真田のよもやま話

アクセスカウンタ

zoom RSS NHK大河ドラマ「龍馬伝」第8回「弥太郎の涙」

<<   作成日時 : 2010/02/21 20:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 23 / コメント 2

涙って言うか泥だらけじゃないの、予告編の弥太郎君。相変わらずヨゴレ大好きな照之ちゃんですねええ〜(汗)。だってほら、いつぞやの忍者役といい、去年の子規さんといい、それから大河ではなかったですけどいつぞやの「水木さぁん」といいぃ〜〜〜。

 龍馬君のお家では代替わりのあいさつ回り。お父上が亡くなってお兄さんが家督をついで・・・って、そんなところに騒動勃発!一人を大勢でいたぶってますよ!やられているのは弥太郎君パパさんの弥次郎さん。顔中はらして血まみれ〜〜〜!なアバンタイトルでございました。
 あっ!そうそう!寺島しのぶ先生、ベルリン映画祭最優秀女優受賞おめでとうございました〜〜〜!30数年ぶりの快挙ですって?バンクーバーを凌駕しかねないおめでたいニュースでしたねえええ。

アレは一年前・・・
 いつものように書を開き学ぶ弥太郎君に届いた手紙は黒い縁取り・・・じゃなかった!縁起でも無かったですね、失礼失礼。弥太郎君に届いたのは「チチオオケガスグカエレ」という知らせでした。って、やっぱり面倒を見ているのは溝渕・ピエール・広之丞さんじゃないのっ!!!あはははは〜〜〜。あ、それどころじゃあなかったですね、失礼。
 「どこまで息子の邪魔をしたら気が済むがじゃっ」とか悪態をつきながら、でも心配で心配で泥だらけの必死の形相で土佐に帰る弥太郎君!かの豊臣秀吉の中国大返しを上回る勢いですよ〜〜〜。やっとの思いで帰ってみれば、お父上は瀕死の重傷。しかもいまいましい事に、弥太郎君が心ひそかにライバルと見なす龍馬君の姿が!
 あれからずっと面倒を見てくれていたみたい。良い人ですねえ龍馬君。話を聞けば、いつもの弥次郎さんの振舞いに似合わず、正義の行い。村の庄屋が農業用水を一人占めしたのに抗議したら返り討ちにあったんだとか〜。
 これは悔しいっ!こんな親でも親は親!他人にコケにされて打ちのめされて腹が立たないわけがないっ!鼻水飛ばして殴り込みっ!やっちゃえやっちゃえ!斬っちゃえ斬っちゃえ!・・・あ、でも弥太郎君の刀は錆びだらけでなかなか抜けませんし、とても人が斬れるような代物ではなくううっ!結局口頭での抗議に対して庄屋が言うには、お奉行様のお裁きで弥次郎さんが悪いという結果が出ている!
 じゃあってんで今度はお奉行様に談判に行ったら、ここでも門前払い!しかもいまいましい事に、庄屋さんにもお奉行様にもすでにあの坂本龍馬が掛け合ってくれてました。しかも執拗に親身になって味方してくれてたみたい!これはますます面白くないですよ、弥太郎君にしてみれば〜。
 坂本家では龍馬君兄上が小言コウベエ、そんな事にかかわるなと釘を刺そうとしたら、救いの神の乙姐やん・ベルリン映画祭最優秀女優様が、そんなこまい事を言うなと一喝!龍馬君姪っ娘ちゃんまで加勢して、多勢に無勢の兄上は思わず謝ってしまいましたああっ。

人が変わった武市殿、まるでもう黒はんぺんだ〜〜〜!?
 いよいよこの人にも江戸行きの時がやってまいりました、武市半平太殿!こちらは単身ではなく、以蔵君や収二郎殿と一緒に行くんですって。でもなんだかすっかり人が変わったみたい。弥次郎さんの顛末を聞いても眉一つ動かさず、国家大難の時にそんな小さな事に関わるなとか、自分は門下生と一緒に江戸へ行くんだ偉いだろうみたいな・・・やっぱり黒はんぺんだわ、この人。
 武市道場一同がもうなんだか攘夷のテロリストみたいな感じで、収二郎殿は妹の加尾さんと龍馬君の仲が良いのにも困り顔、っていうか怒り顔。

龍馬君が加尾さんにまた・・・粉を・・・
 やたらと出くわすご両人、今週もまた龍馬君が平井家の前を通るとすかさず出てくる加尾さんでした!怪しいなああ〜。と、そんなところにまた可笑しな出会いが!饅頭屋の長次郎殿がやってきました。おおおい饅頭食わねえか〜〜〜・・・じゃなかった、この番組的にはあくまでも気のイイ声の甲高い空気読まないすっとんきょうな長次郎殿でした。
 龍馬君と加尾さんを冷やかしたまでは良かったんですけど、長次郎殿思わず言わなくてもいい事まで言ってしまいました。それは、龍馬君が再度江戸修行に向かう事。案の定の矢吹ジョー、加尾さんは怒ってプイとツンとケンとドーンと去ってしまいました〜。長次郎殿ったら、加尾さんに「またのお越しを〜」とか、まったくもってその場限りの軽口男〜。
 さてその後で情報通の真骨頂、長次郎殿の言う事にゃ、おおおいパイ食わねえか〜〜〜・・・じゃなかった、弥次郎さんの一件!あれはすなわち出来レース。お奉行様がわいろを受け取って庄屋さんをエコひいきしていたんですって!!なんたる不正!なんたる汚職!そんなにエコばっかひいきしてるからハンドルのナットが取れるんですよトヨタプリウス〜〜〜!
 家に帰った加尾さんに兄上の収二郎殿がキツイ戒め。龍馬は我々と考えが違う、もう幼馴染ではない気安く付き合うなと・・・。いよいよお江戸に向かう黒ハンペンご一行。後に残されたお婆様のさみしい笑顔・・・。
 さてその数日後、龍馬君がまたまたまたまたお祭りで加尾さんとばったり!へそを曲げて逃げようとする加尾さんを慌てて捕まえる龍馬君。これ、弥太郎君がやったら間違いなくお縄頂戴ですよねええ・・・(汗)。
 ゲフン、とにかく加尾さんを捕まえて謝る龍馬君。いやいやしてる加尾さんは、どうして遠くへ行ってしまうがかって、いやあ・・・恋する乙女ですねええ〜。って、おくての龍馬君がいよいよ目覚めましたか?わしはおまんの事が好きじゃ!でももうちょっと待ってくれその時が来たら迎えに行くから、ですって!言っちゃった〜〜♪言っちゃった言っちゃった、ああ〜、知〜〜〜らない♪お江戸の佐那さんはどうするつもりよ、龍馬君〜〜〜!

まだ始まってもいない二人
 お奉行様へのお目通りもかなわず、龍馬君から事の真相を聞いて怒る弥太郎君。こんな男でもたった一人の父親じゃ、半殺しにされて黙ってられッカ!龍馬君も負けず劣らず正義感に燃えて怒りの炎!ですが、これで庄屋を斬ったら憎しみの連鎖で全員が不幸になるばかりじゃ。龍馬君の策略は二人で吉田東洋様に全部ぶちまけてやろうジャマイカ!下士が何を言ったって何も変わりゃせんと一度は一蹴した弥太郎君ですが、内心思う所がある様子。
 坂本家には嬉しいニュース、龍馬君の再お江戸修行にお許しが出ました。でもその前に岩崎家のもめ事にカタをつけたいという龍馬君。渋る兄上、味方するベルリン乙姐やん!そこに弥太郎君が息せき切って駆け込んできて、二人仲良く東洋様のお屋敷に討ち入り・・・じゃなかった、直訴ですっ!
 下士の分際で直訴だとお?と脅かす吉田家家臣。でもとうとうお目通りがかないましてガクブルしながらも必死になって熱く訴える若き二人。でも東洋様は後の大人物二人に対して、余りにもあっけなくにべなくはかなく冷たい態度。そのような話はどこにでも転がっちゅう・・・力のないもんは黙っとるしかしかたないがじゃと門前払い。こりゃあ後年暗殺されてもイイ気味かも〜〜〜。
 うあああん!もうヤメタヤメタ!と不貞腐れる弥太郎君。龍馬君に八つ当たりする様子が悲しくて可愛い・・・。でもやっぱりどうにもこうにも腹の虫が収まらないのか、夜陰に紛れてお奉行様のお屋敷に向かいまして・・・ちゃらら〜〜〜ちゃちゃちゃっちゃら〜ちゃりら〜〜〜じゃかじゃ〜〜〜ん(追悼藤田まこと様)・・・ってな成り行きにはなりませんで、門に落書きの嫌がらせです。これも見とがめられたらお縄頂戴は必至ですねえ。
 ってな所に華麗に素早く主役登場!やっぱりか〜〜と現れた龍馬君。っていうかこれはむしろ弥太郎君を見守っていたって事なんでしょうねええ〜。
 お前は不器用な男だと言う龍馬君。じゃあお前は何なんだと問い返す弥太郎君。龍馬君の答えは、あれほど大事に思っていた江戸留学を蹴ってまで帰って来た弥太郎君に感動したんですって。あそこで帰ってこなかったらお前の命を取ってしまおう杜子春伝みたいな、あるいは走れメロスよメロスよ走れ〜みたいな〜〜〜。
 実はまた江戸に行く事になったスマンと挨拶する龍馬君。こんどは無駄にせんことじゃとぶっきらぼうにエールを贈る弥太郎君。なんだかこねくり回して捻くれてますけど、これも友情なんでしょうかねえ。
 それで結局犯行がばれて牢屋に入れられたみたいよ弥太郎君!龍馬君は弥太郎君のナマクラ刀をむりくりお金に換えてあげて、逆選別を残してまたお江戸に旅立って行きました。
「みちょれ龍馬!わしは必ずこっから這い上がってみせるぜよ!」
「みちょれ弥太郎!わしはまたようけ学んでくるぜよ!」
俺たちの戦いはまだ始まったばかりだ〜〜〜〜?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(23件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
龍馬伝−第8回「弥太郎の涙」
言ってしまえば,本来接点が無い筈の龍馬くんと弥太郎くんの友情物語でした。 ...続きを見る
koshiのお部屋2
2010/02/21 20:53
龍馬伝 第8回「弥太郎の涙」
龍馬伝のお時間です。(^-^) あらすじ・・・・・・・ ...続きを見る
みはいる・BのB
2010/02/21 21:01
大河ドラマ 「龍馬伝」 #8 弥太郎の涙
せっかく江戸に行ったのに・・・。 ...続きを見る
雨ニモマケズ 風ニモマケズ
2010/02/21 21:02
「龍馬伝」第8回
   第8回「弥太郎の涙」父の葬儀を終え、あいさつ回りのために出掛けた龍馬は、弥太郎の父の弥次郎が複数の男性に殴られているところを目撃する。弥次郎は、庄屋と水の配分について争っていたのだった。江戸で学問修業をしていた弥太郎は、父親が怪我をしたという知ら... ...続きを見る
日々“是”精進!
2010/02/21 21:03
『龍馬伝』第8回「弥太郎の涙」
権平と龍馬が歩いていると、弥太郎の父・弥次郎が袋叩きにされている。。 弥太郎は江戸に来て一年。 ひたすら学問に励んでいた。 風呂にも入らずに。。 そこに実家からの文。 父が大怪我と。 土佐に帰ってくれと。。「どこまで息子の邪魔をすれば気が済むぜよ!」走... ...続きを見る
strの気になるドラマ 気になるコト
2010/02/21 21:26
★「龍馬伝#8」走れ弥太郎♪
当時男の足で30日かかる江戸からの道のり。。走って走って走って〜たった16日で戻った弥太郎〜坂本龍馬(福山雅治) 岩崎弥太郎(香川照之) 吉田東洋(田中泯)岩崎弥次郎(蟹江敬三) 武市半平太(大森南朋) 平井収二郎(宮迫博之)岡田以蔵(佐藤健) 権平(... ...続きを見る
・*:・ふわゆら生活・:*・
2010/02/21 21:34
大河ドラマ「龍馬伝」時代の変革者8東洋曰く天才は何をやってもよい!ただし力なきもの何もできぬ!
大河ドラマ「龍馬伝」第8話は江戸で学問修行をしていた弥太郎は父瀕死の知らせに急ぎ土佐へ引き返した。そこで知ったのは奉行所の弥太郎の父の一方的な罪だった。その奉行所の裁きに納得のいかない裁きに意を唱えるが下級武士では何も相手にしてもらえない。そんな中龍馬は... ...続きを見る
オールマイティにコメンテート
2010/02/21 21:36
龍馬伝8 吉田東洋の壮絶なまでのド迫力にドギモ抜かれた!
あのぅ 完全に岩崎弥太郎物語に なってますけど・・・。 ...続きを見る
ぱるぷんて海の家
2010/02/21 21:41
龍馬伝〜第8話 感想「弥太郎の涙」
龍馬伝ですが、八平の葬儀も終わり坂本家は権平(杉本哲太)が跡を継ぎます。坂本龍馬(福山雅治)ですが、幕末の動乱期に岩崎弥次郎(蟹江敬三)の喧嘩に首をつっこみます。弥次郎は極悪庄屋Aと取り巻きに袋叩きにされ半死半生の状態ですが、Peacemakerの龍馬としては看過できません。 岩崎弥太郎(香川照之)は江戸で学問修行をしており、発憤忘食、風呂にも入らず勉学に傾倒していますが、同室の溝渕広之丞(ピエール瀧)が臭くて眠れなくても全く気にしません。そんな弥太郎に父親半殺しの一報が舞い込むと、高らかなフ... ...続きを見る
一言居士!スペードのAの放埓手記
2010/02/21 21:44
『龍馬伝』第8回
〜弥太郎の涙〜 ...続きを見る
悠雅的生活
2010/02/21 21:50
『龍馬伝』 弥太郎の涙
JUGEMテーマ:エンターテイメントせっかく江戸で学問に励む弥太郎のもとへ、故郷から一通の手紙が。それは、父の弥次郎&amp;nbsp;が庄屋と水争いをしたあげく、喧嘩となり重傷をおったという知らせ。弥太郎は、ふつう30日かかる道のりを16日で走るという超人的な帰郷を果たしました。実家へ帰った弥太郎の見たものは、大怪我をした父と弥太郎を待ちわびた母や妹。そして、かいがいしく岩崎家の世話をやく龍馬の姿でした。龍馬は、安芸郡の奉行所が片手落ちな裁きをしたことが許せず、そ反訴までしているとのこと。この... ...続きを見る
ふるゆきホビー館
2010/02/21 21:53
【龍馬伝】第八回
どこまで息子の邪魔をしたら気が済むがぜよ!江戸で勉学修行を初めて1年。弥太郎の元に父が大ケガをしたと言う手紙が来た。走れるだけ走って土佐へ帰る弥太郎。弥次郎は一時期は瀕死の重体だったらしい。そこには龍馬もいて甲斐甲斐しく世話をしていた。弥次郎の怪我の原... ...続きを見る
見取り八段・実0段
2010/02/21 22:09
大河ドラマ龍馬伝★第8話弥太郎の涙
大河ドラマ『龍馬伝』第8話弥太郎の涙田んぼの水を独り占めにした庄屋に文句を言いにいった弥太郎の父が逆にボコボコにされているところに運悪く出会ってしまう龍馬。お兄ちゃんは面倒なことに係わるまいとしていますが、龍馬は違うのね。弥太郎は、父親が大怪我をしたこ... ...続きを見る
うさうさ日記
2010/02/21 22:16
龍馬伝 第8回「弥太郎の涙」
全般的に弥太郎と龍馬の友情が深まった結果になりました。龍馬の父である八平さんが亡くなり、坂本家の当主となったのが権平でした。家族からはなんか突っ込まれまくって立場が龍馬よりも弱いのが何となく愛嬌があっていい感じです。今後坂本家は大丈夫なのだろうかと不安に思っているところで場面は終了します。本当に大丈夫なんでしょうか・・・ そして今回最大の場面なのが、岩崎弥太郎の父である弥次郎が庄屋とのいざこざでボコボコにされてしまうところでしょう。これに怒ったのが龍馬でした。後に必死の思いで帰ってくる弥太郎と共... ...続きを見る
あしたまにあーな
2010/02/21 22:45
大河ドラマ 龍馬伝 第8回 「弥太郎の涙」
今回の主役はまたまた岩崎弥太郎です。江戸で学問に励む弥太郎は国許からの手紙で江戸 ...続きを見る
くまっこの部屋
2010/02/21 22:57
【大河ドラマ】龍馬伝第8回:弥太郎の涙
東洋さん、迫力ありすぎです(笑)【今回の内容】・偶然、弥太郎の父・弥次郎が暴行されている現場に遭遇する龍馬 水を独り占めする庄屋に直談判して、返り討ちにあったらしい・弥次郎が大怪我をしたとの知らせを受け、急ぎ土佐へ戻った弥太郎 奉行所へ掛け合うも、庄屋... ...続きを見る
山南飛龍の徒然日記
2010/02/21 23:03
大河ドラマ 龍馬伝 第8回 「弥太郎の涙」
岩崎弥太郎が幕末において、 いったい、如何なる役割を演じたのか? いったい、何を成し遂げたのか? と訊かれると、 きっどさんの乏しい知識においては 「??、う〜ん、特に何も。。。」 としか答えようがない。 ...続きを見る
しっとう?岩田亜矢那
2010/02/21 23:27
大河ドラマ 龍馬伝 第8回 「弥太郎の涙」
岩崎弥太郎が幕末において、 いったい、如何なる役割を演じたのか? いったい、何を成し遂げたのか? と訊かれると、 きっどさんの乏しい知識においては 「??、う〜ん、特に何も。。。」 としか答えようがない。 ...続きを見る
こちら、きっどさん行政書士事務所です!
2010/02/21 23:30
竜馬伝 第8回「弥太郎の涙」
「自分も感想を書きたいぜよ」    ブログタイトルに「アニメ」と付いているのに「大河ドラマ」の感想を書いてもいいものなのかな?とち... ...続きを見る
ひそかにささやかにアニメを応援している日...
2010/02/22 06:06
【龍馬伝】第8回感想と視聴率「弥太郎の涙」
【第8回の視聴率は2/22(月)夕方迄に追加予定】弥太郎親子の愛と、男の友情、良かったですね♪でも、龍馬、先日、江戸で佐那と指きりしたばかりなのに、今度は加尾とも約束。ちょっとどうなの?でも、なぜか憎めないんですよね。&nbsp;龍馬「加尾、わしは今も変わらず、お... ...続きを見る
ショコラの日記帳
2010/02/22 11:35
大河ドラマ「龍馬伝」第八回『弥太郎の涙』
昨夜メール更新しようと思って楽天に送信したのに受信してなかったんだか何なんだか表示されず結局更新を断念・・・・・・・・我が家の夕飯のよせ鍋の画像だったからね、別に良いんだけど・・・・・・いつの間にか下書き保存用のボタンも無くなって益々使いにくくなってま... ...続きを見る
徒然”腐”日記
2010/02/23 06:42
龍馬伝 #08 弥太郎の涙
大河ドラマの 『龍馬伝』 を見ました。(以下ネタバレです。まだご覧になっていらっしゃらない方はご注意して下さい)江戸と家族今回のお話は加尾(役者は広末涼子さん)の働き掛け... ...続きを見る
ビヨビヨ素材日記2
2010/02/27 18:14
【グローカリズムへ】龍馬と弥太郎
筆者個人は坂本龍馬という人物は、決してクリエイティブな発想をする人間ではないと思っている ...続きを見る
ぱふぅ家のサイバー小物
2010/07/09 22:19

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
今日はほんとに弥太郎一色・・・。
と思いきや吉田東洋も強く出てきましたねぇ。

また来週からは「龍馬伝」に戻りそうですね。
ryi
2010/02/21 20:59
ryi様、こんばんは〜。
本日はまったくもって弥太郎伝!でしたねえ(汗)。まさに聞きしに勝るヨゴシ具合でした。
そしてさらに弥次郎さんも面目躍如でしたし、
吉田東洋様のカリスマ狂気な一面もうかがえましたし、
黒はんぺん殿の後戻りできなくなりさ加減や、
タケル以蔵くんの素直な様子とかも印象に残りました。
あ、後それから、饅頭屋・大泉・長次郎殿は訳知り顔過ぎてちょっと浮いちゃってましたかねええ〜〜。
来週・・・は、佐那さんに何と言うつもりなのかしら、龍馬君・・・。
真田
2010/02/21 21:46

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
NHK大河ドラマ「龍馬伝」第8回「弥太郎の涙」 真田のよもやま話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる