真田のよもやま話

アクセスカウンタ

zoom RSS NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」第25回「材木を抱いて飛べ」

<<   作成日時 : 2017/06/25 20:43   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 5 / コメント 2

今週のタイトルって、伝説の日本のケイパームービー由来?あの映画って、登場人物の殆どが生き残らないようですが、今作的にはそんなはずもなく、黄金を材木と言い換えただけなんでしょうねええ〜。

先週ラストから・・材木の売り込み先が決まりましたと銭の犬。そうかでかしたと大喜びのおんな城主様。お寺の普請用に準備した木材が火事で燃えてしまったお店と売買契約の運びでございます。最近気賀に移った商人で、急ぎのことゆえ値もはずむとか〜〜!思いっきり吹っかけて高く売れとハッパをかける直虎様。ずいぶんガメツクお成りだ・・あ、そうか!マネーの虎か〜!
まさにこれ、順風満帆。経済の立て直しが着々と進んでまいりました井伊谷でございます。じゃがその頃武田では、嫡男廃嫡。勝頼様には信長様所縁の嫁を貰って、今川家と対立。氏真様は甲州塩止めの令。だが商人たちは氏真様の目を盗むべく気賀に拠点を移してしたい放題を始めそうなご様子!気賀、か〜。ちゃっちゃちゃ〜〜ん♪

 囲碁のお稽古虎松様。政次様が厳しくしつけております。どこが悪かったかお分かりですか?決して手加減せず、しかし穏やかに事の道理を諭すなら、虎松様は熟考。直虎様の焼き印実習のお誘いにも断固お断り。いっぱしの男に成長しつつありますなあ、虎松様。
 直虎様のはしゃぎようは実は実は、井伊家の材木に「井」の字を焼き印して気賀へ運ぼうという目論見!靡かない虎松様にも、一番になった者には褒美を使わすと!一番の名を出して!囲碁勝負から引っ張り込んじゃった〜〜!負けず嫌いが熟成しつつある虎松様。直虎様の明るさと、政次様の考え深さを共に学ぶのなら、先々が楽しみでもあり〜。

 こうして気賀へと運ばれる材木。よせばいいのにオン自ら気賀に来て働く直虎様!こういうのがあり得ないんですって〜〜!中村屋様もあきれ顔。なんですかこう、いつかの長崎みたいなセットですねええ。
 ごちそう三昧の席で直虎様が聞かされる噂は、龍雲丸様は新たに仲間と「龍雲党」を結成、ヨロズ請負業を開始されたんだとか。直虎様のお蔭で盗賊団が更生して陽の当たる場所に戻りましたってこと?
 流れ者・・いろんな人間を取りまとめてそれぞれの特性に合った役割を・・なるほどここら辺もケイパーか〜!いまや気賀のまとめ役となった龍雲丸様。彼らを変えてくれたのが直虎様のお手柄っ!みたいな〜。尼小僧様は男に交じって木場で気をかき集めていたと聞いてなんだか喜んでいる龍雲丸様なのでありました。

 材木を売り飛ばしてほくほくして居館に戻った直虎様。政次様がもたらす新たなニュースは、今川が気賀に城を築く!商人の自治に任せて富をもたらしてきた土地を何故また支配を強めようとするのかと言えば、例の甲州塩止め令に反発した駿府の商人が気賀に逃げちゃったから、それを取り締まるため!
 いやいやしかし、商人衆からの莫大な上納金と引き換えの自治権のはずで、これを力で支配しようとするのは道理が通らぬとおっしゃる直虎様。政次様曰く、今川が力に訴えたら受け入れるしかありますまい、と〜。

 こりゃあ追い詰められ気味の今川の悪あがきかなと思われるなか、気賀は誰に任せたらいいのかお悩みの氏真様。そんな所に、武田への塩止めの網に、徳川に通じているものがかかりましたとのご注進。さっそく呼び出された政次様。そなたにとっては僥倖、いよいよその時が来たという事じゃと悪い笑顔で囃し立てる氏真様。これはろくでもない事が起きてるな〜。
 気賀が今川家直轄となったら、綿布の売り方を考え直さなければならぬなと方久様と相談する直虎様。いやあ、大人になったなああ。ってなところに、今川家重臣の関口様が井伊谷へやってまいりました。ご用件は、太守様からのお下知を伝えにまいった!政次様が読み上げるその内容は・・・井伊に三河と通じたる謀反の疑い有之、ついては駿府に申し開きにまいるように!青天の霹靂や〜!
 なんでなんでなんでどおしてなんのお咎めでしょうかと問う直虎様。敵の仮面をつけた政次様が解説するに、三河に流す材木を都合した疑いだとか。こないだ材木を売った成川屋が怪しげな動きをしていた?塩止め令に背いているのではないかと調査したところ、あろう事か三河と通じていた!つまり井伊の材木が三河に流れたって事か〜。我らは成川屋に売っただけだと弁明する直虎様。だったらあなたはとおんだうかつ者ですよと馬鹿にして攻める関口様。
 かように脇が甘いのでは知らぬうちに今川に反する恐れもある!太守様がご心配になるのも当然!そもそもかように大きな商いをするのなら主家に伺いを立てるのが筋!忠義が足らぬ故かようなことになるのじゃ〜!と居丈高に言い放つ関口様!これは・・危機ですね!呼び出して手打ちにするとか、途中でアレするとか、今川の常とう手段やないですか。では明日出発すると手はずを決めちゃう関口様。ううう〜〜む・・。

 売った先の商人のさらに売り先にまで責めを追えと言うのか、なんという無理難題だとお怒りの直之様でございます。しかし少し大人になった直虎様は冷静に状況を読まれます。言いがかりは何でもよく、ここらで井伊を政次に渡してしまいたいのじゃ。申し開きをしても意味はなし!んだけど、急いては悔しいではないか?慌てふためいては相手に踊らされるのも同じこと。かような姑息な手にの・・・案ずるな道は必ずあると家臣を宥める直虎様。いっぱしのご領主のお顔になったかなあ。
 虎松様は一人碁を打って思案する直虎様を目撃して、何故一人で?と南渓和尚に問いかければ、一人ではないぞ、お主には見えぬかと返す和尚。その相手はすなわち・・政次様か〜〜!政次様も一人碁打ってるし〜。互いを思いやりながら次の一手を考えているようでございます。
 政次様を癒すなつ様。あ!抱きしめた!これなら関口様から疑われませんと、つまり良い仲で抱き合ってると見せて、何か指令があれば動きますよという密談ですね。んだがしかし、供のモノがいようしここは動かなくてもよいとおっしゃる政次様。いやいや手を放す様子のなつ様。これは・・かなり情が移ってますね!直虎様はさらに仮想政次様との囲碁勝負の末・・

 家臣を集めて、こうなったら溢れ返るほどの忠義を見せつけてやれば良いと、直虎様が策を講じます。六左衛門様と方久様とで成川屋へ行き、材木を買い戻す・・、それが敵わぬならば手あたり次第材木を買い集めて「井」の焼き印を押してごまかす・・、それもできなければ・・はは〜ん困ったときのナニ頼みか〜。

 六左衛門様と方久様が気賀に駆けつけますが、すでに材木運搬船は船出してました・・あれ?三河へ流すとわかっているのに船を止めなかったんすか、今川様?詰めが甘いんじゃないすかねええ〜あまりにも〜。そして次の策は・・そもそも材木が足りないから高く売りつけられたわけで、替え玉用の材木だって入手困難なのは当たり前だのクラッカー!
 そこで最後の手段の頭頼みです!かしらってほらほら、龍雲党の龍雲丸様!困ったときには龍雲党!勉強しまっせ龍雲党!
 舟を追いかけて材木を取り戻してくれと依頼する、六左衛門様、方久様、そして中村屋様。無茶やがな〜!しかも明日までに!?ミッションインポッシブル!できる分けねえだろうがと声を荒げる龍雲丸様。そこを何とかと頼み込む銭の犬と癒し系!このままでは直虎様の首が飛んでしまうかもしれませんっ!と、ここまで来たら決心した感じなお顔を晒す龍雲丸様。どうやらやっぱり、引き受けてくれる気配です〜。

 さて直虎様は・・何か飲んだ!危ないお薬か〜!薬を飲んで高熱を出すの策!時間稼ぎか〜!この人時間稼ぎ上手だよねえ〜。これで二日三日は稼げるだろうと言う直虎様。あきれたぼういずの政次様。そして、もしうまく行かなかったときには井伊を頼むぞと政次様に言いだされます。本心を知ったからにはこれが次善の策でありましょうなあ。政次様ったら柄にもなく泣きそうなお顔ですよ〜!コクるのか?いよいよコクるか政次様?
 直虎様の頬に手を当てて、俺の手は冷たかろうと言う政次様。むっつりだなあ。直虎様は軽く流して、うむ血も涙もない鬼目付じゃからの、政次は昔から誰よりも冷たい〜。もしかしてこれ、伝わらない・・愛?結局相変わらず何も言えず何もできない政次様なのでありました〜〜。

 井の字の入った材木のお船に這いよる人相の悪い・・力也殿だ〜!その他龍雲党の面々に加え、なんとなんとなんと六聖拳!六左衛門様や方久様も乗り込んだ!我らは太守様の名代で参った〜〜!ふかすなあ、六左衛門様!頭が〜高い!見事お船の乗っ取り成功だ〜〜!ゴクウどのを帆柱に縛り付けて駿府へと取って返す超特急う〜。・・なんでもゴクウ殿を縛り付けると良い風が吹くんだとか〜。待ってろよ尼小僧〜〜♪

 時間は稼ぎましたけど、今だ材木は届かず絶体絶命の直虎様。直之様と今川館に伺う直虎様。申し開きの直後に館が焼け落ちるかも知れん・・・相変わらずやな!直之様は深刻なお顔で、間に合いませなんだか・・と。氏真様お目見え〜。二十年ぶりかのう、今日は鞠では落着せぬぞと恨みしつこい粘着質な氏真様でございます。
 直虎様はそこらは軽くスルーして、成川屋が三河と通じていたのは当家も仲介者の中村屋もあずかり知らぬ事、なにとぞご容赦をと言上いたします。そして、先だっての新野の桜様と庵原様との縁談の件も持ち出して、今さら井伊が謀反など企みませんよと申し開きの段でございます。
 だがしかし、意地の悪そうな氏真様、信じてやりたい所じゃが先代の頃からの三河びいき、遠江で最も早く三河と通じようとしていた井伊であるからのと、直親様の失態を持ち出します。偽物の使者をまったく疑わなかったもんなあ、直親様〜。んだけど申し開きに駿府に向かう途中を闇討ちにしたのは今川・・怒。
 信じてやりたい所じゃがのお〜とさらに追い打ちをかける氏真様。何とか取り成そう、直虎様を傷つけまいとする政次様のインターセプトはさえぎって、直虎様が逆襲です。悔しゅうございます!と本音を出した直虎様。確かに井伊と今川に遺恨がないと言えば偽りになりますが、私は家督を認めていただいて心を入れ替えて尽くそうとして参りました!弓を引こうと考えたことなど一度もございませぬ!勢いでやっつけようと言う魂胆か直虎様。無茶でもなんでもあきらめずに挑んで壁を打ち壊す・・氏真様には苦い記憶が〜。
 間者と知らず乗せられたは・・私のうかつにございましょう、なれどかようなやり方では今川は真に忠義なるものを失う事とはお考えにはなりますまいかっ!真っ向からの大説教だわ〜。いやでも氏真様、少し怯んだ?苦手意識が継続してらしたのか、黙れと一言で終わらせられるのに、直虎様の鉄の説得力に言葉を失いつつあるような・・。

 と、このグッタイミンで、おびただしい材木がこちらへ向かって居りマスとのご報告!その材木には全て井伊の印がついておるそうにございます〜。直虎様はここぞとばかりに止めのコラボで、無事に届きようございました。我らのそこつによって起こりましたこの一件、井伊の心をお示ししたく三河より一本残らず取り戻すよう家臣に命じましてございます。ドヤ顔の龍雲丸様。直虎様は、どんっどんっと拳を突いて、これが井伊の忠義にてございます!ございますっ!氏真様は手も足も出ないかも〜。つづ  く。



おんな城主直虎(2) [ 森下佳子 ]
楽天ブックス
森下佳子 豊田美加 NHK出版オンナ ジョウシュ ナオトラ モリシタ,ヨシコ トヨダ,ミカ 発行年月

楽天市場 by おんな城主直虎(2) [ 森下佳子 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
おんな城主直虎 第25回「材木を抱いて飛べ...
????ああ、結局ジャンプも読めないまま、また月曜日を迎えます(^0^;;)そして 本日、直虎の方も15分からの視聴(^0^;;)音声だけは台所で聞いていたのですが何だか政次が、虎松相手に... ...続きを見る
みやさとの感想文と(時々)感想絵
2017/06/25 22:02
おんな城主直虎 第25回「材木を抱いて飛べ」
今回強く感じたのが今川氏真の粘着質な言動でした。世の中では、桶狭間で織田に敗れた今川は速やかに衰退の一途をたどるようにいわれていますが、この物語のなかではかなり長い間井伊家の人々を苦しめています。さらに、その今川に対して、忠誠を誓うことを示さなければならない難題に挑むことになる直虎の立場は非常に難しいものとなりました。 政次の存在に関しても、改めて明らかになったような気がします。表だって直虎を支援することはできず、監視役として厳しいことを言い続けなければならないのですが、人一倍直虎のこと、井伊の... ...続きを見る
あしたまにあーな
2017/06/25 22:24
【おんな城主 直虎】第25回「材木を抱いて飛べ」 感想
井伊の材木をまとめて買い取りたいという商人が見つかり、張り切る直虎(柴咲コウ)と方久(ムロツヨシ)。一方、井伊を去った龍雲丸(柳楽優弥)たち一… ...続きを見る
ドラマ@見とり八段
2017/06/26 01:55
おんな城主 直虎「材木を抱いて飛べ」
井伊の材木を早急に、しかも高値で買い取りたい相手が見つかり、直虎(柴咲コウ)と方久(ムロツヨシ)は大喜び。井伊を去った龍雲丸(柳楽優弥)たち一味は気賀に戻り「龍雲党」を旗揚げ武田へ“塩留”を行った氏真(尾上松也)は、領内の取り締まりを強めていて、直虎達が徳川に材木を流している、との濡れ衣も久しぶりに亀さんが画面にあらわれましたね。ちょっと鶴(高橋一生)とも、いい感じのシーンがあり安堵しました。龍雲丸、またまた助けてくれたみたいですね。個人的に、虎松が囲碁勝負で負けん気を出してたのが印象に残りまし... ...続きを見る
のほほん便り
2017/06/26 07:12
おんな城主 直虎 第25回「材木を抱いて飛べ」
大河ドラマ『おんな城主直虎』のお時間です。 BS放送を録画で鑑賞。 第二十五回「材木を抱いて飛べ」 あらすじ・・・・・・・ ...続きを見る
みはいる・BのB
2017/06/26 22:05

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。

 氏真太守様、塩止めに気賀の直接支配に、材木の件、締め付けが過ぎるかと。
 塩止めは、駿河の塩が甲斐の市場から消えれば、他の業者が乗り込んでくるわけで、むしろ輸出税をとって、軍費に充てるなどの策もあったでしょうに。気賀への直接支配も、業者が逃げ出す結果になりそうですし、益なしかと。井伊が三河国境にいるのが嫌なら、手っ取り早く転封という選択肢もあるのにと。なんか駄目駄目の太守様。
 一方、直虎様は急に成長しましたね。策を立てるのも冷静で。でも材木を取り返しても、またいちゃもんが来そうです。
鹿二郎
2017/06/30 06:07
鹿二郎様、おは今晩は〜〜〜!
今作的には塩止めの策、討ち死に!みたいな〜!!
締め付けても締め付けても、甲州への物資の移動が止まらにゃ〜〜い!みたいな〜!!こうなりますとアレですよ、敵に塩を送るの美談も、敵に塩を高く売りつける方策なのかもおおお!?
直虎様は急成長!んだけどしかし、これがこの、成長の見せ方出し方のきめ細やかさで言ったら、仮面ライダー@東映の方が上かもなああ、って〜〜〜。
真田
2017/07/02 19:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」第25回「材木を抱いて飛べ」 真田のよもやま話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる