真田のよもやま話

アクセスカウンタ

zoom RSS 大河ドラマ 功名が辻・最終回「永遠の夫婦」

<<   作成日時 : 2006/12/10 20:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 16 / コメント 18

ええっと、まず最初にお詫びしなければなりません。私、先週のラストでの余りにも見事な倒れぶりに圧倒されてしまいまして、てっきりそのまま一豊様は・・・って思っておりました。
一命をとりとめられ、というか、左手がご不自由ながらも回復されましたねえ〜。さすがは歴戦の勇士、お丈夫様でございましたっ。

私があなたの左手になります、って千代様。相変わらずテッカテカスベッスベのお肌。
この時代にどんなコラーゲンを取ってらしたんでしょう?
以前のやんちゃ小僧の祖父江徳次郎殿がなんとお医者様になって帰ってこられ、一豊様をご診察。
随分ご立派になられてまあ、頭のピカピカもご立派でした。

老いてなお強い絆で結ばれ合ったゴールデンカップルの山内ご夫妻。その一方では悲劇のカップル、家康様の孫の千姫様と、秀吉様の遺児の秀頼様がご結婚されました。
これを素直に喜んでらっしゃる千代様、一方寧々様はなにやら予見されて、これは戦の始まりかも知れぬ、ですって。

征夷大将軍の座は家康様から家重・・・じゃなかった、秀忠様に譲られました。きっちりと世襲の形が出来上がりました。これが出来なかった秀吉様、あの世でさぞ悔しがっておいででしょうねえ〜。
それにしても西田敏行様と中村梅雀様の親子って、昔を思い出してしまいますねえ〜。「父上は家重をお嫌いでふ」って。
今回は出番は少ないとはいえ、小心者の二代目になりきってらっしゃいます。やっぱり梅雀様、さすがです。

家康様のご養女を跡継ぎの忠義様の奥方に迎えられる事となり、山内家も安泰。
山内家は豊臣家と縁を切る!とのお言葉を残して一豊様ふたたびの昏倒。
身を切るような決断の言葉を吐いて、心労の余り・・・。

最期は千代様と二人きりで過ごされる一豊様。
愛する人に看取られて逝くのは、やっぱり幸せなんでしょうけど(涙)。
若き頃の合戦の数々が脳裏に浮かんで・・・ああ、これって走馬灯。
私の印象に残っておりますのはやはり、千代様のおしゃもじと不破様のアフロ!

髪を下ろし見性院とお名前を変え、京都に暮らすようになった千代様。
京都の動きを土佐に知らせるのが自分の役目だとおっしゃいます。
未だに元気な寧々様の手先となって淀様の元へ!
これって、おばちゃまは慶長スパイですか?

老いてなお神出鬼没の千代様の説得で、とうとう秀頼様が家康様の元へいらっしゃいましたが、
それでもやっぱり歴史の歯車は止まりません。大阪冬の陣、夏の陣。戦争ですわ。
この期に及んでなおお若いままの淀様、不気味悪い〜。まあ千代様も寧々様もちょっとそんな感じですけど・・・。
とうとう家来の手で命を奪われ、大阪城落城、豊臣家も滅亡。

そして家康様も、いえし・・・秀忠様に看取られて、とうとうご逝去されました。一つの時代が終わりましたね・・・。
千代様は戦没者慰霊の旅に出られ、一豊様と始めてであったあの河原へ。
あの出会いのシーンがそのまま、仲間・千代様でリメイクされましたっ!
こ〜きましたか〜!なんだか一豊様の表情がいっそう野性味を帯びていたような気がしたのは私だけでしょうか?
そして今度は砂浜で一豊様にオンブされていく千代様。あ、これも走馬灯?
千代様・・・。

さてさて、山あり谷啓の愛の物語もこれでオシマイ。
歴史上のエポックと主人公様との絡み方に苦しい部分はございましたが、
爽やかで明るくて、楽しませていただきました。
ここまでお付き合いいただきましたお仲間の皆様、本当にありがとうございました〜!

また来年の大河ドラマで頑張りましょう!迷わず書けよ書けばわかるさっ!
ありがと〜〜〜〜〜〜〜〜ございました〜〜〜〜〜〜〜〜〜!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(16件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
功名が辻・最終回(12月10日)
いよいよ最終回。一年の締めくくりは、これまでの「功名が辻」ワールド満載 まず、クレジットタイトルで「徳川頼信」・・・おいおい「徳川頼宣」だろう{%tohoho_a%}。 先週の「うちの人が死んで10年」に続いてまたもミスが。 ま、時代考証めちゃくちゃの功名が辻にふさわしいといえば、ふさわしい(笑) なんてことを思いつつ、本編へ ...続きを見る
今日感
2006/12/10 21:02
功名が辻最終回一豊千代の最期の旅路に鳴りやまぬ拍手!!
今日で一豊クンお亡くなりになるんですねぇー。 あまり最終回という実感もなく観ていたら、なんと祖父江新右衛門の次男徳次郎が登場です。やんちゃ坊主で玉をいじめて泣かせ、父親に反抗したあのガキ大将が、名門まなせ家で修行して立派な医者になってるとは。 ...続きを見る
ぱるぷんて海の家
2006/12/10 21:37
大河ドラマ 「功名が辻」 永遠の夫婦
いよいよ最終回です。 最終回だけあって回想シーンが満載のようですね。 山内家の命運や。 ...続きを見る
雨ニモマケズ 風ニモマケズ
2006/12/10 21:46
功名が辻〜最終回・千代と一豊!
功名が辻ですが、とうとう最終回で終わってしまいました。一年も早いものです。今回は一時間で、千代(仲間由紀恵)と山内一豊(上川隆也)の最期と、豊臣滅亡なわけです。主に主役二人の方を中心に、過去の回想も交えて絞った感じですが、功名が辻最終回良かったと思います。(感想、以下に続きます) ...続きを見る
一言居士!スペードのAの放埓手記
2006/12/10 21:53
功名が辻:最終回「永遠の夫婦」
最終回、何と感想を書いたらよいやら。 ドタッと倒れて半身不随になったものの、それ ...続きを見る
食う♪読む♪歩く♪
2006/12/10 22:02
☆功名が辻最終回・・戦のない世に。。
2006年の冬至の日、12月22日夜、8時から10時の2時間、みんなでいっせいにでんきを消してスローな夜を過ごしてみませんか。。100万人のキャンドルナイト 2006冬至功名が辻第49回(最終回)「永遠の夫婦」「だんなさまぁ!!!」脳梗塞?で倒れてしまわれた一豊さま... ...続きを見る
・*:・ふわゆら生活・:*・
2006/12/10 22:20
【功名が辻】第四十九話〜最終回〜 
私たちは誰も及ばぬ日の本一の夫婦になるのでございます。再び目を開かぬ一豊。叫ぶでもなく、そっと夫の頭を抱きしめる千代の姿に涙した。静かな死。この時代、武士でありながら畳の上で死ねるだけでも幸運であったろう。一番愛する人の腕の中で息を引き取った一豊は、何... ...続きを見る
見取り八段・実0段
2006/12/10 23:12
功名が辻 最後まで仲良し夫婦
大河ドラマの功名が辻を見ました。 (以下ネタバレです。まだご覧になっていらっしゃらない方はご注意して下さい)突然倒れられた一豊は……xxx< 今日の出来事 >・ 取り敢えず... ...続きを見る
ビヨビヨ素材日記
2006/12/11 00:53
功名が辻のすばらしさを語ろうの会閉会のことば  わかったわかった。
最終回までもゆっくり観れずに記事更新も遅れてごめんなさい。でも、こうやって家帰ってビデオ観てレビューできてることが今の僕には奇跡的だったりします。やはりこれも、今までみなさんと功名が辻レビューし続けてきたことが起こしてくれた、必然の奇跡なのでしょう。 ...続きを見る
長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ
2006/12/11 01:31
「永遠の夫婦」
1年間見続けて来たNHKの大河ドラマ「功名が辻」が、昨夜放送された最終話「永遠の夫婦」で幕を閉じた。主人公の山内一豊が病に倒れて半身不随となるシーンから始まり、その後病状が徐々に回復して行くも再度倒れて息を引き取るという、山内家内部の移り変わり。そして「豊臣家の滅亡→徳川家の天下掌握→徳川家康の死」という時代の移り変わりが描かれていた。 ...続きを見る
ば○こう○ちの納得いかないコーナー
2006/12/11 02:11
功名が辻 最終回「永遠の夫婦」
2006年度の大河ドラマ『功名が辻』も ついに最終回を迎えました。 昨年の『義経』に引き続き 全49話レビュー完遂であります。 {%applause_a%} ...続きを見る
みはいる・BのB
2006/12/11 02:52
功名が辻 48話・49話
 先週はまた見られなかったので、土曜日に見て日曜日に最終回を見ました。  うう〜 ...続きを見る
異世界への扉
2006/12/11 15:47
功名が辻 最終話
医者は治ろうとする病人の手助けはできるが治すのは本人だけ、寿命はご自分でお守りく ...続きを見る
くつろぎ日記
2006/12/11 17:49
功名が辻第四十九回「永遠の夫婦」〜一豊・千代に八千代に・・・ファイナルまとめ〜
&nbsp; &nbsp; &nbsp; &nbsp; &nbsp; &nbsp; &nbsp; さらば一豊&千代! 皆様 一年間ありがとう! 感動創造カンパニー高知城にて &nbsp; ...続きを見る
「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も...
2006/12/11 23:35
「功名が辻」第四十九回(前編)
いよいよ「功名が辻」も最終回。上川さんには『旦那様、ご苦労様でした』の一言を捧げたいと思います。って無駄に長くなっちゃったので、感想前半です。(苦笑) ...続きを見る
リリコ雑記
2006/12/17 16:05
功名が辻
最終回「永遠の夫婦」 豊臣家も一豊夫婦も消え去るのみ。全ては最終回。 滅ぶ豊臣家に特集。 「桐一葉、本当に落ちるしかなか ...続きを見る
Fere libenter homine...
2006/12/20 21:15

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
ラストはよかったですね。功名が辻らしさが満喫できました!
また、来年の風林火山もよろしくお願いします!
今日感
2006/12/10 21:03
今日感様、こんばんはっ!
イイ感じの最終回でした〜。
ラブシーンありオンブシーンあり。
こちらこそ、来年もまたよろしくです〜。
真田
2006/12/10 21:07
あっという間の1年でした。
昨年ほど突っ込みどころはなく。
来年はどうなるでしょうかね。
ryi
2006/12/10 21:42
ryi様、こんばんはっ!
去年のラストは、ある意味壮絶なアレでしたからねえ〜。
今年は明るく爽やかほのぼのしみじみ〜って感じです。
来年はきっと、雄々しく猛々しい大河になるのではないかと。
一年間お疲れ様でした。来年もよろしく〜。
真田
2006/12/10 21:47
こんばんは!
何だかんだと言っても一年間楽しませてくれました。今年の功名が辻に感謝です。
レビュー書くのも大変でしたね。お疲れ様です。
楽しいレビューありがとうでした。
ぱるぷんて海の家
2006/12/10 21:48
ぱるぷんて海の家様、こんばんはっ!
お疲れ様でした〜。
いろいろツッコミながらも楽しい一年でしたねえ。
こちらこそ、一年間楽しく読ませていただきました。
感謝感謝でございます〜。
真田
2006/12/10 21:52
「見取り八段」のくうです。
一年間、トラバさせていただき、ありがとうございました。
自分的には、すがすがしいラストで満足です♪
来年、とりあえず一回目は書く予定ですので、
またよろしくお願い致します〜。
くう
2006/12/10 23:13
長きにわたりありがとうございました。僕もレビューしていて苦しい場面は多々ありましたが、最後まで続けられてよかったです!最後の「書けばわかるさ!」に来年への書く意欲が少し増しましたが、、、まだ迷います、一豊が家康にそうしたように(笑)
てれすどん2号
2006/12/11 01:29
こんにちは、「ビヨビヨ素材日記」のmalyと申します。先だっては当サイトに足跡を残して頂きまして誠に有難うございます。

功名が辻、とうとう終わってしまいましたね。終盤で離婚危機がございましたが、最後まで一豊と千代さんは清々しいまでのゴールデンカップルでした。

来年の大河もレビューされると知り非常に楽しみです。これからもナイスな記事を書いて行って下さいね。影ながら応援しております。
maly
2006/12/11 02:23
1年間お世話になりました☆
こうして最終話を観終わってしまうと、楽しかったですよね♪
私も先週のラストでてっきり・・・(笑)でも見事に復活していたのでちょっと驚きました。
最後までラブラブな2人に拍手です♪
うさ
2006/12/11 13:16
くう様、こんにちは〜。
ほんとにすがすがしいラストでしたねえ。
それにしても今年の出演者は明るい方が多くて楽しゅうございました。
このキャスティングで「ホラ吹き太閤記」みたいな番外編をやっていただきたいくらいです〜。
真田
2006/12/11 14:09
てれすどん2号様、こんにちは〜。
ええ、私も・・筋や感想を書くだけなのに、
毎週となると結構大変!
でもこうしてふりかえると我ながら、
良くぞ書き残ったのう〜、みたいな〜。
願わくば来年もまた、よろしくお願いします。
真田
2006/12/11 14:15
maly様、こんにちは〜。
ありがとうございます。こちらこそよろしくお願いします〜。
そして今私は思っています〜来年もこうして書いているだろうと〜
まあその、・・・挫けなかったら(恥)。
真田
2006/12/11 14:22
うさ様、こんにちは〜。
こちらこそありがとうございました。
つくづく楽しかったこの一年。
リクエストできるものでしたら、新婚当初の千代様を、
そうそう、吉兵衛殿とのやり取りをもう一度・・・
あっ!そうです!「総集編」が楽しみですねええ〜!
真田
2006/12/11 14:34
真田さん!!!!!

こんばんは

これまで本当にお世話になりました。

そしてお疲れ様でした。

泣ける最終回でしたね。

猪木風の終わり方!笑わせてもらいましたよ〜!!

大河は終わりですが、今後ともどうぞ宜しくお願いします!!
「感動創造」
2006/12/11 23:35
「感動創造」様、こんにちは〜。
一年間ありがとうございました。
大河って、悲劇で終わる最終回が続きましたから、
つくづく、こういうのもいいなあ〜って思いました。
猪木風は、今年はプロレスラーの方が何人も出演されてましたので・・。
楽しんでいただけて幸いでございます。
これからもまたよろしくお願いします〜。
真田
2006/12/12 09:48
大変遅いTBです。一年間お疲れ様でした。
>さてさて、山あり谷啓の愛の物語
 山はあっても谷まで落ちたのはよね姫の死んだこと土佐の惨劇くらいじゃないかなぁ。
 結構苦労は多いが心が酷くなることは無かったような物語でした。

これからも別の話題でよろしくお願いします。
ねねむ唐象
2006/12/20 21:18
ねねむ唐象さま、こんばんは〜。
そうですねえ〜、私的にはあの浮気騒動とか・・・(赤面)
ま、まあでも確かにそうですね、
安定して安心して見てこられましたっけ。
そうそう、今年の総集編は武田鉄矢様がコメントされるとか!
これはまた楽しみですよねえ。
これからもよろしくです〜。
真田
2006/12/23 17:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
大河ドラマ 功名が辻・最終回「永遠の夫婦」 真田のよもやま話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる