン先生はあっさりと分かった・・・フリ?全く気持ちが入ってませんね?表面的にもう殺さないと言ってますけど、腹の中では殺す気満々丸わかりじゃないですかああっ!んもう、ウソが下手ですねえハンペン先生・・・演技派ですねえ大森先生・・・。
 もちのろんで龍馬君もハンペン先生の本心は東洋暗殺だって分かってます。頼むからやめてくれと手まで握って頼む龍馬君。人間年をとると考えが変わってしまうと、もう昔のようには戻れないと言い渡したハンペン先生でした。

 でも不思議、こないだ内見られました、自分の心が擬人化して第二の自分となって本人の前に現れて犯行をそそのかすって随分ベタな演出なのに全然違和感を感じませんでした。去年のスポットライトなんかあんなに嫌で嫌でしょうがなかったのに。ここら辺はやっぱり画作りがお上手なのか演技がお上手なのか、今年の大河は一味違いますねえ。閑話休題。

いよいよ脱藩!
 危機を脱した岩崎家、夫婦中睦まじい弥太郎君のところにやって来た龍馬君。置いてあったソロバンを見つけて、商売談義です。わしも商売には興味があるとか何とか・・・。結局単に顔を見に来ただけみたいな、でもなんだか後ろ髪惹かれるような思わせぶりな笑顔を残して帰って行って龍馬君。ほんならのって、何だかカッコイイ(赤面)。
 これは別れのご挨拶だったんでしょうねえ。龍馬君はもうこんな土佐藩にいるのが嫌になってしまったのかしら?それとも日本を良くして土佐も救おう見たいな気持なのかしら?
 でもねえ~、脱藩なんかしたら残った一族も罪に問われそうでしょう?天涯孤独ってんならともかく、家族を考えたらおいそれと脱藩はできませんよねえ~。
 と、ここでまたも乙姐やんが大活躍?嫁ぎ先はどうなってるんでしょう、この人。龍馬君の気持ちを察して袴を繕ってます。丈夫にしとかんと長旅は無理じゃきにって。母上と義理の姉上と姪っ娘ちゃんが作ってくれたおにぎり!兄上からは代々伝わる名刀!これ、皆からのお餞別?さっきの乙姐やんの説得が効いちゃったんですねえ、これは。
 家族そろって脱藩後押し、ど~ぞど~ぞと送り出す勢いですよ~~~。でもそんな、家族円満見送られて脱藩する人がありますかああ!っているんだからしょうがないわね(汗)。心と心で結ばれた姐と弟。お互い涙涙、感激の涙と涙で抱き合って。
 ・・あ、考えてみたら龍馬君、ずいぶんすっきりした着物ですねえ、今日は。ごめんちゃ、ごめんちゃ、と皆の名を呼んで、行燈の明かりがイイ効果ねえ~。
 そして朝、龍馬君はいなくなっておりました。これにてさらば故郷。でも、どこへ行って何をするつもりなのかしら?大丈夫かしら?あ、家族の皆様も心配顔・・・。兄上がおっしゃるには、坂本家の本家の質屋に偉い人の質札があるに違いないとおっしゃいます。それをカタにして坂本家を守るおつもりみたい。これもまた一つの戦い方ですねええ~。

いよいよ暗殺本番!ひいい~~~~!
 そのころ土佐藩では大事件。とうとうついに東洋様暗殺!土砂降りの雨の中、突如襲われ刀を抜いた東洋様。三体一ですよ!これはいっくらなんでも敵いません。無残に無慈悲に雨と泥にまみれて・・・雷鳴とともに絶命!残酷さと悲惨さがこれでもかって感じ~。
 こういう事でしか行動できなかったんですねえハンペン先生。もっと自分を広げる方向に目を向けていれば・・・ねえ。

さてさて、これにて第一部終了。龍馬君はいよいよ故郷土佐を出て動乱の日本をまたにかけて行動していくわけでございます。それにしてもこれまでの龍馬像とはちょおおっとちがって、でも魅力的な龍馬君でしたねえ。弥太郎君の商売の道とか、東洋様の高踏派ぶりとか、なんとな~くこれまでの龍馬像を細かく分けていろんな人に担わせて、その人たちとの交流で龍馬君の成長を描こうとなさっていたような・・・いないような・・・。まあとにかく、来週からの第二部に期待大~~~。

この記事へのコメント

2010年03月28日 20:55
考え方の違いでついに殺してしまいました。
このあとは歯止めの利かない暗殺の嵐・・・。
どこで歯車が食い違ったんでしょう・・・。
真田
2010年03月28日 21:05
ryi様、こんばんは~。
考えの違いからついに血を見てしまいました・・・悲劇ですねえ。
東洋様ももう少し人たらしだったらよかったのに・・・
ハンペン先生はもう少し見識を広める努力をなさったら良かったのに・・・

この記事へのトラックバック

  • 龍馬伝 第13回「さらば土佐よ」

    Excerpt: 今回で第1部終了の龍馬伝のお時間です。 あらすじ・・・・・・ Weblog: みはいる・BのB racked: 2010-03-28 20:44
  • 大河ドラマ 「龍馬伝」 #13 さらば土佐よ

    Excerpt: 龍馬ついに脱藩。 そして第1部が終わります。 Weblog: 雨ニモマケズ 風ニモマケズ racked: 2010-03-28 21:01
  • 「龍馬伝」第13回

    Excerpt:    第13回「さらば土佐よ」象二郎から龍馬暗殺の命を受けた弥太郎は、龍馬の茶に毒を入れる。だが、龍馬が茶を飲む前に弥太郎は龍馬の湯飲みを払いのける。龍馬は、半平太が東洋を殺そうとしていることを知り、.. Weblog: 日々“是”精進! racked: 2010-03-28 21:03
  • 『龍馬伝』第12回「さらば土佐よ」

    Excerpt: 吉田東洋を斬れと龍馬に頼む武市半平太。それを聞いた冨も窘める。半平太は納まりがつかぬ。龍馬は東洋に会って話を聞いてくると。おかしなことを言ったら、その場で斬ると。 龍馬を殺せと後藤象二郎頼まれた弥太郎.. Weblog: strの気になるドラマ 気になるコト racked: 2010-03-28 21:06
  • 大河ドラマ 龍馬伝 第13回 「さらば土佐よ」

    Excerpt: 史実の上では、上士の後藤象二郎が 郷士の坂本龍馬如きを暗殺 しかも毒殺するなんて記録は残っていないし どう考えても、そんな必要がない。 だいたい、龍馬があんなに吉田東洋に買われていた という話も聞いた.. Weblog: しっとう?岩田亜矢那 racked: 2010-03-28 21:13
  • 大河ドラマ 龍馬伝 第13回 「さらば土佐よ」

    Excerpt: 史実の上では、上士の後藤象二郎が 郷士の坂本龍馬如きを暗殺 しかも毒殺するなんて記録は残っていないし どう考えても、そんな必要がない。 だいたい、龍馬があんなに吉田東洋に買われていた という.. Weblog: こちら、きっどさん行政書士事務所です! racked: 2010-03-28 21:14
  • 龍馬伝13 龍馬脱藩より東洋暗殺がインパクトありすぎ?!

    Excerpt: あーイイ最終回でした龍馬伝! 龍馬脱藩までの苦悩も良かったけど それ以上に 吉田東洋暗殺が 泣けた! だめですよ 吉田東洋さん 雨の夜に一人で出歩いたら。 暗殺と言うのは 古.. Weblog: ぱるぷんて海の家 racked: 2010-03-28 21:20
  • 『龍馬伝』第13回

    Excerpt: ~さらば土佐よ~ Weblog: 悠雅的生活 racked: 2010-03-28 21:23
  • ★「龍馬伝#13」自分の信じる道に向かって~

    Excerpt: 2つの暗殺指令が出た先週。。吉田東洋を斬れ!!武市龍馬坂本龍馬を殺せ!!吉田東洋の甥っ子後藤象二郎弥太郎坂本龍馬(福山雅治) 岩崎弥太郎(香川照之) 吉田東洋(田中泯) 桂小五郎(谷原章介) 乙女ねぇ.. Weblog: ・*:・ふわゆら生活・:*・ racked: 2010-03-28 21:36
  • 【龍馬伝】第十三回

    Excerpt: 解った!武市さん!わしが直接あん人に会って、腹の中を確かめて来るき。けんど、もし、吉田さまがおかしな事を言うたらその場で斬ります。東洋がいる限り、自分に将来はない、と切実に迫る武市と嘆く武市の妻を見て.. Weblog: 見取り八段・実0段 racked: 2010-03-28 21:47
  • 龍馬伝 第13回「さらば土佐よ」 もりもと

    Excerpt: ついに第一部が終わったね。 次から第二部か そんな当たり前なことはいいとして。 弥太郎が茶に毒を混ぜるシーンすごかったね。 もし龍�... Weblog: 5人の愉快な仲間達 racked: 2010-03-28 21:55
  • 『龍馬伝』 さらば土佐よ

    Excerpt: JUGEMテーマ:エンターテイメントふたつの暗殺指令が交錯した土佐で、そのターゲットになっている龍馬は、実行犯になる可能性も。武市に向かって、まず東洋に会ってみたうえで斬るかどうかを決める、と断言した.. Weblog: ふるゆきホビー館 racked: 2010-03-28 22:01
  • 龍馬伝 第13話「さらば土佐よ」

    Excerpt: 弥太郎も龍馬も依頼された暗殺が できなかった・・。 下士が下士を殺す・・ソレが悔しかったからだという弥太郎・ 龍馬は 再び東洋のもと�... Weblog: shaberiba racked: 2010-03-28 22:38
  • 大河ドラマ「龍馬伝」時代の変革者13龍馬土佐に収まらず脱藩を決行!歯止め役がいなくなりついに東洋が暗殺され土佐は混迷の時代に突入

    Excerpt: 28日大河ドラマ「龍馬伝」第13話を視聴した。 今回は龍馬は半平太から東洋の暗殺指令が、 弥太郎は後藤象二郎から龍馬暗殺指令が下されていた。 弥太郎は龍馬の暗殺に葛藤するが、結局暗殺できず、 .. Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2010-03-28 22:38
  • 龍馬伝「さらば、土佐よ」 出奔のヒーロー

    Excerpt: 「会うは別れの始めなり」 別れも経験してゆく龍馬、一期一会の儚さもまた。 第13話「さらば、土佐よ」です。 帰れない、二度とは土佐の地を踏めない、そんな覚悟もあったでしょう。 「脱藩」の章であ.. Weblog: よかったねノート 感謝の言葉にかえて racked: 2010-03-28 22:50
  • 龍馬伝 第13回「さらば土佐よ」

    Excerpt: とうとう第一部の最終回を迎えます。今回は2つの暗殺計画の事の顛末が明らかになります。まず一つ目の弥太郎による龍馬暗殺計画についてですが、これは始めから受け狙いだったようにしか考えていなかったので、結末.. Weblog: あしたまにあーな racked: 2010-03-28 23:13
  • 龍馬伝 #13 さらば土佐よ

    Excerpt: 大河ドラマの 『龍馬伝』 を見ました。(以下ネタバレです。まだご覧になっていらっしゃらない方はご注意して下さい)土佐脱藩今回のお話は自分を馬鹿にした吉田東洋(役者は田中泯... Weblog: ビヨビヨ素材日記2 racked: 2010-03-28 23:16
  • 大河ドラマ 龍馬伝 第13回 さらば土佐よ 感想

    Excerpt: 弥太郎さんの暗殺は未遂ですみました。よかったよかった。 いよいよ、脱藩に踏み切りましたね。 Weblog: 本家らう゛ろくた逃避中 racked: 2010-03-29 00:36
  • 大河ドラマ 『龍馬伝』 第13回 レビュー

    Excerpt: 大河ドラマ 『龍馬伝』 第13回 「さらば土佐よ」を観ましたー☆ 坂本龍馬が吉田東洋に謁見した後に、武市家を訪れ、武市半平太と会話す... Weblog: サブカルチャー・ショック racked: 2010-03-29 00:59
  • 大河ドラマ 龍馬伝 第13回 「さらば土佐よ」

    Excerpt: 脱藩という言葉がいよいよ頭によぎる龍馬の葛藤、そして龍馬の選んだ道は。また東洋に Weblog: くまっこの部屋 racked: 2010-03-29 02:31
  • 福山雅治『龍馬伝』第13回★断末魔も濃い、吉田東洋!!

    Excerpt: 『龍馬伝』 第13回「さらば土佐よ」 【 その場で斬りまする 】  前回、吉田東洋(田中泯)らに足蹴にされて、正気を失った武市(大森南朋)が「龍馬、東洋を斬ってくれや」と龍馬に依頼した場面.. Weblog: 世事熟視~コソダチP(気分は冥王星) racked: 2010-03-29 12:56
  • 龍馬伝

    Excerpt: 第13回「さらば土佐よ」の感想ぜよ  Weblog: Akira's VOICE racked: 2010-03-29 14:08
  • 大河ドラマ「龍馬伝」第13回『さらば土佐よ』

    Excerpt: ネタバレ要素を含みます。未視聴の方は御注意下さい。個人的な感想&突っ込みありの記事ですのでご了承ください。第一部完結ってことなんですね?今回第1部は「RYOMATHEDREAMER」・・・・・・夢見る.. Weblog: 徒然”腐”日記 racked: 2010-03-29 14:45
  • 【龍馬伝】第13回感想と視聴率「さらば土佐よ」

    Excerpt: 【第13回の視聴率は3/29(月)夕方迄に追加予定】1862年3月24日、龍馬と沢村惣之丞(要潤)は脱藩しました。脱藩って、本人は勿論、残される家族にとっても大変なことだったんですね。龍馬が脱藩するま.. Weblog: ショコラの日記帳 racked: 2010-03-29 15:20
  • 【大河ドラマ】龍馬伝第13回:さらば土佐よ

    Excerpt: 第1部の最終回でした。【今回の流れ】・半平太から東洋を斬るように言われた龍馬 まずは、東洋の真意を探る事に 東洋曰く『有能なら下士でも引き立てる。が、武市は無能』 龍馬は斬る理由が無いと判断・後藤象二.. Weblog: 山南飛龍の徒然日記 racked: 2010-03-29 18:51
  • 《龍馬伝》☆13

    Excerpt: 龍馬に、憎っくき吉田東洋を消せと狂気な半平太。 そんな恐ろしい事をと意見する冨。 しかし、足蹴にされた恨みは消えない。 おまけに東洋が居る限り土佐勤王党は、何もできないと騒いだ。 龍馬は吉田東洋に直接.. Weblog: まぁ、お茶でも racked: 2010-03-29 21:27
  • 竜馬伝 第13回 「さらば土佐よ 」

    Excerpt:           「竜馬伝」 しかし自分の感想は「竜馬&武市伝」や「竜馬&弥太郎伝」のようです。 今回は「竜馬&武市伝」。内容は�... Weblog: ひそかにささやかにアニメを応援している日記 racked: 2010-03-30 23:00