アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「読書」のブログ記事

みんなの「読書」ブログ

タイトル 日 時
【読書感想】横濱市民酒場グルリと―はま太郎の横濱下町散策バイブル
【読書感想】横濱市民酒場グルリと―はま太郎の横濱下町散策バイブル 書名:横濱市民酒場グルリと―はま太郎の横濱下町散策バイブル 出版社:星羊社 出版年月:2015年12月 ISBN:9784990845919 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/29 07:19
【読書感想】やけあと闇市野毛の陽だまり
【読書感想】やけあと闇市野毛の陽だまり 書名:やけあと闇市野毛の陽だまり 副書名:新米警官がみた野毛の人びと 著者名:伊奈正司・著 伊奈正人・解題 出版社:ハーベスト社 出版年月:2015年12月 ISBN:9784863390706 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/09 18:16
最近読んだ本
最近読んだ本の感想をいくつか。全部文庫のミステリーなんですけどねえ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/14 23:17
紙芝居屋になりたかった
子供の頃から嘘ばかりついてきました。 将来なりたい職業はと聞かれたら、医者とか教師とか適当なことを・・・。 でも心の奥底で憧れていたのが、実は紙芝居屋さん。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/18 19:39
「鶴見騒擾事件百科」
大正時代の横浜と申しますと、関東大震災の次にこの話題が出てまいります。その割には正しく伝わっていないと言われる稀代の大事件。 さまざまな資料を比較検討し、正しく伝えようと地元の方が編まれましたのがこの本、 サトウマコト著「鶴見騒擾事件百科」でございます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/07 23:35
「横浜ものがたり」
先日古本屋で見つけました一冊、セオダテ・ジョフリー著「横浜ものがたり」。 ジョフリー女史は大正7年、商社員の夫人として横浜に上陸されたアメリカのご婦人、大森貝塚を発掘したモース博士の伝記を書かれたことでも有名だそうです。 ジョフリー女史が横浜滞在の思い出を綴られましたのが「横浜ものがたり」で、雄松堂出版から日本語訳が出版されております。 読んでみて、女史の人柄に惹かれましたねえ。好奇心旺盛、でも思慮深くて公平な視点で大正時代の日本の様子が描かれております。 なんたって上陸二日目で一人歩き... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/06 21:00

トップへ | みんなの「読書」ブログ

真田のよもやま話 読書のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる