真田のよもやま話

アクセスカウンタ

zoom RSS 大河ドラマ 功名が辻・第47回「種崎浜の悲劇」

<<   作成日時 : 2006/11/26 20:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 14 / コメント 12

「お命のお持ち帰りこそ功名の種」とは千代様の決め台詞。
でも私は思います、「お命あってこその功名」、むしろ功名より命の方が大事じゃないですか〜〜〜!
先週のラストで鉄砲で撃たれちゃった千代様、もう心配で心配で・・
は?主人公だから死ぬわきゃない?それはまあ、そうですけど・・ゴニョゴニョ・・

やっぱり予想通り大事には至らなかった千代様。ってゆーか、袂を貫通しただけですって・・・ほっ。
でも愛妻を狙撃された一豊様の怒りに火がついちゃったみたい。
捕まえた犯人への冷酷な視線。六平太クンの箴言を入れて、いきなり磔にしちゃいましたわ。
そして処刑された人の遺族に渦巻く怨念、さらなる反発反乱。これはもう戦争ですねえ。
現在の中東某国を見るような・・・

穏健派の千代様はこれに反発されてます。確かにやりすぎては逆効果でしょう。
でも一豊様が働かれてきた戦場ではこんなの日常茶飯事だったのかも・・。

家康様はあくまでも力による土佐平定をお望みのご様子。それももの凄〜く強くお望み。
長宗我部の残党を根こそぎにしなかったら、天下取りはままならないって事ですか。
征夷大将軍任命前夜ですもの、そのお気持ちはわかりますけど〜。
一豊様はとうとう、一領具足の撲滅を約束してしまいました。

進退窮まった一豊様に救いの手、やっぱり予想通りの汚れ仕事要員だった六平太クンが作戦上申。
相撲大会を開催して、集まった一領具足をだまし討ちの皆殺しにするんですって!
しかも一豊様は一切関わなくて良いとの事。えええ〜〜〜〜?卑怯よっ!
一豊様ってこんなに卑怯な方でしたっけ?
さすがに躊躇する一豊様、でも、でも必死に説得する六平太クンの気迫に押し切られて・・・。

酔っ払って千代様に、戦とはこういうものじゃ、相手は獣じゃ、とグダをまく一豊様。
千代の考えている世は絵空事じゃ、とおっしゃる一豊様。
い、いいじゃないですか絵空事で〜。絵空事のような国を作ってくれたらいいじゃないですかあ〜。

でもそうは行かないんですよねえ。現実は超厳しく残酷に展開してまいります。
新しいお城作りの検分に千代様を連れ出した一豊様。その同時刻に開催されたお相撲大会。
国中から集まった力自慢の一領具足たち・・・一斉に火を吹く火縄銃!
え、これって、一領具足以外の人も参加していたかも知れないじゃないの!一切合財皆殺しですか〜!

鉄砲の音を聞いた千代様。さすがは千代様、これで全て見抜いてしまわれました。
丸腰の、ってゆーか、ほぼ丸裸の死体・・・と思ったら死んだフリ!最後の力で新一郎クンを道連れにされました。
今わの際のお言葉は、「殿のお声を聞きたい」ですって。これぞ忠臣!合掌!
でも親の新右衛門殿より先に死ぬなんて・・・。

一生かけて身を粉にして泥にまみれて体を張って、千代様のために力を尽くした六平太クン。
「俺の仕事は終わった」と差し出す手には「誓いの銃弾」。そして自ら死を選ばれました!
駆けつけた千代様に「千代が好きだ。さらばだっ。」と・・・毒を飲まれて・・・合掌(涙)

最終回が近づくとどんどん人が死んでいくのが悲しいですねえ・・なんだかこの世の終わりみたい・・。

そして千代様も涙、涙、涙。余りにも哀しき成り行きですものねえ。
一豊様に申し出られた暇乞い。愛想尽かしの熟年離婚ですか〜〜〜。
そのお気持ちも、まあわかりますけどねえ〜。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(14件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
大河ドラマ 「功名が辻」 種崎浜の悲劇
土佐入国後の悲劇・・・。 ...続きを見る
雨ニモマケズ 風ニモマケズ
2006/11/26 20:58
功名が辻(11月26日)
千代に弾はあたらず、袖をとおしたのみ・・・おいおい、それで先週のラストかよ、ちょっと過剰演出ですね。 下手人をみせしめのために磔にする六平太。 さらに、一領具足の鎮圧のために、容赦なく撃ち殺す六平太 影で山内家をささえた六平太、表へ出てきた六平太は、山内家のためにためらわず手を汚す。 ...続きを見る
今日感
2006/11/26 21:07
功名が辻47胃薬飲んでから観よう功名が辻!
今日の功名が辻、一豊クン一世一代の大イベントでした。 しかしこの大イベント腹にもたれました。スッキリしません、胃薬飲まなくっちゃ!!75人もの一領具足の長たちを一斉射撃で撃ち殺すという大イベントは胃にもたれます。 ...続きを見る
ぱるぷんて海の家
2006/11/26 21:28
功名が辻のすばらしさを語ろうの会 この世は。。。
功名が辻があまりにもダークなので、世界バレー男子に家族で熱狂しているてれすどん2号です ...続きを見る
長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ
2006/11/26 21:57
功名が辻〜山内一豊、非情なる決断!
功名が辻ですが、今回は凄かったです。まさしくこれが大河ドラマという感じの緊張感で、途中からは全部泣けました。 ...続きを見る
一言居士!スペードのAの放埓手記
2006/11/26 22:38
【功名が辻】第四十七話
山内一豊は、土佐に入ってから厳しい治世を行った、とは知っていたけれども、これほどの事を行ったとは。。。相撲大寄席を楽しみにして集まった、明るい顔の一領具足の頭領たちと、その後起こった悲惨な光景の差に、ただ愕然とするばかりだった。相撲に集まった一領具足は... ...続きを見る
見取り八段・実0段
2006/11/26 23:37
功名が辻 第47回「種崎浜の悲劇」
サブ・タイトルからして、重そうな内容ですが、やっぱりそうです。{%naku_a%} ...続きを見る
みはいる・BのB
2006/11/27 00:44
大河ドラマ『功名が辻』は傑作
昨年の『義経』が酷すぎたので大河ドラマとは距離を置こうかと思っていたが、今年は思わぬ収穫。特に11/26放送の内容には大いに驚かされた。二重のどんでん返しという感じで、脚本の大石静の意欲と力量に拍手したい。 ...続きを見る
坂野上淳のウェブ日記
2006/11/27 01:49
功名が辻 さよなら六平太
テレビで大河ドラマの功名が辻を見ました。 (以下ネタバレです。まだご覧になっていらっしゃらない方はご注意して下さい)これまでに無い凄惨な場面が待ち受けておりました(滝涙... ...続きを見る
ビヨビヨ素材日記
2006/11/27 02:03
功名が辻 第47回
昔から、大河ドラマは、暗い感じが好きです。 戦国時代の大河ドラマって、真っ暗な部屋の中で武将達が怪しい会話をしているシーンが好きで、色に例えると「黒」(←そのまんまやん)。 今日はそんな黒い大河ドラマが見れて面白かった。 ...続きを見る
ななさんにトラックバック
2006/11/27 21:09
功名が辻第四十七回「種崎浜の悲劇」〜さらば望月六平太!〜
「土佐は、おまんらの好きにはさせんぜよ」 by ナンノ ...続きを見る
「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も...
2006/11/27 22:55
功名が辻
第四十七回「種崎浜の悲劇」 茫然自失です。 何が悲しくて、ど素人の脚本予想が100%で当たらなければならんのか! 今回は ...続きを見る
Fere libenter homine...
2006/11/29 19:28
「功名が辻」第四十七回
今週は「種崎浜の悲劇」。弾圧される側も悲劇。統治する側も悲劇。(;;)そして、さらば六平太!千代への愛を胸に!!って、旦那への愛はどうした千代ー!! ...続きを見る
リリコ雑記
2006/12/03 16:17
アウトレット家具通販
アウトレット家具通販に関する情報のご案内サイトです。 ...続きを見る
アウトレット家具通販紹介
2007/04/11 10:27

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
この悪循環が幕末まで続くんですね・・・。
ryi
2006/11/26 20:59
六平太だけじゃなく、新一郎もとは・・・
今日感
2006/11/26 21:09
こんばんは!
一豊カッコ悪かったですね。
もう少し自信持ってやればいいのにと
憤慨してしまいました。
ぱるぷんて海の家
2006/11/26 21:37
ryi様こんばんは〜
郷士については千代様のフォローがありましたけど、
でも罪作りですよねえ〜。
今年の大河で最大のダークなお話でした・・
真田
2006/11/26 22:23
今日感様こんばんは〜
新一郎君が亡くなられるとはねえ〜。
お父様の新右衛門殿が、お前もこれで一人前みたいにおっしゃって、
無理に笑顔を作って、でも涙を流されてましたわ。
やっぱり親より先に死ぬのは親不孝ですよ・・・
真田
2006/11/26 22:26
ぱるぷんて海の家様こんばんは〜
もうちょっと・・・ねえ〜。
これじゃあ周りに流されているだけの○カ殿ですよ。
もっとこう、そう、自信ですね、信念ですね、
そういうものがあって欲しかったです〜。
それと、嘘でもいいからもう少し救いが欲しかったですわ・・・
真田
2006/11/26 22:31
真田さん、こんにちは。
今回は凄まじかったですね。私はこの事件について詳しく知らなかったのですが、ビックリしました。
スペードのA
2006/11/27 00:42
スペードのA様こんにちは〜
戦場ならともかく、平和を装ったお相撲大会でのだまし討ち。
参加者の中には、これを盛り上げて山内家と和解しようっていう気持ちがあったかもしれないじゃないですかあ。
一豊様にこんな事はして欲しくなかったんですけどねえ〜。
真田
2006/11/27 07:17
そうそう、熟年離婚。賢妻と言われてた人もこういう、、って描き方が悪いんじゃないかと思います。こんなときこそ「さすが千代やなあ」って思わせてほしいねんけど。。。
てれすどん2号
2006/11/27 09:49
初めまして お邪魔します
今回の一領具足への騙まし討ち ふっと思いました。調略を得意とした秀吉ならどのように考えたかな・・と。堂々と話しに行ったかも・・
フレージア
2006/11/27 17:03
てれすどん2号様こんばんは〜
そうなんですよ〜。
今まであれだけ強引に神出鬼没の大活躍だったんですもの、
何か一つでもこう、ファンタジーがあって欲しかったなあって・・・
真田
2006/11/27 19:09
フレージア様こんばんは〜
若い頃の秀吉様だったらどうされたかしら。
確かに、お酒を担いで乗り込まれたりしたかも知れませんねえ〜。
真田
2006/11/27 19:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
大河ドラマ 功名が辻・第47回「種崎浜の悲劇」 真田のよもやま話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる