真田のよもやま話

アクセスカウンタ

zoom RSS 歩いて感じろ!真田丸のヒミツ

<<   作成日時 : 2016/01/03 18:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ってゆーかこれ、ブラタモリならぬブラヨシズミ?
あ、明けましておめでとうございます!いえほら新年のご挨拶をしようかと思ったら、
やってるじゃないですか前フリ番組!真田丸の!BSプレミアムで!!
大阪の町を歩いて地形を探って、真田丸がどこにあったのか推定しようって魂胆ですよイシハラヨシズミ様!

それは大坂城のあった高台の上町台地の端の方、
外堀の外側の高い土地で、低い所から侵入してくる敵を上からバンバン撃っちゃろうっちゅう腹やね信繁様!
しかもその上二階建てだったとか!殆ど頭の上から襲ってくるわけですよ、鉛の弾が!怖いですねえ〜。
あ、もちろん解説しているのは専門家の先生でヨシズミ様ではございませんよ?

大坂城の石積みはやっぱり見事ですねえ。緻密で細やかな感じがステキ。
生國魂神社ってのも初めて知りました。もしかしたら伊勢神宮より古いかも?国家鎮護のそんなすごい神社が大坂城にあったとは・・・(汗
元は大坂の殆どが海だったとかで、この神社から海の風景が遥かに見渡せて、その向こうには淡路島。なるほど確かに国生み神話のそのものだわ!まあここら辺は真田丸とは無関係ですけどねえ。
豊国神社に坐摩神社、古代の天皇家とのつながりがまことしやかに明らかになってまいります。
あ、もしかしてこれも大阪都構想推進?そこまで影響力があるんですかねえ、橋下様・・・

おお出た!難波宮!大極殿!たいそう広おおますな〜。当時の台地で平たんな場所がとれたのがここだけだったとか。
海に突き出した美しい岬がすなわちこの上町台地であったらしいと。あ、じゃあ梅田も難波も海の底かあ。
土地に歴史あり!ちゃんと出てます貝塚遺跡、弥生時代には内海化して貝の種類が牡蠣から蜆にスケールダウン!ううん残念!ってのはちょっと違いましたか。
・・あ、あれ?ますます真田丸とはかけ離れた内容に?これぞヨシズミマジック?

天王寺では海中出現地蔵?海に沈んでたお地蔵さんが祀られてるの?あらあら、大分摩耗してますけど、なんだか少し笑ってるみたいでいいお顔のお地蔵様でございます。
東京の浅草寺のご本尊もそんな伝説がありましたっけ?
そして大阪の清水の舞台が紹介されて、滝まで京都と同じですわ!商売上手やな〜。水道の水を流しているだけではないですよねえ?
って、これは真田丸の宣伝になっているのでありましょうか、ヨシズミ様〜?
ってなところにライダー1号乱入だ!ようやく番宣らしくなってきたで!無骨な武将の本多タダカツ様を演じてらっしゃる!
57度戦って無傷の伝説の武将が登場だ〜〜〜!

茶臼山まで来ちゃった。今度は敵方家康軍の本陣です。高いっちゃあ高いけど、大坂城から比べると大分低いとこですなあ。
大坂城はこっちですって、木にさえぎられて難も見えまへんがな〜!しかもチッサ!えろう狭うおまっせ!
冬の陣では互角の和睦で、外堀内堀埋め立てられて大坂城は丸裸!いやあ〜〜ん!!
そして夏の陣!野戦を選択した豊臣方、そこで信繁様が陣取ったのが何と何と、茶臼山!前には徳川の陣だったとこですよ。いやあ、燃えて来るなああ!
ライダー1号の藤岡様、内容はなくても説得力たっぷりのコマーシャルだ!こういう仕事、大変ですよねえ藤岡様・・・。

夏の陣の激戦地にやって来ましたヨシズミ様ご一行。いまは一心寺というお寺になってらっしゃる。
今でも蝋燭がいっぱい。信仰を集めてらっしゃるご様子。良き哉良き哉。
そして語られる信繁様のご最期。わしの首を手柄にされよ!大坂城落城!豊臣家滅亡!

自然の地形を利用して巧みに作られた攻撃的な守りの要、真田丸。でもこの番組は大阪その物にスポットが当たり過ぎちゃってて、番宣としては今一だったかも。
っていうか、まさかとは思いますけど、ここまで盛り上げちゃって肝心の本放送の大坂の陣が書割みたいな扱いだったらどうなるんだろうとか、縁起でもない事を思ってしまうのは・・
ここ何年かの大河の負の遺産・・・どうかそんな事にはなりませんように!ナムナム〜〜。

って事で!取ってつけたようで恐縮ですけど!本年もどうかよろしくお願いいたします〜〜〜♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
歩いて感じろ!真田丸のヒミツ 真田のよもやま話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる