真田のよもやま話

アクセスカウンタ

zoom RSS NHK大河ドラマ「龍馬伝」第4回「江戸の鬼小町」

<<   作成日時 : 2010/01/24 20:44   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 23 / コメント 5

さあ〜て本日の龍馬伝は・・・「江戸の美人は強いでござる」「乙姐やんに叱られたでござる」「広い世の中チョト知ったでござる」の三本です〜〜〜。んがんぐ。

江戸の美人は強いでござるの巻
 アバンタイトルから度肝を抜く江戸の描写。一カ月以上かけてようやく江戸についた龍馬君と溝渕殿。お江戸のセットはなかなか広々・・・まさかこれ、某スペシャルドラマからの流用じゃあないでしょうねえ〜。火を噴く大道芸に錦絵売りに相撲取り、色とりどりの賑やかさのお江戸の町でございました〜。
 お江戸の長屋で二人暮らしのご両人。狭い部屋ですねえ、散らかってますねえ。さっそく遊びに誘う溝渕殿ですが・・・龍馬君がやって来たのは北辰一刀流の千葉道場。剣術修行に来たんですからこれはまあ当然でしょう。やたらと風が吹いててほこりっぽくて広々としてて、せこいセットではない家並みが面白う御座いました。
 子供たちの初心者コースを指導しているのはいっけーお兄ちゃんの重太郎殿。何だか和んでますねえ。さっそくいっけー重太郎殿と意気投合している龍馬君。
 で、本格的なプロコースの方はやっぱり和んでませんでした。激しく打ち合う面々。道場主はどっから見ても大人物の俺の名前は引導替わりだの千葉定吉先生。さっそく腕試しで立会立ち・・相手は可愛い少女。
 で、これは定吉先生の娘の千葉佐那さん。風林火山でお馴染みの貫地谷ちゃんじゃないですかあ〜。加速装置みたいな撃ち込みの佐那さんに対して、絵に書いたように歯が立たずに負けてしまった龍馬君。これぞお江戸の鬼小町。青春ですねえ。
 最初女の子に負けて、努力して道場一になって恋も芽生えて、天才肌のライバルが現れて県大会で戦って、それまで戦った同士でチームを作って全国大会に進んで、ついには地球の命運をかけて宇宙チームと剣道試合・・・あ、すみません妄想が進み過ぎてしまいました!
 そもそもこのまま青春剣道ドラマになったら「龍馬伝」じゃなくなっちゃうじゃないですか!龍馬君!素直に剣術修行してるけど、案の定佐那さんともちょっと意識し合う仲になってるけど〜〜〜。

本日のあい狂言〜
 土佐では武市半平太殿が大仕事。剣術だけではなく学問までも教えるようになって門弟も増えて大勢力になりました。弥太郎君はそれに引き換え相変わらずの鳥籠売り。弥太郎君にも入塾の誘いに来た半平太殿。それに対して、お前は龍馬に嫉妬していると看破した弥太郎君でございました〜。

乙姐やんに叱られたでござるの巻
 猛練習で毎日が充実している龍馬君。得意満面のお手紙、近況報告を実家に送付しました。お父上とかはそれで一安心なんでしょうけど乙姐やんはおかんむり!
 龍馬君はでも剣術修行一直線?重太郎殿に課せられて摺り足の練習、豆を撒いて、それを踏まないように動けとの教え。何だか剣術ドラマっぽい重みのあるシーンでしたねえ〜。
 乙姐やんからお手紙が着きました。その内容はお叱りお小言!そもそもお前は江戸に何しに行ったのかと、剣術修行は表向き実は広い世界を見てみたいっていう大望を抱いていたんじゃなかったのかと、きっちりしっかり叱り飛ばすお返事でした。
 言われてみればその通り、頭を抱えて拗ねちゃってる龍馬君ですが、そんな所に顔を出すのはこの人、ピエール溝渕殿!お前は広い世界を見なきゃいかんいかんいかんいかん〜!見せちゃる見せちゃるとすごい勢いで龍馬君を連れてきたのは如何わしい酒場。店員の女性にお金を渡せば二階で添い寝をしてくれるって、うわあ・・・(赤面)。

広い世の中チョト知ったでござるの巻
 龍馬君はまだまだ純情青年ですしお父上からの三カ条の心得もございますし、悪所にはまいりませんで一人残されお酒を飲んでおります。と、ここにミョウチクリンな某マジシャンのようなお髭をお顔に描いてヘベレケ状態になっている実はイイ男の谷原先生演ずる桂小五郎殿登場!
 幕末維新の二大巨頭の馴れ初めでございます。お江戸は広いという龍馬君、世界はもっと広いという小五郎殿。やがて世界が日本に攻めてくるぞー!という小五郎殿。時はあたかもペリー来航直前ですもの、これはりっぱな事情通ですねえ。
 実はすでにあちこちからニュースが届いていて幕府が右往左往した挙句無為無策の様子見中であったというのは先週来の背景説明でしたっけ、今週もまたその続編が開催されまして侃々諤々、でも何にもできなさそうなバッカクの面々でした。
 小五郎殿がどうしてお顔にお髭を描いていたのかと思いましたら・・・溝渕殿が二階で飯盛り女と野球拳みたいなのをやってて、負けたらお顔に墨で髭を描かれてました。これつまり、小五郎殿も散々そういう事を・・・(赤面)。

本日のあい狂言2
 龍馬君に嫉妬した半平太殿に嫉妬した弥太郎君!何とかお金も稼がなきゃなりませんし、対抗して貧乏学問塾を開きました。が、門下生は皆、箸にも棒にもかかりそうもない愚か者!お〜ろ〜か〜もの〜よ〜〜〜、でも背に腹は代えられず生活のために我慢我慢の弥太郎君。
 そんな弥太郎君に救いの女神?先週縁談を断った加尾さんがやって来ました。入塾志願ですって?これはまたなんという、盲亀の浮木うどんげの花待ち得たる今日が対面!あ、仇打ちじゃなかったですか、失礼。でもあの加尾さんがこんな・・・、夢じゃ夢じゃああ〜!日本の夜明けじゃあ〜〜!

本日のシメ〜〜〜!
 シメに印象的なシーンを持ってくるためにシナリオを作っている感もある昨今の大河ですが、本日もやってまいりました本日のシメパート!
 千葉道場の朝の稽古を担うようになった龍馬君、太鼓叩いて楽しく元気にやってます。そこに佐那さん登場!龍馬君たら佐那さんを上手い事乗せて自分のペースに巻き込んで一緒に仲良く楽しくトレーニング。鬼のようだった佐那さんの顔にも笑顔をもたらす龍馬君。本日のサービスショットは龍馬君と佐那さんの太鼓連弾でした〜。
 千葉道場での存在感も増し、自身も驚異的なスピードで強くなったという龍馬君。定吉先生は佐那さんに向かって、もうお前は龍馬にかなわない、ここらでそろそろ剣の道には見切りをつけろみたいに言い渡します。佐那さんは反発した勢いで龍馬君に勝負を挑みます。
 興奮して打ちかかった佐那さんですが、龍馬君は佐那さんの木刀を掴んで体術に持ち込み軽〜く抑え込んでしまいました。佐那さんに馬乗りになった龍馬君、女相手に何だか卑怯よ!・・・あ、じゃあやっぱり女に戦は無理って事?
 自分の限界にぶち当たって涙を流す佐那さんですが、ここは龍馬君がイイ男ぶりを発揮して慰めてあげて一件落着。あなたは乙姐やんより強いとかって、こおおんなところで笑いのネタにされていると知ったら何とおっしゃるかしら乙姐やん〜〜〜。
 龍馬君は魅力的なんですけど、ちょっと魅力的すぎ、っていうか優しすぎかも〜。ってなところに大ニュース!浦賀沖に異国の船がやって来ました、いいよいよ黒船来航!もうもうと立つ埃逃げ惑う人々上へ下への・・・江戸の皆さんはちょっと騒ぎすぎかも〜〜〜?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い 面白い

トラックバック(23件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
龍馬伝 第4回「江戸の鬼小町」
龍馬伝のお時間です。(^-^) さっそくあらすじ・・・・ ...続きを見る
みはいる・BのB
2010/01/24 20:50
大河ドラマ「龍馬伝」第4話「江戸の鬼小町」
江戸での出会い----------!!ついに龍馬は江戸へ!!そこでまずはお世話になる北辰一刀流の千葉道場へ挨拶へ向かう事に。そこでは女や子供まで剣術に励むよう。だが、本物の道場はまた別格!!この差は分かりやすくてよかったわ。凄い迫力のある練習の中、千葉定吉に挨拶す... ...続きを見る
◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆
2010/01/24 20:58
「龍馬伝」第4回
   第4回「江戸の鬼小町」江戸に到着した龍馬は、北辰一刀流の名門である千葉道場に入門する。龍馬は道場主の定吉の息子、重太郎に案内されて道場に入るが、そこにいた佐那から腕試しをしたいと言われる。素早い竹刀さばきで佐那に打ち込まれた龍馬は、江戸の高度な剣... ...続きを見る
日々“是”精進!
2010/01/24 21:00
大河ドラマ「龍馬伝」時代の変革者4鬼小町に完敗した龍馬はけいこに励み鬼小町も敵わぬ強さを身に付けた
大河ドラマ「龍馬伝」第4話は江戸についた龍馬は早速千葉道場に入門するが、入門早々千葉定吉の娘の佐那の素早い剣に打ち込まれてしまい、完敗した龍馬は厳しいけいこを始めた。一方で江戸の街を見る事も目的としたが、厳しいけいこの前ではなかなか見る時間もない。しかし... ...続きを見る
オールマイティにコメンテート
2010/01/24 21:06
大河ドラマ 「龍馬伝」 #4 江戸の鬼小町
江戸に出てきた龍馬の珍道中・・・ですね。 ...続きを見る
雨ニモマケズ 風ニモマケズ
2010/01/24 21:18
『龍馬伝』第4回「江戸の鬼小町」
江戸に着いた龍馬と溝口。土佐を出発してから30日目。賑わう江戸の町に胸躍る龍馬。築地土佐藩中屋敷。剣術修行に来た龍馬。真面目に翌日、千葉道場に挨拶に行く龍馬。北辰一刀流。重太郎が子供達を教えている。近頃は女子供商人達の入門が増えている。道場に太鼓を入れて... ...続きを見る
strの気になるドラマ 気になるコト
2010/01/24 21:22
龍馬伝4 どうしてどうして出会ってしまったのぉ私達 by佐那
いやあぁ今日は楽しかったなあ。 やはり江戸は広いしぃ、 人もいっぱいいてお祭り騒ぎだしぃ 何か楽しいことが一杯ありそーな予感? ...続きを見る
ぱるぷんて海の家
2010/01/24 21:37
【龍馬伝】第四回
江戸に入った龍馬は、早速、千葉道場に挨拶に行く。千葉道場では、道場主・千葉定吉の娘・佐那が龍馬と立ち会い、龍馬はこてんぱんにやられてしまう。佐那は千葉道場の鬼小町と言われており、誰も勝てる者はいないのだった。女、子供まで加わった大人数の稽古。自分よりも... ...続きを見る
見取り八段・実0段
2010/01/24 21:44
龍馬伝〜第4回 感想「江戸の鬼小町」
龍馬伝ですが、坂本龍馬(福山雅治)は殷賑の江戸の街に着きます。火を吹く大道芸人や浮世絵、松の盆栽など色彩豊かで人も多いですが、龍馬は「みんな生き生きしちょるのう」と喜びます。千葉道場では女子供相手の剣道教室もやっています。龍馬は千葉重太郎(渡辺いっけい)に「太鼓でも叩きながらやれば評判になる」など斬新奇抜なアイデアを提案します。 武士相手の道場は裂帛の気合で迫力もありますが、奥には千葉定吉先生(里見浩太朗)が鎮座まします。千葉の鬼小町こと佐那(貫地谷しほり)も登場しますが、小さい体ながら俊敏な... ...続きを見る
一言居士!スペードのAの放埓手記
2010/01/24 21:48
☆「龍馬伝#4」鬼小町の笑顔♪
江戸に着いた龍馬。まずは千葉道場へご挨拶に〜いきなりの千葉の鬼小町との対戦に〜龍馬。。手も足もでません〜大河ドラマ「龍馬伝」公式ページ日々熱心に稽古に励む龍馬はめきめき上達したのかな?朝の子供たちのお稽古も龍馬がつけるほどに稽古に太鼓を使えば〜って言っ... ...続きを見る
・*:・ふわゆら生活・:*・
2010/01/24 22:14
『龍馬伝』 江戸の鬼小町
JUGEMテーマ:エンターテイメントついに江戸へ入った龍馬。見るものすべてが珍しいようです。「日本橋でも見物に」という溝淵の誘いをことわり、さっそく千葉道場へ挨拶に。大先生の千葉貞吉に紹介状をわたすと、いきなり娘の佐那と立ち会うよう言われました。その女剣士は、目にもとまらぬ剣さばきで龍馬を翻弄。これには龍馬も驚いたけど、一方で重太郎へ稽古に太鼓のリズムを取り入れる提案をしたりもします。剣を学び、生き生きとして暮らす龍馬は、土佐へも手紙を。両親も兄も、修行にはげむ龍馬の消息を喜びましたが、ひとり乙... ...続きを見る
ふるゆきホビー館
2010/01/24 22:19
龍馬伝 第4回「江戸の鬼小町」
龍馬の江戸行きによって関係する多くの人が刺激を受け、いい意味で影響を受けて向上心が芽生えつつある印象を受ける話でした。まず土佐では武市さんと岩崎弥太郎の2人で、弥太郎にずばっと指摘されたように龍馬がいなくなってから積極的に自分の道場をもり立てていきます。まるで龍馬が江戸に行けて自分が行けなかったという無念さを道場という場所で発散するかのようなその表情は悲痛に満ちています。弥太郎から指摘されたとき、暴れるのかなと思ってみていたのですがそんなこともなく気持ちを抑えていました。 もうひとりの弥太郎は、... ...続きを見る
あしたまにあーな
2010/01/24 22:20
龍馬伝−第4回「江戸の鬼小町」
いよいよ「江戸編」のスタートとなりました。 龍馬の人生を俯瞰すると,その功績は慶応年間の3年間に集約されている訳ですが,嘉永6(1853)年から元治元(1864)年という少なからぬ年数を過ごした(勿論その間に土佐に帰ったり脱藩したり神戸海軍塾の塾頭を務めたり,勝と長崎に行ったりしていましたが)江戸での生活は,その生涯の中でも最も明るく活気に満ちた時期ではなかったでしょうか・・・。 ...続きを見る
koshiのお部屋2
2010/01/24 22:42
大河ドラマ 龍馬伝 第4回 「江戸の鬼小町」
貫地谷しほりの千葉佐那(漢字なのね)役 期待通り、いや期待以上に善いね〜 彼女が将来、龍馬と恋に堕ちて(自称)奥さんになるのだが 「鬼小町」と呼ばれた、 負けん気の強い、キリっとした姿 緒川たまきを超えたかも?! ...続きを見る
しっとう?岩田亜矢那
2010/01/24 22:51
大河ドラマ 龍馬伝 第4回 「江戸の鬼小町」
貫地谷しほりの千葉佐那(漢字なのね)役 期待通り、いや期待以上に善いね〜 彼女が将来、龍馬と恋に堕ちて(自称)奥さんになるのだが 「鬼小町」と呼ばれた、 負けん気の強い、キリっとした姿 緒川たまきを超えたかも?! ...続きを見る
こちら、きっどさん行政書士事務所です!
2010/01/24 22:52
大河ドラマ 龍馬伝 4話
今日も、ましゃは男前やったぁ〜。 上半身の筋肉&割れた腹筋。 サボってないわぁ〜。 &nbsp; 私のお腹、鏡もちみたいになってるぅ〜。 &nbsp; 佐那の 「私は・・・弱くない・・・」 「あなたが、強過ぎるんです」 このセリフええわぁ〜。 &nbsp; 女性としての可愛さを感じます。 &nbsp; でも、ましゃ、押し倒したらあかん。 ...続きを見る
お地蔵さまの寄り道
2010/01/24 22:57
大河ドラマ「龍馬伝」第4話「江戸の鬼小町」
こちらは本家「空想野郎の孤独語り」ミラーブログになります。 コメントなど、本家に頂けたら嬉しいです♪ http://engage10.exblog.jp/12025015/ ...続きを見る
空想野郎の鏡語り
2010/01/25 00:12
【大河ドラマ】龍馬伝第4回:江戸の鬼小町
画面がピンク色(ノ∀`)アチャー【今回の内容】・龍馬は北辰一刀流の千葉道場に入門 佐那と手合わせするもボロ負けする 龍馬の助言で千葉道場の初心者部門に太鼓導入・土佐では着々と門人を増やす武市 弥太郎にも声をかけるも、龍馬への嫉妬を見抜かれる・学問の塾を開... ...続きを見る
山南飛龍の徒然日記
2010/01/25 00:34
龍馬伝「江戸の鬼小町〜開眼のヒーロー」
「土佐より参りました坂本龍馬と申します」 ...続きを見る
よかったねノート 感謝の言葉にかえて
2010/01/25 01:22
福山雅治『龍馬伝』第4回★貫地谷しほり登場!!
『龍馬伝』第4回:江戸の鬼小町 ...続きを見る
世事熟視〜コソダチP(気分は冥王星)
2010/01/25 11:27
大河ドラマ「龍馬伝」第四回 『江戸の鬼小町』感想
感想のみ書きます。色々突っ込みも入れているんで苦手な方は回避して下さい。今回は北辰一刀流千葉道場が舞台ですね。鬼小町=千葉佐那の竹刀さばきが凄まじく早い・・・・・竹刀を握っていたのは女性剣士の方ですよね?小柄だったし女性でもあんな動きができるのかとため... ...続きを見る
徒然”腐”日記
2010/01/25 14:08
《龍馬伝》☆04
龍馬たちは土佐を発って30日かかって江戸に入った。 まず世話になる千葉道場に挨拶に行った。第道場では、子供たちが黄色い声で英、やあとやっていた。そこを覗くと千葉重太郎がいた。近頃は、女、子供商人たちが増えてきたと、重太郎はご時世ぶりを話した。 ...続きを見る
まぁ、お茶でも
2010/01/26 21:30
龍馬伝 #04 江戸の鬼小町
大河ドラマの 『龍馬伝』 を見ました。(以下ネタバレです。まだご覧になっていらっしゃらない方はご注意して下さい)江戸と土佐今回のお話は土佐に残された武市氏と、多度津から無... ...続きを見る
ビヨビヨ素材日記2
2010/01/27 02:38

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
今日は龍馬を中心に江戸と土佐とそして幕府とが描かれていてよかったと思いました。
幕府の場面はしっかり伏線になっていたし。
まぁ、バレバレの伏線ですが。
ryi
2010/01/24 21:15
ryi様、こんばんは〜。
ご存じ!ってなところに差しかかってまいりましたものねえ。
ついこの間の篤姫様のストーリーが頭をよぎって、
なんだか複雑な気持ちにもなる今日この頃でございます。
真田
2010/01/24 21:24
やんややんや。テンポ良く歯切れのよい文章、
敬服します。俺の名前は引導代りだの部分
思わず笑っちゃいました。
なるほど。旨く役者さんを立ててらっしゃる。
感動です!!
やんややんや
2010/01/25 01:24
やんややんや様、いらっしゃいませこんにちは〜。
おほめにあずかり恐悦至極、ありがとうございます。
やっぱり褒められれば正直嬉しいもので、これがなんともエネルギー!
またブログを書く活力にさせていただきます〜。
真田
2010/01/25 07:17
そうそう、自己コメントの追記を少々。一夜あけまして改めまして、
裸勝負が凄かったですねえ。いえ、ムキムキ筋肉龍馬君VSぽっこりお腹の溝渕殿〜。夢に見そう〜。
それと剣術勝負、佐那さんの攻めはアレ木刀竹刀だからこそのジェット攻撃に見えました。
これが真剣での実践勝負であれば、ああは出来ますまい。ましてや相手が怪力だったら・・・。
実際龍馬君の反撃は力づくで木刀を握りとってしまうと言うものでした。
シナリオなのか演出なのか、でも実にうま〜く考えてらっしゃいますねええ〜。
真田
2010/01/25 07:26

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
NHK大河ドラマ「龍馬伝」第4回「江戸の鬼小町」 真田のよもやま話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる