真田のよもやま話

アクセスカウンタ

zoom RSS NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」第28回「死の帳面」

<<   作成日時 : 2017/07/16 20:43   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 7 / コメント 3

これってやっぱりデスノート?じゃあじゃあ、あれですか、寿桂尼様が某死神と似ているとでも言いたいのでしょうかあああ!叱られても知りませんからねえええ!・・ってのはちょっとこっちへ置いといて・・ドッコイショノショっと。モジリのパロはいいんですけど、モジリ先が少々行き当たりばったりかとお〜。フィルムノワールならフィルムノワール、古典的小説なら古典的小説、ってな統一感が欲しかったかなああ、って〜〜。え?とりあえず映画化されてればOK牧場?なるほど、映画題名のみでの繋がりでしたっけ。こりゃ失敬!

時は戦国所は井伊谷。今川の意に背いて自らおんな城主となって内政を立て直して、ついには気賀を手中に収める事となった直虎じゃった!だがその裏ではもう一人の女子が・・・
今宵は少し時を引き戻して今川家のエピソードから開始です。武田義信様ご自害!彼の方に嫁いでいたのは今川氏真様の妹君であり、彼こそは今川と武田の誼の鎹であり、荒れる氏真様と、それを見守る寿桂尼様!ちゃっちゃっちゃ〜〜ん♪

 寿桂尼様のお指図で義信様奥方様の鈴様を返して、と言う書状が甲斐に送られます。去就が心配されます中、氏真様の妹君の鈴様は未だに武田家にお留め置き!つまりこれ、誼の鎹の義信様を死なせといて、その上鈴様を人質に取る魂胆か!容赦のない男ですねええ、武田信玄公〜。
 おっかない攻めダルマって感じですよ信玄公・・暴れん坊将軍様の武蔵坊弁慶様の松平様、ドラマで拝見するのは久しぶりな感が〜〜。
 ここで驚愕の展開!寿桂尼様が孫娘の鈴様を救出するため、オン自ら甲斐へと出向かれます。さすがの信玄公も寿桂尼様の妖気なパワーには少し押され気味ですか?心の蔵がいかれておったのではなかったのか!化け物かあの婆はぁ。口が悪いなあ攻めダルマ様。
 お互いの腹をさぐり合いながら表面上は穏やかにやり合うお二人。んで丁々発止の上寿桂尼様が少し腹芸が勝ってました〜。見事鈴様が返されると口約束を得て、信玄様のお父上が織田と通じているとかイヤミまで申し上げて、やり込められる信玄様。まさにこれ、化け物かあのば・・・。
 そして駿府に戻った寿桂尼様、信玄様の口約束なんかアテにしてなくて、今度は氏真様の奥様のご実家の北条様に仲裁役を願い入れる!なんだかこう、大河ドラマみたいな展開ですよ!北条にはおいてやんだ姿のオン自ら出向くと仰る!ほんとにこれ、大河ドラマを一人で背負って八面六臂の大活躍の寿桂尼様!
 ものの見事に鈴様は今川に返されることになりまして候。んだがその見返りに武田と組むと言う誓紙を出せと言い出す信玄様。これは氏真様にしたら忌々し過ぎですけど、これで戦になったら分がないのはこちら。泣き言を言わずに誓詞を出させて、今や今川は寿桂尼様一人で持っている感じでございます。
 んでもこれで氏真様はひねくれて踊り三昧?跡継ぎ育成については失敗しましたかねえ、寿桂尼様も〜。

 さて気賀城では、落成祝賀式〜!いよいよ気賀は井伊が治める所となりました。そしてこの席で直虎様が言い出す城代は・・方久様か〜〜!こういうのはあらかじめちゃんと検討して本人にも申し渡してあるものですけど、んでも今作ではマジ話で、こうなったら気賀を銭の唸る地に変えて見せましょうと誓いの言葉だ〜。
 浮かれかえる方久様に対し、銭の力ではどうにもならないこともあろうと釘を差しているおんな城主様。なんだか本当の城主様みたい〜〜。って、城主様でした!失礼!
 町衆の集う中、龍雲党の面々もやって来て仲良く一致の手打ちの宴!ここから世を変えていかねばならねえんで!こおおんなにうまく事が運んだあとは・・きっと・・・(汗)

 今川と上杉の盟約が成立!抜け目なく立ち回る寿桂尼様。ここから先は太守様に考えていただきたいと言う寿桂尼様ですが、肝心の太守様の氏真様は全くやる気をなくしております!今更ながら顔を潰して申し訳ないと仰る寿桂尼様ですが、この二人の間には暗くて深い河が出来てしまいました。って、寿桂尼様倒れた!
 最後に止めを刺したのは氏真様だかんね!後の責任は取りなさいよ太守様!少しだけシリアスに反省してますけど、こんどは奥様が!春様が!このうつけ!などと思ったことはございませんが今初めてそう思うたかもしれません!こんどは女房に尻を叩かれるのか〜〜。扇子が逆さにございます!綺麗な夜景のお館の画像ですなあ。篝火が綺麗。これをつないでいくのは殿しかおられぬのですよ!今初めて氏真様が本気になったど!歌舞音曲を奏せとのお計らい。大方様を呼び戻す!呼び戻せない時には美しい音色で冥土に旅立ってもらうのだ!ぴ〜ひゃらひゃらど〜ん♪必死になって笙を吹く氏真様。笙なんか吹いてもしょうがないだろうと・・・(恥)。ごめんなさい。
 粋な氏真様の計らいで、生死の境の寿桂尼様の脳裏に浮かぶのは今川家全盛期のフィードバック!華やか〜!氏輝様がニッコニコしてるで。幼い氏政様のカワエエカワエエ・・。と、一瞬正気に返った寿桂尼様。辛い思いをさせたばばを許してくださいと仰れば、氏政様もお詫び申し上げ、最後の最後にきっちり和解が出来まして候。氏真様、本気になったらすっごい二枚目やんか!頑張れ〜!にしてもしかし、またもよみがえったよゾンビば・・ゴホン、いえあの、不死身の女大名様〜〜!

 政次様と二人きりで例の井戸端で戦略会議の直虎様。ひとまず気賀はうまく行ったと報告する直虎様に対して政次様が言い出す危機!そろそろ戦の事を考えた方がよろしいかもしれませぬ!いよいよ来ましたよ〜。
 寿桂尼様が手を回して小康状態の今川VS武田の対立ですけど、表向きは収まったと見えても、裏では攻め込む手はずを整えているはず!攻めダルマのあいつが!しかもエルクもトナカイも!大方様の寿桂尼様が病に倒れている現況!
 もしかりに大方様がお亡くなりになれば、寝返りが始まり一挙に戦にもつれ込む!井伊がこのまま何もせずにいたら今川方として駆り出されるだけ!ってな状況でございます。
 直虎様曰く、我等も寝返る支度をという事か?往年の直親様が、さらに往年の直満様がなさろうとしていた今川への叛旗!いまここにおんな城主様がその遺志を受け継ぐわけか〜〜。
 龍潭寺に寿桂尼様直々の文が届きましたそうで。南渓和尚が届けてくれて、直虎様はビックリ。宛名は直虎様で、女子同士腹を割ってはなそう!っていう・・これはあれですね!私は一生今川家家臣をします!っていう一言を期待されているんでしょうなああ〜。

 さっそく直虎様が駿府にお目見えすれば、だいぶやつれた感じの寿桂尼様、何かを書いていたノートを・・・うああああ!こここ、これがつまりデスノートの死の帳面かあああ!このところ覚えが悪くなったから様々書きつけることにしたとか言い訳してるけど〜〜。
 直虎様は情に訴える作戦ですか。井伊で出来上がった綿布を差し出して、後見のお許しを受けて三年、何とかかようなところまでこぎつけましたと成果をご披露。大したものじゃとおほめになる寿桂尼様。これ程の人が素直に褒めてくれたら何かを疑うべきなんじゃないですかねえ、直虎様・・。
 ここで寿桂尼様は直親様の一件を持ち出されます。そなたあれをどう思うておる?我らが何をしたか察しはついておるのじゃろう?恨むなという方が無理であろうの、今でも恨んでおろう?
 ここで直虎様のお返事は、家を守るという事は綺麗ごとでは達せられませぬ、狂うてでもおらねば手を汚すことが愉快なものなどおりますまい、手を汚したものの闇はどれほどのものかと〜。・・いやああ!これは違うね!あの裏切りの一件は直親のトンデモナイミステイク!私は彼に代わって償う気持ちで一心不乱に今川家のために尽くしてまいりました、そしてこれからも!って返さなきゃ!衰えた老人を装ってカマストラップにまんまと捕まったんじゃないすか、おんな城主様〜〜!
 こんな言い方では、私が裏切っても悪く思わないでねと言っているのと同じように思われ!謀反を勘ぐられかねない・・これは失態に近いのではないかしらねええ。
 寿桂尼様は往年のおとわ様の蹴鞠の一件など語られて、そなたが我が娘であればとずっと思うておったなどと仰って涙ボロボロ・・・。どうか我が亡き後も今川を見捨てないでおくれ!そなたの才覚を持って太守様を支えて欲しいのじゃ!と請われれば、直虎様は返して曰く、ご安心下さりませ!と、涙涙の大芝居。この時すでに今川を裏切る決心をされている直虎様、相手にも二心があるかもよおお〜?
 って、寿桂尼様のお部屋を辞去する直虎様と入れ違いにまた別の城主様がお目見え?次から次へと?

 井伊谷に帰られた直虎様曰く、大方様は縁のあった人にお別れをしておられるようじゃと〜。政次様が返して、最後のお務めとお思いなのでしょう、少しでも離反を食い止めたようとしておるのじゃ。しかしそれでも我らは寝返るのじゃな、と念を押す直虎様。井伊のお家を守るためですと〆る政次様でございます。

 一方駿府では・・粛清!いきなり切った!粛清の風!直虎様と入れ違いだった水野様が惨殺!寿桂尼様のデスノートが発動です。水野様にも、直虎様の名前にも×マークがついております。あの女子はお気に入りかと思うておりましたと驚く氏真様。いやいや、あれは家を守るという事は綺麗ごとだけでは達せられぬと言うたのじゃ!それはいつも我がおのれを許すために言い聞かせている言葉と同じ!我に似た女子は、衰えた主家に義理立てなど決してせぬ!全てを見透かしていっぱい食わせていたのでありました〜〜。化け物かこのば・・・(汗
 では井伊については筋書き通りに?と、意味深な事を言いだす氏真様。令の話をお勧めくださいと言う寿桂尼様。これは・・直虎様の、いやいや井伊家全体の運命も、風前の灯火か〜!

 南渓和尚の教えを受ける、直虎様&政次様。今川が上杉と結ぶ例の計画、いよいよ井伊家の知るところともなりまして候。今川と上杉が同盟関係になれば、武田の三方が固められるわけで、そもそも武田と上杉は宿命のライバル。武田はずいぶん苦しくなろうとおっしゃる南渓和尚。
 武田家が今頼みにするのは織田信長、ひいてはその子分の徳川家康。家康様が味方をしなかったら、信玄公は戦が出来なくなるかもしれないとおっしゃる南渓和尚でございます。
 ならば徳川にそう働きかけよう、とあっさり単純に受ける直虎様。徳川が武田と組まねば戦にならぬ、徳川には上杉と結び武田を囲い込むのが得策と進言すればよい!・・みんなが自分の言う通りに動いてくれるという楽観主義?もう少し具体的に相手方のメリットを見出して、そう動かざるを得ないように持って行くべきではないんですかねええ・・とお茶の間から届かぬツッコミを入れる毎日。閑話休題。
 政次様は直虎様の軽率な行動を諫めて、それがもし今川に知れたら何を言われるかと言い縋るのですが、井伊は戦を避けるのではなかったか?これとて戦を避けることには変わりあるまい、と、いつぞやの政次様の言葉を持ち出す始末!これはなにか一波乱も二波乱も引き起こしますで〜〜!

 そもそも敵方の武将と善後策を協議している姿は謀反に外ならず、危ない橋を渡っているとは微塵も考えていないのかおんな城主様は!家康様に書状をしたためられる模様であります。まあ確かにその一方ですでに今川の粛清対象になってはいるわけですが・・。
 そしてさっそく徳川家の瀬名様の所に直虎様からの書状到来!家康様の一人碁を台無しにひっくり返してお伝え〜〜♪つづ  く



おんな城主直虎(2) [ 森下佳子 ]
楽天ブックス
森下佳子 豊田美加 NHK出版オンナ ジョウシュ ナオトラ モリシタ,ヨシコ トヨダ,ミカ 発行年月

楽天市場 by おんな城主直虎(2) [ 森下佳子 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(7件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
おんな城主直虎第28回「死の帳面」 簡単で...
??こちらも簡単ですが、書かせてくださいませ!それから、ノベライズ3巻を読んで随分と衝撃を受けたのですが(^0^;)、先週あたりからドラマを見ているとああ、これが後にあの部分に... ...続きを見る
みやさとの感想文と(時々)感想絵
2017/07/16 22:56
【おんな城主 直虎】第28回「死の帳面」 感想
井伊直虎(いい なおとら)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての遠江井伊谷(現・静岡県浜松市北区辺)の領主であり女地頭であったといわれています…第 ...続きを見る
ドラマ@見とり八段
2017/07/17 04:46
おんな城主 直虎「死の帳面」
気賀を方久(ムロツヨシ)に任せた、直虎(柴咲コウ)それにしても、駿府は混乱。甲斐の武田信玄(松平健)が、嫡男義信を謀反の疑いで廃嫡義信の妻が、氏真(尾上松也)の妹・鈴であり、同盟の要だったのでした。瀕死の中で、気力をしぼって、寿桂尼(浅丘ルリ子)も制作行脚。しかし、直虎も負けていません。戦国な世ならではの、バチバチ、だったのでした。    (ストーリー)気賀の城を預かることを認められた直虎(柴咲コウ)は、家臣の方久(ムロツヨシ)に城代を任せる。危篤状態からの復活を遂げた寿桂尼(浅丘ルリ子)は武田... ...続きを見る
のほほん便り
2017/07/17 05:28
大河ドラマ「おんな城主直虎」 #28 死の帳面
寿桂尼が甲斐まで使者として向かう。 ...続きを見る
雨ニモマケズ 風ニモマケズ
2017/07/17 05:57
おんな城主 直虎 第28回「死の帳面」
大河ドラマ『おんな城主直虎』のお時間です。 BSを録画で鑑賞。 第二十八回「死の帳面」 あらすじ・・・・・・・ ...続きを見る
みはいる・BのB
2017/07/17 09:05
おんな城主直虎 第28回 死の帳面
第27回「気賀を我が手に」はこちら。 前回の視聴率は12.4%と微動だにしない。上昇が見込めないのか、固定客だけを相手にすると決めたのか。 でも、今回はその固定客を裏切る展開が。これを待ってたんだー。 主役は危篤状態から復活した、今川義元の母、寿桂尼(浅丘ルリ子)。孫(今川氏真)はもちろん、いよいよ登場した武田信玄(松平健)についても幼名で呼ぶ大物。 彼女は直虎が恭順の意を示すことに満足し、これまでの諸々に懐旧の思いを伝えもする。前回までなら、直虎はがんばって今川にも可愛がられてるよ... ...続きを見る
事務職員へのこの1冊
2017/07/17 11:42
【おんな城主直虎】第28回感想と視聴率「死の帳面」
「死の帳面」 第28回(7/16)の関東の視聴率は、12.0%↓第17回(4/3 ...続きを見る
ショコラの日記帳・別館
2017/07/19 11:47

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
@こんばんは。
 仰せのとおり、デスノートの回。
 武田義信様自害の報に、太守様は怒り狂ってますが、対応能力ゼロと。一方、寿桂尼様は即断即決の対応能力、経験の差でしょうが、素質の違いもあるんでしょうね。ただ、心臓に疾患を抱えているのに、甲府まで強行遠征はいかがなものかと。鈴様も武家の娘ですし、人質にされても、非情な言い方ですが、見捨てるという選択肢もあろうかと。
 マツケン信玄公はいいですね。、今川太守様と違い、政争で、激しい戦いで大領土を手にした分、今川太守様なんて歯牙にもかけないという余裕。でも今川太守様って、信玄公の甥ですよね。親族でも力がないと見るやこれ、容赦ないですね。まぁ戦国時代は普通のことでしょうが、こう考えると、先代今川太守様は武田の侵攻を起こさせなかったぶん、やはり力はあったんですね。
 
鹿二郎
2017/07/21 21:06
A
しかし鈴様帰還の見返りに、誓紙要求とは、信玄公もいやらしい。でも太守様も「こんなもの何枚でも書いてやる。」との、こずるいさも持ちませんといけませんね。寿桂尼様もそう考えていたのではと思います。
 寿桂尼様に全て仕切られ、御不満の太守様ですが、寿桂尼様は必死だったでしょうね。自分が死ぬまでに、これはやらないと。と。
 でも寿桂尼様が表に出るより、太守様を”戦国大名”に育てておくほうが先決だったでしょうに。孫を守るより、孫に己を、家を守るすべを教える。と言う感じで。
 太守様も寿桂尼様が倒れた事でようやく覚醒した感ですが、もう遅い。
 一方、直虎様はトラップ、或いは地雷を踏んでしまいましたね。回答が模範的過ぎる。恋人を殺された女になりきり、泣き喚いたほうが良かったような。豊臣秀吉公も、信長公に謹慎を食らった際、ドンちゃん騒ぎで、信長公の猜疑心を解いてますし。
 しかし寿桂尼様も怖いですね・・仏のような顔でデスノート作成とは・・

ただ「家を守るという事は綺麗ごとでは達せられませぬ」とは、まともな当主なら、誰でも思ってることかと。

 すみません、今回は感想が多く、長文になってしまいました。乱筆乱文はご容赦を。
鹿二郎
2017/07/21 21:08
鹿二郎様、おはこんばんちは〜。
武田との同盟が崩れたのなら北条とのつながりをさらに強くするとか、いっそ上杉と結ぶとか、何か考えて欲しかったですねえ氏真様。今作の氏真様はちょいと頼りなく、寿桂尼様は無理をしすぎで、信玄公ははまってますね!
寿桂尼様と信玄公のやり取りは久しぶりに本格派の大河を見た感がございました。尼御代様VS尼小僧様の戦いは、尼御代様の貫録勝ち!あの顔で一杯食わされちゃあ敵いませんわ〜。
真田
2017/07/22 09:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」第28回「死の帳面」 真田のよもやま話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる