真田のよもやま話

アクセスカウンタ

zoom RSS 大河ドラマ「篤姫」第45回「母からの文」

<<   作成日時 : 2008/11/09 20:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 24 / コメント 2

なんともうしますか、アレヨアレヨという間にもう幕末どんづまりって感じになってきちゃいました「篤姫」。どうも世の中の動きというかうねりというか、そういうものが希薄な気がいたします。まあでも考えてみましたら、主人公の天璋院様は江戸城の大奥の奥〜にいらっしゃる方なんですから、意外とこんな感じだったのかも〜。きっと皆してアレヨアレヨと〜。

本日の大奥では〜〜〜
 当代の主・御台所様のいない大奥は、大御台所の静寛院様、そのまた大々御台所の天璋院様、さらにまたまた大々々御台所の本寿院様の三頭だて、雪〜の白樺並木〜のトロイカ体制でございます。それで、年齢的にも経験的にもやっぱり大黒柱は天璋院様。高らか〜に「大奥を守る宣言」をされたこの方がいなくなっては立ちいかないでしょう〜・・ってな状況でございます。
 京都からのニュースでは、慶喜様は官位も領地も取り上げられそうな雰囲気。追い詰められても戦争にだけはならないように頼みますよと勝殿に申し渡す天璋院様。しかしその、母・・・じゃなかった、祖母って事になるんでしたわ!祖母上様の心を知らぬ慶喜様は日本を代表して外国公使と会合したりして、薩摩&長州と一戦を交える構え!
 まさに世も末この世の終わり徳川一族の運命やいかに〜〜〜ってな時に、薩摩のつかい、小の島がやってまいりました。天璋院様の母上様のお手紙を携えて!その内容は、江戸は危ないから薩摩に帰って来いと・・・。せつせつと認められた母の思い、ありがたいですねえ〜。懐かしいでしょうねえ〜。帰りたいでしょうねえ〜。でも天璋院様のお答はNO!私は徳川の人間だと!まあ、これだけ皆から頼りにされて、帰りたくても帰れませんよねえ。
 重野や滝山も大激論、天璋院様を返すべきか返さぬべきか。でもなんといっても故郷の国との戦です、ましてやまさか討たれでもしたら余りにむごいと、薩摩に戻られるよう上申いたしますが、やはり天璋院様首を縦には振りません。今や大奥の皆が自分の家族だって、泣かせる事をおっしゃって!最後まで大奥を支える覚悟!うわああ〜〜〜、菊本の言葉がよみがえりますねええ〜、「女の道は一本道!」ってのが〜。
 侍女たちの討論するシーンが妙にきれいでしたねえ。天井からの撮影も挟まって、着物の柄が映えてました。この人たちもそれぞれの感情を持って、悩んだり迷ったりして仕えているんだなあって、そして唐橋の素直で真っすぐでちょっと抜けている様子が実にこう、ずるいくらいに印象的でした〜。
 薩摩方は放火までして挑発します。むざむさと戦になどさせぬと頑張る天璋院様でしたが、とうとう三田の薩摩藩邸が焼き討ち!早まった家臣たちが暴走したんだとか。もはや戦は避けられぬのかと膝崩れる天璋院様!件の仏様を持ち出して願をかけてらっしゃいますが、さて・・・

本日のトウバクトリオ+ワン〜
 大政奉還したって依然日本一の大大名は徳川家、これをいっきに今こそぶっ潰そうと意気投合する西郷さん、大久保さん、そして岩倉様のトウバクトリオ。一人それを説得して押しとどめたいともやもやされているのはプラスワンの帯刀殿。ですが足を悪くされて京にも行けず〜、やっぱりピンでは弱いっ!どうしても押しとどめることはできません。っていうかもう時代の流れなんでしょうねえ。
 おじゃる丸頭も不気味な岩倉様の王政復古の策略挑発に対して、変に自信家な慶喜様は状況を甘く見ているのか戦も辞さずという姿勢で大阪に軍事力を集結しております。
 もう戦は避けられないとみたお近ちゃんは帯刀殿を引っ張って天璋院様の母上様のところへ連れて行きましたっ!そして帯刀殿に頼み込ませて、薩摩のお国に帰ってこいよという手紙を書いてもらおうとしますが・・・。母上様お断りに?天璋院様はすでに徳川の人間、母上様は島津家の人間、薩摩のおなごには薩摩のおなごの筋の通し方があるとっ!涙がこぼれそうでかろうじてこらえている様がキマッテました母上様っ!
 さればと国父・久光様に頼み込んだ帯刀殿、天璋院様に文を書いて薩摩に呼び戻してもよいというお許しを!直談判でねじりとりましたっ!すごい熱意ですねえ〜〜〜。もっとほかにも発揮しているところを見たかったくらいの熱演でしたねえ〜。で、そのお許しを得て、晴れて母親としての素直な気持ちを吐露することの出来た母上様、天璋院様に手紙を差し出しまして候〜〜〜。そうしながらも、あの娘は帰ってこないだろうなあってわかってらっしゃる母上様、それをやさしく穏やかに見守っているあのアニキ様もイイ感じでした〜。
 さて大久保さんはとうとう錦の御旗を用意しました。この旗に反抗したらすなわち朝敵って、これぞまさに最終兵器?大久保さん、鬼になりまして候〜。
 戦が起これば人が死ぬ。無駄死にになってしまうと、取り残されて焦りまくる帯刀殿はお近さんと涙の抱擁。これはちょっとイイシーンだったんですけど、でも、もはや戦は避けられぬのか〜〜〜〜〜!ってなところで待て次週!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(24件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
篤姫 第45話 『母からの文』 感想
日本シリーズが最終戦にまでもつれ込んだもんだから、BSハイビジョンで見れなかったーッ!キィー!! ...続きを見る
メガネ男子は別腹☆
2008/11/09 20:48
篤姫45 尚チャン邪魔者扱いされる?!
大政奉還・王政復古・辞官納地などなどと。 先週に続いて歴史の試験に出て来そうで、ついつい覚えねば!と言う強迫観念でお勉強モードになりそうな今回でした。時代の変革が差し迫り歴史パートが多くなった分、本来のホームドラマパートが希薄になったきらいもあります。 ... ...続きを見る
ぱるぷんて海の家
2008/11/09 20:59
大河ドラマ 「篤姫」 母からの文
大政奉還がなった後もさらに激震が走り続けています。 大奥では天璋院が戦う覚悟を決めましたが・・・。 ...続きを見る
雨ニモマケズ 風ニモマケズ
2008/11/09 21:01
大河ドラマ「篤姫」第44話「母からの文」
大政奉還は成したけれど、西郷と大久保の望みは王政復古。帯刀は地官納地を慶喜に勧めて、戦にならないようにすること。あらら、すでに薩摩でも、二手に分かれてしまったようですね・・・&nbsp;一方大奥では、天璋院の言葉に安堵し、それを支えに厳しい冬を過ごしているよ... ...続きを見る
◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆
2008/11/09 21:04
篤姫(11月9日)
「あの子は、徳川の人間です。わたしは島津家の人間です。」 ...続きを見る
今日感
2008/11/09 21:05
『篤姫』第45回「母からの文」
大政奉還がなり。。武力倒幕へ。。王政復古の大号令。。辞官納地。大奥の様子。。小松帯刀。。友の立場を気遣う天璋院。。  薩摩小松家。  ジョン万次郎去る。  帯刀は脚を病んで歩けない。  あくまでの武力倒幕を考える西郷、大久保。  帯刀はなんとしても戦だ... ...続きを見る
strの気になるドラマ 気になるコト
2008/11/09 21:06
篤姫 44回  母からの文
前回が幕末ダイジェストで大急ぎでだだだだだだ、と進んでいて、ちょっと印象が薄かったのですが、今回は20分過ぎぐらいからずーっと涙が&... ...続きを見る
夕焼けバンビ
2008/11/09 21:28
篤姫・第45話
NHK大河ドラマ・ストーリー 篤姫 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー) (NHK大河ドラマ・ストーリー)宮尾 登美子,田渕 久美子日本放送出版協会このアイテムの詳細を見る アッサリサッパリのこの大河ドラマにあって、つくづく「政治は策」なんだと思わせる今回のお話。でもそれ以外の主人公に対する大奥の女子の思い、薩摩のお母さんの思い・・・そして何より「篤姫」だったはずがいつの間にか(てか旦那が死んだからなんだけど)名前が「天璋院」に変わったままラストスパートを駆ける篤姫第45話でございます。 ...続きを見る
ブルー・カフェ
2008/11/09 21:35
篤姫 第45回「母からの文」
徳川宗家と薩摩・長州との戦が始まろうとしています。そんななか、前々から懸念されていた天璋院が薩摩出身ということで、薩摩に帰そうという動きがここにきて本格化します。前回、... ...続きを見る
あしたまにあーな
2008/11/09 21:42
【篤姫】第四十五回
あの子はもう徳川の人間です。そして私は島津家の人間です。薩摩のおなごには薩摩の女子の筋の通し方と言う物があるのです。戦を避けるために、そして危険から救うために帯刀は天璋院を薩摩へ帰らせる事を考え、母である、お幸に手紙を書くように頼んだ。だが、お幸は、そ... ...続きを見る
見取り八段・実0段
2008/11/09 21:50
NHK大河ドラマ第45回「篤姫(母からの文)」
本日のテーマは雅に、薩摩の女子の生き方であろう。 ...続きを見る
よく考えよう
2008/11/09 21:53
★「篤姫#45」とことん大奥を守るのだぁ〜
今日は日曜日。。いつもどおり大河ドラマを楽しみましたぁ〜〜大河ドラマ「篤姫」戦になるやもしれぬ。。あれれ??尚ちゃん足。。どうしたの??捻挫かなんか??ウマイ具合に西郷どんと大久保どんにハミにされちゃいましたね〜〜。。二人はもう武力で幕府を倒すことのみ... ...続きを見る
・*:・ふわゆら生活・:*・
2008/11/09 22:03
篤姫 第45話
いよいよ倒幕の動きが活発化してきた今回&hellip; ...続きを見る
一期一会の彩りを求めて・・・
2008/11/09 22:10
篤姫#45
日本シリーズのため、BS-hiの放送は17時からに繰り上がって放送されました。(この方が今日は、夜が楽になりました。) 話数も45となり、四捨五入したら「50」になるということで、大詰めが近づいてきました。銭形舞・静寛院に言わせれば、「45を四捨五入して50、更に四捨五.. ...続きを見る
MEICHIKUえんため・ぶろぐ
2008/11/09 22:10
篤姫 #45 母からの文
大河ドラマの 『篤姫』 を見ました。 (以下ネタバレです。まだご覧になっていらっしゃらない方はご注意して下さい)今回のお話は徳川と薩摩が戦う事になるかも知れないので、帯刀... ...続きを見る
ビヨビヨ素材日記2
2008/11/09 22:16
『篤姫』第45回
&nbsp;〜母からの文〜 ...続きを見る
悠雅的生活
2008/11/09 22:19
篤姫第45回「母からの文」
あれ?西郷どんて悪い人だったの?なんか西郷どんが出てくるの怪しい影…というか悪キャラに見えるんですが…。新しい国づくりに向けて岩倉&西郷&大久保三人組は倒幕に向けてどんどん新たな計画を進めていきますが、坂本龍馬が亡くなった今、キレイ事ばかり言ってる尚五... ...続きを見る
さくら色通信
2008/11/09 23:05
篤姫 第45回「母からの文」!
<母・お幸の思い!>本日は、日本シーリーズがあり、BS-hi夕方5時からの放送でした。野球に関わらず、毎回夕方5時からの放送だと、比較的ゆっくりと観られますね。家定公、家茂公が次々と脚気衝心で倒れる中、本寿院様やお幸様は、いつまでもお元気でなによりです。久... ...続きを見る
バレルオーク日記
2008/11/09 23:25
篤姫 第45回「母からの文」
『篤姫』も45話までやってきました。 あと、5話で終了です。 ほんっ・・・と 一年過ぎるの早い (と、いままで何度も書いてる気が・・・) ...続きを見る
みはいる・BのB
2008/11/09 23:48
大河ドラマ:篤姫第45話「母からの文」
至極残念な回でした・・・最終回に向けて盛り上げなければいけない大事な時期に、これは辛いですねぇ。気になったのは大きく分けて3つ。1.突然、帯刀が病に冒頭から帯刀が自力歩行不能になっていて喫驚。何も予感される描写がありませんでしたし、帯刀がどのような状態... ...続きを見る
山南飛龍の徒然日記
2008/11/10 01:14
篤姫「母からの文」
篤姫「母からの文」 ...続きを見る
ありがとう!、あてつけじゃないよ。
2008/11/10 07:26
倒幕へのプロローグ!!
いよいよ緊迫してきましたね{/hiyo_oro/} 薩摩藩家老・小松帯刀の意見に全く聞く耳を持たない 西郷と大久保。 倒幕に向け時代は動き始めるのです{/v/} 妖怪・岩倉具視の策謀により朝廷は辞官納地を命じま すが、流石の慶喜も『ハイそうですか』と従う事など 出来ません{/baikin_2/} が、事もあろうに慶喜は薩摩と長州を挑発{/cat_6/} その結果、幕府を支持する者が慶喜のいる大阪に続々 と集結するのです{/kuri_5/} 一触即発の事態ですね{/car2_tank/} ...続きを見る
函館 Glass Life
2008/11/10 10:29
NHK大河ドラマ「篤姫」第45話「母からの文」
篤姫救出劇、悲喜こもごも! ...続きを見る
優しい世界〜我が心に迷いあり(β)
2008/11/10 21:25
篤姫 #45 母からの文
いよいよ戊辰戦争が始まりそうな予感。 倒幕!の西郷・大久保連合と、戦はならぬ!の小松では、話がまとまらないですね。小松が病気で薩摩にいる間に、岩倉具視と西郷、大久保の腹黒三人集で画策しまくりです。 しかし、そんな西郷も後で大久保に滅ぼされちゃうんだもんなー。まーこのドラマを見てたら、同情する気持ちがすっかり消えてしまっ ...続きを見る
たっくんママのひとりごと
2008/11/11 21:29

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
いつの間にか大久保のみならず、西郷まで真っ黒になってしまいました。
ryi
2008/11/09 20:57
ryi様、こんばんは〜。
ええもう、あの西郷さんがいつの間にこんなになってしまったのでしょう!
やっぱりあの島流しの連続がいけなかったのかしら・・・(汗)。
真田
2008/11/09 21:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
大河ドラマ「篤姫」第45回「母からの文」 真田のよもやま話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる