真田のよもやま話

アクセスカウンタ

zoom RSS NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」第3回「おとわ危機一髪」

<<   作成日時 : 2017/01/22 20:42   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 9 / コメント 2

白鵬に勝ったね!稀勢の里!ばんじゃ〜〜い・・・っていう話題はまた後ほど(恥)。今宵も大河のお時間でございます。

 とうとう女子の命の黒髪をジョリジョリ刻んで、ワレは出家すると言い出した姫様!この展開なら、出家すれば夫婦にならんで済むぞとそそのかす人を配置してほしかったなあ。それが小野政直様の配下でも、井伊直平様の配下でも、盛り上がるのになああ、って〜。
 アバンはひこにゃん・・じゃなかった、梅雀様の解説ナレ。そうだ!出家!しよう!ちゃちゃちゃら〜らちゃらりら〜・・。己の髪を切り刻む幼子の破天荒な振る舞いに、父上のご当主の直盛様は超驚愕!母上は腰抜かしたで〜!
 鶴はあなたのやったことに苦しんで恥じていると政直様に言い放つ姫様。これでは夫婦約束は無理ですなと仰るのは小野政直様。いやでも、良く言い含めてまた生えそろうのを待てばよいだけではないかと〜〜!んでも今川様にご注進?はっは〜〜ん、井伊家は今川様に従うつもりはないと告げ口するわけ?そんであわよくば後釜にこの小野家を?いやでもしかし・・・んでOP!相変わらず往年のジャポニカ学習帳みたいな雰囲気ですねええ〜え。

 今川家からのお差配は、井伊家の振る舞いは言語道断!この上は息女・とわを人質として遣わす事!という物で、つまりおとわちゃんが駿河に行かなかったらお家取りつぶしっていう危機でんがな〜。
 これには大爺様の直平様が逆激怒!人質を渡すくらいなら井伊は戦に及ぶと伝えてこい、小野の家も皆殺しにする!・・そもそもあなた様がお負けになられたからこうなっている訳ですけど、老いてなお意気軒昂ですなああ〜。屋根の上でおにぎり食べながら一部始終を目撃するおとわちゃん。おにぎりは不吉だなあああ。
 おとわが佐名と同じ目にあってもよいのかと仰る直平様。へ?佐名って誰?ってのは後々の伏線でしょうそうでしょう。にしてもしかし、今川派のエージェントである小野政直様と、反今川派のお爺様の井伊直平様との間に挟まれた直盛父上がお気の毒!愛娘のとわを今川に差し出さなかったらお家取りつぶし、そして差し出したとしても直平様が挙兵して、どっちにしてもお取り潰しや〜〜!どうせ潰れるんなら一戦交えてみたらどないですか?なあんて申し上げたら、きっともの凄く叱られる事でしょうねええ〜え(汗)。

 おとわちゃんは龍潭寺の南渓和尚に直談判です。こんなことになったのは和尚様の所為じゃ!答えは一つでないと言うたから!・・いやいや、あなたが考えた答えがすべて正しいとはだれも言ってないでしょおお!お子ちゃまだから仕方ないですけど〜・・。和尚様は相変わらず虎猫抱えてる!いい猫だよねええ〜。
 南渓和尚のポクポクチーンは、おとわの出家を今川に認めてもらおう!ってのはつまり、おとわ様が出家しようが人質になろうが、井伊家に跡継ぎがいなくなることでは同じこと。むしろ跡継ぎがいなくなった方が、今川家の選び放題し放題の状況になるんですよと分かってもらう算段ス軍曹!それを直盛様に直談判の和尚様でございます。
 そして出家を許してもらって、ほとぼりの冷めたころに還俗したらええって?優柔不断のご当主様の直盛様は、この案に唯々諾々。って事で、おとわ様と新野左馬助様と、侍女のタケ殿と、一緒に駿河に向かう事になりました。南渓和尚曰く、大原雪斎様を口説き落とせば勝ったも同然みたいな見込み。おとわちゃんはここで、佐名様とはどういうお方かと問われます。和尚様の妹にして今川家への人質であるとか。和尚様が返して曰く、会うたらよろしく言っといてくれとうそぶくばかり〜。

 と、ここで大事件勃発!鶴丸君か攫われた!誰に?どうして?直盛様にもたらされる第一報、小野の息子が川名のご隠居様にかどわかされました!って、つまり直盛様のおじい様がこおおんな大事をしかけやがりましたか!さっそく川名に駆けつける直盛様。

 ようよう駿河のお国に付きましたおとわちゃん達ご一行。なんたって街道一の弓取様のお膝元ですからねええ、当時は相当ブイブイ言わしてたんでしょう、駿河の街並み!伯父上様の左馬助様は鼻高々でご案内〜。
 おとわちゃんは佐名様に会いに行かれます。かつて直平様が人質として今川家に差し出されたご当人・・うわああ!先輩後輩のみかじめかああ。
 と、まずお目見えするのは瀬名姫様。佐名様の娘さんかしら?おとわ様の頭を見て破顔一笑!んで、蹴鞠で勝って、今川家ご嫡男の龍王丸様の妻となり今川を手に入れるのですと、途方もない事をおっしゃる瀬名様。
 やがて佐名様からお呼びがかかり、井伊家の既人質と新人質とでご挨拶ご挨拶。んだけどものごっつ冷たいお顔の佐名様。井伊家に対して何か含むところがあるんですかねええ。
 幼いおとわちゃんにも雰囲気が分かったようで、侍女のタケ殿に問いただしますと、タケ殿が答えて曰く、佐名様は太守様のお手付きとなったのです!痛くされたのか?何度も何度も数え切れぬほど!そのあげく雑巾のように捨てられたのです!!幼児に対してなんとまああからさまに解説をしてくれますか、タケ殿!
 んでもおとわちゃんが想像したのは、鬼ごっこで見つかって乱暴にドツカレる様でした!手で突かれたから、お手突き?そんなに意地悪をされたのかと、佐名様に同情するおとわちゃんなのでありました〜〜。・・いいのかそれで?

 おとわちゃん一行より一足先に駿河に来ていた南渓和尚は、大原雪斎和尚と直談判。いつぞやはくもじいの伊武様がおやりになってましたけど、今作では佐野史郎様ですか、演じ手によってやっぱり雰囲気が変わりますねええ・・閑話休題。南渓和尚の心づもりでは、おとわ姫出家で万事解決ってのを大原和尚に認めさせよう、みたいな?権謀術策が垣間見られて、ちょっと良かった感じ〜。んでも大原和尚のお答えは、太守様には伝えるだけ伝えてやるが、期待はすんなよ、みたいな〜〜!南渓砲は不発か〜!

 ここで南渓和尚がおとわちゃんに合流。大原雪斎和尚との交渉の首尾を尋ねられると、言葉を濁す和尚様。これはダメだったなあ・・・。南渓和尚の次の一手は、寿桂尼様の攻略!直平様の子供同士、つまり兄妹の関係である佐名様に依頼して、寿桂尼様に取り成してもらって、おとわちゃんの出家を後押ししてもらおうと言う目論見でございます。佐名様への文をおとわちゃんに託す南渓和尚。・・・え?どうして自分で渡さないの?

 おとわちゃんが佐名様に南渓和尚の文を差し出すと、佐名様激怒!お手紙破りの刑!よう我にかような事を頼めたものじゃ!生臭に恥を知れと申し伝えよ!と宣う佐名様。おとわちゃんは大ショック。
 こんなに仲の悪い兄妹だったのか〜。だから和尚様は自分で持っていかなかったのか〜。とはいえ、事の次第を聞いた南渓和尚はさして失望するそぶりも見せず、怒るという事は心が揺れているという事、きっと寿桂尼様に取り成してくれる。佐名はそういう性分じゃと、楽天的に仰います。これはつまり、自分と同じ運命をたどるかもしれないとわちゃんに対面させる事で何かを期待されてたんでしょうねええ〜。
 ここで、そもそも雪斎様にも断られたのではないかと追及するおとわちゃん、南渓和尚ははぐらかすばかりなり〜。かなり苦しいっ!諸行無常じゃと強引に押し切りだ!んでも南渓和尚の試みはことごとく失敗したのじゃった〜。

 井伊谷では、鶴丸君を攫った直平様を戒める直盛様。んでも直平様は一向引かず。ここで人質の鶴丸君曰く、だったら弟も攫った方がようございましょう!おおそうじゃと直平様!このままでは父上は私を見捨てるだけです仰る鶴丸君。どんだけ仲の悪い兄弟なのか!それにしても、ノリノリの直平様!アブにゃ〜〜い!

 いよいよおとわちゃんが太守・今川義元様にお目見えする日、まずお館で出迎えるのは小野政直様!さすがは今川の手先のエージェントですねええ。こっから先はおとわ様とお付きの侍女のタケ殿だけ?と、こんな時に、このタイミングで、寿桂尼様に届いた怪しい文。そしてまたまた、こんな時に、このタイミングで、井伊谷から緊急速報!小野様、川名のご隠居様なるお方にご嫡男が攫われたそうにございます!川名のご隠居とはつまり、おとわちゃんの曽祖父の直平様!とうとうやっちまった!これが大事になったら井伊家はお取り潰しでんがな〜!
 何とかせねば、元はと言えばワレの所為なのだからと仰るおとわ様。と、ここで寿桂尼様がお目見え!マスカラすっごいよ〜!太守様はお取込み中に付き、蹴鞠でも見ぬかと持ち掛けます。中庭で展開される蹴鞠大会。あ、その中に瀬名姫様もいらっしゃる!
 寿桂尼様曰く、瀬名姫様はいつも子供らの蹴鞠に入りたがる、勝てば褒美に龍王丸の妻にしてもらうのじゃと・・。幼いおとわちゃんは、龍王丸様と蹴鞠勝負で勝ったら何でも願いを聞いてもらえるのだと早合点!さっそくお庭に飛び出して、ワレと一番勝負をお願い申しまする〜〜!っていうか、寿桂尼様、思いっきりそそのかしてる〜〜!!

 そもそも井伊谷で蹴鞠のシーンなんてなかったやないですか姫様!せめて鬼ごっこか何かに変更してもらいなさいよ姫様!ああ、でも、やっぱり蹴鞠?ほらやっぱり負けた!先輩には早々勝てまへんで姫様〜。
 おおお!姫様悪あがき!もう一度お手合わせ願います!いやああ、そういう時には土下座でしょ〜〜?負けても負けても再度勝負を挑むおとわ様!龍王丸様もさすがにスタミナ切れか!こんな悪あがきが許されちゃったら、エアK様だってかないまへんわ!
 んでも、頭巾が取れて散切り頭が丸出しになって、嘲笑いの中でもへこたれずに、転んで擦り傷で血だらけになってもめげずに勝負継続!ダメだって!子役にこんな演技されたら、いやでも応でも応援せざるを得ないやないですか〜!
 んで、とうとう龍王丸様がお負けになった!・・お可哀そうに〜。ものごっつい勢いで褒美をくださいと迫るおとわちゃん。っていうか子どもにこんな演技させるのは卑怯だお!思わず応援してしまうやないか〜!
 こんなもの勝ったとは言わぬと反発する龍王丸様!そりゃそうだわ〜〜。って、なになになになに?今度は龍王丸様を追いかけて!組み伏せた!褒美を下され褒美を下され!と強要するおとわちゃん!とおおんだ暴力姫様だ〜〜〜!いやもう、この段階でお首を跳ねられてもしょうがない状況ですけど、あわててお止めにはいる政直様はじめ近習衆、そこにご降臨される太守様!絶体絶命〜〜!

 噂に聞く太守・今川義元様は、白塗りで、マユゲが墨塗りで、烏帽子をかぶって、まるで絵巻物のお公家様のようなルックスです!にしてもしかし、こんなにちっさいお方だったんですかねえ、義元様・・閑話休題。

 さっそく名乗りを上げて、龍王丸様に勝ったのでご褒美をいただきたいと持ち掛けるおとわちゃん。おおおっと、龍王丸様からクレームだ!この者は何度も何度も勝つまでやめず、卑怯モノにござりまする!・・これは龍王丸様に同情しちゃうなああ〜〜。おとわ様に加勢して下さる寿桂尼様。
 んでもなぜか太守様は、扇で口元を隠しつつ、お供の方に取り次がせて言うよう、何を所望じゃ?おとわちゃんがすかさず言うよう、井伊にお返しいただきたく存じます!
 小野政直様は姫様のご無体なご所望を押し止める構えですけど、雪斎和尚がおとわちゃんに加勢です。良い闘いをしたものには褒美を取らすが武門の習い、と囁きます。囁き和尚に続いてさらに寿桂尼様が、龍王にも見本を示さねばなりませぬと援護射撃だ〜!
 太守様が扇を向けて、さっ、さっ、とおとわちゃんにどっか行けどっか行けとのジェスチャーです。お供の方が訳して曰く、褒美を使わす去ってよいとの仰せじゃ〜。これは、佐名様が寿桂尼様に取り成してくださったんでしょう、そして雪斎和尚もなんだかんだ言って味方をしてくれたんでしょう、ありがたやありがたや、これで井伊家も助かったと察するおとわちゃんでした。

 やがて南渓和尚と左馬助伯父上様の所に戻ったおとわちゃん。傷だらけのご帰還だ!褒美をもらったのですとお見せする書状、一女とわの出家をもって本領安堵とす!やったね!でかしたぞおとわ、途方もない大手柄じゃと喜ぶ南渓和尚ですけど、うう〜〜む、おとわちゃんが人質になっても井伊家は助かったわけで、井伊谷に帰れることをもって大手柄とまで言うのはどうかなああ、甘いも甘い、大甘じゃないですかねええ、南渓和尚〜〜。

 雪斎様が太守様に言い訳をしています。井伊家では小野の息子を人質に捕らえる事態、仕置きが過ぎ謀反となるのはご本意ではございますまい、と〜〜。太守様は快く御許諾。井伊には三河攻めで働いてもらわなければならんしのう・・・いやああ、ゆくゆくの成り行きへの皮肉!このシーン、割と面白いです。太守様曰く、あれもうまく使わねばのう〜・・・考えてみたら今回初めて肉声を聞いたわ!怖い人やで太守様!その太守様がうまく使わねばとおっしゃったのは、言わずと知れた小野政直様!この人もあんまりいいことないかもしれまへんで〜?

 佐名様を訪うた南渓和尚。寿桂尼様へのお取りなしにお礼を申し上げます。表面上は反発しつつも、兄妹の情が交差した瞬間でございました。

 こうして無事に井伊への帰還となったのでござる!井伊谷に帰って来たおとわちゃん。父上は水に濡れるのも構わず川を渡って出迎えた!なんですか、ずいぶん距離があるのね。俯瞰図を一枚かまして欲しかったなああ、ここ〜。んで、つづく!次回はいよいよ次郎法師で、小さいおとわちゃんとのお別れなのかも〜。

 本日の龍王丸様。死の物狂いのおとわ姫に対して、わざと負けてやる展開だったら、完璧の二枚目になるんだけどな〜〜・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(9件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
おんな城主 直虎 第3回「おとわ危機一髪」
大河ドラマ『おんな城主直虎』のお時間です。 BSにて鑑賞。 第三回「おとわ危機一髪」 あらすじ・・・・・・・ ...続きを見る
みはいる・BのB
2017/01/22 20:50
おんな城主直虎 第3回「おとわ危機一髪」 ...
????・・・う〜〜〜〜〜〜・・・(^^;;;;;)  も、申し訳ないですが ・・・今日のお話は 要らなかったのかもしれないかなぁ・・・と・・・m(__)mいや、高橋一生さん見たさで もう... ...続きを見る
みやさとの感想文と(時々)感想絵
2017/01/22 21:53
おんな城主直虎 第3回「おとわ危機一髪」
前回まで子供のワガママかなと思っていたおとわの言動ですが、今回はそれを貫き通すことによって井伊家を守ることに繋がったことから、前言を撤回せざるを得ませんね。またあわせて単なる酒飲みかと思っていた南渓和尚も、今回は立派におとわを守り、そして存在感を発揮することになります。 今回、人質としてやってきた駿府でおとわが出会ったのは浅丘ルリ子さんが演じる寿桂尼。浅丘さんの化粧が気になるほど濃かったのは、役柄なのかどうかわかりませんが、少々違和感を感じながら見ていました。 さらに違和感を覚えたのは春風亭昇太... ...続きを見る
あしたまにあーな
2017/01/22 22:25
おんな城主 直虎「おとわ危機一髪」
亀之丞の逃亡を、囮になって手伝ったおとわ(新井美羽)でしたが、鶴丸(小林颯)と夫婦になることが決められ、今度は、髪を落として「出家する」という宣言をして、父・直盛(杉本哲太)を困惑。事態を知った、鶴丸の父・小野政直(吹越満)は、主家・今川家へ報告。それを受けて、義元(春風亭昇太)は、忠義の証として、おとわを人質に出すよう直盛にが、かつて娘・佐名(花總まり)を人質に出したことを後悔する直平(前田吟)は、猛反対し、今川家との戦さえ口にします。おとわ出家による混乱を聞いた、南溪和尚(小林薫)は、逆に、... ...続きを見る
のほほん便り
2017/01/23 09:06
おんな城主直虎 第3回「おとわ危機一髪」
第2回「崖っぷちの少女」はこちら。前回の視聴率は15.5%とめずらしく的中。裏がさんまMCの「行列のできる法律相談所」スペシャルだったので大健闘かと。むしろ蹴散らされたのは木村拓哉主演の「A LIFE」の方。あれだけのキャスト、あれだけの番宣をかましたのに初回14%台はしんどい。SMAP騒動におけるキムタクへの逆風はそんなに強かったのか。わたしは木村拓哉ファンなので応援してるけどね。ドラマは見ないけど(笑)さて第3回。ようやく面白くなってきた。これまではあの子役(と乳母)のせいで拷問に近かっ... ...続きを見る
事務職員へのこの1冊
2017/01/23 18:19
大河ドラマ「おんな城主直虎」 #03 おとわ危機一髪
髪を落としちゃったおとわ。 やることが大胆すぎです。 ...続きを見る
雨ニモマケズ 風ニモマケズ
2017/01/23 23:09
大河ドラマ「おんな城主 直虎」生き残る為の決断3おとわは倒れながらも何度も何度も蹴鞠に挑戦し義元から...
大河ドラマ「おんな城主 直虎」第3話は出家を試みようとしたおとわは今川から人質として駿府へ来るようにというお達しを受けておとわは駿府へ行く事になった。何とか人質を逃れよ ... ...続きを見る
オールマイティにコメンテート
2017/01/25 23:44
【おんな城主 直虎】第3回感想&視聴率・関西好調「おとわ危機一髪」
「おとわ危機一髪」 第3回の関東の視聴率、第2回の15.5%より下がって、14. ...続きを見る
ショコラの日記帳・別館
2017/01/28 14:05
【おんな城主 直虎】第3回 感想
鶴丸(小林颯)と夫婦になることを拒み、出家をしようとしたおとわ(新井美羽)の捨て身の行動は、主家である今川義元(春風亭昇太)の怒… ...続きを見る
ドラマ@見とり八段
2017/01/28 18:24

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。

おとわ姫が駿府へ人質に・・
直平曽祖父様の怒りも理解できますね。娘は人質に取られ、側妾にされてあげくに飽きたらポイ。曾孫娘までそんなことになったら・・・親として、曽祖父としては、いたたまれない気持ちでしょう。当主としてはいかんでしょうが、曾孫娘まで側妾にされるぐらいなら徹底抗戦。という気概も男らしく好感がもてます。
 しかし、駿府・今川館は”戦国大名”の館というより、内裏を思わせる造りですね。板の間さえ漆塗りで黒光り。でも後継者が蹴鞠に興じる様は武門としては暗雲が・・・

 今回は南渓和尚に大原雪斎和尚のやり取りや行動が良かったです。僧侶といえば俗世を離れ、御仏に・・なはずが、軍師として、君主の補佐役として権力をふるう。このギャップがいいですね。ぞくぞくします。マスケティアーズに登場するリシリュー枢機卿を思わせます

 出家で収めたおとわ姫。でも在家ぐらいに思ってたのでは?とも思えてきます。
鹿二郎
2017/01/27 06:17
鹿二郎様、おは今晩は〜〜!
直平様の悲しさ辛さ!それはも〜、それはも〜、
私も想像しただけで涙がちょちょぎれまくりまクリスティ〜!
・・でも、まああの、それをやっちマっちゃっちゃア、家系が途切れマクリスティー??・・ゴホン(赤面)。
南渓和尚と雪斎和尚の、和尚外交交渉が、当時としたら常識的なアレだったんでしょうかねええ〜。
真田
2017/01/27 20:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」第3回「おとわ危機一髪」 真田のよもやま話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる