NHK大河ドラマ「龍馬伝」第11回「土佐沸騰」

びっくりしました。大きな地震でしたねえ、本日のは。・・・海の向こうでも地震、こちらでも地震、津波が押し寄せたり、大雪大風で千年のご神木が倒れたり、なんだか日本中が震撼しているみたいな今日この頃。龍馬伝の方でもいよいよ土佐の国に激震が起こりそうな予感でございます~~~。

 なああんとなく春めいた背景です。で、乙姐やん、また帰って来てるの?ご飯食べながら愚痴って愚痴って・・・それを笑っている家族たち・・・。一人浮かない顔をしているのは龍馬君。やっぱり先週のアレで・・・えええいっ!と未練を断ち切るように素振りをしつつOP突入~~~!

脱力~
 かたや~、あれほど思っていた加尾さんをいきなり失った龍馬君~。こなた~、せっかく獲得したお役目をあっさり首にされた弥太郎君~。脱力勝負はどっちも腰砕け~~~。岩崎家に突如帰って来た弥太郎君。藩の予算を使い込んで失脚ですって!丸山の芸者衆が楽しくて使いこんでしまいましたってやっぱり人間ですねええ。持ちなれない物を持つといけませんねえ~。

桜田門外の変!
 いよいよ江戸では天下を揺るがす一大事、桜田門外の変が挙行されました。独断専行で開国して反対派を弾圧・・・する様子はいまいち描かれてなかったような気もいたしますが、とにかくその井伊大老を暗殺!ものすごいお顔で死んでましたよ井伊直弼様・・・。浮かれて喜ぶ土佐藩主の山内豊信様。

浮かれハンペン?
 もっとも舞い上がっている感じなのはハンペン先生こと武市半平太殿。ちょうど時を同じくしてお婆様がお亡くなりになって、これで心置きなく大暴れって感じ?いやあでもこれ、危ないなあ~。門弟を集めてオルグというかアジテーションというか焚きつけちゃって・・。
 加尾さんの一件で世の中と無関係では生きていけないと悟った龍馬君。だったら自分から世の中に出行こうっていう覚悟が出来た様子。自分が甘かった事に気がついたという龍馬君の中で、何かが変わってまいりました。そんな龍馬君がハンペン先生に進言してます。ハンペン先生の言葉に皆がその気になって我を忘れて勝手に喧嘩を始めてしまうぞという警告です。おまんは変わったのうというハンペン先生。相変わらず靄がかかって陽が差している道場、雰囲気がございますねえ。

土佐沸騰!っていうか開戦前夜?
 必ずしもハンペン先生のアジテーションの所為ばかりでもないんでしょうけど、悪いタイミングで騒動が起きてしまいました。土佐藩の上士の方が下士の方を斬り殺し、その仇打ちに下士の方のお兄さん、池田虎之進殿が下手人の上士二人を斬ってしまって、今度は上士のお歴々がさらに怒って戦自宅で集まれば、下士は下士で武市道場に寄り集まって虎之進殿を匿って弓矢まで持ち出しちゃって一触即発合戦前夜。流石のハンペン先生もこりゃマズイと止めに入りますが、いきり立った面々は聞き入れません!そもそも煽ったのはあなたでしょうハンペン先生~。上士方でも吉田東洋様が抑えにかかってましたけど、やっぱり聞き入れない様子。マズイなああ~~。
 刃傷沙汰の場面は赤い布が干されている長屋の間、派手な血しぶきとかなくても凄絶なイメージを喚起されて、なかなか印象的な画面作りでした~。

孤高のネゴシエーター!
 龍馬君カッコいい!目力が今までと段違い!武市道場にブラっと現れ、事を起こすのならハンペン先生に絶縁状を書いてからにしろと皆の一番痛い所を突いて怯ませて、たったひとりで和平交渉に赴きました~。相手の事を良く見て有効打を見抜く眼力です。そして殺されるかもしれないのに堂々と軽々と粛々とされてました。器がでっかくなりましたねえ、龍馬君~~~。
 弥太郎君は下士のくせに上士方について諜報活動開始?下士たちの情勢を報告に行って、吉田東洋様はそこんとこを買って郷回りという体の良い諜報部員に取り立てられまして候。
 上士方の集まっている山田某様のお屋敷に龍馬君が入れば、たちまち何本もの刀が突き付けられて、龍馬君絶対絶命?でもかかる事態に会っても慌てず騒がず・・・これが剣術修行の成果なんでしょうねえ、やっぱり通用するかしないかは人間の問題だって事なんでしょうか、とにかく上士のまとめ役の後藤象二郎殿が出て参りました。
 龍馬君またまた相手の急所を捕まえました。このまま内戦状態になったら土佐藩はお取りつぶしにされるがじゃ、と。そうまで言われちゃあ闇雲に事を荒立てるわけにも・・ってな時に敵方の黒幕登場!後藤殿の叔父上の吉田東洋様!
 東洋様は龍馬君の提案を受け入れて、皆に刀を納めさせ、事は話し合い決着の段に進みました。
 一部始終を見届けた弥太郎君。いつのまに龍馬はこんなにずぶとい男になってしまったがじゃ~~、って驚いてました。で、結局話し合いの結果虎之進殿は切腹!下士の代表として話し合いをしたハンペン先生は面目丸つぶれかもってな成り行きになってしまいました。
 あの可愛かった龍馬君姪っ娘さんが年頃になって三味線なんか引いてますよ。で、龍馬君と話すのはやっぱりこの間の騒動。姪っ娘さんに本音を話す龍馬君。やっぱり切腹なんて納得できない、どうしてこんな決着しかできないのかと。そして綺麗な声で自ら三味線弾いて一節歌う龍馬君・・・ってなところにハンペン先生がやって来ました。

龍馬君モテモテ~
 とうとう吉田東洋憎しで凝り固まっちゃっている感じのハンペン先生。外国から日本を守ろうって時に仲間同士でケンカしてどうすんの?みたいに言う龍馬君に対して、ケンカしなきゃ世の中は変わらないとおっしゃいます。ですが先生、ちゃっかり龍馬君に「おまんも仲間ぜよ」って、粉をかけてましたよ~。この間の働きで皆龍馬君を見直したみたいです。
 いっぽうの吉田東洋様も龍馬君になんだかお熱?弥太郎君に命じて龍馬君を連れて来させ、「一人で乗り込んでくるとはなかなかえい度胸をしちゅう」と気に入ったご様子。前に弥太郎君と座り込みをした時には貧相な男にしか見えなかったが、おんしは変わったなあって。
 「おんし何かを捨てたろう」とズバリお見通しの東洋様、龍馬君の脳裏に去来するのはもちのろんで加尾さんの笑顔・・・いやそれは北辰一刀流の目録の所為ですと受け流してましたけど。
 東洋様ったら、龍馬君をいたく気に入っちゃって、明日から登城せえとまで!これってつまりアレですか、お城勤めの上士にしちゃるって?唐突に出世の道が開けちゃいましたよ龍馬君!
 ここもまた一部始終を見届けちゃった弥太郎君、先週からこの方、浮き上がっては落ち込んで、また浮き上がってはまたまたどん底?浮き沈みの激しい人生ですねええ~。

土佐勤皇党結成!
 龍馬君がお家に帰るとそこにはまたまた乙姐やん。ほんっとに嫁ぎ先が肌に合わないみたいですねえ。まああの旦那さんじゃあ・・ねえ・・。姐の身を案じつつ、自分の煩悶を相談する龍馬君。辛い事があるからこそお前は強くなるのだ、私はおまんの味方じゃきと返す乙姐やんでした・・・。青っぽい夕暮れのシーンが深みでしたねえ。
 そんなところにこっそりひっそり人知れず龍馬君を呼びに来た怪しげな人影・・・。行きついた先は武市道場。張りつめた空気の中、何十人と言う男たちが寄り集まって、この間の騒動とはまた違った緊迫感。何だか正装っぽいみなりですよ。
 しずかにうだるようなハンペン先生とご一統、全身から湯気を出さんばかり。外国人をやっつけて討ち払えというのは他ならぬ帝のご意志!攘夷こそは錦の御旗!我らは「土佐勤皇党」!まっさきに血判を押すのはおまんじゃ~~~!
 進退窮まった龍馬君、さあさあさあさあ、どうするどうする~~~~~~!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2010年03月15日 21:02
不穏な空気が流れてきましたねぇ、いよいよ。


あれ、現代もかしら??
真田
2010年03月15日 21:38
ryi様、こんばんは~。
不穏というかなんというか、あれは本当なのかしら?
政局を騒がしているブラックポッポ様のご先祖が龍馬君だとかなんとかって・・・
それはないんじゃないかなああ~、って~~~!!

この記事へのトラックバック

  • 龍馬伝 第11回「土佐沸騰」

    Excerpt: 『龍馬伝』 のお時間です。 まずは、あらすじ・・・・・・・ Weblog: みはいる・BのB racked: 2010-03-14 20:55
  • 「龍馬伝」第11回

    Excerpt:    第11回「土佐沸騰」龍馬は、結婚を約束した加尾が京都に送られてしまうことを知り、落胆する。そんな中、弥太郎が長崎で藩の金を使い込み、解任されて土佐に戻ってきた。一方、江戸では朝廷を無視して開国を.. Weblog: 日々“是”精進! racked: 2010-03-14 21:13
  • 大河ドラマ 龍馬伝 第11回 「土佐沸騰」

    Excerpt: 憎っくき上士のその親玉こそが 藩主であり、元藩主の山内容堂である、 という発想自体出来ないのが 武市半平太の限界、 というか「藩主様は絶対」という田舎侍の限界であり、 そんな物をとっくに見限.. Weblog: こちら、きっどさん行政書士事務所です! racked: 2010-03-14 21:15
  • 大河ドラマ 龍馬伝 第11回 「土佐沸騰」

    Excerpt: 憎っくき上士のその親玉こそが 藩主であり、元藩主の山内容堂である、 という発想自体出来ないのが 武市半平太の限界、 というか「藩主様は絶対」という田舎侍の限界であり、 そんな物をとっくに見限り 「上士.. Weblog: しっとう?岩田亜矢那 racked: 2010-03-14 21:16
  • 『龍馬伝』第11話「土佐沸騰」

    Excerpt: 土佐の龍馬。乙女は実家で亭主の愚痴。龍馬は上の空。嫁に行ってしまった加尾。。 岩崎家には弥太郎からの文。 長崎で殿様の名代として外国と商いをしていると。 長崎で色町の女に入れ込んで100両使い込み、 .. Weblog: strの気になるドラマ 気になるコト racked: 2010-03-14 21:17
  • 『龍馬伝』第11回

    Excerpt: ~土佐沸騰~ Weblog: 悠雅的生活 racked: 2010-03-14 21:43
  • 龍馬伝11 福山龍馬クン吉田東洋にTKO負け!?

    Excerpt: またまた地震? 地震テロップが居座るのかと心配してたけど まあどちらも無事で何事もなくご同慶の至りです。 と安心してたら 大河の方はやっと歴史が動き始めた! と期待してたら わずか一分.. Weblog: ぱるぷんて海の家 racked: 2010-03-14 21:43
  • 龍馬伝「土佐沸騰~捨身のヒーロー」

    Excerpt: さあ、ひと足お先に加尾さんが京都へ送られるということになることが決定した前回、第10話「引きさかれた愛」でした。「龍馬伝」初話から10話で一番劇場型で展開の速かった、舞台は「龍馬の家」「加尾(平井)の.. Weblog: よかったねノート 感謝の言葉にかえて racked: 2010-03-14 21:44
  • ★「龍馬伝#11」何かを捨てて大物になった!?

    Excerpt: 乙女ねぇやんってばあいかわらず実家に入りびたりです~そして龍馬はまだ失恋の痛手から立ち直ってはいないようです坂本龍馬(福山雅治) 岩崎弥太郎(香川照之) 吉田東洋(田中泯) 桂小五郎(谷原章介)乙女(.. Weblog: ・*:・ふわゆら生活・:*・ racked: 2010-03-14 21:49
  • 【龍馬伝】第11回感想と視聴率「土佐沸騰」

    Excerpt: 【第10回視聴率は、3/15(月)夕方迄に追加予定】今回、龍馬、カッコ良くて、ひっぱりだこでした♪武市さん、カッコ悪いです。弥太郎は最低でした。 江戸では、朝廷を無視して開国した井伊直弼が水.. Weblog: ショコラの日記帳 racked: 2010-03-14 22:07
  • 龍馬伝~第11話 感想「土佐沸騰」

    Excerpt: 龍馬伝ですが、庭の鶏も自由に動き回るなか坂本龍馬(福山雅治)は一家団欒で食事を楽しみます。乙女(寺島しのぶ)が岡上家について悪口雑言の限りを尽くしますが、岡上某(温水洋一)は驚異的な吝嗇家で、勿体ない.. Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記 racked: 2010-03-14 22:07
  • 龍馬伝 第11回「土佐沸騰」

    Excerpt: 久しぶりに恋愛関連の話題がほとんど無い回になりました。今回は完全に龍馬の株が急上昇する結果となり、今後の龍馬の活躍を期待することができるようなきっかけがありました。それを吉田東洋がずばっと指摘するあた.. Weblog: あしたまにあーな racked: 2010-03-14 22:09
  • 【龍馬伝】第十一回

    Excerpt: 安政七年。弥太郎は藩の金を芸者に使い込み、お役ご免となって長崎から土佐に戻ってきた。この年、江戸では桜田門外の変が起こり、水戸の浪士たちの手によって大老・井伊直弼が暗殺され、土佐では、山内容堂の蟄居が.. Weblog: 見取り八段・実0段 racked: 2010-03-14 22:14
  • 大河ドラマ「龍馬伝」時代の変革者11内乱寸前で龍馬は確り現実を述べて東洋と周りの評価を上げるのだった

    Excerpt: 大河ドラマ「龍馬伝」第11話は加尾が京都に言ってからすっかり考え方を変えるようになった龍馬だったが、そこに半平太の元に大老井伊直弼が暗殺された報がもたらされ土佐は一気に攘夷の機運が高まる。これを機に半.. Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2010-03-14 22:21
  • 大河ドラマ「龍馬伝」第11話「土佐沸騰」

    Excerpt: 土佐に吹き荒れる嵐----------!!乙女姉の嫁入り先は、しきたりが厳しかったり、しじみを貝殻まで勿体ないと言って食べるような家のよう。あの人ならやりかねないなぁ。でもそれで前歯を欠けさせたって、.. Weblog: ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ racked: 2010-03-14 22:25
  • 『龍馬伝』 土佐沸騰

    Excerpt: JUGEMテーマ:エンターテイメント得意満面で長崎に派遣された岩崎弥太郎。その家族が便りを読み、とくに父の弥次郎は嬉しげに何度も娘に読ませていますが・・・。ちょうどそこへ、またまた汚くなった弥太郎が唐.. Weblog: ふるゆきホビー館 racked: 2010-03-14 22:32
  • 龍馬伝 第11話 「土佐沸騰」

    Excerpt: 「攘夷で国を守る!」と叫ぶ武市の本当にしたいことが・・ 土佐藩参政の東洋を引きずり下ろす事だと聞き呆然とする龍馬 「喧嘩をせんと、... Weblog: shaberiba racked: 2010-03-14 23:52
  • 《龍馬伝》☆11

    Excerpt: 弥太郎から、お岩崎家に手紙が来た。 何度も読み直しをさせる父。 皆々さま ご機嫌よろしちゅうかえ。 ワシは、長崎で仕事に励んじゅう。 お殿さまの名代として 外国の商人とも会うて 商いの話をしゆうがじ.. Weblog: まぁ、お茶でも racked: 2010-03-15 05:27
  • 竜馬伝 第11回 「土佐沸騰 」

    Excerpt:           周囲の見る目が変わり、味方になるよう迫る武市と東洋。 そんな土佐が彼には「窮屈」になってきた。 なぜならば、彼�... Weblog: ひそかにささやかにアニメを応援している日記 racked: 2010-03-15 07:11
  • 大河ドラマ「龍馬伝」第11回『土佐沸騰』

    Excerpt: 若干ネタバレしますがあくまでも個人的な感想レポです。多少ウザイ突っ込みも入りますので苦手な方はバックプリーズ桜田門外の変から始まった今回・・・・・安政の大獄についてもさら~~~~っと流されちゃいました.. Weblog: 徒然”腐”日記 racked: 2010-03-15 15:48
  • 福山雅治『龍馬伝』第11回★ド迫力の吉田東洋vs龍馬

    Excerpt: 『龍馬伝』第11回「土佐沸騰」  乙女(寺島しのぶ)が、夫・岡上樹庵(温水洋一)がドケチで、シジミの貝殻まで食べてしまうなどと陰口を叩いていたら、後ろで当の樹庵が聞いているという、緩~いホー.. Weblog: 世事熟視~コソダチP(気分は冥王星) racked: 2010-03-15 15:52
  • 【大河ドラマ】龍馬伝第11回:土佐沸騰

    Excerpt: 物語が大きく動き出しましたね!【今回の流れ】・長崎で金を使い込んだ弥太郎が、役職を解かれて土佐へ戻って来る・江戸では、開国派の井伊直弼が水戸藩士に討たれる(桜田門外の変)・桜田門外の変に刺激を受けた半.. Weblog: 山南飛龍の徒然日記 racked: 2010-03-15 18:01
  • 大河ドラマ 「龍馬伝」 #11 土佐沸騰

    Excerpt: 荒れる土佐。 攘夷の嵐が吹き荒れる・・・。 Weblog: 雨ニモマケズ 風ニモマケズ racked: 2010-03-15 21:05
  • 龍馬伝 #11 土佐沸騰

    Excerpt: 大河ドラマの 『龍馬伝』 を見ました。(以下ネタバレです。まだご覧になっていらっしゃらない方はご注意して下さい)土佐勤王党発足今回のお話は武市を慕う下士の一人が、上士に咎... Weblog: ビヨビヨ素材日記2 racked: 2010-03-18 09:01