大河ドラマ篤姫 第八回「お姫様教育」

「死せる菊本、生ける於一ちゃんを立ち直らす!」
 菊本の死がどうしてものどに刺さった小骨のように気にかかってきた私ですが、本日遺言の手紙が読まれまして、こう、何と申しますかまさに溜飲の下がる思いがいたしました。新任教官の幾島はさっそく於一ちゃんの言葉の訛を指摘されてましたし、こんなに先の先の先の先まで読んでの自害だったんですねええ~。

本日のかああんたんなあらすじ~
 お城の中は贅沢三昧きんきらきん、でもお城の中の人間は腹黒意地悪陰日向。一緒に連れてきた侍女のしのは末席の端っこですし、於一ちゃんは冷笑渦巻く大きなお座敷で孤立感。老女の広川・・・あの、お婆さんって意味じゃあないんですよ、お役目の名前が「老女」の広川は双六や貝合わせを薦めますけど、これってなんだか窮屈なお姫様みたい。あ、お姫様なんでしたわこの方。でも何だか性に合わなさそうな今日この頃。
 一方時代は風雲急を告げてまいりました。1853年ですから、人はゴミって教わりました1853年!ペルリ提督黒船で開国要求!これを察して阿部老中他と何やら密談してきた斉彬様、右大臣の近衛忠煕様に申し出られたのは、老女・・・くどいようですけどこれ、役名ですから~・・・老女の幾島を譲って欲しいとの願いで。
 薩摩では相変わらずご機嫌の悪い於一ちゃんに広川以下の侍女たちが大弱り。腹の中で馬鹿にしていようとも姫様は姫様、ご機嫌を直していただかないと自分たちの身に火の粉が飛んでまいります。香が聞きたいと言い出された於一ちゃんのために特例としてお近ちゃんが呼ばれてまいりました。
 お近ちゃんと懐かしき歓談、そして手渡される一通のお手紙。生みの母上・お幸様の戒めの言葉。そして何と焼かれたはずの菊本の遺言が同封されておりました。
そこには、何があろうと後へ引く事なく前へ前へとお進みくださいませ!ゴーフォーブロ~クッ!ってな事が書かれておりました。
 菊本の遺言を読んで滂沱の涙の於一ちゃん。でもその心には新たな決意が燃えあがりました!
 そんな所に幾島到着。新しく姫様付きの老女として就任。精一杯姫様らしく労をねぎらう於一ちゃんですが、「・・そいはまことに大義であった」と思わず薩摩訛が。それを見逃すような幾島ではございません。これからじっくり仕込んだるからなああ~と顔で笑って眼で威嚇して、前途多難な於一ちゃんの明日はどっちだ!

本日の感想~
 菊本の遺言が読まれて、ようやく落ち着くものが落ち着いた感じでございます。菊本の声で読み上げられる遺言、胸に迫りました。思わずこちらまで居住まいを正してしまいました。
 冷たく迎えても、そこはやっぱり姫様である於一ちゃんのために精一杯の気遣いをする広川たち、その立場や責任感に思いの及ばない於一ちゃんでしたが、立ち直った自分の一挙手一動に満面の笑みをたたえる広川たちを見て、一歩前進した様子でした。ただまあ、まだまだ、いわゆるひとつの付焼刃って感じ~?

本日の大久保さん~
 ようやく謹慎が解けた大久保君、一本調子で硬い表情にも見えますけど、そこがかえってイイ人っていう感じにも受け取れてまいります。尚五郎君、西郷さんとのトリオ・ザ・バクマツもしっとりとしてましたっけ。
 あ、尚五郎君が持ってきた鯛は素直に受け取ってましたわ、大久保君のお母様!

本日の鬼バ・・お、鬼教官~
 さて、幾島!怖いですよ~幾島~!あの笑顔の裏に何があるのかと思うと、怖いです~。
 でも近衛家に仕えて有職故実に詳しい幾島を迎えたって事は、於一ちゃんを相当の身分の家に送り出すつもりなんでしょう斉彬様。いったいどの家なのかどなたなのか、腹の底を見せない斉彬様でございます。ここら辺、伏線を張りつつちゃくちゃくと進んでますねえ。

本日の囲碁~!
 於一ちゃんとの囲碁勝負には負けてばかりだった尚五郎君、お兄さんにはあっさりと勝ってましたw。やっぱり男はしごかれて一人前って感じ~?
於一ちゃんをからかってばかりだったお兄さんも、別れてみると結構いい人だったのかも。
 あ、それから、今頃気づいて恐縮なんですけど、囲碁指導されてらっしゃるのは何と「ユカリ先生」だったんですねえ、こちらもまたご苦労さまでございます~~~。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年02月24日 20:57
於一の成長物語だけじゃなく、尚五郎もそうでしたね。囲碁だけでなく・・
真田
2008年02月24日 21:04
今日感様、こんばんは~。
尚五郎君、青春の蹉跌をふっ切って、確かに一回り大きく成長された感じがいたします。
今はまだ面白おかしさが先行する、尚五郎君、大久保君、西郷さんの幕末ネプチューンですが、
この方たちが日本を動かしちゃうんですものねえ~。
2008年02月24日 21:58
菊本の遺書と、広川の「なぜ泣いている」の後の於一のギャップにもびっくりしました。
真田
2008年02月24日 22:29
ryi様、こんばんは~。
私を誰と心得るって、立ち直る前のセリフかと思ってしまいましたw。
でもこれが今の於一ちゃんが精一杯演じた「姫様」なんだなあって思うと、微笑ましくて微笑ましくて。
それでいよいよ強敵登場ですよ~。

この記事へのトラックバック

  • 篤姫(2月24日)

    Excerpt: 於一をまっていてのは、島津本家の大奥。 広川からの指摘は、それとして、彼女も仕事ですからね。 於一の仕草にひとつひとつ反応して、笑ってしまう、他の侍女が問題です。 無礼者極まりなし{%プンプンw.. Weblog: 今日感 racked: 2008-02-24 20:54
  • 篤姫:第8回「お姫様教育」

    Excerpt: 『あんみつ姫』か『大奥』になるのかと思いましたが、『ハイジ』を思い出しました。 Weblog: 食う♪読む♪歩く♪ racked: 2008-02-24 20:56
  • 篤姫8 薩摩弁の篤姫って ややこしやぁ~!!

    Excerpt: 歴史上の名前などがドンドン出て来て、何やら大河ドラマらしくなってきましたね。しかもメリケンのプレジデントなんぞもさりげなく出てたりしてスケールおっきいわぁ!!昨年などせいぜい甲斐相模越後止まりだったし.. Weblog: ぱるぷんて海の家 racked: 2008-02-24 20:57
  • 篤姫(2月24日放送)

    Excerpt: 第8回/お姫様教育  鶴丸城に入った於一(宮崎あおい)であったが、堅苦しい城のしきたりになじむことが出来ない。老女・広川(板谷由夏)をはじめとした奥女中たちには分家の娘と侮られ、辛い日々が続き、於一.. Weblog: のたまふ racked: 2008-02-24 21:04
  • ★まっすぐ前へ!!・・「篤姫8」

    Excerpt: 今日は日曜日。。いつもどおり8時からは大河ドラマを楽しみます~大河ドラマ「篤姫」第7回の篤姫もつい先ほど観ましたなんだかずぅっとうるうるしっぱなしでした。。ちょっぴりイジイジしているお父上。。うん。。.. Weblog: ・*:・ふわゆら生活・:*・ racked: 2008-02-24 21:06
  • 篤姫・第8話

    Excerpt: 先週は幕末薄っすい知識倶楽部(パイロット版)をお送りさせて頂きましたが、参加して下さった方、またはご覧になって下さった方・・・ありがとうございます{/dogeza/}正直「賛否両論」とまではいかなくて.. Weblog: ブルー・カフェ racked: 2008-02-24 21:13
  • 大河ドラマ「篤姫」第8話「お姫様教育」

    Excerpt: いよいよ於一のお姫様教育が始まる!!でも流石薩摩のお殿様の屋敷、ちゃんと大奥が存在してたんだね。そういうところはしっかりしてるというか、今和泉とは違うってのがよく分かる。流石本家。でも早速分家の娘とか.. Weblog: ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ racked: 2008-02-24 21:19
  • 篤姫 #08 お姫様教育

    Excerpt: 大河ドラマの 『篤姫』 を見ました。 (以下ネタバレです。まだご覧になっていらっしゃらない方はご注意して下さい)最後に凄い事が起こりました。 続き今回のお話は於一(おかつ... Weblog: ビヨビヨ素材日記 racked: 2008-02-24 21:27
  • 『篤姫』第8話「お姫様教育」

    Excerpt: 2008年『篤姫』第8回。。先々週、まったくこれまで描かれていないと言った、鶴丸城の奥のドロドロした話が今回のテーマ。まぁ、ドロドロの描き方が。さっぱりしてますが。。お手水場。。しきたりだらけ。。もう.. Weblog: strの気になるドラマ 気になるコト racked: 2008-02-24 21:35
  • 篤姫#8

    Excerpt: 今回から物語の舞台が鶴丸城になったということで、一応「第二部」に突入と言って良いのだが、今回の物語は、前半は前回までの引きずっていた物が出ていて、後半に菊本の遺書を目にした所から於一が変わり、本家の姫.. Weblog: MEICHIKUえんため・ぶろぐ racked: 2008-02-24 21:38
  • 大河ドラマ 「篤姫」 お姫様教育

    Excerpt: 今和泉島津家を去った於一。 しかし、前途は多難ですねぇ。 まずは城内、そして幾島とのバトルですかねぇ。 鶴丸城での大奥の実態や、いかに。 Weblog: 雨ニモマケズ 風ニモマケズ racked: 2008-02-24 22:03
  • 篤姫~第8話・鶴丸城・大奥

    Excerpt: 篤姫ですが、於一(宮崎あおい)は島津斉彬(高橋英樹)の娘として鶴丸城に入ります。当時の薩摩藩は江戸城大奥を模した小さな大奥があったそうで、大奥総取締ではなく老女・広川(板谷由夏)など仕来たりの壁が於一.. Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記 racked: 2008-02-24 22:14
  • スパイ、幾島!!

    Excerpt: オテンバ於一には鶴丸城での堅苦しい生活に 中々馴染めない様ですね{/kuri_5/} そんな時、父・忠剛が焼き捨てた筈の菊本の 手紙が届けられましたね。 流石のオテンバ於一も心を改めようとします が、.. Weblog: 函館 Glass Life racked: 2008-02-25 08:03
  • 篤姫 #8 お姫様教育

    Excerpt: 今まで、標準語だったような気がするんですが・・・Σ(・ε・;) 鶴丸城にあがった於一を待ってたのは、窮屈なお姫様暮らしでした! ってか、老女以下御付きの者達が意地悪すぎです。曲がりなりにも大大名の姫君.. Weblog: たっくんママのひとりごと racked: 2008-02-25 21:53
  • 篤姫 第8話

    Excerpt: さあ於一の姫としての生活が始まったと思ったら… Weblog: 一期一会の彩りを求めて・・・ racked: 2008-02-25 23:19
  • 篤姫 第8回「お姫様教育」

    Excerpt:  第8回「お姫様教育」 ★於一VS奥女中  調所広郷、島津斉彬らと相まみえてきた於一(宮崎あおい)。  今回の対決は、老女・広川(板谷由夏)をはじめとする奥女中たち。  序盤は於一、苦戦。  分.. Weblog: 平成エンタメ研究所 racked: 2008-02-26 10:59
  • 篤姫 第8回「お姫様教育」

    Excerpt: いきなりの出張のため、観るのが遅くなりました。(^^; 第8回の 素直な感想はじまり。 Weblog: みはいる・BのB racked: 2008-02-27 21:38
  • 於一から竜の如く篤姫へ

    Excerpt: 先週の篤姫を見損なったので、見ようと急いで帰宅したが既に大久保の謹慎明で於一の噂をしている所であった。 残念であるが、どうせ拗ねた於一だったのだろうから1番良い場面を見たと思う事にしよう。 Weblog: よく考えよう racked: 2008-03-01 19:06