真田のよもやま話

アクセスカウンタ

zoom RSS NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」第38回「井伊を共に去りぬ」

<<   作成日時 : 2017/09/24 20:43   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 6 / コメント 2

さああって今週のタイトルは〜〜・・3時間42分大長編テクニカラーの大作を持ってきましたか〜。んでもしかし、先週のラストの雰囲気ですと、火事と共に去りぬ!でもよかったかも〜〜。あ!共に去りぬってつまり、二人して井伊を離れるって事?堺へ行って子を作れと言う母上様の無茶ぶりはまだ有効でしたか〜〜!

 強大な武田相手にあくまでも戦うと言う近藤様。そこに割って入った直虎様、一目散に逃げる献策!ものの見事にみんなが逃げて!その後井伊谷に攻め込んだ武田軍ですが、お城はまる焼け!もぬけのカラッポ!報告を受けて信玄公は怒りのダルマ!村中の家屋敷を残らず焼き払ってしまえと言う鬼の命令でございます。ほうとうが美味しそうでしたねえ、信玄公。ちゃっちゃっちゃ〜〜〜ん!

 現井伊谷御領主の近藤様以下の皆様は何時もの隠し里ですか。こんだけ長く隠れていられるもんですかねええ。皆の行方をたどって武田軍が攻めて来なくて良かったですねえ。
 あの時あの場で何をしておったのかと高瀬ちゃんに言い募るのは直虎様。まるでそのまま焼け死ぬのを待っていたみたいな高瀬ちゃん、確かに不審な行動でしたなああ〜。
 南渓和尚は信玄公に直談判。近藤を追い落として武田様に下るつもりでありましたとの言い訳三昧、その先に言いたいことは・・井伊家に井伊谷を安堵してくださいませと言う悪だくみだ〜〜〜。
 
 ここで高瀬ちゃんの様子がおかしかったと言い出しているのは龍雲丸様。何か思い当たった直虎様。小野但馬様のかつての指摘、武田の間者ではないか!
 そんなところに武田からの密書!近藤様の首を差し出せば安どしてやるっていうお話で〜。こうなったら内輪揉めしていると見せかけて、武田と徳川どちらが優勢になっても井伊が助かるようにしましょうと近藤様に持ち込む直虎様。近藤様はでも、そんな話は受け入れられませんでした〜〜。あいにく疑り深い性質での〜〜。
 高瀬ちゃんが近藤様にお運びするお薬を直虎様が取り上げて、中身を飲み干そうと・・したら高瀬ちゃんが血相変えてはたき落とした!つまりこれは毒入り?高瀬ちゃん!未だに近藤様の命を狙ってるわけ?
 そなたは武田の間者か?と、高瀬ちゃんが登場当時囁かれていた疑惑を持ち出した直虎様。してそのお答えは、父が亀之丞様であったことは偽りではなく、だけど母が亡くなった後に残った借金の為に武田に買われたって筋書きだ〜。
 井伊を調略する命令であったとの告白。なら今回は武田から近藤様殺害を命じられたのかと追及する直虎様。先週人の良さそうな行商人がやってましたよねえ、任務と毒薬の申し渡し。
 だがしかし、高瀬ちゃんの真意は他にあったようで、近藤様を殺せば母上の手に井伊が戻って来るではないですか!なるほど〜〜。近藤様を亡き者にして、支配者が武田になったら、先ほどの書状に従って井伊谷は井伊家に?んでももしも徳川様が盛り返したなら・・あっ!瀬名様だのみかああっ!閑話休題!
 激昂する高瀬ちゃんと、さらに激高してその頬を張る直虎様!さようなこと誰が頼んだ!と叱りつけといて、次にはお前も辛かったろうと、涙涙の高瀬ちゃんを抱きしめた直虎様なのでありました〜。これからはタダの娘としてここにおればよいっ!

 信玄公と南渓和尚の宴の再開。信玄公は来し方を振り返って、甲斐の国に生まれた以上は他国を切り取るしかなかった己の半生を告白。来世生まれ変わるなら何がいいですかと南渓和尚が問えば、ワシはおてんとうさまが良いと、とんでもない事を言いだす信玄公。あちこちににらみを利かせて全てを恵まれた土地とする!それこそは真の天下布武にございますなと受ける南渓和尚。和んでますなあ。

 近藤様にお薬を運んできたのは直虎様。ここで近藤様がいよいよ折れまして、井伊と近藤とタッグを組んで行こう案に乗るよとの仰せ。武田徳川どちらにもいい顔をしてやり過ごすサンダンス軍曹だ〜。つまりはこれで井伊谷安泰?

 井伊谷は焼野原、んだけど武田の姿はすでになく、里に帰れるぞと皆の衆にご報告する直虎様。家が焼かれたのは済まなかったと直虎様が頭を下げれば、何でおとわ様が謝るんで?と一向気にもせずむしろ田畑灰だらけで肥やしを撒いてくれたようなものだと、おとわ様こと直虎様を元気づけている村の衆。こうして井伊谷の衆を一人も死なせず守り切ったっていう話にするのか〜〜。
 
 復興のめどが立ちつつある井伊谷。昔六左衛門様とやろうとしてできなかったノコギリ引きを今は傑山様としっかりと引けております直虎様。大きな屋敷を作って療養所みたいにするんだとか。あまりの人の良さにちょいと引いているのは方久様。ってな所に現れたのは中村屋様!直虎様と龍雲丸様を迎えるため、気賀まで船でやって来たんだとか。
 すっかり忘れていたくせに、今更ながらも堺行きを悩む直虎様。いまだ戦も収まってない状況で行ってしまっていいのかと南渓和尚に相談すれば、さような事を気にしておったら一生行けぬぞ!よしっ!もう気にせぬっ!と直虎様の腹が決まりました、が、ここでやっぱりとわは残った方がいいんじゃねえかと言い出す龍雲丸様!今更手の平返しかよ〜〜!
 今ようやくあんたのやって来たことが実を結びそうじゃねえかと、若かりし頃の理想論を持ち出して、綿作りの一件、戦から民を守り切った一件、それやこれやを言い募って、小さくてもあんたは世を変えているんじゃないかと指摘する龍雲丸様。ここまでやって来て、この先を見たくねえのか?見ずとも好い私は頭と堺へ行くと断固堺行きを主張する直虎様。マジな時にはワレではなく私になるんですかねえ〜。とにかく三角四角い仁鶴、絵に描いたような大甘ラブシーンの末、堺行きで意気投合するお二人なのでありました。

 一方徳川では、武田に攻め込まれて万事休すななか、笙など吹いている空気読めない子がいる〜〜!氏真様だ〜〜〜!おばば様の命日だからって、こんな状況で〜〜?滅びるわけじゃ今川は・・・。
 武田の陣では優雅に能楽が舞われておりまして、もう勝ったも同然の余裕しゃくしゃく・・の中、信玄公に差し出された遊び女が、ひさと申します・・・うわあああ!寿桂尼様になってるううう〜〜〜!冥府よりお迎えに参りました!信玄公のイメージ動画か!これはでも、寿桂尼様の遺言の、「死してなお今川を守る」ってのが本当になっちゃいましたか〜!んで現実世界では、急に信玄公が血を吐いて倒れたっ!大事ですがな!たちまち南渓和尚にもたらされる信玄公絶命の知らせ!早すぎでんがな〜〜。
 先ほどの氏真様の空気読まない笙のシーンが、伏線だったんですねええ〜。

 直虎様と龍雲丸様の旅立ちの日。お迎えの中村屋様に先導されて、若・・いやもう劇中では結構なお歳のお二人の、新たな門出でございます〜。「井伊を共に去りぬ」〜〜♪
 でもそんななか、南渓和尚以下の面々の様子が変です。何かを隠していることがありありと〜。そんなに簡単に見透かされちゃうんじゃあ、和尚様たちも意外と未熟者かも・・。
 だけど直虎様は先ほどの皆の衆の怪しげな様子が気になるようで上の空。龍雲丸様はそれと察したんでしょうか、いきなり直虎様の手を取って、帰んぞ!と言い放たれます。勝手についてくんじゃねえ婆!うっとうしんだよいちいちいちいち!前の男にぞっこんなくせに・・・と、いったんけなしておいて、城も家も無くてもあんたはここの城主なんだ!と説得する龍雲丸様。
 今無理して行かなくても、やることをやってから堺に来たらいい、待ってるから・・と言う龍雲丸様。そんな日など来るわけがないと返す直虎様。そんなの分かんないじゃないか、あと十年二十年。嘘つけ十年も二十年も待つわけがない。とまあ、痴話喧嘩モードに入りましたよ!抱きしめてるし〜〜。
 あんたみてえな女が他にいるかよ。情に脆くて泣いたり怒ったり忙しい。普通の女なのに、そいつが兵一人使わず町を手に入れ人一人殺さず戦を乗り切り、したたかに世を変える・・いやあ・・それは褒めすぎかもしれませんよう龍雲丸様・・
 直虎様の事を待っているという龍雲丸様に対し、やはり待たずとも良い、頭にはやはり心のままに生きて欲しいと仰る直虎様。なれど、ワレより先に死なぬという約束だけは忘れんで欲しい!では、達者でな!!これで数年の夫婦生活に見切りをつけて、お約束の接吻ですよ〜〜。いやあでもこの時代のこのお歳で二十年も先じゃあ、とうに寿命が来ちまってますものねえええ〜閑話休題〜。中村屋様、キスシーンを見て見ぬふり具合が可愛いすぎっす。
 って、こういう成り行きでは、「井伊を共に去らぬ」じゃないですか〜〜〜!

 んで先ほど南渓和尚他の皆様が動揺していた驚愕ニュースの武田信玄公ご落命!怒涛の攻めの真っ最中、かねて療養中の所薬石功なくお亡くなりになられました模様。近藤様は武田相手に戦いを継続する模様。そんな所に帰って来た直虎様!袖にされました!未練たらたらの婆などうっとうしいだけだと!して何が起こったのでございますか?
 そして絶体絶命のピンチであった家康様は、鬼より怖い信玄公がいなくなった以上のびのびと!遠江を逆ゲットだぜ!もちろん井伊谷は再び徳川領となった。そして天正二年・・・
 南渓和尚にもたらされる一通の文。龍潭寺で和んでいる祐椿尼様と直虎様。南渓和尚が仰るには、直親様の十三回忌を開催する。松下に知らせた所が、六左もしのもなつも亥之助も、もちろん虎松も来ることとなった!いやああ、どうなってるのかなあ、虎松君!我らはドラマストーリーで既に知ってますけど・・・
 南渓和尚の御前の一同。面を上げよと言われて、奥山亥之助様、松下虎松様・・・ほおおお!イカにも好男子の虎松様!なああんとなく直虎様に去来する直親様の面影!んだけどそのお顔には何だか不敵な雰囲気も〜〜〜!つづ く・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
おんな城主直虎 第38回 井伊を共に去りぬ
第37回「武田が来たりて火を放つ」はこちら。 前回の視聴率は13.3%と予想を大幅に上回った。政次の最期の回よりも上(笑)。まあ、高橋一生人気があの回で確定したことにもよるだろうし、めずらしくイッテQが平凡な視聴率に終わっていることも影響したかも。 さて今回のタイトルはついにあのGWTWと略されるエバーグリーン名画をいただいてしまった。焦土と化した井伊とアトランタの炎上を重ね合わせたのでしょう。それ以上にスカーレット・オハラが故郷に残り、レット・バトラーが去って行くこととも。 でもぶっ... ...続きを見る
事務職員へのこの1冊
2017/09/24 21:00
【おんな城主 直虎】第38回「井伊を共に去りぬ」 感想
井伊直虎(いい なおとら)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての遠江井伊谷(現・静岡県浜松市北区辺)の領主であり女地頭であったとい…直虎】第38回… ...続きを見る
ドラマ@見とり八段
2017/09/24 22:55
おんな城主直虎 第38回「井伊を共に去りぬ」
回を追う毎に段々物腰が柔らかくなっていく近藤康用ですが、今回は直虎と共に井伊谷を守ろうという振る舞います。直虎にはこの時も井伊殿と配慮を示す姿もみせ、二人の間にはなんとなく同志めいた雰囲気され生まれているような感じでしたが、その直虎は頭とともに堺へ旅立とうとしていました。 未練がありありなのは初めから分かっていたことなのですが、頭はそれを分かっていて何度も確認をしながら直虎と共に進むことを決めたはずでした。しかし、結果的には頭は直虎の思いをくみ取って、その場にとどまるよう話をし自分1人でいくこと... ...続きを見る
あしたまにあーな
2017/09/25 00:29
おんな城主 直虎「井伊を共に去りぬ」
もう、徹底的に戦を拒み、生き抜く姿勢がえらいです。誰一人、殺さなかったのは、たしかに直虎(柴咲コウ)の偉さ、ですよね。しかし、かしら・龍雲丸(柳楽優弥)、見抜いていたのですね。直虎の宿命と、自分の生まれ持った資質。堺にたつ準備をした、その最初の段階で逃げられてしまうとは!なんだか、直虎の前で、男達は、彼女を好きながら、憎まれ役となって去っていくのがお気の毒。高瀬(高橋ひかる)も、勘付いてもらえて悲劇にならず、よかったね。自らを、生臭坊主と呼ぶ、南溪(小林薫)、あいかわらずイイ味だしてますね。武田... ...続きを見る
のほほん便り
2017/09/25 05:01
大河ドラマ「おんな城主直虎」 #38 井伊を共に去りぬ
武田はすべてを焼き払って行きました。 ...続きを見る
雨ニモマケズ 風ニモマケズ
2017/09/25 06:13
おんな城主 直虎 第38回「井伊を共に去りぬ」
大河ドラマ『おんな城主直虎』のお時間です。 BSにて鑑賞。 第三十八回「井伊を共に去りぬ」 あらすじ・・・・・・・ ...続きを見る
みはいる・BのB
2017/09/26 21:05

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
 武田勢の井伊谷攻撃と、苦難続きですね。信玄公も、この時期かなり体調が悪化してたようですし、急ぎすぎてる気もします。上洛が遅すぎましたね。信濃平定に上杉との戦いに時間を使いすぎました。でも信玄公が己の死を隠して、軍を上洛させよと命じてたらどうなっていたんでしょう?
 一方、井伊谷は南渓和尚が実質的最高責任者のように見えますね。信玄公との折衝も南渓和尚ですし。
 直虎様は領主として復活しつつあるようですが、龍雲丸様とはお別れ・・・
 直虎という人物自体、謎な人物ですし、2人で”直虎”を後半務めるのも面白いと思っていたんですが、残念です。
鹿二郎
2017/09/29 06:29
鹿二郎様、おはこんばんは〜〜!
信玄公は惜しい方!もうちょおおっと早く上洛してれば!ねえええ〜〜。まあそれだけ上杉が強敵だったのかも知れませんけど。
じつは今作は「南渓」!でもよかったんじゃないかと思う程、大活躍の和尚様。この人にスポットが当たったのはなかなか面白い成り行きでございます。
龍雲丸様が裏直虎様に?いやああ、それはなかなか魅力ですねええ〜え。架空人物枠だけに何でも出来るし〜〜。
真田
2017/09/30 21:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」第38回「井伊を共に去りぬ」 真田のよもやま話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる