真田のよもやま話

アクセスカウンタ

zoom RSS 大河ドラマ「天地人」第30回「女たちの上洛」

<<   作成日時 : 2009/07/26 20:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 16 / コメント 2

好演というか怪演というか、絶好調の笹野・秀吉様。天下の名優松方様を従えて、天下のヒロイン富司様を傅かせて、しかもしかもしか〜も天下のドロンジョ深キョン様には縋りついちゃって、おまけにおまけにスペシャルインタビューでも大活躍・・っていうか大喜び、っていうかわが世の春、っていうかまさに今太閤ですねえ〜〜〜。

さあああって今週のお習字は〜〜〜「茶室は戦場」!三畳間の密閉空間、そこで腹を割って話そう!・・・って、そこで黄金張りですかあ〜。まさに絢爛豪華な秀吉様好みと、渋くて渋い渋好みの利休様のと、所詮相容れない関係だったんでしょうねえ〜。

 やっぱり大海女だった景・兼主従!・・って、海女さんになってどうするの!しっかりしなさい私っ!海女ではなく甘!大甘!とんだスイーツさんですよ、お二人とも!
 小田原征伐がうまくいって、大喜びで帰国したお二人を待っていたのは、待ち焦がれていた恒久平和ではなく、またも訪れた波乱の展開!秀吉様からのご下命は、国主殿の奥方を上洛させよと。これ決して物見遊山の京都観光ではなく、むしろ人質!いえいえ、誰がどこからどう見ても、表も裏もなく真っ向勝負の人質政策!
 でもそんななかでもしっかりとお子様を育てて、ちゃっかり二人目まで身ごもっているお船さん。ずいぶん大きなお腹でしたねえ〜。
 人を信じられない秀吉様みたいな感じもいたしますけど、後年の徳川幕府だってそういう政策をなさいましたし、これこそ世のため人のため、戦のできない体制を作るためには当然っちゃあ当然。考えてみましたら以前は、北条家からも真田家からも人質を取っていた上杉家ですもの。こりゃあ文句をいう訳にも参りませんよねえ〜。
 ところがどっこいすもうでどすこい、菊姫様は承知なさいません。考えてみましたらそもそもこの方、もともと人質みたいにして武田家から嫁いでこられた方でした!人質の人質なんてまっぴら御免の助三郎?でもこれ、拒否したらきっときっついお裁きが待ってますよ?きっとおそらく越後征伐ってな展開になっちゃいますよ?そんなんなって共倒れになったら元も子も孫も曾孫もなくなってしまいますよ、菊姫様〜〜〜。
 こおおんなときにやっぱり活躍するのは女性陣、っていうか今年の大河はもういっそ「お船物語」とでもしちゃった方がよろしいんじゃないかしら・・・ゲフンゲフン、それはまあともかく、お船さんが菊姫様の説得を買って出ましてさっそくお見舞い。心労で寝込んじゃった菊姫様をお見舞いです。おっきなお腹で・・・このお腹、なんだか思い出しちゃいますねえ、北桜関・・・。

 さてさてお船さんの説得の手立てやいかに・・・ってのはまた後々の楽しみといたしまして、景・兼主従はまたも上洛。一度上洛しちゃったら随分気易く行き来されてますねええ〜(汗)。
 菊姫様は病でふせっておりますと猶予を願い出る景勝様。少々むっとされる秀吉様、病ならしょうがないと取り成される淀様、そしてそんな淀様をさらにけん制する北の政所様、真ん中で目を白黒される秀吉様。魅せますねえええ〜〜〜。
 さて京都では重大事件が勃発してました。千利休様反逆の罪で逮捕監禁!
 ってなところでまたまた越後のエピソード。なかなか上洛にご同意されない菊姫様。説得に来ていたお船さんがいきなり産気づいて、もう生まれるってな成り行きで、あき侍女さんがではってきて、すーすーはーってやってる所に菊姫様!お、おおおおお、奥方様が家臣の出産のお世話をされてます〜〜〜!これまた天下の一大事〜〜〜〜〜!でも無事に兼たんの二人目のお子さんもご出産。そこに立ち合われた菊姫様の胸に何か温かいものが・・・

 さてまた京都でございます。利休様の警護役になった景・兼主従、利休様の胸の内を問われます。利休様はもうあえて罪人の汚名を着る覚悟。ここで秀吉様に頭を下げたら、利休の茶は穢れてしまうと。お涼さんは割り切れない悔しさを兼たんにぶつけますが、これはもう後の祭り、いまさらどうこうできるレベルではなく〜。お茶人の大立者のパイオニアの千利休様、切腹!時代劇で見てきた江戸時代の切腹とはまた様子の違うお作法でしたねえ。泣き崩れるお涼さん、そっとハンケチ(?)を差しだす兼たんに縋りついて号泣!
 事の成り行きが腑に落ちない兼たん、三つにゃんを攻め立てますが、これは三つにゃんとしてもどうにもこうにもなりゃしない事態でございます。戦争のない世の中を作るためには全ての権力を秀吉様に集めねばならず、楯つくものを粛清するのはやむを得ないという三つにゃん。対する兼たん不満顔・・ですが、ついこの間兼たんだって、やむを得ないとして農民の女子供まで殺戮してたんじゃなかった?八王子城で〜。
 でもそれはそれ、これはこれ。この世は人で成り立つもの、情を忘れたら人はついてこないと言い募る兼たん。このシーンのここだけ聞いていたら、後々の三つにゃんの滅亡まで示唆するイイセリフなんですけどねええ〜。

 さあでも、おちおちしてはいられません。あの千利休様でさえ、秀吉様に反逆したら即切腹の異常事態、っていうか絶対主義の独裁者となりはてました秀吉様でございます。
 越後に帰って菊姫様を説得です。さっさと人質になってチョンマゲと、仙桃院様まで担ぎ出して説得工作。・・あ、菊姫様がお嫌なら、仙桃院様がなったらいかがかしら?人質に・・。それは鬼過ぎ?でもでも一向聞き入れる気配のない菊姫様。お名前は「きく」姫様ですのに一向「きく」耳持たない菊姫様でございます。
 とうとう堪忍袋の緒が切れたメガシャキ景勝様、主君として上洛を命令します!するとやっぱり菊姫様、ついに御自害!・・・のすんでのところでお約束通り止めに入るはお船さん。
 にしてもそのご自害の動機が、私を道具としか見ていないとか、京都に行ったら側室を持つつもりだろうとか・・あまりにも、あまりにも・・おろかな・・・。
 こうなりますとこの後の展開はやっぱりお約束通りの・・・「お供いたします」が出ちゃいましたよ〜〜〜。お船さんも一緒に行きますからという事で菊姫様を説得して、こんどは兼たんが超ビックリ!そんな、お子様はど〜〜〜するのおおおお???
 あ、でも、お船さんがおっしゃるには、この上洛が、即ち国の安定、即ち子供の幸せってな事で〜〜〜。・・・ありゃりゃあ、行っちゃいましたよ。兼たん、とおおんだとばっちりでしたねえ。しかもこれこその旗印みたいに言われちゃって。ますますどっちが主人公なんだか。



【茶器/茶道具・菊地政光 釣釜(風炉兼用)】鶴首釜 無地 紹鴎好写
茶道具・抹茶・スイーツのほんぢ園
・胴が丸く、口造りが細長くて鶴のように上に伸びた形の釜です。 ・釣釜(風炉兼用)・無地・紹鴎好写Q&

楽天市場 by ウェブリブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(16件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
天地人 第30回「女たちの上洛」
天地人のお時間です。 あらすじ・・・ ...続きを見る
みはいる・BのB
2009/07/26 20:45
大河ドラマ 「天地人」 女たちの上洛
小田原征伐が終わり、 秀吉の天下統一がなろうとしています。 細かいところを無視したら、完全統一ですねぇ。 ...続きを見る
雨ニモマケズ 風ニモマケズ
2009/07/26 20:50
大河ドラマ「天地人」第30話「女たちの上洛」
茶室は戦場------------!?秀吉の天下統一のせいで、一息つけた越後。凱旋して戻ってきた兼続。これでしばらくは大きな戦はないはずと安心していたのですが・・・今度は菊姫に受難が(><)なんと秀吉ってば菊姫に上洛しろって。当然嫌がる菊姫。話をしようと日参するお... ...続きを見る
◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆
2009/07/26 20:57
天地人30 イクサシーンより出産シーンに凝りまくる大河って?!
今まであまり存在感のなかった千利休が切腹。 このエピソードが今回の中心かと思ったけど、意外と簡単に切腹して果てた。 千利休切腹の原因は、ホントのところ余りよく分かっていないらしい。 ...続きを見る
ぱるぷんて海の家
2009/07/26 21:25
『天地人』第30回「女たちの上洛」
茶室は戦場。主と客の2人の密室。。政治に利用した秀吉。。その指南役だった千利休も、重きを成したが。。秀吉の政の刃が迫っていた。。天正18年(1590年)11月、秀吉方に参陣していた上杉軍、越後に凱旋。平和な世が来たと、親子水入らずの時が過ごせると、ホッと胸をなで... ...続きを見る
strの気になるドラマ 気になるコト
2009/07/26 21:35
天地人−第30回「女たちの上洛」
小田原の役の次は,大和大納言逝去か利休切腹,そして文禄の役か・・・と思ったら,利休でしたね。 利休と上杉家の関係・・・となると,天正14(1586)年の上洛の際に茶席に招かれたことと,天正19(1591)年の切腹の際に,弟子たちが利休奪還に来るのを恐れた秀吉が景勝に利休の京都屋敷を包囲・警備させたことぐらいしか知りません。今日のエピソードは,後者を膨らませたものでしょうが,実際どの程度景勝・兼続主従が関わっていたのかは不明です。多分,秀吉の命で仕方なく警備についたのでしょうし,きっと後味の悪い... ...続きを見る
koshiのお部屋2
2009/07/26 21:37
【天地人】第三十回
天下は関白殿下の手でのみ行われなければならぬ。邪魔者はあってはならぬのだ。何故におぬしはそうなのだ。今少し、人の情と言う物を持てぬか。今、情に流されては、戦国の世に逆戻りだ。それでもいいのか?千利休が謀反の疑いを掛けられて自刃させられた。父は関白殿下の... ...続きを見る
見取り八段・実0段
2009/07/26 21:42
天地人 第30回「女たちの上洛」
とうとう平穏の時がやってくることになります。前回まで盛り上がった伊達政宗についても今回はまったく登場せず、まるでなかったのようになってしまっている状態なんですが、京では千利休の身に危機が及んでいたのです。 ...続きを見る
あしたまにあーな
2009/07/26 22:08
大河ドラマ「天地人」忠義の愛30利休の切腹で諸大名に見せ示し菊姫はお船と供に上洛する
大河ドラマ「天地人」第30話は天下統一を果たした秀吉だったが、今度は各大名の正室を人質として京に住まわす事を目論む。上杉家も当然その対象になり、菊姫に上洛を促すが、菊姫は上洛を拒否する。その後景勝と兼続は上洛した直後に利休が反逆罪で監禁されており、その数... ...続きを見る
オールマイティにコメンテート
2009/07/26 22:11
『天地人』 女たちの上洛
JUGEMテーマ:エンターテイメント小田原戦終結とともに天下統一がなったものの、今度は豊臣政権に影がさすことに。このドラマでは出てきませんでしたが、このころ秀吉の弟で良き補佐役でもあった秀長が病死してしまい、天下人の秀吉に諫言できる人物はほとんどいない状態となったのが大きいようです。そんな数少ないひとりであった千利休は、しだいに秀吉の機嫌をそこね、ついに切腹を命じられます。このとき利休の屋敷を警護という名目で包囲し監視したのが、上杉勢でした。この指令が上杉に下ったのは、おそらく利休とのつながりが... ...続きを見る
ふるゆきホビー館
2009/07/26 22:53
『天地人』第30回:女たちの上洛★嫌なものは嫌にございます
大河ドラマ『天地人』第30回:女たちの上洛 ...続きを見る
子ソダチP's 光速L(気分は冥王星)S...
2009/07/27 09:11
利休失脚!!
それにしても、豊臣政権の大黒柱、豊臣秀長の死がこれほど 軽く扱われるとは{/cat_5/} 秀吉の実弟ですが、欲が無く豊臣の為だけを考えていた秀長 だからこそ秀吉からも厚い信頼を得ていたのです{/kirakira/}{/kirakira/} お船のリアルな出産シーンを描くのなら秀長の死をもっと描 いて欲しいと思ったのは僕だけでしょうか{/kuri_5/} 豊臣の凋落は秀長の死から始まったと僕は思っていますが、 秀長にもう少し寿命があったのなら徳川幕府もおそらく出来 ていなかったでしょうね{/fu... ...続きを見る
函館 Glass Life
2009/07/27 14:40
★「天地人#30」母になりたい。。
おきのどくな。。千利休さま。。いろんな事情で政の犠牲になるのですね。。でも。。なんで切腹なの?武士でもないのに?大河ドラマ「天地人」公式ページお涼さま。。父上の最期の日。。なぜか兼続と・・心を静めようと茶を点てるでも動揺をかくせず号泣〜〜〜兼続にヒシッ... ...続きを見る
・*:・ふわゆら生活・:*・
2009/07/27 17:32
武王曰く、雌鳥が鳴くと国滅ぶ。今回の感想の一言はこれ以外にない。
景勝の「天地人」第30話 ...続きを見る
休羽捫虱堂
2009/07/27 19:12
大河ドラマ:天地人 第30回「女たちの上洛」
何というか、その・・・長い長い45分でした(;^_^Aアセアセ・・・【本日の流れ】・上杉軍、越後へ凱旋・いつの間にやら懐妊しているお船・秀吉からの命で、上洛するように景勝から説得されるも菊姫拒否 イライラ菊姫、様子を見に来たお船に毒づく・景勝と兼続が上洛。菊姫... ...続きを見る
山南飛龍の徒然日記
2009/07/27 20:33
天地人 #30 女たちの上洛
大河ドラマの 『天地人』 を見ました。 (以下ネタバレです。まだご覧になっていらっしゃらない方はご注意して下さい) ...続きを見る
ビヨビヨ素材日記3
2009/07/30 07:07

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
利休を出すんなら、もうすこし深く扱って欲しかったなぁ。と思いました。
ryi
2009/07/26 20:52
ryi様、こんばんは〜〜〜。
時代を描くなら利休様を出さないわけにはまいりませんし、
しかもほら、お涼さんをああいう扱いにしちゃったからなおの事・・
風聞伝承で済ますわけにもいかないでしょうし、
なかなか難しい立ち位置ではございますが、にしてもしかし、
どうせでしたらもう少〜し、両者の蟠りの対立過程を描いてほしかったですよねえ、確かに〜〜〜。
真田
2009/07/26 21:08

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
大河ドラマ「天地人」第30回「女たちの上洛」 真田のよもやま話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる