NHK大河ドラマ「龍馬伝」第9回「命の値段」

本日はもうビックリ!時ならぬ津波警報!対岸の火事ならぬ大地震、チリ地震の影響で・・・。やっぱり世界はつながっているんですねえ。うわっ!龍馬伝でも日本地図?警報注意報の日本全図を出したままの放送ですかあああっ!

ただいま戻ってまいりました
 前回と同じような江戸風景。龍馬君が江戸に戻って、たちまち大喜びの重太郎お兄ちゃん、あ、定吉先生も嬉しそう~。父の死を報告する龍馬君。人はいつか死ぬ、死にがいのある生き方をせよとおっしゃる定吉先生。在りし日の父上とオーバーラップ!これが何と、後々の伏線になっていたとは・・・。
 でも凄いですよねえ千葉兄弟。弟の定吉先生は龍馬君を抱えて、兄上の周作先生は赤胴鈴之助でしょう?まさに天下無敵ですよおお~~~!
 そんな中むすっとしている鬼小町。ものすっごくつっけんどんのちんどんどん?密かに龍馬君に思いを寄せている事は重太郎お兄ちゃんと視聴者にはお見通しでありますのになぜか喜んでいない感じの佐那さんなのでございます。

ってな感じのアバンタイトルでOPテーマ突入!・・・ああ~~~、スタッフロールの字に日本地図がああ~~~!

つっけんどんのその訳は・・・
 重太郎お兄ちゃんが佐那さんを問い詰めれば一人怒って、そればかりかあろうことか兄上をお玉で殴り飛ばして憂さ晴らしの佐那さんでした~~~。
 すぐに帰って来ると言いながら2年4カ月もほったらかしにされたからおへそが曲がっちゃったの?うわあ・・・恋する乙女心ですねええ。龍馬君が遅れた理由には件の弥太郎君の顛末があったわけですが、そんな事を話そうもんならお決まりの、私と○○とどっちが大事なの!攻撃の餌食ですからねえ~~~。

先生と呼ばれる程の・・・
 先に江戸に来ていた黒ハンペンこと武市半平太殿ご一行と龍馬君、土佐藩邸・・中屋敷って今の有楽町にあったんだそうですねえ。それで千葉定吉道場は東京駅近くとか神田の辺りだとか諸説あるようですが、まあとにもかくにもゆう~ら~くちょお~でえ~あいま~した~。
 ワシが江戸に来た目的は剣術修行ではないとおっしゃるハンペン先生、龍馬君をある場所に誘います。ここでハンペン先生のお部屋にさりげな~~く一輪ざしの綺麗な椿の赤いお花があって・・・これも後々の伏線なんですねええ~。

秘密の会合・・・
 龍馬君が誘いだされると、いつぞやのあの悪所を思い出して嫌な汗が・・・。でも今回のはむしろ密談の場所みたい。集まって来ているのは水戸、長州、薩摩等々攘夷派の面々。まだ勤皇とか倒幕とかまでは言ってませんけど、幕府の弱腰を糺して外国人を討ち払へ!みたいなシリアスな会合ですよ~。
 そこにやって来たのが桂小五郎殿!日本の平和を守るため三つのしもべに命令・・ではなく、僕たちが連携して攘夷の嵐を巻き起こそうですって。いつぞやのデマスお髭から見たらこの方もずいぶん成長されましたねええ。桂先生から見るとハンペン先生は旗色悪いですよ。むっちゃ小物っていう感じ?
 土佐藩ではなかなかその攘夷の嵐が起こせない。わしはお城にも入れてもらえん、攘夷の話もできゃしないというハンペン先生。それは上士下士の壁が邪魔するからで、上士にわしらを認めさせなきゃならんお前も仲間になり、とおっしゃるハンペン先生。ここら辺、ここんところ続いていた黒ハンペンをかなぐり捨てて熱い熱い赤ハンペンになってましたわハンペン先生。龍馬君はでも乗り気にはなれません。まだケンカは嫌じゃと言うがか龍馬~~。

一方その頃国政は
 アメリカから来たタウンゼント・ハリスさんが強引に交渉して江戸幕府は唯唯諾諾。天皇様は外人は嫌いだとおっしゃって、何やら動乱の予感です。

また一方その頃土佐では
 土佐で牢に入っている弥太郎君は謎の大泥棒のお年寄りと出会いました。実はこのご老人、10両で買った物を200両で売ろうとして投獄されたんだとか。そりゃあダメだと言う弥太郎君。でもこのご老人、これこそが商売じゃとおっしゃいます。物の値打ちは人によって違う。それこそが商売じゃ!商売!

またまた一方その頃千葉道場では
 重太郎お兄ちゃんが仕掛けた恋の罠!龍馬君を誘って一杯やって、変な雰囲気?僕は君が好きだーーー!思わず噴き出す龍馬君!でも強引に話を進めるお兄ちゃん!妹も君が好きだーーー!どう思う?ねえ妹をどう思うの?
 ってなところに、佐那さんが手料理を持ってきたら急にお兄ちゃん腹痛起こして中座して、行ったまま帰ってこない~~~!後は若い物同士って事ですかっ!とんだヤリ手婆じゃないですかお兄ちゃ~ん!しかもどんだけ不器用なの!
 龍馬君と二人っきりの佐那さん。緊張に耐えかねたのかご自分も一杯ひっかけて、さああああ戦闘開始ですっ!この料理美味しいでしょう?上手に出来たでしょう?もう何でも作れます!煮物も和え物も揚げ物もお刺身もおみおつけも~~~!あなたに食べてもらいたくて作ったんです~~~~!恋する乙女の「手料理」アクセルですよ~。しかも「あなたに食べて欲しい」コンビネーション。これは高得点が期待できます。あっ!でも着地失敗?龍馬君たらタジタジ弱腰で回転不足~~~?あっ!逃げちゃった!強引に攻めすぎましたか佐那さ~~~ん!
 あ、龍馬君の脳裏に浮かんだのは加尾さん?んもう、後先考えずにあっちこっちでイイ顔するから・・・

ネコババ事件勃発
 土佐藩邸を揺るがす一大スキャンダル!ご家中の山本琢磨なる人物が他藩の友達と酔っぱらって歩くうち、たわむれに町人を脅かして、その町人が落とした時計を換金しようとした事が発覚!この琢磨殿が下士であったがために下士のリーダー格のハンペン先生までトバッチリ!この者に責めを負わせる役はおんしじゃぞと言い渡されてしまいました。攘夷の嵐を巻き起こす為上士連中に自分を認めさせなければならんと、それでなくても焦りまくっているハンペン先生ですよ。こりゃあ琢磨君にどんな厳しい仕打ちが待っているものかあ~~~。
 ああでも・・・こんなシリアスなシーンなのに右隅に日本地図・・・ばかりか上にも下にも津波情報~~~(泣)!

龍馬君奔走
 おまんも侍だったら潔う腹を斬り、ってのがハンペン先生のお裁きです。さすがにこの重い罰にはお仲間たちも当惑気味ですが、断固引かないハンペン先生。と、以蔵くんが息せき切って相談した相手が龍馬君!かわいいですねえ、以蔵くん~~~♪
 タカが時計ですろう謝って許してもらえばええがじゃと談判する龍馬君。考えてみましたら坂本家のご本家は質屋さんとか手広くやってる商家でしたね。盗品とか拾得物が持ち込まれる事もあったんでしょうか。龍馬君にしてみたら、時計は時計、命と引き換えにする程の値段は付けられませんってな感覚なのでしょうかねえ。
 攘夷のためには仲間も殺すと言うハードボイルド黒ハンペン、とにかくわしが時計を返してきますと謝り役を買って出た龍馬君です。持ち主の商家に時計を持って行って事情を話して土下座ですっ。龍馬君は本当に良く土下座してますよねえ・・・。これで琢磨は腹を斬らなきゃならない、殺すのは勘弁してくれと涙の訴え。最初は怒っていた商家の旦那様もビックリして・・・
 龍馬君の土下座攻撃が功を奏しました~~~!訴えは取り下げ、土佐藩の面目は守られ、これで琢磨殿は死ななくても済む事に・・・ならないの?恐い顔の収二郎殿、これで許してしまっては先生がやって来た事がむだになる、ですって。しかもどさくさにまぎれて、もう妹の加尾さんにも近寄るなって釘まで刺してます!
 やっぱり琢磨殿は切腹必至?ハンペン先生ったら、今夜のうちに両親に手紙を書いちょけって・・・(汗)

商売開眼?
 土佐で牢に入っている弥太郎君に一条の光?何だか悟ったふうにこの間のご老人の言葉を繰り返してますよ。商売、商売・・・
 物の値段は人それぞれ、商売は自分の才覚次第って、何かに開眼したみたい!?時計一個に命よりも高い値がついた事例を見たばかりですから心に響きますねえこれは。まあ弥太郎君の知ったこっちゃないでしょうけど~。

脱藩!
 いえ龍馬君でもハンペン先生でもなく、例の琢磨殿です。切腹を覚悟して泣きの涙でご両親に遺書を書いていた所にトントントン、救いの神の龍馬君が現れて屋敷の外へと連れ出しました。
 せっかくこの世に生まれてきたのに簡単に命を捨てるなと説得する龍馬君・・・己の命を使い切れという父上の教えですねえこれは・・・シミジミ。きっとどこかに生きる場所があると言って、琢磨殿を送り出して脱藩させまして候。

攘夷のためなら鬼となる
 琢磨殿脱藩の責任を取ってハンペン先生が帰郷するみたい。龍馬君が手引きした事は薄々感付いているハンペン先生、龍馬君に対してもう俺の邪魔をするなと警告してます。これ以上目先の事にとらわれてはおられんがじゃというハンペン先生に対し、人の命が目先の事かと真直ぐに主張する龍馬君。ここら辺、先週の東洋様とのやり取りにも通じますねえ。
 そんな事を言うのは鬼じゃとハンペン先生を責める龍馬君ですが、先生ったら鬼になってこそ大きい事が成し遂げられるがじゃ!と反論。龍馬君はハンペン先生が綺麗に整えていた一輪ざしのお花に目を付けて、鬼が花に目を向けるものかと、お前は鬼なんかじゃないよと言い募りましたが、そしたら先生やおら刀を抜きまして、スパッとお花を切り落としまして大切断!腹いせと言うかにゃんというか、お花が可哀そう~。これには龍馬君も、旅のご無事をお祈りしますとしか言えなくなりました。
 そして千葉道場で表面上は相変わらず明るく元気に子供たちに稽古をつける龍馬君ですが、これからまた嵐が・・・うわ、予告編でまた加尾さんが~~~~~~????

本日の龍馬紀行
 あの琢磨殿、函館まで流れてニコライ様にお仕えしてニコライ堂建立に協力したんですって!うわあああああ!あの命が!こおおおんなに立派に花を咲かせたんですか!うるうるうるうる、おおおいおいおいおおいおい・・・

 グスン、いやあでも・・伏線というかつながりがすっごくよく出来てますねえ今年の大河。思わずもう一度見たくなります~!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2010年02月28日 20:53
にしても、地図が邪魔で・・・。
真田
2010年02月28日 21:11
ryi様、こんばんは~~~。
いやあ~~正直、邪魔でしたねええ~。
いえだってほら、もう山を越えたっていう感じですのに、ああも執拗に画面に出すことはないんじゃないかなあって~~~。
上や横に文字情報で流してもらう方が、まだマシだったんじゃないかとお~~~。

この記事へのトラックバック

  • 大河ドラマ「龍馬伝」第9話「命の値段」

    Excerpt: 龍馬、再び江戸へ-------------!!千葉道場で再びお世話になる事になった龍馬。父の死を乗り越え、戻ってきた龍馬を温かく迎える千葉たち。そして佐那との再会。久しぶりだと喜ぶ龍馬ですが・・・佐那.. Weblog: ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ racked: 2010-02-28 21:00
  • 「龍馬伝」第9回

    Excerpt:    第9回「命の値段」剣術修行のため再び江戸にやって来た龍馬は、重太郎や佐那と再会。龍馬との再会を楽しみにしていた佐那だったが、思わずつれない態度を取ってしまう。一方、一足先に江戸に出ていた半平太は.. Weblog: 日々“是”精進! racked: 2010-02-28 21:03
  • 大河ドラマ 龍馬伝 第9回 「命の値段」

    Excerpt: 「攘夷のためじゃ」と仲間の命を奪おうとする半平太 しかし、こやつの本当の目的は攘夷なのではない。 いや、こんな近視眼的な男に 「尊王攘夷」の本来の意味など判ってなど居ない。 「攘夷」を唱える事によって.. Weblog: しっとう?岩田亜矢那 racked: 2010-02-28 21:09
  • 大河ドラマ 龍馬伝 第9回 「命の値段」

    Excerpt: 「攘夷のためじゃ」と仲間の命を奪おうとする半平太 しかし、こやつの本当の目的は攘夷なのではない。 いや、こんな近視眼的な男に 「尊王攘夷」の本来の意味など判ってなど居ない。 「攘夷」を唱える事.. Weblog: こちら、きっどさん行政書士事務所です! racked: 2010-02-28 21:11
  • 『龍馬伝』第9話「命の値段」

    Excerpt: 再び、江戸桶町の千葉道場に来た龍馬。定吉、重太郎に父の死を報せる。佐那は、何故か他人行儀。。重太郎は、佐那の坂本への態度を叱る。佐那は2年半も放っておかれたことが気に入らないらしい。龍馬は江戸で以蔵ら.. Weblog: strの気になるドラマ 気になるコト racked: 2010-02-28 21:11
  • 大河ドラマ 「龍馬伝」 #9 命の値段

    Excerpt: 再び江戸に出る龍馬。 そこで待ち構えるのは、攘夷に凝り固まった人たち・・・。 Weblog: 雨ニモマケズ 風ニモマケズ racked: 2010-02-28 21:31
  • 【龍馬伝】第九回

    Excerpt: 人は必ずいつか死ぬ。だからこそ、死に甲斐のある生き方をせねばならぬ。安政三年。龍馬は再び江戸へ戻った。千葉道場に挨拶に行き、父・八平の死を報告する。千葉定吉が言った言葉は父の言葉を彷彿とさせた。江戸へ.. Weblog: 見取り八段・実0段 racked: 2010-02-28 21:45
  • 龍馬伝~第9話 感想「命の値段」

    Excerpt: 龍馬伝ですが、坂本龍馬(福山雅治)は第二次江戸剣術修行を始めます。父親の訃報を聞いた千葉定吉先生(里見浩太朗)は「人の命には限りがあるが、だからこそ死に甲斐のある生き方をすべき」などと言います。これは.. Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記 racked: 2010-02-28 21:46
  • ★「龍馬伝#9」生きるが勝ち~♪

    Excerpt: 江戸に再びやってきました~龍馬。。つんけんする佐那さまかわい~~ぃ2年と4ヶ月も経ったのですね~~坂本龍馬(福山雅治) 岩崎弥太郎(香川照之) 吉田東洋(田中泯) 桂小五郎(谷原章介)乙女(寺島しのぶ.. Weblog: ・*:・ふわゆら生活・:*・ racked: 2010-02-28 21:49
  • 『龍馬伝』 命の値段

    Excerpt: JUGEMテーマ:エンターテイメントふたたび千葉道場にやって来た龍馬は、定吉先生と重太郎に挨拶。そこへ、佐那がお茶をはこんで来ます。ただしごく無愛想に。その場をとりつくろった重太郎でしたが、あとで佐那.. Weblog: ふるゆきホビー館 racked: 2010-02-28 22:03
  • 『龍馬伝』第9回

    Excerpt: ~命の値段~ Weblog: 悠雅的生活 racked: 2010-02-28 22:29
  • 龍馬伝9 囚人の弥太郎君が普段よりこざっぱりして清潔に見える件について?

    Excerpt: 今日はどこのテレビ観ても津波情報の日本地図一色。 せっかくの圓楽襲名も右下の地図の方が勝ってるしぃ。 さすがに龍馬伝の頃は消えるとタカをくくってたけど・・・。 今日ばっかりは地図出てもし.. Weblog: ぱるぷんて海の家 racked: 2010-02-28 22:31
  • 大河ドラマ 龍馬伝 9話

    Excerpt: 第9話 「命の値段」 佐那が、可愛い女の子になってた。 恋する乙女やねぇ~。 そして、兄の重太郎。 妹が可愛くて仕方がないんやろうね。 何とか、仲を取り持とうと。。。 龍馬に「龍.. Weblog: お地蔵さまの寄り道 racked: 2010-02-28 23:20
  • 竜馬伝 第9回 「命の値段」

    Excerpt: 笑って、気づいて、泣いて、そして鬼となる。 今回は観ていてそんな気持ちの流れでした。 それにしても、津波のテロップが邪魔ですね�... Weblog: ひそかにささやかにアニメを応援している日記 racked: 2010-02-28 23:22
  • 龍馬伝 第9回「命の値段」

    Excerpt: 『龍馬伝』のお時間です。 あらすじ・・・・・・ Weblog: みはいる・BのB racked: 2010-02-28 23:23
  • 龍馬伝 第9回「命の値段」

    Excerpt: 今回は実に内容の濃い回となりました。様々な人々の心の裏側や新たな才能を知ることができます。そんな人が今回は3人も登場することになります。まず一人目は佐那でしょう。2年4ヶ月ぶりに帰ってきた龍馬をずっと.. Weblog: あしたまにあーな racked: 2010-02-28 23:57
  • 大河ドラマ 龍馬伝 第9回 「命の値段」

    Excerpt: 今回の山本琢磨事件は龍馬と武市さんの考え方の違いが浮き彫りにするだけでなく、人間 Weblog: くまっこの部屋 racked: 2010-03-01 01:48
  • 龍馬伝「命の値段~確信のヒーロー」

    Excerpt: いよいよ二月末に待ちの涙は一説には老化現象、 来月も同じ曜日の推移、今年はうるう年でなくうるうのは、 潤うのは、両まぶたに両ほお、いざ見ん、龍馬伝、再度「龍馬江戸篇」。 いざ江戸。 弥太郎.. Weblog: よかったねノート 感謝の言葉にかえて racked: 2010-03-01 07:51
  • 【龍馬伝】第9回感想と視聴率「命の値段」

    Excerpt: 【第9回の視聴率は3/1(月)夕方迄に追加予定】津波情報の日本地図、邪魔!どこの局も出していますが、上部のテロップだけでいいと思うんですが・・・ 龍馬は、2年4ケ月ぶりに江戸に戻って来ました.. Weblog: ショコラの日記帳 racked: 2010-03-01 10:55
  • 福山雅治『龍馬伝』第9回★武市半平太、攘夷原理主義者と化す

    Excerpt: 『龍馬伝』第9回「命の値段」  龍馬より弥太郎ら他の登場人物が目立つ回があって、これでは『龍馬伝』ではないという声をたまに聞きます。  確かに龍馬の行動が中心にならないこともありますが、例えば.. Weblog: 世事熟視~コソダチP(気分は冥王星) racked: 2010-03-01 11:13
  • 大河ドラマ「龍馬伝」第九回『命の値段』

    Excerpt: 個人的な感想のみ書いてます。苦手な方はバックプリーズ今回は山本琢磨を逃がす話が中心でしたね。拾った時計を金に換えた事で切腹を言いつけられる山本琢磨を龍馬が助ける・・・命の値段・・・・なんて今でこそ当た.. Weblog: 徒然”腐”日記 racked: 2010-03-01 14:11
  • 【大河ドラマ】龍馬伝第9回:命の値段

    Excerpt: 半平太の焦りや苛立ち、苦悩が表現された回でしたね。【今回のまとめ】・2年4カ月ぶりに江戸へ戻ってきた龍馬。 待たせ過ぎた佐那からは、つれない態度をとられてしまう。 佐那の想いを知る重太郎の計らいで、ふ.. Weblog: 山南飛龍の徒然日記 racked: 2010-03-01 21:03
  • 龍馬伝9 「饅頭の値段」

    Excerpt: 日本地図邪魔やな「ご修行頑張って下さい」江戸に戻ってきた龍馬に対し直ぐに戻るように言っておきながら2年と4ヶ月も待たせた事に怒りツンケンした態度の佐那嫌われるような事して、どうすると言う重太郎を佐那は.. Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ racked: 2010-03-02 21:26
  • 龍馬伝、あごとあざ!!

    Excerpt: 龍馬伝、中々面白いですね{/fuki_osusume/} 実像の龍馬ってもしかしてこういう人だったのでは?? と思わせてくれます。 僕の中で坂本龍馬は司馬遼太郎の「龍馬がゆく」からブレイク した様な感.. Weblog: 函館 Glass Life racked: 2010-03-03 10:19
  • 龍馬伝 #09 命の値段

    Excerpt: 大河ドラマの 『龍馬伝』 を見ました。(以下ネタバレです。まだご覧になっていらっしゃらない方はご注意して下さい)時計事件今回のお話は土佐藩に縁のある侍が橋の上で人斬り騒ぎ... Weblog: ビヨビヨ素材日記2 racked: 2010-03-03 19:16
  • 来年の大河ドラマに絡み、早くも“龍馬”商法が活発に2

    Excerpt: 来年のNHKの大河ドラマに絡んで旅行会社が様々な龍馬ゆかりのツアーを企画しているとの記事がありましたが、今度は出版界での話です。やはり、大河ドラマに絡んで龍馬本が100冊超す勢いで、さらに雑誌も創刊.. Weblog: 中年サラリーマンお父さんもりもりのビジネス講座 racked: 2010-03-06 13:20