真田のよもやま話

アクセスカウンタ

zoom RSS 大河ドラマ 風林火山・第11回「信虎追放」

<<   作成日時 : 2007/03/18 20:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 16 / コメント 10

いよいよ実現因縁の対決、勘助VS信虎の一騎打ち!?

自分の足元で謀反が進行中だというのに知らぬが仏の信虎様は、得意満面で駿河の国に向かいました。
鬼のいぬ間に家中の面々を説得する晴信様。
さすがに驚いてますわ、これまで知らなかったお三方。
信繁様と諸角、小山田の家臣たち。

この三人こそ晴信様家督相続のハードル。まず第一は信虎様の股肱の臣、小山田信有!
さぞやいっぱいくわせあい・・・かと思ったら、あっさりと認めてくれちゃいましたか。
晴信様の動きを全部お見通しの上で、甲斐の国のために謀反に賛成ですって。
よく分からない人ですねえ〜。そういえばそもそも小山田の父だって信虎様に命を取られた境遇・・・でも、そういう理由で謀反を好とした訳ではないんでしょうけどねえ。
この人はもっとこう、冷静に徹しきった感じがいたしますもの。

次のハードルは晴信様の弟君、信虎様のお気に入りだった信繁様。そして第三のハードルが、信繁様の家臣、「よし!わかった!」の諸角たち。
ま、まあ、諸角たちに関しては、信繁様がうんと言えば従うんでしょうから、
最大の難関は信繁様の説得。説得できなければ・・・信虎様が帰ってくる前に決着をつけなければなりません。ご兄弟で血で血を洗う跡目争い・・・

と思ったらこちら様もあっさり解決。弟に頭を下げた晴信様に対し、信繁様も兄に忠誠を誓われました。
信繁様が「よし!わかった!」では、さすがの諸角もなす術もなし。
目に涙を一杯ためて、これまでは嫌々父に従っていたんだっていう信繁様。いじらしい〜、可愛い〜。
それを受ける晴信様の表情も・・・す、すっごいアイシャドーですね、これ・・・。

にしてもあれですねえ。忠実な家臣や忠実な跡継ぎと思っていた二人に、こうもあっさり見捨てられちゃいましたか、信虎様。
っていうか、反信虎様で甲斐の国の結束が高まっちゃったじゃないですかっ!
まっこと父は悲しい・・・ですけど、これまでのことを考えたら自業自得でもあり〜。

信虎様ったら、義元様に向かって「晴信の事はくれぐれも・・・」なんて頼み込んじゃってますわ。
それをしれっとした顔で受けている義元様、悪い人ですねえ〜。悪い人ですけど美形ですよねえ〜。
また傍らでにこやか〜にしてらっしゃる雪斎も、悪い人ですねえ〜。悪い人でその上また、アレですよねえ〜。

いよいよ信虎様が甲斐の国境に戻ってまいりました。が、そこには柵が!
その上槍が並んで!おまけに矢がっ!
供の者が皆会の国に入っちゃって一人ぼっち。
朗々と響く晴信様の相続宣言!その周りには、信虎様のかつての忠実な僕たち。

いよいよ勘助の出番です〜。主役だってのに、今日は「待ち」が長かったですねえ〜。
てっきりミツの眼帯をつけてくるかと思ったら、義元様から賜ったのを締めてましたわ。
ミツのは家宝としてしまっちゃうんですか、やっぱり。

って、上品な眼帯をひっぺがしたっ!そして懐からミツの眼帯を取り出して〜〜〜!
締めた〜〜〜〜〜っ!こ、これは、やる気ですね、勘助!

勘助の放つ殺気を感じ取った信虎様、ついに勘助に対して刀を抜かれました。
馬上の果し合い、まさにこれ一騎討ち!スローモーション。回想のミツ!
お馬さんが目を剥いていいお芝居!ま、まあ、殺陣としてはイメージ映像みたいでしたけど・・・。

と、そこに横槍、ついて来た駿河浪人の青木が信虎様をひっくり返してしまいました。
信虎様が討ち負けて落馬!思わぬ水入りで敵討ちも中止。
観念した信虎様が苦笑しながらおっしゃるには、自分を斬ったからって何になる、晴信が天下を取っちゃうからな、ですって。
確かに今川家としては、晴信様を組みやすしと見て味方されたわけで、
ここら辺、相手をを軽んじて失敗するっていうジンクスになるんですかねえ。

さて、かくして甲斐の国に新領主誕生。
このころ相模の国でも世代交代が起こりました。でもこちらは平和的に、病没された氏綱様の後を氏康様がお次ぎになられたそうな。
氏康様が朗読される父上様ご遺言。重々しかったですねえ。しかも晴信様の罪を読み上げているような気配もございまして、画面にいっそうの緊迫感がございました。

蝋燭の明かりや夕日に照らされた、アンバーがかった人物のアップが印象に残った今日の放映でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(16件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
風林火山(3月18日)
晴信(市川亀治郎)のクーデターに、信繁(嘉島典俊)、諸角虎定(加藤武)、小山田信有(田辺誠一)がどう対応するのか。 ...続きを見る
今日感
2007/03/18 20:53
『風林火山』 第11回 「信虎追放」 
重臣を集めての秘密会議を開いた晴信。 大騒ぎをしたのは諸角虎定(加藤武)だけで、弟・信繁(嘉島典俊)も「そなたの力を貸して欲しい」という晴信の言葉に「兄上、よくぞ背かれた!その心中誰よりもお察し申し上げます」と。 ...続きを見る
なんでもreview
2007/03/18 21:04
風林火山 信虎追放
風林火山 信虎追放 ...続きを見る
ねぇ、しょーP、こっち向いて♪
2007/03/18 21:19
【風林火山】第十一話
本当は、子は親を追いつめたりしたいはずもなく北条の家のように、敬意を持って親を看取ることができたら。。。国境で父・信虎を追放して、流す晴信の涙。この親子は、どこから歯車が狂ってしまったのか。信虎を駿河から迎えに来て、刃を向ける事となった勘助。ミツの面影... ...続きを見る
見取り八段・実0段
2007/03/18 21:36
大河ドラマ 「風林火山」 信虎追放
ついに晴信が家督を継ぎます。 ...続きを見る
雨ニモマケズ 風ニモマケズ
2007/03/18 21:37
風林火山11風林火山オリジナル版ここに完結す!
オリジナル版風林火山の総決算、完結編とも云える本日の「信虎追放」 見応えありましたねぇ。何と云っても完結編にふさわしいオールキャストの ...続きを見る
ぱるぷんて海の家
2007/03/18 21:39
大河ドラマ「風林火山」11回「信虎追放」
ついに信虎追放の時が!!領民のために謀反を起す時が!!武田晴信(市川亀治郎)は父・信虎(仲代達矢)を追放することを重臣一同の前で明らかにした。信虎から可愛がられ家督を継ぐと見られていた晴信の弟・信繁(嘉島典俊)は『よくぞ背かれた』と兄の決断を支持する。... ...続きを見る
◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆
2007/03/18 22:31
風林火山第十一回 『信虎追放』
やっぱり今夜は泣けた〜{/hiyob_uru/} ...続きを見る
もっとセキララっ!?モモンガ生活
2007/03/18 22:47
★風林火山11・・あわれ信虎。。
        兄上!!よくぞご決意なされた!!よくぞ!!そむかれた!!兄上にしたがいまする〜!!感動しちゃいました〜うるわしき兄弟愛。。信繁もつらかったのですねぇ。。晴信。。一滴の血も流さぬ謀反です。。今週のあらすじなんだか信虎哀れでかわいそうでした... ...続きを見る
・*:・ふわゆら生活・:*・
2007/03/18 23:03
風林火山〜第11回・信虎追放!
風林火山ですが、いよいよ武田信虎(仲代達矢)駿河追放となります。武田家家臣のほとんどは、この謀叛に加担しているのですが、武田晴信(市川亀治郎)の弟・信繁を始め、諸角虎定や小山田など今回の計画を知らない家臣もまだいます。(風林火山、第11話・信虎追放の感想、以下に続きます) ...続きを見る
一言居士!スペードのAの放埓手記
2007/03/18 23:08
風林火山
第11回/信虎追放 ―あらすじ―武田晴信(市川亀治郎)は父・信虎(仲代達矢)を追放することを重臣一同の前で明らかにした。信虎から可愛がられ家督を継ぐと見られていた晴信の弟・信繁(嘉島典俊)は『よくぞ背かれた』と兄の決断を支持する。信虎派と見られていた重臣・小山田信有(田辺誠一)や諸角虎定(加藤武)も同意し、ここに武田家臣団は晴信支持で一致団結する。一方、何も知らない信虎は駿府訪問を終え予定通り甲斐に戻ろうとしていた。 しかし国境で信虎を待ち受けていたのは槍を構えた武田の足軽隊だった。そこへ晴信... ...続きを見る
のたまふ
2007/03/19 00:25
大河ドラマ『風林火山』その11
第11回 :「 信虎追放 」 私、今日はレビューがあまり書けません・・・だってほとんどずっと泣きどおし。 わかっていたこととはいえ、あまりにも切なくて、しばらく涙が止まりませんでした。 今、書いていても涙が滲んできて困っています。 ...続きを見る
よろず茶屋 
2007/03/19 00:25
風林火山 第11回「信虎追放」
この回にて、大河オリジナルの脚本部分は終了。 そして、1クール目も終了。 時間過ぎるの早いっすね〜。 ...続きを見る
みはいる・BのB
2007/03/19 00:58
風林火山 #11 信虎追放
大河ドラマの 『風林火山』 を見ました。 (以下ネタバレです。まだご覧になっていらっしゃらない方はご注意して下さい)とうとう来るべき日が来てしまいました。続き【 今日の出... ...続きを見る
ビヨビヨ素材日記
2007/03/19 01:45
風林火山〜戻る甲斐なし
NHK大河ドラマ「風林火山」第11話〜信虎追放今回も面白かった(*>ω ...続きを見る
うさうさ日記
2007/03/20 02:44
大河ドラマ『風林火山』 第11回
第11回 信虎追放 ...続きを見る
武田信玄の副収入のススメ
2007/03/20 20:12

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
北条氏綱の遺言は、私もいいと思いました。晴信、信虎、どちらにも義はなし、という厳しい現実をつきつけていましたね。
今日感
2007/03/18 20:51
今日感様、こんばんは〜。
あの朗読、聴いてて思わず背筋が伸びてしまいました。
文章もいいですし、声もいいですし、
やたらお金をかけなくても、これだけで効果抜群!
真田
2007/03/18 20:58
今回は名言が多くて記事にするのに困りました。
ということで、写真だらけです。
ryi
2007/03/18 21:37
こんばんは!
今日のは迫力ありましたね。
面白かったです
その一言に尽きるドラマでした。
ぱるぷんて海の家
2007/03/18 21:44
ryi様、こんばんは〜。
ええ本当!感激が多すぎて、私も最近、
雉が長くなっちゃって長くなっちゃって。
まさに山鳥の尾のしだり尾状態なんです〜。
真田
2007/03/18 22:27
ぱるぷんて海の家様、こんばんは〜。
迫力もいっぱいでしたし、ここまで見てきたからこその楽しみもいっぱいでした〜。
心の底にガツンと来るドラマでしたっ!
真田
2007/03/18 22:30
晴信がいくら甲斐の国のためとは言え、
偉大な父親を追放したのは、まさに罪と言っても過言ではないですね。

氏綱の遺言は、親子仲のよかった北条家との対比効果があってよかったと思います。
ももんが
2007/03/18 23:16
ももんが様、こんばんは〜。
そうなんでしょうねえ〜。罪がないとは言えませんわねえ、晴信様。
あるいはその罪を自ら背負って行こうという決意で謀反を起こされたのかも・・・。
何にしても、悲しい親子でございます。
真田
2007/03/18 23:42
真田さん、こんばんは。
信虎様・・・自業自得とはいえ、家臣たちに見捨てられ魂ぬけちゃってる姿はかわいそうでした。
人の上に立つ立場だからといって胡坐をかいていてはダメなんですよね・・・。

2007/03/19 00:24
渦様、こんにちは〜。
供の者がみんな甲斐の国に入っちゃった時の軽い慌てぶりとか、
威厳の中に哀切を込めての家臣たちへの問いかけとか、
何だかうるっと来てしまいました。
まさにザ・役者でしたわ、仲代先生・・・
真田
2007/03/19 07:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
大河ドラマ 風林火山・第11回「信虎追放」 真田のよもやま話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる