大河ドラマ 篤姫 第12回「さらば桜島」

さらば故郷桜島
 さらば桜島と申しますか、さらば鹿児島、いえいえ、さらば故郷のさらば父母の、みなさ~まさあ~らあ~ば~ああ~!これって今生の別れなんでしょうねえ。距離も遠いですけど、身分の隔たりが余りにも、余りにも~~~。

再会は非情のライセンス~?
 篤姫様の将軍家へのお嫁入りが間近に迫ってまいりました。お道具も多いですし豪華ですし、大変そう~。お船を使われるそうですけど、船酔いとか大丈夫なのかしら?というあたふたとした状況で、島津家家臣たちへの別れの宴が執り行われます。一同打ち揃ったところに、斉彬様に連れられて篤姫様ご登場。お一人だけ赤くてきらびやかなお召もの。きれいでしたねえ~。
 篤姫様のお気持ちは餅の論で実の父母との対面・・ですが、これがあなた胸が張り裂けて千々に乱れる事態になっちゃいました。あくまでも姫様と家臣との儀礼的で型通りの挨拶しか許されなかったんです。ちょっと横を向いて心ならずも他人行儀の挨拶する様子の忠剛パパ。親子兄弟を他人として家来として目下として言葉を返すしかない篤姫様。胸を打つ熱い涙も暖かい人の情けの交流も一切シャットアウト!横で幾島が意地悪~く邪魔をして、篤姫様は茫然自失な状態。
 肝付家との対面では尚五郎くんから大久保ママさんお手製の手毬をもらいました。そして今和泉家の皆ををよろしくと頼んだところでとうとう涙が・・・ってところで幾島がインターセプトの対面中断の雷お歳!も、もとい、雷を落としました。感情を露わにしただけでこんなに絞られるだなんて、お姫様ってやっぱり厳しい身分なんですねええ。こんなにも自分を抑えて、感情を殺して生きて行かなきゃならないだなんて、もう生きているんだか死んでいるんだか分けわかめのがごめコンブ!
 しかもこれからの道行は、まず京都の近衛家に行って、いったん右大臣・忠煕様の養女になって、それから改めてお嫁入りするんですって。養女の養女のお嫁入り、身分制度のややこしい江戸時代ならではの二段変身サンダーマスクですよっ!もう、自分が誰かもわかんなくなっちゃいそう・・・。

改めまして本当の親子の対面別れの愁嘆場~
 こんなにひどい仕打ちをしてるっていう自覚があったのか、斉彬様の毎度おなじみ「粋な計らい」が発動です。今和泉家の方々をお城に呼んで篤姫様と会わせ、きっちりひと払いをして、実の親子水入らずの時間を作ってあげました~。いい役どころですねえ、英樹さん。
 久しぶりに父上様母上様と呼びかけて、手と手を握り合う事が出来ました。忠剛パパさん、もう涙をこらえて上向いて。あのおバカな兄上もこうして見るとイイ人ですねえ。そして幸ママさんはしっかりと元気づけてくれました。そうそう、侍女のしのが久しぶりに目立ったのも良うございました。というか、ホッとしました~。
 この一件は原作にはなかったように思いますけど、実に何だかこう、溜飲が下がりました。
 と、ほっとしたのもつかの間!忠剛パパさん倒れた!お顔が怖い~!余りの心労心痛にとうとう・・・。篤姫様のお嫁入りの行列がお家の前を通る時には、病を隠してきっちり門前で平伏をされてましたけど、それに礼を返してはいけない立場の篤姫様。ですが、止める幾島をものともせずに、黙礼を返されました。これが人生で見る最後の父母兄弟家族たちの姿かと思えば、頭を下げずにはいられないでしょう!それでこそ人間でしょう!ここでつんと澄ましていたら仙人に命を奪われちゃいそうなシチュエーションでしょおおお~っ!
 我が娘の駕籠を見送って、いつまでも立ち去りがたく・・・と、またも倒れる忠剛パパさん(涙)。

本日のトリオ・ザ・サツマ~
 ついて行きましょうという西郷さんの提案で、篤姫様の駕籠を追って走っていった三人。最初は照れて渋る尚五郎くんを、西郷さんと大久保君とで間に挟んで強制的に連行していきましたっけwww。やがて姫様は桜島の見える丘で駕籠から降りて、桜島に向って最後のご挨拶。そこまで付いてきていた三人ともお別れのごあいさつ「お元気で」。汗だくの尚五郎くんは「必ず江戸へまいります」って。でももうこんな風に会う事はないんでしょうけどねえ~。

本日の憎まれ口~
 超豪華なお支度の品々とともに船上の人となられた篤姫様。その胸に去来するのはかつての母上の教え「人には役割がある」。で、改めて幾島に向かって言うには、「私はそなたが嫌いじゃ」と。そして、嫌いだからこそ、薩摩を思って泣くのはこれで最後にするとそなたに誓うって。嫌いな人に笑われたくないから誓いを守るだろうって・・・。これ、嫌いと言いながらもちゃんと幾島を認めた発言ですねえ。憎まれ口というよりは決意のこもった魂の言葉なのでございました~。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年03月23日 20:58
来週からの展開を考えると、
ほのぼのしていられたのも今週までですね・・・。
真田
2008年03月23日 21:01
ryi様、こんばんは~。
来週からは風雲怒涛編って感じですねえ。
薩摩から出てしまったらもう、粋な藩主の計らいで家族でパーティーできたとさ・・・ってな展開も期待できなさそうですものねえ~。

この記事へのトラックバック

  • 大河ドラマ 「篤姫」 さらば桜島

    Excerpt: いよいよ旅立ちの日・・・でしょうか。 Weblog: 雨ニモマケズ 風ニモマケズ racked: 2008-03-23 21:00
  • ★篤姫の送別会~・・「篤姫12」

    Excerpt: 今日は日曜日。。いつもどおり8時からは大河ドラマを楽しみましたぁ~先週の篤姫は関西では視聴率トップでしたよ23%くらいだったかな。。?すごいですね大河ドラマ「篤姫」今日は江戸に旅立つ篤姫の送別会懐かし.. Weblog: ・*:・ふわゆら生活・:*・ racked: 2008-03-23 21:06
  • 篤姫・第12話

    Excerpt: 「篤姫」オリジナルサウンドトラックTVサントラ,吉俣良ポニーキャニオンこのアイテムの詳細を見る 薩摩藩が一度の参勤交代で使った費用はおよそ5億円・・・これじゃ幾らあっても足りませんよね。最も、幕府に.. Weblog: ブルー・カフェ racked: 2008-03-23 21:08
  • 『篤姫』第12回「さらば桜島」

    Excerpt: 2008年『篤姫』第12回。。2万両≒5億円。17000km2ヶ月近く。薩摩藩が参勤交代に要した労苦。篤姫の江戸への出立の準備が始まる。つか、また篤姫は元に戻った?まぁ、実の両親に会えるんだから仕方な.. Weblog: strの気になるドラマ 気になるコト racked: 2008-03-23 21:13
  • 篤姫 #12 さらば桜島

    Excerpt: 大河ドラマの 『篤姫』 を見ました。 (以下ネタバレです。まだご覧になっていらっしゃらない方はご注意して下さい)今回のお話はずっと涙が出て来て仕方が有りませんでした…… ... Weblog: ビヨビヨ素材日記 racked: 2008-03-23 21:16
  • 篤姫12 尚チャンは篤姫にとって都合のいい男?

    Excerpt: 「さらば桜島」って、前回の七夕再会に続き今日もスイーツ路線ですか? 薩摩の人々との別れを描く甘~いお涙頂戴物語だと分かっていても、何となく観てしまうワタシですが。そう言えば最近すっかり甘党になってき.. Weblog: ぱるぷんて海の家 racked: 2008-03-23 21:17
  • 篤姫#12

    Excerpt: 薩摩編は今回までということで、今回は薩摩を旅立つ所まで、という物語。今後もしばらくは薩摩も出てくるが、篤姫が今後薩摩の地にということはない。ということで、細かく分けると、今泉編と鶴丸城編に分けられる「.. Weblog: MEICHIKUえんため・ぶろぐ racked: 2008-03-23 21:23
  • 大河ドラマ「篤姫」第12話「さらば桜島」

    Excerpt: 篤姫出立の宴。久しぶりの懐かしい人たちの再会。これでまた当分出番ないのであろう久光も登場!!囲碁の話になって、いつもの「女の道は一本道」話をする篤姫。立派な受け答えが出来るようになりましたねぇ。斉彬も.. Weblog: ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ racked: 2008-03-23 21:24
  • 篤姫「さらば桜島」

    Excerpt: 篤姫「さらば桜島{/s1_spr_sakura/}」 今日も泣かされた。 四半時の家族対面で泣けた{/hamster_6/}。 宮崎あおいと樋口可南子さんの演技が良かったですね。 両目に涙を溜めるの.. Weblog: ありがとう!、あてつけじゃないよ。 racked: 2008-03-23 21:32
  • 篤姫第12回「さらば桜島」

    Excerpt: 遂に篤姫が薩摩を離れることになりました。いきなり江戸へお嫁入りではなくていったん京都の他家へまたまた養女となってから将軍家へのお輿入れとなります。篤姫が薩摩を発つにあたって島津家にまつわる人々がお別れ.. Weblog: さくら色通信 racked: 2008-03-23 22:09
  • 篤姫~第12話・さらば桜島

    Excerpt: 篤姫(宮崎あおい)は、久々の父母との再会で機嫌よく着物を選びます。絢爛豪華なお召し物がこれでもかと干されてますが、広川(板谷由夏)も追従笑いで付き添います。しかし、幾島(松坂慶子)は「もう決まっており.. Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記 racked: 2008-03-23 22:31
  • 篤姫(3月23日)

    Excerpt: 実の両親との対面と別れ。 「忠剛殿、お幸殿・・・・」 Weblog: 今日感 racked: 2008-03-23 22:35
  • 篤姫 第12回「さらば桜島」

    Excerpt: 今回がいよいよ、薩摩での篤姫最後となってしまいました。 今まで前振りが長いかなぁと思っていたんですが、篤姫が鶴丸城に上がってからは疾風のごとく時が過ぎていってしまったよ... Weblog: あしたまにあーな racked: 2008-03-24 00:42
  • 篤姫 第12回「さらば桜島」

    Excerpt: 今回がいよいよ、薩摩での篤姫最後となってしまいました。 今まで前振りが長いかなぁと思っていたんですが、篤姫が鶴丸城に上がってからは�... Weblog: あしたまにあ~な racked: 2008-03-24 00:43
  • 篤姫 第12話『さらば桜島』 感想

    Excerpt: 尚五郎(*´Д`)ハァハァアワーも今日でおしまい。淋しくなるわ~! Weblog: またつまらぬものを書いてしまった racked: 2008-03-24 02:29
  • 篤姫第12回「さらば桜島」

    Excerpt: 江戸に出立する前に篤姫(宮崎あおい)をお披露目するために薩摩藩の主だったものが集められた。斉彬(高橋英樹)の弟忠教(山口祐一郎)は篤姫と話し、囲碁を女性の人生にたとえた話から「兄上が養女に迎えた理由が.. Weblog: OUR DAYS  racked: 2008-03-24 04:20
  • 篤姫 第12話

    Excerpt: いよいよ篤姫の出立っ!その前のお披露目&宴が始まります。 Weblog: 一期一会の彩りを求めて・・・ racked: 2008-03-24 06:23
  • NHK大河ドラマ篤姫 第12回「さらば桜島」

    Excerpt: 兎に角、元々姫様ではあったのだが、御台所にならねばと言う立場になるとは。 Weblog: よく考えよう racked: 2008-03-24 09:30
  • 篤姫の送別会!!

    Excerpt: いよいよ篤姫の送別会ですね{/sayonara/} 実の父母の前ですら家臣に対する振る舞いと 同じくしなければならないのです。 篤姫にとっては何より辛かった筈です。 それと共に、養女に入った現実をこの.. Weblog: 函館 Glass Life racked: 2008-03-24 10:13
  • 篤姫 第12回「さらば桜島」

    Excerpt: なんともせつない回でありました。 Weblog: みはいる・BのB racked: 2008-03-24 13:21
  • 篤姫感想 十二回「さらば 桜島」

    Excerpt: 毎回思う事 それは OPのアナウンサーのセリフが一々 ツボに嵌るという事。 今回は 豆知識でしたねー。 参勤交代で薩摩藩が使った金額 一万両 今なら5億円!!年末ジャンボよりスゴイ!! 本編.. Weblog: murmur racked: 2008-03-24 13:26
  • 篤姫大河ドラマ・あらすじ 12.さらば桜島

    Excerpt: 篤姫大河ドラマ・あらすじ 12.さらば桜島 今回の大河ドラマ篤姫は「さらば桜島」です。いよいよ篤姫が江戸へ旅立ちます。 篤姫(宮崎あおい)は、薩摩を出発する前に、主な島津家... Weblog: 篤姫大河ドラマ racked: 2008-03-26 01:53