真田のよもやま話

アクセスカウンタ

zoom RSS NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」第34回「隠し港の龍雲丸」

<<   作成日時 : 2017/08/27 20:43   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 7 / コメント 2

先週は驚愕の怒涛の展開でした。その緊迫感を少しこっちへ置いといて、今週もダジャレタイトル絶賛開催中でございます。今回のは・・・隠し砦の三悪人?これがなかったらC3POもR2D2も生まれなかったていう評判の時代劇!そこまでのアレが果たして今作に・・いいえええ!先週の怒涛の大逆転からして、ないと思い込んでいたら足をすくわれるかも知れませんからねええ。クワバラクワバラ・・。

 磔の政次様を槍で刺し貫く直虎様。地獄へ落ちろ小野但馬!女子頼みの井伊に未来などあると思うのか、地獄の底から見届け・・う。政次様の苛烈なご最期。先週の修羅場回想!そして一人佇む直虎様。囲碁の支度が健気やなあぁ・・(涙)。ちゃっちゃっちゃ〜〜ん。

 自らの企てにより、近藤様は井伊谷を手にした?つまり領土拡大なんですかあああ?井伊はドおおなるのおお!って、近藤様は余裕しゃくしゃくでんな〜。井伊へのお咎めは、但馬の仕置きを持ってひとまず終了だそうで〜。お寺に帰って来た南渓和尚。首尾はいかにと問われれば、これ以上の仕置きはないと言われたとか。とりあえず落着?
 次郎は大事ないかと問う南渓和尚。おひとりで碁を打っております?なんだかおかしな顔色で一人碁中の直虎様。政次を偲んでおるのかという南渓和尚ですけど、それ以上に異常に無表情ですえ〜。一方政次様の入っていた牢内で、例の辞世を捨ててしまえと言われて躊躇うご仁のあり・・。

 昊天先生と直之様から、隠し里の皆様に最新ニュースが伝えられました模様。一同ショボーンとする中、兄上も本望でございましたでしょうと、健気な声を上げられましたのはやっぱりなつ様。亥之助君はいたたまれずにダッシュ逃亡。後を追ってくれた高瀬様。やさしいお姉ちゃんだよねええ。いろいろ支えてやってよお〜。
 祐椿尼様が案じているのは、我が娘のおとわちゃんコト、次郎法師コト、おんな城主の直虎様!いっそこちらに引き取りたい、ですって。いやああ、でももういいかげん妙齢なマダムの年齢ですから、そこはご自分で持ちこたえていただくべきではないかしら〜?

 さてさて龍潭寺の直虎様のターン。隠し里に行かれてはと申し出る昊天先生。でも、直虎様曰く、今宵当たり但馬が来るやもしれませぬ、と〜。近藤殿がどうやら井伊への企みを抱いている模様、但馬と話をせねばなりませぬ、と〜!ちょいとおかしくなってしまわれた直虎様です。あ・・その額の赤いシミは・・・

 一方徳川勢は、遠江を進軍して、いよいよ掛川城へ攻め込む気配。今のところ順調に攻め込んでらっしゃる。井伊のお目付衆もお揃いで良いポジションですねえ。んでも大沢が手ごわい?
 常慶様がやって来て調略の手柄報告の上、井伊はどうなりましたかと尋ねれば、それはまた改めて話す!と棚上げ〜。って、このタイミングでしゃしゃり出るもののあり?
 種子島!鉄砲!兵糧!戦道具を徳川に収めたいと言う商人がいるのですがと常慶様。それはもう願ったり敵ったり喜んじゃったり拝んだり〜〜!家康様のお顔が可愛いのぅ〜。
 常慶様に連れて来られた商人こそ、それはもう皆様ご存じの!カンカンカ〜〜ン!商人にして気賀の城主、瀬戸方久と申します!銭の犬はミリオンダラーのスマイリーですけど、こんな情勢下放っておいて大丈夫ですかねえ、気賀は〜(汗)。

 一人碁にいそしんでいる直虎様。ありゃ何をやっておられるのですかと問う龍雲丸様に南渓和尚がご説明。近藤の企みを潰す策を考えているそうだ。次郎の中ではいまだ徳川は来ておらぬ、ってつまり、自分の手で政次様を殺めたくだりも残らず記憶を削除!未だ政次様が生きていることになっているんだ、と〜〜〜。言って聞かせても聞く耳持たぬ状態?言うてやらぬのですか真の事を、らしくねえなあ和尚様、と甘い対応を責める気配の龍雲丸様。あそこまで追い詰めたのは自分であるとの罪悪感?
 ああやってる分には辛そうでもないし本人は案外幸せなのかもと言う龍雲丸様。ですけど、気賀の様子が気がかりだと言う南渓和尚の助言に従って、気賀に戻って来ました。中村屋様はいよいよ徳川に付こうかという構え。井伊を見捨てた徳川にはあれど、湖畔の情勢を鑑みるに気賀は大事にしてもらえるのではないかと見通す中村屋様ですけど、果たしてその読みが当たるのか否か〜〜。
 徳川は信用ならないと言う龍雲丸様は、中村屋様と別れ、ねぐらに帰って手下のモノに、いつでも逃げられるように荷物を纏めておけと差配されます。やっぱりこの方は、徳川を信じていないようでございます。

 漸く禅寺らしい描写の一動座禅の中、直虎様は未だ無明の闇を彷徨う毎日。碁石をぶちまけて荒れてる!んで昊天先生が来たら、今宵当たり但馬が来るやもしれませぬし、などと相も変らず物狂い。但馬が来たら相談しては?と昊天先生がおっしゃいますと、一瞬考え込んだ上で、でもまだ記憶は戻らなくて、考えなしでは但馬に馬鹿にされますと応える直虎様。無明・・
 そんな直虎様に但馬はすでに死んだと言いかける昊天先生・・を押しとどめて、直虎様の狂気のストーリーに付き添う南渓和尚。ともに迷う事でゆっくりと手を引いてやろうとされておるのではないかという傑山先生。さような事うまく行くかのうと心配顔の昊天先生。いやああ、このコンビ、っていうか南渓和尚も加えて、和尚トリオ、直虎様は感謝しても感謝してもし足りない恩人ですよねええ。だがしかし直虎様はいっそうの物狂いの中を彷徨う!
 このままでは但馬の苦労が水の泡、何としても近藤殿を止めねばと算段する直虎様の白い頭巾に!先週来の政次様の返り血が!いやああ、いい仕事してはるわ、返り血の方〜。猫の物音に、待ちかねたぞ但馬!もうね、気の毒で気の毒で〜〜。

 一方天下の情勢は、最初は勢いの良かった武田軍ですが、氏真様が立て籠もった掛川城は落ちないし!徳川軍も攻めあぐねております模様。
 掛川城主の大沢基胤様が走った!気賀にも進軍してきた大沢軍でございます。堀川城もいよいよ攻め入れられて、方久様はカラクリ石落としで命からがら逃げだしまされまして候〜。堀川城に集められた気賀の衆。その中には龍雲党のゴクウ様の姿も〜。大沢様による総力戦の構えですかねえ。
 ゴクウ様も連行されたと聞いて愕然のお頭。そんな所にやって来た中村屋様。とりあえず我らは気賀を逃げ出す計略です。直に徳川様の陣に馳せ参ずる。このままここにいたら大沢様に取り込まれて戦に巻き込まれるから〜。んでも頭はこのお誘いを一蹴。なんたって井伊家を見捨てたばかりの徳川家ですものねええ。んで、俺らは俺らでやりますと、袂を分かつお二人なのでありました〜。

 さて直虎様は例の井戸の所で、二度と会えない政次様を探しております。まだ来ないのか?おかしいのう、もう少し待ってみるか?と、付き合ってくださっているのは南渓和尚。
 そこに鈴木様がやって来ました。この人は井伊谷に残ってたんですねえ。鈴木様が差し出す書状。あ!政次様のアレか!
 但馬殿の辞世だそうです、牢番の者が捨てるに忍びないと言うので持ってきました?どうして但馬の辞世などがあるのじゃと当惑する直虎様。鳩豆状態でございます。南渓和尚が、これは私がお預かりしておきますると辞世を取り上げようとするのを、奪い取って、読み上げる直虎様。
 白黒をつけむと君を一人待つ天つたふ日ぞ楽しからずや・・・。ここで直虎様の記憶が戻った!フラッシュバック!近藤様の罠にはめられ、捕らわれ処刑される所を己の手で引導を渡した顛末!考えてみたら磔って、なかなか死ねないように串刺しにして苦しみぬかせて殺す刑罰。一度に止めを刺して楽にしてあげるのは仏心とも思われますけど、それにしたってまさか直虎様が、ねええ。
 ああ・・もうおらぬのでしたね但馬は・・と、ようよう気が付いた直虎様!痛々しいなあ。昊天先生もう泣きそうよ。但馬はもう、私が・・殺したんだと思い出して号泣する直虎様!楽にしてやったんだよって言ってやれよ南渓和尚!
 そんな事とはつゆしらず、面目次第もございませんとお詫び申し上げている鈴木様。近藤様に流されるばかりで情けないと己を悔やんで、何かお役に立てることがあればお申し付け下されと南渓和尚に縋る鈴木様。なら教えて欲しい、但馬を生きて帰す術を!と今回ばかりはマジでお怒りモードの南渓和尚。鈴木様はもう罪悪感120%。覚悟はしておりました故これより大沢攻めにまいりますと、なんだか憑かれたようなお顔でその場を立ち去る鈴木様。なんだか死にに向かう感じよ。

 ゴクウ様ばかりか力也様まで駆り集められた堀川城。お主らの城主は逃げた!見捨てられたのじゃ!徳川は鬼のようなものじゃ!略奪!人買い!うぬらにはもう後がない!ここで徳川と戦えっていう強要でございます。
 そんななか、いけしゃあしゃあと顔を出す頭の龍雲丸様!巻き込まれてどうすんだよあほらしい、俺ら逃げてなんぼだと相変わらず悠々と・・いつもの吹き矢の眠り薬で大沢方を攻略して、お仲間同士ですたこらさ。んだけどしかし!首尾よく逃げようとする船の上でゴクウ殿、お城の残りのみんなは逃げられねえんだな・・。グッタイミンで逃げようとして引き立てられる気賀の衆。助けに行ったら共倒れだけど!この城は皆を逃がすために作ったんだよなぁと力也様!うあああ!これはもう死にに帰るしかない展開やないですかあああ!

 掛川城を攻めあぐねていら立っている徳川の陣。船がないので浜名湖湖岸が攻めにくいの?そこにやって来た方久様。気賀を今川方の大沢に乗っ取られました!取り返してくださいませって強引なお願いです。城の急所攻め所など何でもお教えいたします!同時にやって来た中村屋様以下気賀の商人たちも加勢して、気賀に戻れたら船でも武具でも提供しますと言い募ります。家康様は端正なお坊ちゃま的なお顔で受けております。
 家康様は方久様の願いに乗る構え。堀川城の裏に船をつけ、捕らわれた民衆を残らず引き上げ、手薄になった所を落とす!その大沢方の武将たちの首と引き換えに、大沢に降伏を申し渡すサンダンス軍曹〜〜。石川数正様も確かに妙案ですとご賛同。これには中村屋様も、方久様も大喜びだ〜。

 正気に戻ったら待っているのはよっぽどつらいこの現実。すっかり神経を参らせている感じの直虎様でございます。政次様の辞世を眺めて感心するお坊様トリオ。直虎様に付き添うという南渓和尚。自殺でもしやしないかと番をする構えですねええ〜。正気に戻ってからがあ奴にとってはまことにつらい所じゃと思いやりのサポート体制。政次様を殺めた我が手を眺めて一人泣く直虎様。後先考えずやっちまうのは幼いころからの必殺技だもな〜。

 徳川軍より一足早く、堀川城を攻略する龍雲党の面々。鎧を付けた大沢の奴らは水に落とすだけで時間は稼げるとの計略。灯りを消して闇に紛れて、自分たちで作った勝手知ったる我が家みたいな城ですから、思いのまま!上手い事気賀の衆を逃がす算段進行中。鎧武者は本当に水に落ちたら身動きできないでやんの!でもここで、止せばいいのに敵将の首に刀を突きつけて、侍は侍同士、てめえらだけで戦えと見栄を切る頭!
 いやあでも、頭はあんなこと言ってるけど、まだこの時代、兵農分離がそこまで確立してはいないんじゃないですかねえ?農民が戦に駆り出されての乱捕り放題なんて描写、これまでの戦国大河ドラマでも結構見られましたよねえ。閑話休題。
 お舟で逃げる龍雲党と気賀の衆。ってな所に徳川軍の中村屋様のお舟登場!援軍が来たぞと喜ぶ面々。とそんな所に矢が!中村屋様のお船からですよ?刺さった!ラッキーボーイ・ゴクウ殿に!なんでだよ!中村屋の舟なら味方じゃねえのかよとおどろく暇もなく、降り注ぐ矢の嵐!無防備の民衆がバッタバッタと倒れております。こんなんならお城に残ってる方がよっぽど生き残れたわ!やることなす事裏目に出てるで龍雲丸様!
 堀川攻めの任についているのは酒井忠次様。第一陣が首尾よく城の裏手に攻め入りましたとの報告を受け、民衆救出・・ではなく、そのまま攻め落とせとのご采配でございます!生ぬるい仕置きでは大沢は下らないって?
 方久様は目を白黒!気賀の民をお助け下さると家康様は仰ってましたけどと食い下がりますけど、手向かいをした、それだけの事じゃと冷酷な表情で返す酒井様。戦争マシーンだわ〜。だからこそ強いんでしょうけど〜。

 堀川城の血の惨劇!力任せに応戦する力也様。んでも刺された!龍雲丸様も血まみれで孤軍奮闘!でもまた徳川の兵だ〜!ぞくぞくと増える敵兵!手下のモグラ殿は既にやられてしまったのか倒れて動かないし!カジ殿も絶体絶命だし!さっそく救出に向かう頭!カジ殿を救って、さあ逃げようっていうこの瞬間!ああああ!頭も刺されちゃった!なんじゃこりゃああ?って、ええええ?頭の幻ですか?頭を刺したのが直虎様になってる〜〜〜!

 一方龍潭寺では、突如沸き立つ直虎様の悲鳴!寝言ですか!悪い夢でも見られましたか?人を殺す夢を見た・・・それって記憶のフィードバック?夢の中の男は・・・え?シンクロナイズドドリーミング?じゃあこっちはこっちで頭を刺す夢を見てたわけ?
 そんな所に方久様が逃げてきた!ボロボロで泣きじゃくって!き・・気賀が、気賀が徳川に襲われました!なんでそんなことに・・っていうかよくあの場から逃げて来られましたねえ。徳川様にすり寄って気賀で一儲けみたいな算段も残らず放り出してきたって事は、さすがの銭の犬もそこまでは付き合いきれなかったんでしょうか〜。
 直虎様の脳裏に浮かぶのは、頭の龍雲丸様を槍で刺す己の姿!ここで恒例の直虎ダッシュ?この子が走れば何かが起こるって、先週の政次様に続いて今度は龍雲丸様を?まさか〜〜っ!
 つ〜づ〜く〜〜〜。親分何だか妙に力強い感じですけど、来週もまた悲劇の予感しかないんですけどおお〜〜。



おんな城主直虎(2) [ 森下佳子 ]
楽天ブックス
森下佳子 豊田美加 NHK出版オンナ ジョウシュ ナオトラ モリシタ,ヨシコ トヨダ,ミカ 発行年月

楽天市場 by おんな城主直虎(2) [ 森下佳子 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた
ナイス

トラックバック(7件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
おんな城主直虎 第34回 隠し砦の龍雲丸
第33回「嫌われ政次の一生」はこちら。 前回の視聴率は12.4%と予想ほどには伸びなかった。ネットでは神回とか言われていたにもかかわらず。政次ロスは次第にボティブローのように効いてくるんだろうなあ、と思っていたら、誰よりも直虎にダメージを。ここまで&ldquo;イっちゃってる... ...続きを見る
事務職員へのこの1冊
2017/08/27 21:28
おんな城主直虎 第34回「隠し港の龍雲丸」...
????今日はどこから書いたらいいんだろう(^0^;;)あ。公式サイトの政次がついに白黒になってしまいました・・・。ああ、もう先週忘れて他のならば とことん忘れて欲しかったのに... ...続きを見る
みやさとの感想文と(時々)感想絵
2017/08/27 23:00
【おんな城主 直虎】第34回「隠し港の龍雲丸」 感想
…掛川城へと迫りつつあった。これに対し今川勢も必死の粘りを見せ、徳川軍は苦戦を強いられることとなる。戦乱の波は気賀の方久(ムロツヨシ)や龍雲… ...続きを見る
ドラマ@見とり八段
2017/08/28 01:54
おんな城主 直虎「隠し港の龍雲丸」
直虎(柴咲コウ)は、現実を受け入れることができず、碁盤の前で、政次(高橋一生)を待ち、エア碁をうってます。そんな訳で、井伊谷は、近藤(橋本じゅん)が治めることに。家康(阿部サダヲ)の軍は、遠江を進み、氏真(尾上松也)の掛川に迫っていたが苦戦。方久(ムロツヨシ)は、すっかり城主気分になり、形勢不利とみるや、逃げ出す気配。それを見て、龍雲丸(柳楽優弥)が、我が守られば気分になってたのでした。直虎は、どこで立ち直る?!      (ストーリー)政次(高橋一生)を失い放心状態の直虎(柴咲コウ)は、現実を... ...続きを見る
のほほん便り
2017/08/28 08:28
おんな城主 直虎 第34回「隠し港の龍雲丸」
大河ドラマ『おんな城主直虎』のお時間です。 BSを録画で鑑賞。 第三十四回「隠し港の龍雲丸」  あらすじ・・・・・・・ ...続きを見る
みはいる・BのB
2017/08/28 12:57
おんな城主直虎 第34回「隠し港の龍雲丸」
予想通り、前回以降政次ロスになった人が続出し一般ニュースにまでなりました。ロスになったのは視聴者だけではなく直虎も完全にそのモードになってしまいます。自分がとどめを刺したにもかかわらず、そのことを忘れてしまい、政次が来てくれることを信じて一人碁を打つ毎日。完全にふさぎ込んでいる間にも歴史の波がやってきては時代を進めていきます。 今川攻めに苦労していた徳川は、大沢から逃れてきた中村屋に協力し気賀の奪還作戦に乗り出すことによって、船を得ようとします。ところがその家臣である酒井忠次は、これでは手ぬるい... ...続きを見る
あしたまにあーな
2017/08/28 23:33
大河ドラマ「おんな城主直虎」 #34 隠し港の龍雲丸
井伊家は政次ショックでフラフラ。 特に直虎は…。 ...続きを見る
雨ニモマケズ 風ニモマケズ
2017/08/29 23:21

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
 政次様を手にかける破目になり、直虎様はこの記憶が抜け落ちてしまってますね。いまでも辛い経験をした人がその部分の記憶だけ抜け落ちてしまうことは有る話とか。この時代、嫡男は鷹狩りや初陣で血を見る訓練を積むそうですが、直虎様はそうした訓練もなく、ぶっつけ本番でしたからね。
 一方、大沢様は強かったんですね。不利な状況下で大奮戦とは。方久様もこうした事態は想定していなかったんでしょうか?龍雲丸様も一党を引き連れ逃げればいいのに、トップの危機管理の重要さを思い知らされます。
 しかし酒井様の気賀の殲滅戦は史実だったんですね。大勢の市民も巻き添えで死に、降伏した者もことごとく処刑されたとか。
鹿二郎
2017/09/01 21:03
鹿二郎様、おはこんばんは〜。
まさかの殺害!これまでご自分の手を汚したことの無い直虎様にしあれば、記憶を失うほどのショックを受けてもさもアリナミン。
大沢様はしぶとくお強い、だからこそ酒井様は鬼になっての殺戮マシン!これ全て殿の恩為家の為、厳しい戦国の現実でございます。さしもの方久様も龍雲丸様も、そこまでの読みは難しかったんでしょうねええ〜。
真田
2017/09/03 09:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」第34回「隠し港の龍雲丸」 真田のよもやま話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる